事務の仕事をしているけど、ミスが多くて叱られてばかり。仕事はこなせるけど、やりがいが感じられない・・・。

自分は事務の仕事が向いていないと感じている人のために、事務職に向いていない性格・特徴と、事務が向いていない人におすすめの転職先をまとめました。自分に合った仕事の上手な見つけ方も紹介していますので、事務からの転職を考えている人は参考にしてください。

事務職に向いていない人の性格と特徴

デスクワークが苦痛

事務職は基本的に机にデスクの前に座り、パソコンの操作や書類作成の仕事がメインになります。パソコンが苦手な人文章作成能力が不足している人にとっては、仕事そのものが辛く感じられます。1日中座っているため、同じ部署の人と顔をあわせる時間が長く、部署内に合わない人がいると人間関係が辛くなることもあります。

また社内でコミュニケーションを取るスキルは求められますが、ディスカッションや接客よりも、1人で作業をする時間が長くなります。身体を動かすことが好きなで、じっとしていることが苦手な人他人と会話をすることが好きな人にとって事務は向いていない仕事といえます。

大雑把な性格

事務は経理同様、数字を扱うことが多い仕事で、かつ来客や電話で自分の作業を中断されることがしばしばあります。たった1つの入力ミスが会社にとって重大な事態につながることがあるため、常に確認作業を怠らないことが重要です。

事務の仕事は性格的に几帳面で、しっかりと確認をとりながら作業をすすめられる人に向いていて、大雑把で気が散りやすい性格忘れっぽい人には不向きな仕事です。

電話対応が嫌い

事務の仕事では電話対応も業務のひとつに含まれています。電話応対では、聞き取りやすいスピードで正しい敬語を使って話す、社内の人に確実に取りつぎ正確に伝言を預かるといったスキルが要求されます。

日常ではメールやSNSでのやりとりに慣れていて、特に若い年齢層の人は電話で話す機会が減ってきています。電話応対が嫌い・苦手意識を感じる人にとって、事務はあまり向いていない仕事です。

ルーティーンワークが嫌い

事務の作業は、地道な作業をコツコツと積みかさねていくスタイルの仕事です。事務の仕事についてから毎日同じことの繰り返しでつまらない仕事にやりがいを見いだせないと思う人は多いものです。仕事そのものにやりがいや、楽しみを求めたい人は転職して自分の好きなこと、興味のあることを仕事にすることをおすすめします。

物事の優先順位がつけられない

事務の仕事をしていると、通常の業務の最中に新しい仕事を頼まれることが多々あります。すべての仕事の締め切りと重要度を把握し手をつける必要があるので、優先順位の判断ができない人には事務の仕事は向いていません。

事務が向いてない人に向いている仕事は?

デスクワークが向いていない人は接客・営業

デスクワークが向いていない人は、営業や接客の仕事がおすすめです。顧客のところに出向いたり、人と会話する機会が多かったりするので、じっとしているのが苦手な活動的な人にとって退屈しないで変化を楽しんで取り組むことができる仕事です。

ルーティーンワークが向いていない人は広報・企画

決まった仕事を積み重ねていくルーティーンワークが向いていない人には広報・企画の仕事がおすすめです。チームでディスカッションを重ねながら仕事をすすめていくので、能動的に仕事をすすめ、発想力や独創性を仕事に生かすことができます。

仕事の優先順位をつけるのが苦手な人は経理

仕事の優先順位の判断が苦手な人は、きっちりと仕事のマニュアルが決まっており手順通りにこなす仕事が向いています。

同じデスクワークの経理オペレーターなどはマニュアル完備の仕事なので、マルチタスクを苦手としている人におすすめの仕事です。

まずは転職サイトで求人をストックしておこう

転職に成功するかどうかは、良い求人に出会えるかどうかで決まります。良い求人に出会えるかどうかは運とタイミング次第なので、常日頃から求人サイトをチェックしておく必要があります。あらかじめ転職サイトに希望条件を登録しておけば、条件にマッチする求人が出たらすぐにお知らせしてくれますので、良い求人に出会える確率が上がりますし、取りこぼしも防げます。転職したいと思ったら、まずは転職サイトで網を張っておくのがおすすめです。

リクナビNEXT

リクナビNEXT

転職希望者の8割が利用する求人数No.1の転職サイト。希望条件を登録しておけば求人開始と同時にメールで届くので、優良求人を見逃すこともありません。会員登録することで履歴書や職務経歴書のテンプレートもダウンロードでき、作成したレジュメは保存できるので、応募の度に作成する必要がなくなります。転職したいと思ったら、まずはリクナビNEXTで求人をストックしていくのが良い求人に出会う第一歩です。

リクナビNEXT公式サイト

本当に自分の適性に合った仕事に出会うには

自分の適性にあった異業種を選んで転職するためには、まずキャリカウンセリングをすることが第一歩となります。キャリアカウンセラーが転職希望者と面談をしながらキャリアの棚卸や、自分に合う業界・職種を導きだしてくれるので、転職エージェントを活用することをおすすめします。

転職エージェントではハローワークや転職サイトでは見ることの出来ない非公開求人も紹介してくれるので、自分で転職活動をすすめるより、選択肢が広がります。またエージェントは企業の内部に詳しく、求人票だけでは分からない企業の内部事情や職場の雰囲気も教えてくれるので、入社後のミスマッチが起きにくいというメリットもあります。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは転職成功実績国内ナンバーワンの転職エージェントです。知名度があり企業からの信頼も厚く、非公開求人の中には大手企業・有名企業が数多く含まれます。転職フォローも充実しており、登録後の面談で担当のキャリアアドバイザーが時間をかけて希望のヒアリングを行い条件にあう求人を紹介してくれるので、自分で求人を探す手間を省くことができます。幅広い業界・業種の転職に強いエージェントなので異業種転職を考えている人は登録しておきたい転職エージェントです。

リクルートエージェント公式サイト

まとめ

事務の仕事に自分が向いていないと考えている人は、自分にあった次の転職先を見きわめてから転職しましょう。

・デスクワークが向いていない人接客・営業
・ルーティーンワークが向いていない人広報・企画
・仕事の優先順位をつけるのが苦手な人経理・オペレーター

といった異業種転職をおすすめします。

自分の適性を見きわめ今後のキャリアの設計に、転職エージェントを利用して効率よく自分にあった転職先を見つけましょう。