テストエンジニアは楽なのか?

「エンジニア」の共通する仕事はコンピュータやソフトウェア技術によって、情報技術に関わるシステムを開発する、提供する、維持・点検するというものです。IT職であるエンジニアはその仕事内容によって細かく職種が分かれています。

例えば「システムエンジニア」はシステム開発の要となる要件定義や外部・内部設計を担当するエンジニアであり、「Webエンジニア」はWeb上で動作するシステム・サービスを開発するエンジニアです。いずれも「開発」に関わるエンジニアです。

これからご紹介する「テストエンジニア」もまた、主に開発に関わるエンジニアであり、同時にその立ち位置が大きく変わりつつあるエンジニアでもあるのです。

テストエンジニアの仕事内容

テストエンジニアの仕事内容は、簡単に言えば「IT製品、プログラムが正常に動くかどうかをチェックする」事です。仕様書通りに作られているか、また仕様書通りの動作をしているかなど、品質向上を目的とした様々なテストやミスチェックを行います。そのソフトを作成したプログラマーからの頼まれた箇所だけをチェックするのではなく、そのテスト計画から実行、分析を含めた全てを担当します。

この時、テスト結果が満足いくものでなければ、問題のあった箇所、より重点的にチェックした方がいいもの、クライアントからの追加要望などを踏まえた再テストなどを担当する事もあります。

従来、このテスト工程は経験の浅いエンジニアが担当する通例がありました。しかし近年は品質要求が高まった事、IT製品・サービスに関するセキュリティ面の意識向上・要件の高度化といった理由から、「より高度なテストを作れる人材」として、経験豊富なテストエンジニアの需要が高まっています。

テスター、デバッガーとの相違点

プログラムのテストやチェックをする、という仕事内容から、テストエンジニアはテスター、デバッガーという職種とも類似していると思われがちです。企業によっては求める範疇が異なることもありますが、
一般的には「テスターは指示されたテストを、指示された計画通りに行うもの」であり、デバッガーは「テストに基づいてバグを見つける、または見つけたバグを修正するもの」という違いがあります。

テストエンジニアとは、そうしたテスター・デバッガーに実施してもらうテスト計画そのものの作成を行う事が業務の範疇に入ります。そしてテスター・デバッガーによって得られたテスト結果の確認・分析を行う、品質テストにおける重要な立ち位置となっているのです。

重要性が増しつつある立ち位置であるものの、まだテストエンジニアを専任では雇用していない企業もあります。しかし先述したように、セキュリティ面や品質向上の観点から、今後IT企業においてテストエンジニアの活躍する場は増えていくと考えられます。

テストエンジニアに必要なスキル

企業によっては、IT製品時に行うテストはすでにその企業内でテンプレート化・自動化されている事があります。そうなればテストエンジニアの仕事はテストの実施計画・実行後の確認とまとめ作成と報告のみになります。

しかしその場合も、すでに存在しているテストの問題点を改良する事や、その製品独自に重点的にチェックしたい項目があり、新たなテストを作成するスキルを求められる事があります。ソフトウェア開発に関する知識・スキルやテストに使用されるプログラム言語に関する知識、そしてSeleniumをはじめとするテスト自動化に関するツール作成・使用スキルが求められます。

また、技術面のスキル以外にもビジネススキルとして、計画を立てる際やテスト中、テスト後に、それぞれで適切な報告・連絡・相談、つまり報連相をする事が求められます。仕様書をきちんと読み、仕様書に反する動作がある、重点的なテストなのに適切な結果が得られない等があればその再現性を記録、報告し、解決も含めてテストケースとして蓄積していくことで、テストエンジニアとしてのスキルが磨かれていきます。

問題が無い時には地味かつ単純な確認作業になってしまいがちなのが自動化テストですが、「品質に関わる」ものという意識を持って、より高品質なテストにしていく改善点やひらめきを持って挑む事も大切です。

テストエンジニアが取りたい資格

「JSTQB認定テスト技術者資格」…JSTQBとは、Japan Software Testing Qualifications Boardが日本のソフトウェア技術者のテスト技術向上を目的として行っている資格認定制度です。この資格は日本国内だけでなく、ISTQB(International Software Testing Qualifications Board)と相互認証を行っており、アメリカ、イギリス等の諸外国でも認められる資格となっています。
国内では日本科学技術連盟とパートナーシップを結んでいます。

