ITエンジニアとはどんな仕事か

現在、私たちの生活とIT技術は切っても切れない関係にあります。IT技術の進歩や成長は私たちの生活をより便利で豊かなものにしていますし、これからも様々な分野にIT技術が活かされていくことが期待されています。

そのため、IT分野の仕事の需要は大きくなっていますし、それと同時にIT関連の仕事に興味を持つ人も増えています。ITエンジニアもとりわけ需要の大きな仕事ですが、一体どんな仕事をするのでしょうか。

エンジニアとは、技術者を指して使われる言葉です。モノづくりをする人もエンジニアと呼ばれることがあります。

ITエンジニアとはIT関連の技術者のことで、ITに関する専門的な知識を持っていて、コンピューターのシステムを設計できる人です。ITエンジニアに向いている人は、IT関連のことや最先端技術に興味にある人、集中力の求められるコツコツとした作業ができる人、コミュニケーションスキルのある人だと言われています。

ITという言葉を聞くと、ITエンジニアは理系の仕事かと思われがちですが、文系の方も多いです。記憶力が必要になることも多いので、計算が苦手な文系の方でも得意とする分野を活かして仕事をすることができます。正社員として企業で働く人もいれば、転職を繰り返してキャリアアップをしてから、フリーランスで働いているという人もいます。
在宅ワークでもできる仕事が多くあり、とても人気のある職種の一つです。

自社開発の案件のITエンジニアの種類

ITエンジニアと呼ばれる職種は、仕事内容から、さらに細かく分類することができます。

システムエンジニア(SE)

システムエンジニアは、コンピューターのシステムを開発したり設計したりするのが仕事です。顧客が必要とするシステムがどのようなシステムなのかをしっかりと確認し、システム設計を行います。そのため、顧客との綿密な企画や作成していく過程で繰り返し行う打ち合わせはとても重要になります。

システムの設計ができたら作成へと移りますが、テストを繰り返して、ミスが起こらないよう調整や修正をしながら、作成していきます。

プログラマー(PG)

プログラマーは、システムエンジニアが作成した設計に基づいて、プログラムの作成を行います。システムエンジニアを家の設計士にたとえれば、プログラマーは家を実際に建てる大工にたとえることができるかもしれません。設計通りにプログラミングをしていっても、エラーが起こることは多々あります。プログラマーは、そのようなエラー修正も行います。

プログラマーになるには、プログラミング言語の習得が必須となります。どのような分野を扱うかによって、取得するべきプログラミング言語やITに関する知識は異なります。そのため、幅広い知識が求められる職種です。中には、システムエンジニアとプログラマーを兼任する人もいます。

ネットワークエンジニア(NE)

ネットワークエンジニアの仕事は、ネットワークの設計、構築、メンテナンスを行うことです。ネットワークに関連したシステムには、ルーターやメール、クラウド接続などが含まれます。ネットワークセキュリティに関する事柄も扱うので、ネットに関することを全般的に扱うと言えます。

WEBエンジニア

WEBエンジニアは、WEBサイトの設計や運営に関する仕事を行います。WEBエンジニアは技術面だけでなく、WEBサイトを利用する人のニーズを把握し、どのような運営をすれば効果的なのかを分析するスキルなども求められます。もちろん、顧客との打ち合わせでこうしたことは話し合いますが、いろいろな経験や知識があると、とても重宝されるでしょう。

WEBエンジニアには、ユーザーの目に見える部分、つまりWEBページのデザインや設計を行う仕事もあれば、ユーザーからは見えない部分、データ処理などのシステム開発などを行う仕事もあります。

ITエンジニアにはいろいろな種類があり、上記に挙げたのはそのうちのいくつかです。他にも、サーバーエンジニア、データベースエンジニア、セキュリティエンジニアやセールスエンジニアと呼ばれる職種があります。それぞれが専門分野に特化した職種ですが、兼任しながら行うこともあります。

自社開発の案件のメリット・デメリット

ITシステム関連の仕事の多くは受託開発です。これは、クライアントからの依頼を受けてシステムを設計したり作成したりする仕事のことです。

一方、自社開発とは、自社のためにシステムを開発する仕事を言います。IT企業が自社の製品を開発して売り込むこともあれば、自社に必要なシステムを他へ委託するのではなく、社内で自ら開発することもあります。自社開発の案件のメリット・デメリットにはどのようなものがあるでしょうか。

