新聞配達と言えば、もう何十年も前から存在する定番のアルバイトの一つ。朝早く新聞を配達する仕事だということは誰でも分かりますが、では具体的にどれぐらいの仕事量になり、どれぐらいのお金が稼げるかと聞かれると首をひねってしまうのではないでしょうか。「ダブルワークをしたいが、夜はちょっとな…」と考えている方、新聞配達は一考の価値ありと言えます。

新聞配達バイトのよい評判まとめ!メリット・楽な点は?

朝刊の配達は時給が高い

新聞配達のバイトは概ね、「朝刊のみの配達」「夕刊のみの配達」、「朝刊・夕刊両方を配達」の3パターンに分かれます。

時給は1,000~1,500円ほどが相場ですが、夕刊よりも朝刊の配達の方が時給が高い傾向があります。販売店によっては、時間帯にかかわらず一律で時給1,500円ほどもらえるところもあります。

なお、もっと稼ぎたい人の場合は、配達業務に加えて月末の集金業務まで行う人もいます。集金業務は集金件数に応じて歩合給がつきます

https://twitter.com/SeafColonel/status/1024742589340180481


https://twitter.com/hexahead1169/status/967735431834976257

新聞奨学生は学費の返済不要

学生でも登校前・下校後の時間を利用して働けることから、大手新聞社では新聞奨学生制度を導入しています。学生の間、新聞配達の仕事をする代わりに、奨学金が受けられる制度です。

近年、奨学金が返せなくて困っている人が増えていますが、新聞奨学金は限度額の範囲であれば返済不要です。新聞社によっては、教材費も支給してくれるところもあります。

さらに、個室寮も無料で提供してもらえて、給料も支払われるので、経済的に苦しい家庭の子どもでも、安心して学生生活が送れます。

休みも月に6日ほどもらえるので、学業との両立もしやすいです。

自分の時間が取りやすい

新聞配達のバイトは拘束時間が短く、自分の時間が取りやすいことが最大のメリットになります。慣れて効率よく配れるようになれば、さらに勤務時間を短縮できます。

また、週2~3日から働ける販売店も多いので、「一週間ビッチリはちょっと…」という人にもおすすめです。

勤務時間が短いのでトータルの収入は多くないですが、限られた時間しか働けない人にはやりやすいでしょう。


https://twitter.com/sumikomikyuujin/status/853104032386138112

早寝早起きが身につく

朝刊配達の場合は、夜中のうちに起床することになります。そのため、朝刊配達を続けていると、早寝早起きの習慣を身につけられます。睡眠の質の改善にも繋がるでしょう。

さらに、新聞配達をしていると、運動不足も解消できます。新聞配達は意外に走り回るからです。

配達時には自転車や原付を使いますが、1軒ごとに乗り降りすると効率が悪いので、一旦停めたら何軒か自分で走って配った方が早く、階段しかない団地やアパートも走って回ります。

生活習慣を見直したい人は、お金ももらえて一石二鳥です。

また、新聞配達は勤勉な人でないと務まらないことから、就職活動での印象アップにも繋がります

https://twitter.com/kurarabone/status/930345875146137600

自分のペースで働ける

配達中は単独行動なので、自分のペースで働けます。決まった時間までに配り終わる必要はありますが、周りの動きに合わせる必要はないので気楽です。

配達前の準備などでは他のバイトや社員と顔を合わせますが、みんな自分の作業で忙しいので、ベッタリした付き合いにはなりにくいです。

また、毎日同じ地区を回るので、季節の移り変わりなども感じられるでしょう。

一方、慣れるまでの間は先輩が一緒に回ってくれるので、未経験でも安心して取り組めます。

新聞配達バイトの悪い評判まとめ!デメリット・きつい点は?