JTSQBの資格は3つのレベルに分かれています。

Foundation Level(FL)はソフトウェアテストの基本的な理解、基礎的な知識を証明します。

Advanced Level(ALは上級のソフトウェアテストのエンジニア向けの資格です。FLよりも幅広いテスト設計、自動化や結果分析等の知識の証明となります。

ALはテストマネージャー、テストアナリストと分類が分かれており、前者は総合的な知識、後者はより分析技法に深い造詣がある証明となります。

FLの合格率は50〜70%と比較的易しい資格となっている反面、ALはどちらも合格率が6〜25%で、難易度の高い試験となっています。

「IT検証技術者認定試験」…IT検証技術者認定試験、IVECはIT Verification Engineer Certification、一般社団法人IT検証産業協会(IVIA)によって認定されるテストエンジニアの資格です。認定者は試験結果によって、テストエンジニア業務の実務に関する理解度に応じて1~7のレベルが認定されます。

認定はテスト実行が行えるレベル1から始まり、よりテストエンジニアとしてキャリアレベルを高めていくには何を理解し、何が出来るようになるべきかの指標にもなります。

テストエンジニアの収入・勤務状態は?

テストエンジニアの収入・勤務状態は、任される立場や実務の状況によってピンキリです。その企業において募集されているテストエンジニアの業務によって幅が広く、年収はおよそ200万〜1,200万と言われています。テストエンジニア全体の平均年収は502万円ですが、特に品質保証が実務に入るテストエンジニアは年収584万円と、全体の平均年収と比較して高くなっています。

勤務状態は業界や企業によって違いがありますが、テストエンジニアは激務になりにくいとされています。基本的にテストの実施そのものは自動化するものであり、結果が出るまでの間に他の業務を平行出来るなど、基本的な業務が続く限りは1日当たりの業務は安定します。

ただし短期間で複数のテストの実施や計画、設計を持ち込まれたり、再テスト、現仕様とは異なる重点での新テストの立案などを求められると、テストエンジニアの負担は大きく上がります。エンジニア職の中では比較的ワークライフバランスがとりやすい仕事であるものの、テストエンジニア専門で出来るのか、他の業務にも携わる可能性や前例があるのか、就職や転職の際にきちんと認識を擦り合わせておきましょう。

ITエンジニアに特化した転職エージェントランキング

  1. Geekly(ギークリー) IT・Web・ゲーム業界専門エージェント

    IT業界で働きやすさ、年収アップを叶えるなら、IT・Web・ゲーム業界専門のギークリーがおすすめです。
    IT・Web・ゲーム業界で10年以上の実績があるので、IT・ゲーム業界の求人が圧倒的に多く、業界専門のキャリアコンサルタントは豊富な支援実績により、IT業界との深いコネクションをもっていますので、Geeklyでしか得られないリアルな情報が集まっています。

    正社員の非公開求人も18,000件以上(22年4月現在)あり、年収アップ率75%で案件の提案量も多いので、たくさんの選択肢から求人を選べます。書類選考なしの面接確約サービスや、応募書類作成代行サービスなども好評で、2021年もリクナビNEXT GOOD AGENT RANKINGで5冠(総合、IT、事務管理、首都圏、そして満足度)を達成しています。

    ※転職先は、一都三県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)のみ限定です。

    Geeklyへ無料登録

  2. 自社内開発案件に強いクラウドリンク

    ITエンジニアに特化した転職エージェントで、自社内開発案件100%を強みとしています。IT・WEB・ゲーム業界に高い専門性を持つキャリアアドバイザーが、転職希望者様のパーソナリティーや希望に沿った企業を紹介し、エンジニアの理想の転職の実現をサポートしています。非公開求人は、年収・休日数・労働環境等を審査し、通過した優良求人情報のみを紹介しますので、エンジニアの満足度は高く

    エンジニア向け転職支援会社 サポート満足度NO.1
    理想の転職先が見つかるITエンジニア向け転職支援会社NO.1

    に選ばれていますので、入社後定着率の高さが98.3%でトップクラスです。業界ベース、言語・技術ベースでの紹介も可能で、サポートは完全オンラインなので隙間時間で活動できます、主要都市に限らず地方の案件も豊富です。

