合わない仕事でストレスを溜め続けると死ぬ!?向いてない仕事は今すぐ辞めろ

就職したけど、今の仕事に向いてないと思うことの連続。そんな場合辛さから転職が頭をちらつくことがあります。

今の仕事に向いてないと感じている人のために、今の会社が嫌だと思う原因合わない仕事を無理して続けることの弊害自分が今の仕事に向いていないと感じた時の対処方法を紹介します。

よかったら参考にしてみてください。

仕事が合わなくてストレスフル。合わないと感じる原因は?

労働環境がハード

今の会社が嫌になるとき、誰が見ても環境が悪い職場で働いているケースが圧倒的に多いものです。拘束時間が長く休みが取れない会社、人間関係が悪くパワハラが横行している会社、仕事の内容そのものが倫理に反している仕事、など状況は様々です。

同僚も上司も会社に愛着がなく、実際に辞めてしまっても周囲から理解されやすいケースです。

精神的・肉体的に限界

仕事の内容が精神的・肉体的にきつく、自分が不適格と感じることがあります。

睡眠時間が不規則になるシフト勤務当直勤務、同じ作業をミスなく繰り返す仕事、高い所や狭い場所、暗い所での仕事など、生理的に合わない状況は個人差があり、会わない場所で仕事をするのはストレスが溜まる、疲れやすくなる、恐怖を感じるなどの弊害があります。

適性・能力不足

仕事について自分は適性がない・能力が不足しているという思いから自分が今の仕事に向いてないと感じることがあります。

タイミング的には入社してすぐだけでなく、事務職から営業や、平社員から管理職へと異動・昇進した時、新しいプロジェクトに参加した時など、環境が変わり求められるスキルも変化したときに、「合わない」と感じることがよくあります。

スキルアップが望めない

有名な企業に所属したりどんなに待遇がよかったりしても、スキルアップができない仕事は嫌だと感じる人もいます。自分が成長し活躍できる場を求めて仕事を変えたいという気持ちは抑えることができません。

仕事が合わないなら辞める?続ける?

辞めた方が良いパターン

身体的に症状がでている

合わない仕事を我慢して続け、ストレスを溜め続けることは最悪の事態を招くことがあります。まずストレスが原因で胃腸炎や胃潰瘍などの病気になることがあります。

さらに、最近無気力になった、朝の身支度が進まないといった、うつのような症状が出ていたら、症状が悪くならないうちにまずは心身を休めるようにしましょう。会社を辞める・辞めないの判断基準は、心身にストレス反応が出ているかどうかで決めても良いでしょう。

何をしても状況が変わらない

仕事が合わなくてつらいけれど、自分だけがそうなのかもしれないと思って、人間関係の改善に努めたり自分なりにスキルアップを図ろうと努力を重ねてきた人もいるかと思います。

しかし、それだけしても状況の改善が見込めない場合や、逆に周りが働きかけて昇進したり異動したりしても辞めたい気持ちが治まらない場合は今の会社は見切ることをおすすめします。

どうあがいても無理だと感じたら、同じ場所にい続けるのは時間のムダです。

辞めると後悔するパターン

自分が何をしたいのかハッキリしていない

今の仕事が嫌なことは分かるけれど、自分にはどんな仕事が向いているのか、本当にやりたい仕事がなにか分かっていないまま転職に踏み切ると、転職先でも同じことを繰り返し、後から転職そのものを後悔することがあります。

環境に依存していた場合

周りの人間関係や会社での評価を気にしたりして、なかなか自分で環境を変えようとはしづらいものかもしれません。しかし、今までそれをしてこなかった分これから十分に変わる余地があることになります。

自分を変えること社内で環境を変えることで、もしかしたら辞めたい気持ちが変わるかもしれません。

退職はいつでもできますし、どうせ辞めるなら、クビを覚悟して思い通りに行動するという方法もあります。人間関係で今の職場が合わないと感じているなら、相手と直接対決してみても良いでしょう。

まとめ

労働環境が悪い
適正がない・能力が不足している
精神的肉体的疲労を感じる
スキルアップができない

といった理由で、今の仕事が自分に合っていないと感じことがあります。我慢し続けると疲労とストレスで健康を損ねることがあります。

今の場所から逃げたいだけや、自分が何をしたいのかハッキリしていない状態での転職は、後々後悔する可能性があります。ですが

・今の場所で状況を改善する見込みがない
・すでに身体的にうつの症状が出ている

場合は、無理をせずに会社を辞めることをおすすめします。