天候の影響を受けやすい

新聞配達は外を回るため、天候の影響をダイレクトに受けます暑さ寒さがきついのはもちろんですが、台風のときは危険でもあります。大雪の日も新聞配達は休めません

なお、雨天など水濡れが懸念される天候の日は、配達前に新聞を一組ずつビニールで包まないといけないため、普段よりも20~30分ほど早く出勤しなければなりません

https://twitter.com/NZYkwc91HhHVPs1/status/1078403791228100608
https://twitter.com/shirofilmxp/status/1083289324341194753

朝刊は早起きがきつい

新聞社によって多少異なりますが、朝刊の配達は業務開始が午前2~4時頃です。いつもの時間に新聞が届かないとクレームが来るので、遅刻は厳禁です。

早起きの習慣がない人だと、慣れるまではかなりきついでしょう。

ですが、ほとんどの人は続けるうちに体が慣れていきます。早起きができると1日を有効に使えて健康にもよいので、習慣づくまで頑張る価値はあります。

ただし、夜は早く寝ないといけないので、友達付き合いはしにくくなります

休みにくい販売店も

新聞配達のバイトは、週6日勤務の販売店も多いです。そうした販売店の場合は、決まった休み以外は休みが取りにくいです。

旅行などの予定も入れにくいため、連休なしで頑張れる人でないと厳しいでしょう。

また、病気でも当日の急な欠勤もできないので、体が丈夫な人向きのバイトです。


https://twitter.com/ixtupati/status/1076278908637466624

バイト探しに役立つサイトBest5

シェアフル
登録3分!面接なし・履歴書不要・1日単位のアルバイトアプリです。大手企業からベンチャー、オフィスワーク・販売・飲食・軽作業まで「1日単位で」「すぐに」「簡単に」働ける、平均時給1200円以上のバイトがたくさん。求人情報は東京中心に全国拡大中。

シゴト.inバイト
an、マイナビ、フロム・エー、マッハバイトなど大手の求人情報を全て検索できます。日本全国の掲載バイト件数15万件以上、採用されるとお祝い金がもらえる求人が15000件以上あります。職種・給与・エリアに加え、時間帯や一日・短期・日払い・憧れの職種などで検索できます。

マッハバイト
バイトに採用が決まったら必ずお祝い金がもらえるバイト情報サイト最短で翌日に、最大1万円のボーナスがもれなくどのバイトでももらえます。

ギガバイト
最大15万円もお祝い金がもらえる求人が多数!!。日本全国のアルバイト情報は57万件もあり、1日のみの単発仕事からスキマ時間で稼げるアンケート系お仕事も多数紹介しています。

プチジョブ
即日払いバイト専用サービス、面接無しで最短その日から仕事可能で、一日だけも給料即日支給、1日2時間からOK!!今すぐに稼ぎたい、レギュラーバイトはしたくない、空いた時間を有効利用したい方、18歳以上、全ての方OKです。現在東京近郊のみになります。

新聞配達バイトの仕事内容とは?

配達する前に準備がある!

新聞配達の仕事は、家庭に新聞を配達することだけではありません。新聞販売店に行くと朝刊が準備されていて、あとは配達して回るだけ…ではないのです。新聞販売店に出勤すると、まずは印刷所から届いた新聞とチラシをスタッフみんなでトラックから降ろします。そして、自分が配達する分の新聞にチラシを入れていくのが次の仕事。

なお、この作業は販売店によって手作業と機械作業に分かれており、店によっては折り込み作業だ専門のスタッフを雇っているところもあります。

新聞配達のメイン業務はやはり配達

折り込み作業が終わったら、いよいよ配達です。夕刊にはチラシが入らないため折り込み作業はありません。また、雨の日には新聞が濡れないようビニール袋に入れる業務も加わります。配達と言えばバイクで行うイメージですが、場所によっては自転車で行うところも。最近は電動自転車での配達も増えています。

配達以外の仕事を行うことも

新聞配達がメイン業務ですが、販売店によっては配達員が集金や、それに合わせて契約更新などの仕事を行うケースもあります。こういった業務については、自分も担当しなくてはならないのか事前に確認しておきましょう。ただし、朝刊配達時に集金などを行うことはまずないため、朝だけのアルバイトをするのであれば配達業務がメインとなります。

新聞配達バイトの給料(平均時給・月収)

新聞配達バイトの時給は高い!