    ※利用者の66.7%の方が平均58.3万円年収UPしています。
    ※全国対応で、53歳以下のIT/Web系エンジニアの経験者限定です。

    クラウドリンクへ無料登録

  3. IT系に強くて対応が丁寧なワークポート

    現在は総合型の転職エージェントですが、もともとはIT業界に特化したエージェントでした。そのため、IT・WEB・ゲーム業界の求人数は群を抜いています。

    豊富な求人案件を活かし、求人案件をどんどん紹介してくれるのもワークポートの特徴です。個人差はありますが、面談時点で10件以上、翌日にも数十件の案件を紹介してくれるなど、迅速に豊富な選択肢を得られるのが魅力です。スピーディーに進めたい人、たくさんの案件から選びたい人におすすめです。

    ホテルのコンシェルジュをイメージして、キャリアコンサルタントを「転職コンシェルジュ」と呼ぶのが特徴で、気軽にさまざまな相談に対応するという企業姿勢を表現しています。担当コンシェルジュとの相性が悪いと感じた場合は、変更が可能と名言しているユーザー重視の転職エージェントです。

    求人は全国対応で拠点も全国14箇所あり平日の夜や土日の相談も可能で、対応も早いのでスムーズに転職したい人には最適の転職エージェントです。
    ※現在、ITコンサル/PM/SE/PG系40代まで受付中です。

    ワークポートへ無料登録

  4. レバテックキャリア

    レバテックキャリア

    ITエンジニア専門の転職エージェントで、特にweb系求人やゲーム関係に強みがあります。SIerからの転職支援実績も豊富で、CTO、テックリード、ITアーキテクト、VPoE、エンジニアリングマネージャー案件も多数保有しているので、幅広い職種へのキャリアップ転職が可能です。

    15年間に渡りIT専門のキャリア支援を行ってきただけあり、キャリアアドバイザーがエンジニアのスキルに対する話も早く、理解度も高いのが特徴です。プログラミング言語やデザインツールの専門知識などについても、日々キャッチアップし情報収集しているため造詣が深いのですね。

    IT業界の求人動向にも詳しく、アドバイザーが年に3,000回以上企業を訪れ、現場のリアルな情報を常に把握、企業の社風や環境などの詳細情報に精通しています。取引企業数5,000社以上を超える求人の中からエンジニアのスキルだけでなく、人柄部分の相性とのマッチングにも定評があり、選考通過率が高いだけでなく、転職した後の満足度も高いと評判です。

    レバテックキャリアから転職するとオンラインプログラミング学習の「Progate」利用が半年間無料になるサービスもあり転職後のスキルアップに役立ちます。

    ※面談場所は、渋谷(東京本社)、名古屋(中区栄)、大阪(北区堂島)、福岡(中央区天神)です
    ※平日夜や土曜日、また電話での面談・オンラインカウンセリングも可能です。

    レバテックキャリアへ無料登録

  5. IT系やSaaS系成長企業へ転職ならエンワールド・ジャパン

    エンワールド・ジャパンが提供する将来性のある日系企業への転職支援に特化したサービスです。エンワールドの中でもトップクラスの成約実績を誇る優秀なコンサルタントが、正社員・プロフェッショナル人材派遣・エグゼクティブ人材紹介・採用代行サービス(RPO)を通し、あらゆる方面から転職支援を行っています。

    コンサルタント自身が企業の経営層とやり取りを行っているので社内事情にも熟知し、入社後に活躍できる事をミッションとし中長期を見据えて最善のキャリアプランを提案しています。

    ベンチャーキャピタルや監査法人と連携し、人材会社以外の第三者の評価も含めて将来性を加味した企業の求人がメインで、一般の求人には掲載されないような企業も多数あります。

    ※30代前後のIT系企業やデジタル系会社での勤務経験がある方。
    ※Instsgramを頻繁に活用する女性にあう求人も豊富です。
    ※WEB面談も可能です。

    エンワールド・ジャパンへ無料登録

  6. ITエンジニアの失敗しない転職は、メイテックネクストIT

    メイテックネクスト

    製造系エンジニアの求人に強いメイテックのエンジニア専門の転職サポートがメイテックネクストです。メイテックネクストは、多数の取引実績があるため、公にはされていない各企業の内々の最新情報や求める人材などを把握しています。

    求人の80%が非公開求人で、メイテックネクストだけの独占求人も豊富です。企業側にも「エンジニアの中途採用はメイテックネクスト」と認識されているので、エンジニアの求人が集まりやすいです。

