どうして上司は分かってくれないのか?対処法は?

上司が分かってくれないと感じるのは、上司の側に原因があることもありますし、社員の側に問題がある場合もあります。

上司の側の問題

実績も実力もある上司の中には、部下も自分と同じようにできるだろうと思い込んでいる人がいます。それで、自分の考えで仕事を進めて、部下が自分のレベルに達しないと、相手のレベルを考慮することなく厳しく指導します。また、部下が悩んでいても、寄り添おうとせず、理解しようとも思いません。メンタルが弱い、根性がないというふうに片づけてしまいます。

経験も実績もあり、自分が会社を支えてきたという自負があるため、部下の話に耳を傾けないという場合もあります。自分のやり方が最善だと思っているので、部下の提案を聞こうとしません。また、自分に自信がない上司の場合は、提案や意見を自分に対する反発だと考えて気分を害し、話を聞かないこともあります。

その他には、故意に特定の部下を攻撃する上司もいます。いじめやパワハラを行う上司です。

うまく対応する方法

幾ら話しても分かってもらえないと、精神的にかなりダメージを受けます。相手を変えようとしても変わらないので、自分の考え方を変えて対処するのが最善です。相手の立場に立って考え、上司が自分の意見を受け入れられない理由を理解するように努めます。同意はできないとしても、なぜそのような反応をするのかを理解することで、事態を冷静に受け止めることができるようになります。

いじめやパワハラを行う上司に対しては、自分一人の力ではなかなか対処できないと感じるかもしれません。その場合は、社内に仕事の悩み相談を受け付けてくれる窓口があれば、そこに相談しましょう。直属の上司の上の上司に相談することもできます。

社内では相談したくない、相談できる人がいないというのであれば、労働基準監督署内や都道府県労働局などの全国379か所に置かれている総合労働相談コーナーに相談することもできます。

とはいえ、こちらのことをわかろうとしない上司の下で働き続けるのは、簡単なことではありません。どうしても、無理だと思えるなら転職するのも1つの選択肢になります。

社員の側の問題

上司はどうして分かってくれないのかという悩みを抱えている人は、自分の能力を実際以上に評価している場合があります。例えば、自分には能力があると思っているのに、上司からそれを評価されないと、上司は分かってくれないと感じます。自分の評価がが正しく、上司の評価は間違っているという思い込みがあるので、理解してもらえないと感じてしまうのです。

また、自分は考えや気持ちを伝えているつもりでも相手に伝わっていないということもあります。コミュニケーションのスキルが乏しいために、上司が分かってくれないと感じるかもしれません。

うまく対応する方法

自分が正しく評価されていないと感じる時にうまく対応する方法は、会社組織においては、自分に対する評価は上司がするものだという点を銘記することです。会社には評価制度が整っていてそれに沿って公平に評価される場合もあれば、評価制度が整備されておらず、上司が主観で決めるところもあります。

上司が主観で決めている場合、不満が生じるかもしれませんが、そこで働き続けたいのであれば、その評価を受け入れるしかありません。謙虚に受け入れて自分を見直し改善を図りましょう。どうしても納得できないなら転職という方法もありますが、自分を過大評価する傾向が改善されなければ、また同じ結果になってしまうことでしょう。

伝えたいことが、伝わっているか?

コミュニケーションスキルが乏しい場合には、自分の話し方についていくつか考えてみる必要があります。たとえば、上司に話すときに現状をはっきり伝えているか、自分の考えも伝えているか、上司に何をしてほしいのかを伝えているかなどの点です。

自分ではきちんと伝えていると思うかもしれませんが、大事なのはきちんと「伝わっているか」ということです。伝えたつもりなのに伝わっていないと、「どうして上司は分かってくれないのか?」と思ってしまいます。

話をする時には、現在何が起きているのか、それにはどのような経緯、背景があったのか、今自分は何に困っているのかという点を相手が理解できるように、明快に話すようにしましょう。「このことは上司は知っているはずだから言わなくてもわかるだろう」という形で話をすると、話がかみ合わず、分かってもらえないと感じてしまいます。