新聞配達バイトの平均時給は950円以上都内近郊であれば1200円以上となっており、他のアルバイトに比べると比較的高めになっています。深夜帯以外では稼げる方だと言えるでしょう。ただし、担当エリアの新聞を配達してしまえば終わり。あくまでスキマ時間にサクッと稼ぐという意識で働くにはもってこいのアルバイトだと言えます。

月給ではどれぐらい稼げるの?

前述のように、新聞配達は働ける時間が決まっています。仮に時給1100円で週に5日、毎日1.5時間働いたとすると、一ヶ月あたり3万5千円から4万円程度の収入になると考えればよいでしょう。

もちろん、頑張って週に6日働く気になれば収入はもっと増やすことができますし、配達店によっては配達エリアの関係で2時間から3時間程度働けるところもあります。とは言え長い時間働いてたくさん稼ぎたいか、短時間である程度稼げればよいかは人によって異なります。販売店によく確認しておきましょう。

時給を上げる方法は?

新聞配達バイトで時給を上げる方法としてよく言われるのが、集金や契約更新も行うこと。ただ、これらの仕事は朝刊の配達時に行うことができないため、本業と掛け持ちするのは難しいでしょう。

そこでお勧めなのが、時給制ではなく歩合制で働くこと。ほとんどの販売店が時給制だけでなく歩合制を採用しているため、まずは時給制でスタートし、慣れてきたら歩合制に変えてもらいましょう。配達のコツが分かってしまえば、歩合制の方が稼げることがほとんどです。

新聞配達バイトの年齢層は?どんな人が働いているの?

何歳ぐらいのどんな人が働いているの?

性別で言えばやはり、圧倒的に男性の方が多いのがこの職場の特徴。とは言え、最近では女性の応募も少しずつ増えている傾向にあります。

また、年齢層で言えば学生やフリーターなど若い人が多いですが、これも最近ではシルバー層の採用も増えてきています。そのため年齢制限などはありません。どうしても年齢が気になるようであれば応募先に確認しましょう。

中学生でも働けるって本当?新聞奨学生とは?

新聞配達バイトは中学生や高校生でも可能です。もちろん法律で決められた範囲での労働に制限されており、午前5時以降でなければ働けないなどの制限があります。また、新聞奨学生という言葉を聞いたことがある方もいるでしょう。これは新聞社が行う奨学金制度です。学費の一部または、全部を新聞社が払う代わりに、学生は在学中に新聞配達を行います。

新聞配達バイトに採用されるコツ

配達店ではどんな人を求めているの?

新聞配達バイトで求められるのは、何よりも遅刻・欠勤をしない責任感のある人です。何と言っても新聞配達は早朝の内に決まったエリアで配達を完了される必要があります。そのため、責任感が強く、加えて、体調管理ができる人が求められます。

新聞配達に向いている人向いていない人

新聞配達は一人で黙々と配達エリアを回る仕事です。折り込みの作業中も単純作業が続きます。そのため、一人で働くことが苦痛にならない人が向いていると言えるでしょう。

また、前述したようにアルバイトとは言え遅刻・欠勤が許されない仕事です。歩合制の方が稼げるということもあり、与えられた仕事を責任を持ってやり抜く人が向いていると言えます。拘禁時間の分だけ時給が欲しい、という方にはあまり向かない仕事だと言っていいでしょう。

アルバイト探しアプリ・サイトおすすめランキング

  1. 登録3分!面接なし・履歴書不要・1日単位のアルバイトアプリは、「シェアフル 」

    シェアフル

    dodaを運営するパーソルグループのアルバイトアプリ、圧倒的な求人情報は大手企業からベンチャー、オフィスワーク・販売・飲食・軽作業まで、平均時給1,200円の色々な仕事を希望の条件で検索して、即応募できる。

