転職を有利に進めるためには、実務経験の他実際に役立つスキルを持っていることが重要になってきます。各業界で異なるスキルが求められますが、これからの時代にニーズが高くなるものとしては、やはりIT関連の技術が筆頭に来ます。その中でもAI人材は幅広い分野で活躍することが予測されています。

そのためにも、初心者であっても努力してAIについての知識や技術を身に着けることは転職を成功させるのに役立ちます。どのようにしてAIスキルを高められるのかをチェックして、これからのキャリアに活用しましょう。

初心者から最短でAIスキルを学ぶには?

まず、業務にも利用できるほどのAIスキルを習得するには、いくつかの知識が必須となりますので、最低限求められるものを知っておくべきです。たとえば、統計学についての知識として、確率分布や標準偏差などがあります。数学分野においては微分や線形代数などが基礎となっていますので、やはり学習が求められます。

実際の構築においてはプログラミング言語を知っていないといけません。いくつかの言語が使われていますが、Phthonやpandasといった主要なプログラミング言語を習得していないと実際の処理ができません。他にも、機械学習をさせるために、様々なフレームワークやディープラーニングについてのスキルを使うことになります。

このように、一口にAIスキルと言ってもかなり幅広い分野にわたる知識が求められます。そのため、初心者から最短でAIスキルを得るには、かなり効率的な学習法を選択しないといけません。一番実践的で、現場で使えるスキルを身に着ける方法は、開発会社に勤めることでしょう。

仕事で実際に使うことによって覚えていくことができます。しかし、現実にはそう簡単には行きません。そのため、独学で勉強をしたいと思っているのであれば、資格取得を目標にして勉強をすることで、体系的な学習ができます。日本ディープラーニング協会が実施している検定などがその代表です。

また、民間企業や団体が開催している講座に参加するのも効率的です。AIを専門とするセミナーも数多く開かれていて、それぞれの分野に分かれて細かく学べます。一つずつ必要とする科目を受講して、スキルを積み重ねていくことができます。

効率的なAI習得方法とは?

基礎知識を身に着けることと共に、実際にAIを用いたプログラムを作っていくことによって実践的なスキルを身に着けられます。勉強と同時進行で実践をしていくことが、効率的なAI習得方法と言えるのです。

たとえば、ライブラリフレームワークを活用して作ることができます。フレームワークはすでにある程度の枠組みができ上がっていますので、シンプルなものを選んでカスタマイズを施していくことによって、規則的な構造と動作の命令の仕方を覚えることができるようになります。

具体的には、scikit-learnやTensorFlowを挙げられます。こうしたライブラリは、様々なプログラムに応用されていますので現場で用いられているAIについての理解を深められるのがメリットです。

もし、民間で開催しているAIの講座に参加しているのであれば、そこで学んだことをすぐに適用してみるのを忘れないようにしましょう。無料で利用できるライブラリがたくさんありますので、少しずつ勉強したことを適用してカスタマイズしたり、動作を試したりすることができます。単に頭で知識を覚えているだけでなく、実践してみないとスキルは身に着いていきません。

転職に有利なAI人材になる方法

独学でAIについての学習を進めることは大事ですが、それだけではそのスキルを証明することが難しいです。転職活動においては、いかにして自分が実践的なスキルを持っていて即戦力となるかということをアピールして、転職に有利なAI人材になる方法を知らないといけません。

求人を出している企業としても、AIについて勉強していますというだけでは、やる気は素晴らしいものの実際にAI人材として使えるのかという点において不安を抱きます。そこで、関係する資格を取得するのは一つのスキル証明となります。

民間資格ではありますがAI関連の検定試験が実際されていますので、それを受けることで客観的な知識や技術についての証明ができます。資格を取ることが難しくても、関連する講座を受けたことなどを履歴書や面接の際に伝えることも有効です。それぞれの企業でAI人材について求めるレベルは異なります。

もちろん、実務的な高いレベルの人材を求めている場合には初心者では厳しいですが、ある程度のレベルで良いということであれば、基礎レベルの知識や応用力を持っているということを講座修了という形で示せます。

また、実際に自分で作ってみたAIプログラムをポートフォリオとして見せてみる、というのも転職活動では有効なアプローチとなります。それぞれの企業でAIを活用している分野は異なりますが、自分でAIの構築ができる人材だと分かれば採用に積極的になるはずです。

AI関連のプログラミングスクールを利用する

AI関連のプログラミングスクールが様々な場所で開催されています。今やAI技術は転職を有利に進めるために有効なスキルとなっているので、転職をサポートするサービスにおいても積極的に実施されています。中には職業訓練校でもAIのプログラミングスクールを設置しているところもあります。

体系的に学ぶために実践的なカリキュラムが用意されていて、経験方法な講師が教えてくれるので効率よく学べます。インターネット上にも様々なAI関連のプログラミングスクールが出ています。オンライン講座として個別の指導をしてくれることもあり、低コストで独学を進められるスクールもあります。

個人のサイトでも、AIについての様々な知識や技術についての情報を提供しているところも多くなっています。ちょっとした疑問に答えるためにもとても役立つサイトが増えていますので、メインの学習にプラスしてこうしたサイトをチェックしてみるのも効果的です。

AI関連の転職就職サポート

業務でも役立てられるほどのAIスキルを身に着けられるようなったら、それを生かして転職をしたいものです。関連する技術の転職就職サポートがありますので、積極的に活用しましょう。ハロワークなどの公的なサービスでも、IT関連技術やAI関連の求人を扱っていますので、自分の持つスキルを生かせるところを探してみましょう。

民間の転職サイトや転職エージェントでも、AI人材の転職就職サポートを行っています。多くのサービスサイトでIT分野の求人を扱っていますし、この業界に特化したサイトもあります。専任のアドバイザーがスキルや希望する雇用条件に合わせて、適切な企業をマッチングしてくれるため、より活躍できる職場を見つけるのに助けとなります。

中には、研修と企業紹介をまとめて行ってくれるところもあります。こうしたところであれば、ビジネススキルを身に着けると同時に、学んだスキルに応じた職場を見つけることができます。転職の可能性を高められるよう、面接対策をしてくれるサービスもありますので、上手に自分のスキルをアピールすることができるようになります。

賢くこうしたサポートを活用して、自分のスキルを身に着けると共に働きやすい転職先を見つけましょう。

就職までサポートするAI専門プログラミングスクール

人口知能技術専門プログラミングスクール「AIジョブカレ」

AIジョブカレは、人口知能技術(AI)専門で未経験の方がAI ・データ分析を仕事(AI エンジニア・データサイエンティスト)で活用できるレベルまで学習できるプログラミングスクールです。人工知能活用スキルを高品質で低価格で受講でき、その後仕事が決まったら受講料が無料になるシステムになっています。

ビジネスニーズの高い分野の8つの講座が用意されています。
E資格直前対策講座、E資格対応パッケージプラン、機械学習講座、ディープラーニング講座、Python+数学講座、Python+数学超入門講座、SQL講座、AI活用に必要なインフラ基礎講座、ケーススタディ実演講座

すべて完全オリジナルカリキュラムで、日本ディープラーニング協会公認(E 資格認定プログラム)、厚生労働省の専門実践教育訓練給付制度に対応していて経済産業省第四次産業革命スキル習得講座にも認定されています。

2019・2018年と2年連続で個人向けの対面形式でのAI講座受講者数No.1
※万一、初回講座で満足いかなかった場合は全額返金してくれます。

AIジョブカレ 無料説明会へ