転職して最低でも年収500万円稼ぎたい人のための転職方法まとめ

今の年収は300~400万円で、この先上がる見込みもない。自分ひとりで生きてくだけならこの年収でもどうにかなるけど、結婚や老後のことを考えると心もとない・・・。

転職して年収最低500万の仕事に就くためには、転職先の選び方が最大のポイントです。

年収500万円以上を目指せる業界・職種の特徴と失敗しない求人の選び方をまとめましたので、参考にしてください。

転職して、最低年収500万円を目指せる職業とは?

20代で500万超えを狙える業界・職種

医療業界/営業

製薬会社のMRなら、20代でも平均年収が504万円です。入社後も勉強量が多く、ハードな仕事ですが、年収を重視したい人にはおすすめです。

金融業界/営業

不動産営業保険外交員、証券会社の営業職など、歩合制の割合が高い職種であれば、成績次第では20代でも年収500万円以上が可能です。ただし、ノルマをこなせないと他の仕事より年収が低くなります。

商社/営業

総合商社の年収は、20代前半でも500万円を大きく上回ります。特に、業績が年収に反映される営業職は、高年収です。ただし、専門商社の場合は、一般的なサラリーマンと同等の年収と考えておいたほうがよいです。

広告業界/営業

大手広告代理店は、新卒でも給与水準が高いです。特に年収が高いのは営業職で、能力次第では20代で年収500万円も可能です。

テレビ業界/制作

キー局の正社員なら、20代のADでも年収700万超えです。ただし、下請けの小さな制作会社などだと、年収は低いです。

30代で500万円を目指せる業界・職種

建築/土木のディベロッパー

建築/土木のディベロッパーは平均年収が高く、30代で500万円を超えています。ゼネコンと混同されやすいですが、不動産の「開発」を行うのがディベロッパーです。駅の再開発やリゾート開発などが該当します。

半導体・半導体製造機器/エンジニア

半導体製造装置エンジニアは年収が高めで、30代の平均年収は600万円近いです。

電子・電気機器/エンジニア

電子・電気機器メーカーのエンジニアの平均年収は、33歳から500万円を超え始めます。30代前半の平均年収は、525万円です。

年収500万円以上を実現するための転職方法

基本的に職種は変えないこと

中途採用では志望先に応じた能力の程度が年収に影響するため、未経験職種への転職だと、どうしても年収が下がってしまいます。

それでも、どうしても未経験職種に転職したい場合は、不動産営業など、成功報酬型で歩合給の割合が高い営業職であれば、未経験でも頑張り次第で年収500万円以上も可能です。

営業職は未経験歓迎の求人が多く、狙いやすい職種でもあります。ただし、ノルマが厳しいので、「年収のためなら大変でも頑張れる」という人向きです。

年収の高い業界を選ぶ

同じ職種でも、業界によって年収レンジが全く異なります。そこで、職種は変えずに、年収の高い業界に転職するのがおすすめです。この方法なら、即戦力で転職できるので、年収アップしやすいです。

現職が日系企業なら外資系企業の同じ職種を狙ったりメーカーのITエンジニアならITコンサルタントを狙うといった具合です。

残業代が満額出る会社もおすすめ

残業代が出るか出ないかも年収に大きく影響します。特に、IT業界などのように残業が多い業界の場合は、年俸制や裁量労働制などで残業代が出ない会社だと、残業代が出る会社と比べて100万円以上の年収差が開くこともあります。

転職で年収アップしたいなら、残業代が満額出る会社を選ぶことも大切です。

年収500万円以上の求人を探すには

確実に年収500万円以上の求人を探すには、転職エージェントを利用するのがおすすめです。転職サイトの求人などにも年収例が書かれていますが、同年代の中でも極端に年収が高い人が例になっていることがほとんどなので、あまり当てになりません。

ですが、転職エージェントなら、求人企業の実際の待遇を把握した上で、今の自分のキャリアで年収500万円以上を狙える求人のみを紹介してもらうことが可能です。

さらに、年収交渉も代行してもらえるので、自分で直接応募するよりも、年収アップが実現しやすいです。転職エージェントは、年収アップ転職に強い転職エージェントを選びましょう。

type転職エージェント

type転職エージェント

1都3県の求人をメインに扱う転職エージェントです。さまざまな業種の求人を扱っていますが、特にIT・Web系、営業職の求人が豊富です。type転職エージェントだけの独占求人や非公開求人も多く、良質な求人が多いです。

サポートが親身で丁寧なので、「年収500万円以上」などの希望もきちんとヒアリングしてもらえ、転職が初めての人にも安心です。中堅転職エージェントながらも、企業とのパイプは太いので、年収交渉も頼りになります。

type転職エージェント公式サイト

まとめ

年収500万の仕事に転職するには、年収レンジの高い業界・職種を知っておく必要があります。
さらにその中で、なるべく職種を変えないで済み、自分の経験を評価してもらえる求人を見つけることで、年収500万目指していたのに、逆に年収が下がってしまうという悲劇を回避することができます。

自分一人ではなかなか求人を見つけることが出来ない場合は、転職エージェントを上手く活用することで、自分の年収相場が把握でき、それに見合った求人を紹介してもらうことも可能です。

自分を安売りすること無く、年収500万への転職を実現させましょう。

関連記事実際に使って比較!転職エージェントおすすめランキング