「覚悟して入社したつもりだったが、建設業界はやっぱりきつい」、「仕事がきついのは我慢できるが、人間関係が酷過ぎてもう無理」、「転勤ばかりだから結婚すら難しい」。建設業界はきついイメージから若手に敬遠されがちですが、実際に入社した人も、「もう辞めたい」と考える人がとても多いです。

ここでは、建設業界を辞めて転職したい人のために、建設業界から有利に転職できるおすすめの転職先を紹介します。建設業界から異業種への転職で年収を下げない方法も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

建設業界・ゼネコンを辞めたい理由は?

外勤は労働時間が長くて休みも少ない

技術職などの外勤は短期工事や工期の遅れなどで残業が多く、労働時間が長くなりがちです。さらに、もともと休みが週1日しかなく、祝日も出勤日な上に、休日出勤も多く、月に1~2日しか休めないケースも珍しくありません。

中高年だけでなく、若手でも体力的に限界を感じてすぐに辞めてしまいます。

特に現場監督ともなると、現場作業の他に事務作業も抱えることになるため、日中は現場、夕方以降も夜遅くまで会社で残業が当たり前で、連日泊まり込みというケースも多発しています。管理職なので残業代や休日出勤手当もなし、下手をすると一般の社員より給料は安いです。

上司の罵声が辛く職場の雰囲気自体も悪い

建設会社は体育会系の荒々しい職場が多く、毎日のように上司に罵声を浴びせられるといった職場もあります。特に、職人が多い外勤や営業は、上司によるパワハラが横行するのが普通で、精神的に持たなくなってしまう人が後を絶ちません。

近年は人件費を削っての短期納期が多く、みんな疲弊している中、常に納期に追われてギスギスしているため、職場の雰囲気自体も悪いことが多いです。

また、攻撃目的の罵声ではなく、よかれと思っての発言であっても、基本的に建設業界の人間は口調が乱暴な人が多いため、発言の意図がきちんと伝わらず、傷ついて辞めてしまう人も少なくなからずいます。

外勤は転勤が多く、ライフプランが立てにくい

施工・設計に関わる職種の場合は、現場が変わるたびに勤務地が変わります。居住地から遠い現場もあるので転勤が多く、工期が長い大規模プロジェクトになると、ずっと単身赴任という人もいます。

いつどこに飛ばされるか分からないため、ライフプランが立てにくく、私生活も充実させたい人にとっては辛い環境です。

社員のほとんどが中高年で若手は人間関係を構築しにくい

若手は働きやすさを重視するので建設業に入ってくる人が少なく、仮に入社してもなかなか定着しません。

そのため、建設会社の社員はほとんどが中高年で、希少な若手にとっては歳の離れた先輩や上司ばかりになってしまう現場も多く、人間関係を構築しにくいので職場になじみにくいです。

その結果、仕事の悩みを話せる同僚や先輩も見つけにくく、悩みを解決できないまま、退職することになりがちです。

建設業界から異業種に転職、おすすめの転職先は?

建設業界から他の仕事に転職する場合、現職のスキルや経験を活かせる転職先を選んだ方がよいです。現在の能力にマッチしない転職先だと、まったくの未経験転職になってしまい、年収が大幅ダウンする可能性があるからです。

建設業界でのスキルや経験が活かせて、なおかつ建設業界を辞めたい理由を解決できる転職先の代表的なものを挙げてみます。

職種は変えずに業界内のホワイト企業に転職する

今の仕事自体は嫌いではないが、勤務先がブラックなので辞めたい場合は、建設業界内のホワイト企業の、現職と同じ職種に転職するのがもっともおすすめです。

これまでのスキルと経験をそのまま活かせるので、もっとも転職しやすく、年収も下がりにくいです。

電気工事士に転職する

建設業界での知識やキャリアが活かせます。資格試験の受験資格の制限がないので、異業種からでもチャレンジしやすいです。独立を視野に入れることも可能です。

労働時間が長くて休みが少ないので、ハードさは建設業界と変わりませんが、機械やもの作りが好きな人であれば、建設業界よりも楽しく働ける可能性があります。

異業種の営業職に転職する

採用のハードルが低いことが多く、異業種からでも転職しやすいです。特に、建設業界で転勤の多い外勤をこなしてきた人であれば、体力やフットワークの軽さが期待できるので歓迎されます。