    またカレンダーに2か月先まで希望日を登録して働く、週払いも可能。1日働いてみて続けるか判断できる「トライアル採用」もあります。さらに条件にあったオススメのバイト情報も届きます。お仕事の確認や評価まで、全てサポートされます。東京中心に全国拡大中、北海道・東北地区、関東地区、甲信地区、東海地区、関西地区、九州地区の求人情報があります。

    今すぐダウンロード! スマートデバイスのみ

  2. シゴト.inバイト

    シゴト.inバイトは、an、マイナビ、フロム・エー、マッハバイトなど大手の求人情報を全て検索できます。
    日本全国の掲載バイト件数15万件以上、採用されるとお祝い金がもらえる求人が15000件以上あります。
    職種・給与・エリアに加え、時間帯や高校生歓迎・一日単位・短期・日払い・憧れの職種などさまざまな条件で、豊富なバイト情報を検索できます。
    履歴書・志望動機の書き方や面接時の心得などが分かる【アルバイト完全ガイド】も好評です。

    シゴト.inバイト へ無料登録

  3. マッハバイト(ジョブセンス)

    東証一部上場企業の株式会社リブセンスが運営する、アルバイト情報サイト。求人情報は常時約20万件もあり日本全国の情報を網羅しています。地域、路線、職種、特徴などで絞り込み簡単に希望するバイトが探せ、最短で翌日から働けるまさにマッハバイト。さらに嬉しすぎる、アルバイトに採用されると最大1万円が全員もらえちゃえます!!

    マッハバイトへ無料登録

  4. ギガバイト

    最速で最適なアルバイト探しは、ギガバイト。最大15万円もお祝い金がもらえる求人が多数掲載。日本全国のアルバイト情報は57万件もあり、詳しい条件検索や、1日のみの単発仕事や春/夏/冬休みなどで絞り込みもできます。アンケートモニターバイトなど、スマホでどこでもできる、スキマ時間で稼げるお仕事も多数紹介しています。

    ギガバイトへ無料登録

  5. プチジョブ即日払いバイト

    プチジョブ

    即日払いバイト専用サービス、面接無しで最短その日から仕事可能で、一日だけも給料即日支給、1日2時間からOK!!今すぐに稼ぎたい、レギュラーバイトはしたくない、空いた時間を有効利用したい方、18歳以上、全ての方OKです。

    現在は、東京近郊のみ募集しています。

    プチジョブへ無料登録

  6. リクルートがフリーターから正社員転職を支援する、就職Shop

    就職Shop

    リクナビやリクルートエージェントでお馴染みのリクルートキャリアが運営する、既卒や第二新卒、フリーターに特化した就職支援サービスです。既卒者の正社員採用に限定した求人のみを扱っており、離職率が高い企業の応募は受け付けておらず、専任スタッフが現地に足を運んで取材した企業のみを紹介してくれるので、ブラック企業に捕まるリスクがありません。

    すでに登録者は17万人を突破していて、就職決定した方の7割が正社員経験1年未満の若者です。
    業界・職種の中卒・高卒・未経験OK・書類選考なしでエントリーできる正社員求人もあり、専任のキャリアコーディネーターが個別面談ののち、求人紹介から書類・面接対策までサポートしてくれます。

    また就職ガイダンスやマナー講座、模擬面接大会に職種・業界研究セミナーなど、利用者が就活や内定後の正社員として活躍できるためのサポートを展開しているのも特徴的です。
    全国対応で、拠点は首都圏と関西圏になりますが、リモート対応も可能です。

    就職Shopへ無料登録

まとめ

新聞配達は良くも悪くも早朝のアルバイトであるため、まずは早起きの習慣を身につけなければなりません。また、遅刻や欠勤をしてしまうと周りに大きな迷惑をかけてしまうため、本当にダブルワークが可能なのかじっくりと検討する必要があります。しかしながら、拘禁時間も短い上に時給も高く、さらに仕事が速い人は歩合制で稼ぐことができるなど、ダブルワークには最適の仕事だと言えます。