監査法人で働くことが公認会計士の王道だと思っていたけど、5年後、10年後もここで働いている自分がどうしても想像できない。今が監査法人の辞め時のような気がする・・・

監査法人からの転職を考えている人の辞めたい理由と、監査法人からのおすすめの転職先についてまとめました。監査法人で働いたキャリアを活かせる転職の仕方についても紹介しているので、参考にしてみてください。

監査法人を辞めたい理由は?

出世競争に疲れた

公認会計士の資格をとり、監査法人で働きはじめた人は、キャリアを積み重ね、スタッフからシニアスタッフ、マネージャー、パートナーへと出世していきます。ですがポスト数に限りがあり、スタッフとして監査法人に入った人全員がパートナーへと昇格できるわけではありません

そのため入社時から監査法人ではし烈な出世競争が始まります。能力だけではなく上司との相性が出世に大きく響き、一度出世コースから外れてしまうとなかなか昇格できない人も出てきて、同期の間で年収に格差が生じてくると、転職したいと強く思う人も出てきます。

残業が多い

監査法人勤務は安定していて収入も高いですが、残業時間が多すぎるという側面があります。勤めている監査法人にもよりますが繁忙期にあたる決算期だけでなく、日常的な残業が非常に多く激務のため、心身の健康を損ねてしまう人が少なからずいます。

また結婚したり子供が生まれたりするタイミングで、もっと家族との時間が欲しいという思いから転職を希望する人も大勢います。

仕事に魅力を感じない

出世コースを順調に進み、監査法人でのハードワークをバリバリとこなしている人の中にもルーティーン業務の多い監査と違うことがやりたいという思いから、公認会計士として新しい働き方を求めて転職する人がいます。

公認会計士の活躍の場はもともと広く、一般事業所やコンサル会社でも監査法人出身の公認会計士を受け入れる所はたくさんあります。そのためキャリアアップのための転職も非常に盛んです。

もともと監査法人に向いていない人も

監査法人での仕事とは、独特な仕事です。企業に出向していって仕事をすることが多いのですが、監査法人は公正な立場から企業の収支に関する書類のチェックを行います。監査法人の公認会計士は、見方によってはクライアント企業にとって煙たい存在になることもあり、いつも感謝されるわけではありません。毎日顔を合わせている人たちと和気あいあいと接したいという人にとってあまり居心地のいい環境でないこともあります。

公認会計士は企業内会計士コンサルタントなど、より企業に寄り添った働き方も選べるので、性格的に監査の仕事が向いていないという思いから別の働き方を模索する人もいます。

監査法人から異業種に転職、おすすめの転職先は?

能力主義の仕事がしたいならベンチャー企業へ

監査法人のように、能力だけでなく上司に気に入られることが出世に欠かせない職場に嫌気がさした人は、ベンチャー企業のスタートアップ独立して会計士事務所を立ち上げる働き方がオススメです。

安定性という点では監査法人に引けをとりますが、成果主義のため努力がキャリアや収入に直結しやりがいをもって公認会計士の仕事を続けることができます。

ライフワークバランスを重視するなら企業内会計士に

残業の多さに疲労を感じている人は、一般事業所に転職して企業内会計士として働くのがおすすめです。企業内に公認会計士をおける企業は大企業が多く、労働環境が監査法人よりも整備されていて、福利厚生も充実している職場で働くことができます。

公認会計士として監査だけでなく別のキャリアを積むことができるので、一般事業所は公認会計士の中で人気の高い転職先です。

クライアントの役に立ちたいならコンサルティング会社へ

監査という立場ではなくよりクライアント企業に寄り添った立場で仕事をしたいと思う人には会計コンサルタント会社への転職がおすすめです。監査法人よりも企業を支援する仕事が多く、クライアントと一体感をもって仕事を進めていくことができます。

コンサルティング会社では営業力や提案力など監査法人よりも多様なスキルが求められますが、さらなるキャリアアップを目指して転職するときに役立つスキルが身につきます。

辞めたいと思ったら、まずは転職サイトで求人をストックしておこう

転職に成功するかどうかは、良い求人に出会えるかどうかで決まります。良い求人に出会えるかどうかは運とタイミング次第なので、常日頃から求人サイトをチェックしておく必要があります。あらかじめ転職サイトに希望条件を登録しておけば、条件にマッチする求人が出たらすぐにお知らせしてくれますので、良い求人に出会える確率が上がりますし、取りこぼしも防げます。転職したいと思ったら、まずは転職サイトで網を張っておくのがおすすめです。

リクナビNEXT

リクナビNEXT

転職希望者の8割が利用する求人数No.1の転職サイト。希望条件を登録しておけば求人開始と同時にメールで届くので、優良求人を見逃すこともありません。会員登録することで履歴書や職務経歴書のテンプレートもダウンロードでき、作成したレジュメは保存できるので、応募の度に作成する必要がなくなります。転職したいと思ったら、まずはリクナビNEXTで求人をストックしていくのが良い求人に出会う第一歩です。

リクナビNEXT公式サイト

監査法人から異業種転職、年収を下げない求人の選び方

監査法人は年収という点ではかなり恵まれた職場です。現在の年収を維持したまま、監査法人から転職するためには、キャリアと求人のマッチングが最重要の課題となります。働き方が多様な公認会計士にとって、今までの経験や身についているスキルと、転職先が求める条件がマッチしてないと、単なる未経験転職と見なされ年収が大幅にダウンするケースもあります。

求人サイトで転職先を自力で探すよりも、会計士の転職に強い転職エージェントのキャリアカウンセリングを受けて、自分のキャリアにマッチする求人を紹介してもらう方が安全で効率がよいのでおすすめです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは国内最大級の総合型転職エージェントです。リクルートエージェントが抱える膨大な非公開求人の中には、大手企業・金融機関・コンサルティングファームが多数含まれています。公認会計士登録のための補助業務を終了した若手から、幹部候補ポストまで幅広いキャリアの人材の転職実績があります。「もっと年収をあげたい」、「ライフワークバランスを重視したい」といった今の悩みを担当のキャリアエージェントにじっくり相談することで、希望をかなえる転職先を見つけることができます。

リクルートエージェント公式サイト

まとめ

出世競争が激しい、残業が多い、仕事がつまらない、性格的に向いていないなどの理由から監査法人を辞めたくなっても、公認会計士として活躍できる場はいくつもあります。

能力主義の仕事がしたいならベンチャー企業
ライフワークバランスを重視するなら企業内会計士
クライアントの役に立ちたいならコンサルティング会社

など今の悩みを解決する転職先を選び、転職活動をすすめましょう。

年収ダウンを避けるために転職エージェントに登録し、監査法人でのキャリアを活かせる転職先を見つけ応募することが、転職成功の秘訣です。