スケジュール調整のしやすさ

自社開発の案件の方が、受託開発よりもスケジュールの調整がしやすいメリットがあります。自社の開発なので、比較的スケジュール調整に融通が利くからです。受託開発の場合はクライアントからの依頼なので、シビアな納期で要求されることもあります。

開発のやりがい

自社開発のもう一つのメリットは、やりがいを感じやすいという点です。自社開発では企画の段階からプロジェクトに関わることができます。単に依頼を受けて作成して納品するだけだと、なかなかモチベーションが上がらないかもしれません。しかし、自社開発の場合は一から全てを行うため、プロジェクトに楽しさを感じる人が多いようです。

開発したシステムがヒットした場合にはインセンティブがもらえることもありますし、そうでなくとも達成感を感じることができます。

スキルの習得

スキルに注目した場合、受託開発よりも自社開発の方にデメリットがあると言えます。自社開発では扱う製品に限りがあり、内容も似たものが多いからです。一方、受託開発の場合は、いろいろなクライアントから毎回異なる案件を受注して開発を行います。

その時は大変かもしれませんが、結果として多岐にわたるスキルを習得することができます。

人脈やコミュニケーション

人脈を広げ、コミュニケーションスキルを向上させることに関しても、受託開発に比べ、自社開発の方にデメリットがあると言えるでしょう。自社開発では同じ社内の人間とのコミュケーションが中心になりますし、せいぜい部署が異なる人との人脈が増えるだけです。

一方、受託開発では毎回異なるクライアントと打ち合わせをしたり製品開発をしたりするため、人脈が広がり、コミュニケーションスキルも向上することでしょう。

自社開発企業に就職した方が良いのか、受託開発企業の方が良いのか迷っている場合、これらのメリットやデメリットを総合的に考えて決定しましょう。求められるスキルの違いや将来の目標、社風なども、決定に大きな影響を与えます。

自社開発の案件のITエンジニア求人の探し方

自社開発の案件のITエンジニアとして働きたいと思う場合、どのように求人を探すことができるでしょうか。

ITエンジニアとして働くためには、スキルの習得が必須条件です。プログラミングなどは独学でも学ぶことは可能ですが、スクールやセミナーを活用すれば、効率的にスキルを身につけることができるかもしれません。スクールやセミナーのメリットとして、卒業後に企業を紹介してくれることもあります。

スキルを持つITエンジニアなら、求人サイトや求人エージェントを活用するのは良い探し方です。エージェントには、IT求人に特化したものも多くあります。自分のスキルや職務経歴などを登録しておくと、魅力的な企業を紹介してもらえるかもしれません。

自社内開発案件に強いクラウドリンク

ITエンジニアに特化した転職エージェントで、自社内開発案件100%を強みとしています。IT・WEB・ゲーム業界に高い専門性を持つキャリアアドバイザーが、転職希望者様のパーソナリティーや希望に沿った企業を紹介し、エンジニアの理想の転職の実現をサポートしています。非公開求人は、年収・休日数・労働環境等を審査し、通過した優良求人情報のみを紹介しますので、エンジニアの満足度は高く

エンジニア向け転職支援会社 サポート満足度NO.1
理想の転職先が見つかるITエンジニア向け転職支援会社NO.1

に選ばれていますので、入社後定着率の高さが98.3%でトップクラスです。業界ベース、言語・技術ベースでの紹介も可能で、サポートは完全オンラインなので隙間時間で活動できます、主要都市に限らず地方の案件も豊富です。

※利用者の66.7%の方が平均58.3万円年収UPしています。
※全国対応で、53歳以下のIT/Web系エンジニアの経験者限定です。

クラウドリンクへ無料登録

ITエンジニア未経験者専門の転職エージェント FEnet未経験

未経験からITエンジニアへのキャリアチェンジに特化した転職エージェントで、夢真ビーネックスグループ(東証プライム上場)のグループシナジーを活かして立ち上げられたサービスです。

FEnetの特徴は、なんといってもどこよりも種類豊富な無料エンジニア研修です。AWS研修、Salesforceデベロッパー研修、Microsoft Azure研修、ネットワークスペシャリスト研修、ITスペシャリスト研修、OutSystems研修、プログラミング基礎+Salesforce研修、クラウド・サーバ(Linux)研修、CCNA研修など、自分の希望するエンジニアの研修を受講することで、新たなエンジニアキャリアへの一歩を踏み出しやすくしています。

