会社に居場所がないと感じる理由

1 良いコミュニケーションができていない

人と話すのが苦手な人は自分の考えや気持ちをはっきり伝えられないので、周りから孤立してしまうことがあります。また、自分から話そうとしないと、プライドが高い人と誤解されてしまう場合もあります。そうなると周りも話しかけにくくなり、ますます孤立して会社に居場所がないと感じます。

話し好きの人であっても、コミュニケーションスキルがないと孤立してしまいます。スムーズなコミュニケーションには、相手の話を聞くことが重要なので、相手の話を聞かない人や自分の意見ばかり主張する人は職場で孤立しがちです。

2 弱みを見せない

いつも自信に満ちていて弱みを見せないと、やはり周囲から敬遠され孤立してしまいます。弱みを見せないのは競争意識が強かったり、プライドが高いのが原因です。また、自分の自信のなさをカモフラージュするためにわざと強気の姿勢を見せる人もいます。

そうなると周囲からのサポートを受ける機会もなくなり、周りとの関係性も構築できないので、職場での居心地が悪くなります。

3 自分に対するネガティブな見方

性格や生い立ち、過去の経験などが関係しますが、自分に対してネガティブな見方をしていると居場所がないと感じることがあります。自分なんてどうせ相手にされない、自分はつまらない話しかできないといった気持ちがあると、自分からみんなの輪の中に入っていくことができません。

思考が消極的だと表情や行動にも表れるので、周りからもあまりかかわりになりたくないと思われてしまいます。

4 上司や同僚との関係がうまくいっていない

上司から仕事を任せられたり、同僚との関係がうまくいっていると会社で必要とされている、居場所があると感じますが、それがないと疎外感を感じます。上司が嫌がらせで、仕事を任せないとか、情報を与えずに意図的にミスをさせる、担当を理由もなくはずされるということを経験しているかもしれません。

また、同僚から距離を置かれる、いつも批判されるということがあり、居場所がないと感じることもあります。

5 社風が合わない

社風とはそれぞれの企業が持つ独特の雰囲気や文化、価値観のことで、たとえば、アットホームな雰囲気、体育会系、実力至上主義、個人の意見を尊重するなど様々です。落ち着いた雰囲気で仕事をしたい人が、体育会系の社風の中で仕事をするのはストレスになるでしょう。

また、家族的な雰囲気が好きなのに、実力至上主義で同僚がみんなライバル関係にあるような職場であれば、自分には居場所がないと感じるでしょう。

会社で居場所を見つける方法

1 コミュニケーション能力を向上させる

コミュニケーション能力が向上すると、周りから受け入れられやすくなるので、職場での居心地もよくなります。まずは、できることから始めましょう。たとえば、いつも笑顔で挨拶をする、感謝の気持ちを伝える、相手の話をよく聞く、わからないことは質問するといったことです。

コミュニケーション能力を向上させると言っても、話題が豊富な人にならなければならないというわけではなく、いつも何かしゃべっていなければならないということでもありません。コミュニケーション能力が高いのは聞き上手の人です。

アクティブリスニングというスキルがありますが、これは、聞きながらうなずいたり、相手の言ったことを自分が理解しているか確認するために聞き返したり、相手の気持ちに寄り添う言葉を伝えたりします。こうしたことを少しずつ努力することで、意思の疎通がスムーズになり、職場に溶け込めるようになります。

2 強がらない

弱点やコンプレックス、失敗した経験などは誰にでもあるので、そうしたことを普通に話してくれる人に対しては、親近感を感じるものです。
「あんなに仕事ができる人でも、そういう悩みがあるんだ、そんな失敗をしたことがあるんだ」
ということがわかると、相手も安心して似たような経験について話してくれます。そうなれば、仲間意識が芽生えて、職場に溶け込みやすくなります。

サポートを受ければスムーズにいくのに、意地を張って自分で何でもやろうとするのも禁物です。自分の能力を超えていると感じた時には、それを正直に認めてサポートをお願いするようにしましょう。

完璧主義の人は、助けを求めるのは弱い人、未熟な人と考えがちですが、自分の限界を知って、周りの助けを受け入れられる人こそ、バランスの取れた円熟した人と言えます。そういう人となら、誰でも一緒に働きたいと思うものです。

3 自信を取り戻す

自信を失っている人でも、考え方を変えるだけで自信を取り戻すことができます。自分に対してネガティブな見方をしている人は、人と比較していることが多いので、人と比べるのをやめましょう。自分の価値は人と比較することで決まるわけではありません。

それよりも、以前の自分と比べて今の自分がどのくらい進歩しているかを考えます。それによって満足感を得られますし、人と比較しないので、妬みや競争心、劣等感や優越感といった、人間関係の構築に弊害になるような感情を抱かずに済みます。

過去の失敗がトラウマになって自信を失っているなら、小さな仕事をこなしていくように努力してみましょう。メールの返信をその日のうちにするといった些細なことでも、それをきちんとこなしていくと自信につながります。

小さな目標をいくつか立てて、それを達成して自信を取り戻しましょう。自分に自信が持てるようになると、表情も明るくなり、会話もポジティブになって周りの人達ともうまくやっていくことができます。

4 上司や社風に対する見方を変える

上司から嫌われていて居場所がないと感じる場合は、上司との溝を埋める努力が必要になります。できることとしては、礼儀正しく接する、報告、連絡、相談を徹底する、目の前の仕事に集中する、上司の長所を探す、仕事上の関係と割り切るなどです。相手に対する自分の考え方を変えるだけでだいぶ気持ちが楽になります。