また、問題の解決策を上司に丸投げするのではなく、自分なりの考えも伝え、判断を仰ぐようにしましょう。こうした細かなコミュニケーションができると、自分のことや自分の状況を分かってもらえる可能性が高くなります。

転職する前に考えるべきこと

あらゆる手を尽くして取り組んでみたもののやはり上司にわかってもらえないと感じる場合は、転職するという選択肢もあります。転職することで今の上司からは解放されますが、良いことばかりではありません。メリットとデメリットを両方考えた上で、賢明な判断をしましょう。

転職のメリットは、上司を含めて今までの人間関係をリセットし、気分を一新して仕事を始められるということです。前職での評価をリセットできる、転職先によっては、キャリアアップや年収アップが望めるということもあります。

デメリットは新しい職場でキャリアをもう一度築いていかなければならないということです。また、違う業界に転職した場合は、知識や技術を一から学び身につけなければなりません。

新しい職場で新たな人間関係も築いていかなければならないという課題もあります。上司に関してもどんな人に当たるのかわかりません。以前の職場よりもわかってくれる上司かもしれませんし、以前よりもさらに難しい上司かもしれません。

ある転職サイトが実施したアンケート調査によると、職場に嫌いな上司がいるかという質問に対し、7割以上の人が「いる」と答えています。嫌いな理由としては、理不尽、自己中心的、自分のやり方を押し付けてくる、人によって対応が変わるといったことが上位を占めています。

つまり、多くの人は上司に不満を持ちながらもそこで仕事を続けているということです。転職することにした場合でも、完璧な上司はいないという現実を直視する必要があります。


新たな職場での人間関係を知る方法

転職をしたいが、新たな職場での人間関係がとても心配だという場合は、転職エージェントの利用を検討できます。転職エージェントのコンサルタントやキャリアアドバイザーは、紹介する会社の内情を詳しく知っているので、職場環境をある程度把握した上で転職ができます。また、自分の適性を見極めてもらえるので、より自分に合った職場を選ぶことができます。

転職の際には、面接で前職の退職理由についてどう話すかということを準備しておくことも大切です。面接では必ず退職理由について聞かれますが、以前の上司と合わなくてやめたと言うのでは転職に不利になります。上司に対する不満を述べると、順応性が乏しい人、組織になじみにくい人と思われてしまうからです。

かといって、嘘は付けません。そんな時には、退職を決めた時に、今後どんなビジョンをもって働こうかということも考えたはずですから、それを前面に出しましょう。そのビジョンに沿って頑張りたい、その目標を実現するために転職したいということを話すことができます。

転職実績NO.1 リクルートエージェント

リクルートエージェント

初めて転職エージェントを利用するなら、どうしても安心感がほしいものです。そこで、人材業界最大手ともいえるリクルートグループの【リクルートエージェント】では、転職のプロたちが担当してくれる安心感があります。

リクルートエージェントでは20万件以上にも上る非公開求人を含めた豊富な求人案件を常に揃えており、転職自体が初めてであっても、何回か転職を行っていても、抑えておきたい大手転職エージェントです。業界最大手という安心感は転職活動を行う上で欠かせません。転職先で活躍できることを目標に、またその後のキャリア形成も考えてのサポートしているので、転職後の退職率がわずか4%以下と特に高評価です。

拠点も全国主要都市に19箇所あり全国を網羅しており、転職サポートの流れもスピーディーなので、今すぐ転職したい人も頼りになります。土日の相談が可能なのも利用しやすいです。

リクルートエージェントへ無料登録

リクルートが本気で正社員転職を支援する、20代なら迷わず就職Shop

就職Shop

最大手リクルートが運営する、既卒や第二新卒、フリーターやキャリアの浅い20代の人物重視の就職支援サービスです。既卒者の正社員採用に限定した求人のみを扱っており、1人1人に寄り添い、納得いくまであなたの正社員就職をサポートしています。