現場が変わるごとに新たに人間関係を構築しなければならなかった経験や、現場監督の経験も、営業活動でのコミュニケーションに役立ちます。

業界によっては長時間労働で休みも少ないことがありますが、ライフワークバランスを重視したいなら、メーカーなどの法人営業は残業が少なく、休みも取りやすい傾向があります。法人営業は年収も高めです。

仕事の内容はハードになりますが、建築業界での知識を活かして不動産業界の営業に転職する人も多いです。

現場監督なら製造業の品質管理・購買への転職もおすすめ

現場監督の経験がある人なら、製造業の品質管理・購買への転職もおすすめです。品質管理・購買は全体の工程を把握しながらリスク管理を行い、現場で実際に製品を作る人たちや設計担当とのコミュニケーション能力も必要になるため、現場監督の仕事に共通する部分が多く、これまでの経験を活かしやすいです。

異物混入などの品質異常が発生すれば長時間労働になることもありますが、労働組合が強い業界なので、給料が高めで福利厚生も充実していることが多いです。

辞めたいと思ったら、まずは転職サイトで求人をストックしておこう

転職に成功するかどうかは、良い求人に出会えるかどうかで決まります。良い求人に出会えるかどうかは運とタイミング次第なので、常日頃から求人サイトをチェックしておく必要があります。あらかじめ転職サイトに希望条件を登録しておけば、条件にマッチする求人が出たらすぐにお知らせしてくれますので、良い求人に出会える確率が上がりますし、取りこぼしも防げます。転職したいと思ったら、まずは転職サイトで網を張っておくのがおすすめです。

リクナビNEXT

リクナビNEXT

転職希望者の8割が利用する求人数No.1の転職サイト。希望条件を登録しておけば求人開始と同時にメールで届くので、優良求人を見逃すこともありません。会員登録することで履歴書や職務経歴書のテンプレートもダウンロードでき、作成したレジュメは保存できるので、応募の度に作成する必要がなくなります。転職したいと思ったら、まずはリクナビNEXTで求人をストックしていくのが良い求人に出会う第一歩です。

リクナビNEXT公式サイト

建設業界から異業種転職で年収を下げないために

建設業界から異業種への転職で、年収を下げたくない人は、転職エージェントで求人を紹介してもらった方が安全です。

転職エージェントでは最初にキャリアカウンセリングがあり、転職のプロによるスキルの棚卸しを行った上で、これまでのスキルや経験・希望条件にマッチする優良求人を紹介してくれます。

求人企業の審査も厳しいため、よく知らない業界のブラック企業に転職してしまう失敗も防げます。

また、異業種転職は選考に不利になりがちですが、転職エージェントなら異業種転職で選考通過するためのサポートも受けられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

求人数が業界最多の転職エージェントです。大手企業を中心に、幅広い業種・職種の求人が豊富にあります。良質な求人が多く、非公開求人も約12万件を保有しています。全国の求人に対応しているので、地方求人も豊富です。

サポート力が高く、求人提案力も高いので、自分では考えつかなかったジャンルに選択肢が広がることもあります。対応が素早く、転職が決まるまでも早いので、すぐにでも建設業界を辞めたい人にもピッタリです。

リクルートエージェント公式サイト

まとめ

建設業界を辞めて他の仕事に転職したいなら、年収を下げないためにも現職のスキルや経験を活かせる転職先を選んだ方がよいです。以下の転職先なら、これまでの経験を活かしやすくおすすめです。

・業界内のホワイト企業で今の職種を続ける
電気工事士
・各業界の営業職。特に不動産業界の営業はこれまでの知識が活かしやすい
・現場監督なら製造業の品質管理・購買もこれまでの経験が活かせる

また、焦ってよく調べずに転職すると、今と同じような状況になってしまう可能性もあります。求人企業についてもよく調べるようにしましょう。