ただ、明らかにパワハラだと感じる場合は、仕事の悩み相談を受け付けている社内や社外の窓口に相談すると良いでしょう。
社風が合わないという場合なら、まずは、なんでも社風のせいにしていないか考えてみましょう。評価されないのは社風のせいだ、社風のせいで仕事になじめないと感じていても、自分側で改善できることがあるのかもしれません。

また、友人や同期、信頼できる先輩に相談することもできます。同じような経験をして克服してきた人がいるかもしれませんし、自分の状況を客観的に分析してアドバイスしてくれることもあります。

タイミング見計らって転職する

いろいろと努力したものの、やはり会社で必要とされていない、居場所がないと感じる場合は、転職を考えることもできます。特に、上司からの嫌がらせが続いて精神的に限界であったり、社風がどうしても合わず苦痛だという場合は、転職することも悪い選択ではありません。

転職のタイミングも十分考慮しましょう。企業の採用活動が活発化するのは、新年度を迎える前の2月、3月と下半期がスタートする前の8月、9月です。この時期には求人も多いのですが、ライバルも多いのが現実です。

一方、採用活動が落ち着つく4月、5月は求人数は減りますが、急募が多く、ライバルも少ないというメリットがあります。また、ゴールデンウイークの間に、応募書類をしっかりと準備できるというのもプラス要素です。春に就職活動を始めて夏に内定が決まれば、夏のボーナスを受け取ってから退職というのも可能です。

サポートに定評がある、おすすめ転職エージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント

日本最大級の転職エージェントで、求人数No.1、転職成功実績No.1の最大手リクルートエージェントです。拠点も全国主要都市に19箇所あり、地方の求人も豊富です。対応できる業種・職種が幅広く、第二新卒からミドル・ハイキャリア層まで、質の高い求人を数多く保有しています。

各業界事情に精通した470名以上のキャリアアドバイザーが、丁寧なキャリアカウンセリングであなたの経歴・スキル・実績を把握し、希望に沿った求人を紹介してくれます。また適切な年収額を提示して、可能な限り年収アップを図ってくれます。

キャリアアドバイザーの履歴書や職務経歴書のまとめ方など、採用情報を加味した応募書類の添削や面接対策アドバイスも実践的で、面接力向上セミナーなど無料セミナーも充実しています。

転職先で活躍できることを目標に、またその後のキャリア形成も考えてのサポートしているので、転職後の退職率がわずか4%以下は特筆すべき点です。転職サポートの流れもスピーディーで、土日の相談が可能なのも今すぐ転職したい人も頼りになります。

リクルートエージェントへ無料登録

リクルートが本気で正社員転職を支援する、20代なら迷わず就職Shop

就職Shop

最大手リクルートが運営する、既卒や第二新卒、フリーターやキャリアの浅い20代の人物重視の就職支援サービスです。既卒者の正社員採用に限定した求人のみを扱っており、1人1人に寄り添い、納得いくまであなたの正社員就職をサポートしています。

就職Shopは、離職率が高い企業の応募は受け付けておらず、専任スタッフが現地に足を運んで取材した企業のみを紹介してくれるので、ブラック企業に捕まるリスクがありません、コロナ禍でも採用を継続している10000社以上の求人情報(8割は事務・技術・製造・接客販売・IT系と幅広く)豊富に保有していて、応募時に書類選考が無いので、”働いてみたい”企業の面接からスタートします。非常に効率的で、スピード就業が可能です。

すでに登録者は17万人を突破していて、就職決定した方の7割が正社員経験1年未満の若者です。様々な業界・職種の中卒・高卒・未経験OKの正社員求人があり、専任のキャリアコーディネーターが個別面談ののち、求人紹介から書類・面接対策までサポートしてくれます。

また就職ガイダンスやビジネスマナー講座、模擬面接会に職種・業界研究セミナーなど、利用者が就活や内定後の正社員として活躍できるためのサポートが充実しているのも特徴的です。

対応地域は、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、大阪府、京都府、兵庫県です。
全ての面談を電話・リモートで対応しています。

就職Shopへ無料登録

交渉力とサポート力が高いdodaエージェントサービス

dodaは交渉力とサポート力が高いと評判のエージェントです。

常時全国10万件以上の幅広い業界・職種の求人には、40代の案件も豊富に保有しています。履歴書や職務経歴書の添削を始め、面接対策などのサポートも充実しているため時間のない方の転職活動も安心です。

業界大手なので企業からの信頼が厚く、転職希望者に有利な選考や年収交渉をすすめることができます。キャリアアップできる企業に応募の際に推薦状をつけてくれるので、内定を貰える確率も高くなります。

北海道から九州まで全国10箇所に拠点があり地方の求人も豊富で、各地で転職セミナー&転職相談会を多数開催しています。(オンラインセミナーあり)

※職種、年齢、経験を問わず、さまざまな方が利用し転職に成功しています。

dodaへ無料登録

正社員就職応援プロジェクト・東京しごとセンター

東京都の正社員就職支援事業です。東京しごとセンター正社員就職応援プロジェクトでは、30歳から54歳までの都内で正社員就職したい方を無料でサポートしています。

就活ノウハウやキャリアデザインなど、セミナー・研修受講は全て無料です。1日5000円の就活支援金支給制度や短期間のスキルアッププログラムなどもあり、就職活動がうまくいかない、面接が苦手、自分に合った仕事を探したいなどの手厚いサポートが受けられます。

東京しごと塾は、30歳から54歳の正社員就職を目指す方が、就活支援金を受給しながら5日〜2ヶ月の職務実習を通じて正社員就職を目指すプログラムが3コースあります。プログラム受講者の98%が「満足」と答えています。

すべて無料ですので東京都で正社員就職希望の方にはおすすめです!

正社員就職応援プロジェクト・東京しごとセンターへ無料登録