就職Shopは、離職率が高い企業の応募は受け付けておらず、専任スタッフが現地に足を運んで取材した企業のみを紹介してくれるので、ブラック企業に捕まるリスクがありません、コロナ禍でも採用を継続している10000社以上の求人情報(8割は事務・技術・製造・接客販売・IT系と幅広く)豊富に保有していて、応募時に書類選考が無いので、”働いてみたい”企業の面接からスタートします。非常に効率的で、スピード就業が可能です。

すでに登録者は17万人を突破していて、就職決定した方の7割が正社員経験1年未満の若者です。様々な業界・職種の中卒・高卒・未経験OKの正社員求人があり、専任のキャリアコーディネーターが個別面談ののち、求人紹介から書類・面接対策までサポートしてくれます。

また就職ガイダンスやビジネスマナー講座、模擬面接会に職種・業界研究セミナーなど、利用者が就活や内定後の正社員として活躍できるためのサポートが充実しているのも特徴的です。

対応地域は、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、大阪府、京都府、兵庫県です。
全ての面談を電話・リモートで対応しています。

就職Shopへ無料登録

20代の体育会出身者の転職はアーシャルデザイン

アーシャルデザインは、ビジネス経験の無いアスリートの転職支援から始まった会社です。学生時代に部活動に打ち込んできた体育会出身者や元プロスポーツ選手など『スポーツ・アスリート人財』に特化した転職支援サービスです。

一般的な転職サイトには載っていない非公開求人・独自のスポーツ関連求人や、「スポーツ経験」や「スポーツで得た強み」を評価基準の一つにされている企業の求人を10万社以上の中から選抜し、業界・職種問わず多数保有しています。

学生時代体育会系出身者、現役アスリートで競技とお仕事を両立させたい方・セカンドキャリアをお考えの方へ、スポーツ経験を持つスタッフが、経験やお人柄に合わせて、非公開求人から厳選し、履歴書・職務経歴書の書き方、求人紹介、選考対策等をサポートします。

科学的に裏付けられた適性検査や、未経験からITエンジニアへの高いノウハウもあり、内定獲得率86%・20代のキャリアチェンジにおすすめです。

新卒、既卒、就職浪人、大学中退、フリーター、ニートの未経験・体育会系以外もOK
※未経験分野へ転職をお考えの方、希望勤務地が東京・千葉・埼玉・神奈川で20代限定です。

アーシャルデザインへ無料登録

必ず面談してくれるSpring転職エージェント(アデコ)

Spring転職エージェント

世界中に拠点がある外資系転職エージェント。求職者の職歴に関わらず必ず面談してくれるので、未経験転職にも適しています。各業種・職種に精通したキャリアコンサルタントが、5,100か所以上に拠点を構える守備範囲の広いアデコグループが保有する豊富な求人の中から、あなたの経験やスキルにマッチした求人を紹介してくれます。

それだけではなく、求人企業とあなたの橋渡し役となってくれるので、あなたの企業への思いや、仕事への情熱を書類だけではなく直接企業に伝えてくれます。そのため、志望した企業への採用が決まりやすいという特徴があります。

転職活動に辛さを感じている人も、その理由や背景について、コンサルタントが一緒になって考えてくれるため、辛さを共有し克服するために、採用されやすい新しい求人を提示したり、応募書類の添削などを行ってくれます。

※20代〜40代で、一都三県、東海地方、関西地方の転職者限定です。

Spring転職エージェントへ無料登録

登録基準がやさしめなdodaエージェントサービス

doda

dodaは交渉力とサポート力が高いと評判のエージェントです。

常時全国10万件以上の幅広い業界・職種の求人には、40代の案件も豊富に保有しています。履歴書や職務経歴書の添削を始め、面接対策などのサポートも充実しているため時間のない方の転職活動も安心です。

業界大手なので企業からの信頼が厚く、転職希望者に有利な選考や年収交渉をすすめることができます。キャリアアップできる企業に応募の際に推薦状をつけてくれるので、内定を貰える確率も高くなります。

北海道から九州まで全国10箇所に拠点があり地方の求人も豊富で、各地で転職セミナー&転職相談会を多数開催しています。(オンラインセミナーあり)

※職種、年齢、経験を問わず、さまざまな方が利用し転職に成功しています。

dodaへ無料登録