未経験からエンジニアへのキャリアチェンジに特化したキャリア相談で、それぞれの思考に合わせて進むべきエンジニアの道とそのために必要な研修を受け、終了後にはエンジニアが楽しみながら働き続けられる転職を実現します。

年間2,500名のキャリア相談ノウハウから、登録者の現状を正確に把握し、求職者様それぞれにとってベストな エンジニアへのキャリアチェンジを全力サポートしています。

※既卒、フリーター、未経験OKで全ての求人が正社員です。
※全国対応、20〜29歳までの日本国籍の方

FEnet未経験へ無料登録

レバテックキャリア

レバテックキャリア

ITエンジニア専門の転職エージェントで、特にweb系求人やゲーム関係に強みがあります。SIerからの転職支援実績も豊富で、CTO、テックリード、ITアーキテクト、VPoE、エンジニアリングマネージャー案件も多数保有しているので、幅広い職種へのキャリアップ転職が可能です。

15年間に渡りIT専門のキャリア支援を行ってきただけあり、キャリアアドバイザーがエンジニアのスキルに対する話も早く、理解度も高いのが特徴です。プログラミング言語やデザインツールの専門知識などについても、日々キャッチアップし情報収集しているため造詣が深いのですね。

IT業界の求人動向にも詳しく、アドバイザーが年に3,000回以上企業を訪れ、現場のリアルな情報を常に把握、企業の社風や環境などの詳細情報に精通しています。取引企業数5,000社以上を超える求人の中からエンジニアのスキルだけでなく、人柄部分の相性とのマッチングにも定評があり、選考通過率が高いだけでなく、転職した後の満足度も高いと評判です。

レバテックキャリアから転職するとオンラインプログラミング学習の「Progate」利用が半年間無料になるサービスもあり転職後のスキルアップに役立ちます。

※面談場所は、渋谷(東京本社)、名古屋(中区栄)、大阪(北区堂島)、福岡(中央区天神)です
※平日夜や土曜日、また電話での面談・オンラインカウンセリングも可能です。

レバテックキャリアへ無料登録

未経験者からITエンジニアへなるなら研修&就職サービス

IT学習とIT就職のダブルサポート ウズキャリIT

ウズキャリIT

20代の若者専門就職・転職サポートのウズウズが、未経験でITエンジニアを目指す方に特化した就業サポートで、市場に出回っていない「非公開ITエンジニア求人」多数保有しています。

ウズキャリといえばブラック企業を避ける転職エージェントとして有名で、離職率、労働時間、社会保険、雇用形態などの独自の基準を設け、独自のブラック企業データベースを保有していますので、ブラック企業を高確率で避けることができます。ウズキャリの特徴は何と言っても手厚いサポートです。

一人にかけるサポートの時間は月に20時間ほどで、これは他社の10倍にもなるそうです。個人に合わせたサポートを希望する人におすすめのエージェントです。

IT分野の就業サポート実績2,000人以上、入社後の定着度は驚異の97%超え、完全オーダーメイドの面接対策などの転職サポート以外にもインフラ系やJavaなど無料学習動画コンテンツやIT専門講師による無料学習サポートも満足度が高いです。

※ITエンジニアになりたい29歳以下(高卒・未経験もOKです)
※既卒・第二新卒・フリーター・ニートの内定率83%以上

ウズキャリITへ無料登録

上京してITエンジニアに転職支援ネットビジョンアカデミー

最短2か月でネットワークエンジニアになれる上京転職支援サービスのネットビジョン。東京での住まいを家具家電付きで家賃最大2ヶ月無料・敷金・礼金も不要】で提供し、文系・未経験でもIT業界に就職できるように、講義・実機演習・履歴書や職務経歴書の添削・面談練習等も無料で徹底サポートしています。

職種は「インターネット」や「企業・官公庁のネットワーク環境」の設計・構築・運用・保守を行う、ネットワークエンジニアがメインとなります。CCNAも取得できるので将来的にも就職に有利です!

大手企業から有名ベンチャーまで正社員としての採用実績多数あり、就職率98%です。

※初期費用は3.8万円(保証金(1万円返却)と寝具代)と、スクール入校前月の日割分のみ。
※18歳〜31歳のITエンジニア希望の男女、上京を思い立ったら最短1週間で入居も可能です。

ネットビジョンアカデミー説明会へ無料登録