独立して自分のペースで仕事がしたいという思いから社会保険労務士をめざしたものの、事務所経営が難航。顧客が開拓できずに廃業に追い込まれる社労士は少なくありません。

開業の苦労を終わりにして、これまでのマイナスを補えるような転職をしたいと考えている人のために社会保険労務士の独立が失敗しやすい理由独立に失敗した社労士におすすめの転職先についてまとめました。

独立失敗からキャリアを立て直す転職活動の進め方も紹介していますので参考にしてください。

社会保険労務事務所は飽和状態!開業社労士の独立失敗する理由

顧客獲得のために価格競争してしまう

開業して新規顧客が思うように獲得できないと、新人開業社労士はなんとか仕事を得ようと思い値段を下げて仕事を引き受けてしまいがちです。

結果、仕事量は多いのに思うように収入が上がらない、人を雇うことも、条件のよい顧客を開拓する時間が採れないといった悪循環にハマってしまい、3年以内に廃業を余儀なくされる事務所がたくさんあります。

人事労務の経験・知識不足

企業が抱える人事トラブルの多くが人間関係に起因するものです。

経験に裏打ちされた労務の知識不足で、クライアントの期待に答えられず仕事の依頼が継続しないケースがたくさんあります。

どんなに社会保険や労働法に詳しくても、人事労務の知識や経験に乏しい社労士は人間関係による紛争をうまく解決できません。

マーケティングスキルの欠如

社労士の個人事務所が成功するには、マーケティングスキルが不可欠です。顧客獲得のノウハウの指導を教える開業社労士向けの高額なセミナーを見かけますが、社労士事務所飽和状態の中、絶対の成功の法則はありません。

顧客のニーズを読み取り自分の得意が活かせる分野を開拓するマーケティングスキルがないと、安定した事務所経営には到達できません。

社労士として成功している人はどんな縁もビジネスに!

暇を惜しんで人脈を作る

開業して成功している人の共通点は豊かな人脈です。成功した人は最初から豊かなコネクションがあったわけではなく、地道な努力で人脈を作り上げています。

一見仕事とは無関係なような地域の集まりやボランティアに断らずに参加し、名刺交換をする、名刺に書かれた社会保険労務士の名前から、思わぬ仕事が舞い込むことがあります。

社労士同士の横の連携も大切

また顧客獲得だけではなく、社労士同士の横のつながりも重要です。自分の得意分野から外れる案件は、うまく処理できる知り合いの社労士を紹介すると、クラインアントの役にたちますし、紹介した社労士から別の仕事が舞い込むことがあります。

社会保険労務士で独立失敗した人におすすめの再就職先

社労士事務所に戻るなら「ブラック企業」の恩恵を受けているところへ

ブラック企業問題の解決をはかるため、厚生労働省は実態調査を始めています。ブラックとまではいかないけれど労務に問題を抱えている企業は多く、以前よりもコンプライアンス整備に関する依頼が増え、社労士の需要は増加傾向にあります。

時代の流れを読み、就業規則の整備に積極的に取り込んでいるような事務所は今後も生き残っていける経営スキルがある事務所と言えます。

異業種なら中小企業やベンチャーの人事部門がねらい目

社労士事務所以外の転職を希望するなら中小企業やベンチャーの人事部門がおすすめです。

大企業では人事労務は、細かく担当部門が分かれていることが多いのですが、中小企業では様々な仕事を任せてもらえます。社労士資格を活かして幅広い経験を積むことができるのでおすすめです。

再就職したいと思ったらまずは求人をストックしておこう

再就職に成功するかどうかは、良い求人に出会えるかどうかで決まります。良い求人に出会えるかどうかは運とタイミング次第なので、常日頃から求人サイトをチェックしておく必要があります。あらかじめ転職サイトに希望条件を登録しておけば、条件にマッチする求人が出たらすぐにお知らせしてくれますので、良い求人に出会える確率が上がりますし、取りこぼしも防げます。転職したいと思ったら、まずは転職サイトで網を張っておくのがおすすめです。

リクナビNEXT

リクナビNEXT

転職希望者の8割が利用する求人数No.1の転職サイト。希望条件を登録しておけば求人開始と同時にメールで届くので、優良求人を見逃すこともありません。会員登録することで履歴書や職務経歴書のテンプレートもダウンロードでき、作成したレジュメは保存できるので、応募の度に作成する必要がなくなります。転職したいと思ったら、まずはリクナビNEXTで求人をストックしていくのが良い求人に出会う第一歩です。

リクナビNEXT公式サイト

独立失敗からさらに転がり落ちていかないための転職方法

以前の職場とつながりがあるところは選ばない

独立で個人事務所を廃業したことが、転職においてマイナスイメージになることは絶対に避けたいところです。そのためには悪い評判が広まるのを予防し、気持ちを切り替え、条件のよい転職先を見つけるために、以前の職場と横のつながりがある職場を避ける必要性があります。

効率よく転職先を見つけブランクを作らない

廃業による整理のための事務作業を行いながら転職先を探すのは、忙しく心的負担も伴うためとても大変な作業です。しかし事務所の廃業の整理が完了してからの職探しでは経歴にブランクが生じ、転職の難易度が上がります。転職エージェントの力をかりて効率的に転職活動を行う必要があります。

転職サービスの利用のすすめ

社労士の転職に実績のある転職エージェントであれば、企業の人事部や社労士事務所の転職事情に詳しく、応募先の内部情報を効率よく収集することができます。
採用過程では、独立で失敗したという経歴についても、掘り下げて質問を受けることがあるので、キャリアコンサルタントから書類や面接対策のサポートを受けた方が内定をもらいやすくなります。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは日本最大級の転職エージェントです。一般の人が応募できない非公開求人の数が多く、登録すると条件にあう転職先を店頭のキャリアアドバイザーが紹介してくれるので、自分で職探しをする手間が省けます。社労士を始め士業の資格を持っている転職者のフォローを行った実績も多いので、転職にまつわる不安や悩みの相談にも対応してもらえます。

リクルートエージェント公式サイト

まとめ

独立に失敗して社会労務事務所を廃業し、転職する場合は、次のポイントに気をつけます。

社労士事務所を探すなら、ニーズのある専門分野に強い事務所を探す
企業の人事部であれば、社労士の経験を活かし幅広い経験を積める中小企業がおすすめ
・転職が難しくなるので、以前の職場とつながりのある所は避けながら経歴にブランクをつくらないようにする

よいリスタートを切るために転職サービスの力をかりて、条件のよい転職先を探しましょう。