    転職支援コンサルタントは、その半数以上がメーカーの技術系分野出身でSIer、通信会社からメーカーまで幅広くIT領域豊富な知識を持って技術者が求めるニーズを理解したうえでの転職サポートをしてくれます。
    土・日・祝日でも夜20時以降でも対応してくれます。

    メイテックネクストITへ無料登録

  7. 2週間で社内SE転職ナビ

    客先常駐がない社内SEを目指すエンジニアの最適なキャリア形成をサポートする「社内SE転職ナビ」は、口コミや友人の紹介という形での登録が多く、ITエンジニアからの信頼度が高い転職エージェントです。

    ワークライフバランスを実現したい、遠方派遣や1人常駐をしたくない、キャリア・スキルアップしたい方へ
    IT/WEB業界はもちろん、一般の事業会社での社内SEやシステム開発職へ転職をしようと思っている人におすすめです。※20歳〜45歳未満で、関東(東京・神奈川・千葉・埼玉)と関西(大阪・京都)に転職希望の方のみとなります。

    社内SE転職ナビへ無料登録

  8. IT学習とIT就職のダブルサポート ウズキャリIT

    ウズキャリIT

    20代の若者専門就職・転職サポートのウズウズが、未経験でITエンジニアを目指す方に特化した就業サポートで、市場に出回っていない「非公開ITエンジニア求人」多数保有しています。

    ウズキャリといえばブラック企業を避ける転職エージェントとして有名で、離職率、労働時間、社会保険、雇用形態などの独自の基準を設け、独自のブラック企業データベースを保有していますので、ブラック企業を高確率で避けることができます。ウズキャリの特徴は何と言っても手厚いサポートです。

    一人にかけるサポートの時間は月に20時間ほどで、これは他社の10倍にもなるそうです。個人に合わせたサポートを希望する人におすすめのエージェントです。

    IT分野の就業サポート実績2,000人以上、入社後の定着度は驚異の97%超え、完全オーダーメイドの面接対策などの転職サポート以外にもインフラ系やJavaなど無料学習動画コンテンツやIT専門講師による無料学習サポートも満足度が高いです。

    ※ITエンジニアになりたい29歳以下(高卒・未経験もOKです)
    ※既卒・第二新卒・フリーター・ニートの内定率83%以上

    ウズキャリITへ無料登録

  9. 若手の転職はマイナビIT AGENT

    マイナビIT AGENT

    IT、Web、エンジニア、マーケティング、コンサルタントなどの業種や職種に強い転職エージェントです。新卒時にも利用する人が多いマイナビが運営していて、20〜30代のITエンジニアの支援に特化しています。
    マイナビエージェントとは違って、エンジニア専門のキャリアアドバイザーがサポートしてくれるので、業界内の事情に精通しています。業界ならではの悩みへの相談や、こだわり条件への対応もしてくれます。
    大手企業からベンチャー企業まで幅広く取り扱っていて、人事との繋がりも深いので、配属先についての情報や労働環境などの詳しい情報も事前に知ることができます。
    ※現在20〜39歳まで関東・関西在住の方限定です。

    マイナビIT AGENTへ無料登録

    ITエンジニア未経験者専門の転職エージェント FEnet未経験

    未経験からITエンジニアへのキャリアチェンジに特化した転職エージェントで、夢真ビーネックスグループ(東証プライム上場)のグループシナジーを活かして立ち上げられたサービスです。

    FEnetの特徴は、なんといってもどこよりも種類豊富な無料エンジニア研修です。AWS研修、Salesforceデベロッパー研修、Microsoft Azure研修、ネットワークスペシャリスト研修、ITスペシャリスト研修、OutSystems研修、プログラミング基礎+Salesforce研修、クラウド・サーバ(Linux)研修、CCNA研修など、自分の希望するエンジニアの研修を受講することで、新たなエンジニアキャリアへの一歩を踏み出しやすくしています。

    未経験からエンジニアへのキャリアチェンジに特化したキャリア相談で、それぞれの思考に合わせて進むべきエンジニアの道とそのために必要な研修を受け、終了後にはエンジニアが楽しみながら働き続けられる転職を実現します。

    年間2,500名のキャリア相談ノウハウから、登録者の現状を正確に把握し、求職者様それぞれにとってベストな エンジニアへのキャリアチェンジを全力サポートしています。

    ※既卒、フリーター、未経験OKで全ての求人が正社員です。
    ※全国対応、20〜29歳までの日本国籍の方

    FEnet未経験へ無料登録