仕事やる気なくなったら転職すべき?モチベーション低下の原因と対処法

「仕事で達成感が全く得られない」、「あんなに会社や上司に尽くして頑張っているのに報われている気がしない」

せっかく仕事を頑張っても給料やボーナス、昇給に反映されないと仕事のやる気もなくなってしまいますよね。

ここでは、仕事のやる気がなくなったという人のために、モチベーションが低下する原因についてまとめました。やる気がなくなったら退職・転職をした方がいいのかなども解説するので、参考にしてみてください。

仕事のモチベーションが低下する原因は?

労働環境が悪い

残業が多い、休日が少ない、給料が安いなど、会社の職場環境によってモチベーションが低下することはとても多いです。「給料が貰えるから自ら望んで残業をしている」、「給料が安くてもやりたい仕事」など、自分のキャリアや給料にメリットがある場合には、こういった職場環境でも問題はありません

しかし、「残業をしたくないけど仕事を押し付けられるから仕方なくやっている」、「休日出勤しないと周りから白い目で見られる」など、強制的にさせられている場合にはモチベーションが低下する原因になります。

評価されない・必要とされない

自分の仕事がきちんと評価されていない、会社にとって必要とされていないと感じてしまうと、やる気が削がれる原因になります。頑張っているのに認めてもらえない無力感燃え尽き症候群などにもなりやすく、体調を崩したりする可能性もあります。

結果だけを求められる企業では、それまでの課程を評価されず、なかなか結果を出せない人にとってはモチベーションを保つのは難しいです。また、結果を出しているのに給料や昇給などに全く影響がない場合も、モチベーション低下の原因になります。

職場になじめない・親しい人がいない

自分の周りに、自分を理解してくれる人がいるというのはとても重要です。人に悩みや不満を相談するだけで気持ちは楽になりますし、自分だけで抱えているという不安がなくなります。

しかし、職場にそういった理解者がいないと、全て自分で抱え込んでしまって負担が大きくなります。また、職場の雰囲気に馴染めないと疎外感を感じるようになって、自分が周りに馴染めていないという新たな悩みを抱える悪循環になります。

仕事のやる気がなくなったら転職した方がいい理由とは?

やる気ないまま今の仕事を続けてもデメリットしかない

やる気ないままでは評価されず、待遇も悪くなる一方

モチベーションが下がると何事にも興味、関心がなくなり、仕事においても休みがちになってしまいます。また、集中力がなくなり、仕事中にトラブルや事故を起こしてしまう可能性もあります。やる気がない態度で取引先と接することで、今後の仕事がなくなってしまうこともあります。結果、給料が少なくなってしまう、なんて最悪な事態になるかもしれません。

やる気ないままでは人としての魅力もなくなる

モチベーションが下がると人間的に魅力が失われてしまうので、自信がなくなり、主体性をもって行動し何かに取り組むということはできなくなります。能力があってもそれが十分に発揮できない状態が続き、仕事の効率が悪くなりパフォーマンスも下がります

労働環境を改善したいなら転職するしかない

会社の給料や残業などは一社員が決められるものではなく、改善するのが難しいです。給料は今後上がっていく可能性もあるかもしれませんが、何年かかるか分かりません。

それならば、より良い待遇の会社に転職してしまった方が自分のモチベーションも上げやすくなります。今待遇が良い会社に転職すればそれだけ長く働けるので、将来的なキャリアや給料への反映も期待できます。

人間関係は新しい職場でリセットする方が楽

誰か1人の社員が合わないといった問題は改善しやすいですが、職場で評価されない、職場に馴染めないといった問題は対処が難しいです。今まで会社はその方針で続けてきているので、それを変えるとなると多大な労力が必要になります。

また、今の自分の評価が会社から良くなければ帰るのは難しいので、それならば新しい職場で1からスタートした方が楽です。会社の雰囲気や内部状況を知ってから転職すればミスマッチも起こりにくく、転職で失敗するリスクも少ないです。

今より良い条件の会社を見つけるには

今より良い条件で働くには、転職先の会社の情報を詳しく知っておく必要があります。そのためには、転職エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェントはプロのコンサルタントがカウンセリングを行ってくれて、現状の悩みを解決したうえでスキルを生かせる好条件の求人を紹介してくれます。転職サイトなどには載っていない非公開求人も紹介してくれるので、自分だけでは見つけられない求人にも応募できます。

また、コンサルタントは企業の人事部との繋がりも深いので、その企業の雰囲気や内部事情を転職前に知っておくことができます

最も多くの企業とネットワークがあるリクルートエージェント

リクルートエージェント

取り扱い求人数がNO.1で、大手企業から外資系企業まで幅広い求人を保有しています。各業界の事情に精通したアドバイザーがサポートしてくれるので、業界特有の悩みなどにも対応してくれます。業界最大手だからこその信頼で、転職希望者に有利な選考や年収交渉をしてくれます。

リクルートエージェント公式サイト

まとめ

労働環境が悪い、会社から評価されない、職場に馴染めないといった問題から、仕事のやる気がなくなってしまう人は多いです。仕事のモチベーションが下がっている状態で仕事を続けても待遇が悪くなる一方です。

労働環境を改善したい、人間関係をリセットしたいという人は、転職して新しい環境でスタートした方が良い方向に改善する可能性が高いです。

転職エージェントを利用すれば、事前に内部事情や会社の雰囲気を知ることができるので、自分と相性がいい会社に転職できておすすめです。