専門性が高く、就職・転職にも強い資格として人気の「税理士」。一生懸命努力して税理士の資格を取得して税理士事務所はに就職したけれど、待遇面は期待していたほどではなく、昇給も期待できそうにない。このままでは結婚したり家族を持ったりすることは厳しいかもと悩む人も少なくありません。

また、大きな会計事務所だと企業の年次決算や原価計算といった仕事ができますが、地方や小さい会計事務所では、個人相手の相続や確定申告など細々した仕事ばかりでやりがいを感じられない。そういった現実にも突き当たります。

このように、様々な理由で転職を考える税理士資格保有者にとって、転職活動はどのように進めるとよいのでしょうか?

ここでは税理士としてキャリアアップを積みたい、現状よりも年収アップを目指したい、という方におすすめの転職サイトや転職市場動向についてお話しします。ぜひ参考にしてみてください。

税理士の転職市場動向と転職成功のポイント

税理士の転職市場は、個人の確定申告時期である年度末から法人の決算時期である4月〜5月を越えた時期に動き始めます。会計事務所でも企業の経理担当者でも同様です。

近年は、中小企業でも海外取引が増えて、複雑な会計処理や税務処理が必要とされ、高いスキルを持った税理士の需要は高まっています。

税理士資格を持っていることがメリットになるのではなく、さらにもう一段階ステップアップして、顧客である企業と一緒に会社の未来を考え、積極的な提案ができる力を持つ税理士が求められています。

税理士におすすめの転職エージェント

税理士は、税理士におすすめの転職サイトをいくつかご紹介します。転職サイトや転職エージェントは、転職する目的によって使い分けることをおすすめします。

マイナビ税理士

マイナビ税理士

マイナビ税理士は、数あるマイナビのサービスの中でも、税理士に特化した転職支援サービスです。キャリアアドバイザーとの個別面談で、今後のキャリアプランや転職活動のプランをじっくり計画することからスタートします。

求人へ応募する際は、応募書類と併せてキャリアアドバイザーが推薦状も書いてくれます。自分を客観的に評価してくれる推薦状は、競争の激しい転職活動において大きなプラスになります。また、面接のスケジュール調整や自分ではなかなかやりにくい給与などの条件交渉も代わりに行ってくれます。そして、入社後のサポートも手厚いことで評判です。

将来のキャリアプランまで相談に乗ってくれ、二人三脚で転職活動を進めていくキャリアアドバイザーは、ひとりひとりがサイトでも紹介されているので、登録前に確認できる点も安心です。

マイナビ税理士へ無料登録

MS-JAPAN 管理部門特化型エージェント

25年以上の豊富な転職ノウハウと、最新の求人・転職情報をもとに、専任のキャリアアドバイザーが求職者に最適な転職をサポートします。会計・税理士事務所や監査法人はもちろん、大手上場企業や外資系など管理部門から資格のスペシャリストまで求人を抱えている。公開されている求人はたくさんありますが、それよりも多いのが非公開求人です。税理士求人は800件ほど公開しています。

企業は、より良い人材を求めて、非公開にしている求人情報がたくさんあり、キャリアアドバイザーとの直の交渉によりそれらの求人情報を提供してもらうことができます。キャリアアドバイザーは、求められる人材と求める仕事のマッチングをしっかり行ってくれるので、転職後のミスマッチを防ぐことにもつながります。

職種に特化したセミナーや相談会を随時開催。転職関連のコラムも掲載している、管理部門特化型の転職エージェント。

MS-JAPAN へ無料登録

リクルートエージェント

リクルートエージェント

転職エージェントの中でも、国内最大手といえるのがリクルートエージェントです。人材業界最大手のリクルートブランドであり、専属のキャリアアドバイザーは一流揃いといえます。全国規模の求人案件を非公開で抱えています、税理士の公開求人と非公開求人を合わせると、常時1000件ほど保有しています。
まずは登録をしてみるのに最適な転職エージェントです。

初めての転職活動は何かと心配ごとがありますが、大手ブランドのノウハウが凝縮されているので安心感がありますし、多数の成功例を誇るので、転職活動が未経験の方はまずは抑えておきたい転職エージェントといえるでしょう。

リクルートエージェントへ無料登録

その他の税理士向け転職エージェント比較

転職サイト・エージェントレビュー
ジャスネットキャリア税理士事務所や監査法人など、税理士・会計士・経理に特化した転職エージェント。会計士・税理士・簿記といった働きながら資格を取得できる求人も抱えている。取引実績は3,000社を超える。
JACリクルートメント外資系転職エージェントで、ハイキャリア向けの案件を多数抱えている。500名規模のキャリアコンサルタントが揃い、転職市場価値が高い人向け。収入UPを図りたい場合や自身の市場価値をシビアに知っておきたい人にも向いている。
パソナキャリア正社員転職エージェント。転職支援サービスも展開している。サイト上には転職ノウハウが掲載されている。
doda転職業界大手で、エージェントサービスは年間18,000人以上のサポート実績を誇る。1人の応募者に2名の担当者が付く制度を採用し、転職活動を徹底的にサポート。全国に対応しており、大手企業との取引実績も豊富。
マイナビ会計士マイナビグループが運営し、会計士に特化した転職エージェント。初めての転職成約率が70%を誇り、コンサルティングファームや監査法人に精通しているキャリアアドバイザーが丁寧に担当してくれる。
リクナビNEXT新卒に強いリクナビを母体に、リクルートグループが運営している転職サイト最大手。大手のノウハウを凝縮された転職サイトで、求人件数も最多を誇る。マッチング機能も充実し、大手企業からのスカウトも期待できる。
とらばーゆ女性のための転職サイトで、長年の実績がある。税理士や公認会計士だけでなく、社長秘書の肩書で募集しているケースもある。

まとめ

税理士のハードな仕事を続けながら転職活動を進めるのは簡単なことではありませんが、経済的なことも考えるとやはり、転職が決まる前に仕事を辞めることは避けたいものです。そこで、転職支援サービスをうまく活用することがポイントになります。

転職支援サービスはたくさんありますが、登録は履歴書や職務経歴書の内容と同様で、だいたい5分から10分程度で済みます。基本的には利用も無料なので、まずは、おすすめの転職サイト・転職エージェントに登録してみてはいかがでしょうか。