グローバル化が進んで英語を学びたいという人が増えている影響で人気が高くなっているのが英会話講師ですが、バイトをするのは楽なのでしょうか。

仕事内容を理解しつつ、時給やバイトの年齢層などについても把握して、自分が選ぶバイトとして適切かどうかを考えてみましょう。採用されるためのポイントについても解説します。

英会話バイトのよい評判まとめ!メリット・楽な点は?

講師は時給が高い

英会話のバイトには、講師のバイトと事務のバイトがあります。英語力が求められる分、時給が高いのは講師です。

時給相場は1,200~5,000円ほどと、かなり幅があります。これは、能力に応じて時給アップする教室が多いからです。人気が出て受講者数が増えたり、生徒の英語力の伸び率が高くなると時給が上がるので、モチベーションを維持しやすいでしょう。

教室によっては時給とは別に、授業回数に応じて歩合がつくところもあります。

なお、マニュアルや研修があるところがほとんどなので、英会話を教えるのが初めての人も安心です。

英語力が磨ける

人に教える目的を持つことでより勉強するようになるので、自分の英語力も磨けます。また、ネイティブの講師もいるので、そうした人から英語を教えてもらう機会も得やすいです。

「その言い回しは最近はあまり使われない」など、日本人だけで勉強していては分からない情報も得られるので、とても勉強になります。現地の文化のことなど、語学以外の情報についても聞けば教えてくれるでしょう。

ただし、ネイティブ講師は教え方がいい加減な人も多いので、教わる相手をよく見極めることが大切です。


https://twitter.com/nishi_mikhail/status/1049996425138823168

職場の人間関係がよい

英会話スクールのスタッフは明るくてコミュニケーション能力に優れた人が多く、特に講師はテンションが高めで社交的な人がほとんどです。

また、TOEICスコアなどの英語力が採用条件になることから、教育環境がよかった人が集まりやすいです。その結果、他人への気配りができる人が集まりやすい傾向があり、職場の人間関係も良好な傾向があります。

https://twitter.com/CorLeonis415/status/744170431356116992

事務なら英語力不問

英会話のバイトでも、事務であれば英語力不問の求人もたくさんあります。周りが英語ができる人ばかりの環境なので、これから英語の勉強を始めたい人にもよい刺激になるでしょう。

都内でも時給は1,000円前後ですが、勉強を兼ねたアルバイトと考えれば悪くありません。

英会話バイトの悪い評判まとめ!デメリット・きつい点は?

コミュ力がないときつい

講師はもちろんのこと、事務であっても生徒と接するので、英会話スクールで働くならコミュニケーション能力がないときついです。

スタッフ同士の会話も英語が多いですが、言語だけの表面的なやり取りが可能な日本語と違い、英語でのやり取りは表情なども含めた総合的なコミュニケーション能力が必要です。

また、職場の文化が欧米的で主体性を求められるため、自ら積極的にコミュニケーションが取れない人だと職場で浮いてしまいます。

なお、英語で話す人はネイティブも日本人も基本的に声が大きいので、静かな環境で働きたい人には合わない可能性があります。

授業の準備は無給

講師の場合は、時給が発生するのは授業に対してのみで、授業の準備は無給のサービス労働になるところが多いです。

段取りが悪い人だと、サービス労働の時間が長くなる可能性もあります。

バイト探しに役立つサイトBest5


ショットワークス
短期バイト・単発バイト専門の求人情報サイト。明日1日だけ働きたい、面接なし、履歴書不要、交通費支給など、都合にあわせてアルバイトを探すことができます。

バイトル バイト探しちゅー
アルバイト・パートだけでなく、社員としても求人もカバーしていて掲載求人数が多いです。求職者の希望条件に合わせた様々な求人検索方法が用意されているので、希望に合う求人を探しやすいのが特徴です。※バイトルはユーザー総合満足度No.1に選ばれています。

ギガバイト
最大15万円もお祝い金がもらえる求人が多数!!。日本全国のアルバイト情報は57万件もあり、1日のみの単発仕事からスキマ時間で稼げるアンケート系お仕事も多数紹介しています。

キャリアバイト
アルバイトの時間と経験を有効に活用しキャリア形成できる、画期的なインターン求人メディアです。インターンでも労働者扱いですので、通常のアルバイト時給で実践的な職務経験を積むことができます。大手の内定を勝ち取れるかも!?

英会話スクールで講師のバイト、仕事内容は?

英会話スクールで講師のバイトをするときの仕事は基本的には英会話のレッスンを行うことです。生徒と英語で会話をしながらレッスンで教えるべきテーマに沿って内容を伝え、理解度をテストなどで確認するという形で行います。

英会話スクールにはマンツーマンレッスンとグループレッスンがあり、それぞれで少しレッスンの仕方も異なっているのが一般的です。

完結型のマンツーマンレッスンの場合

マンツーマンレッスンを担当する場合にはレッスンの行い方が大まかには二通りあります。もともとカリキュラムが決まっていて、生徒が受けるべき内容を進捗状況に応じて教えるというのが典型例です。

一回で内容が完結する形でレッスンが整えられているので、その内容に従って時間内に教えるべき内容を全て伝え、テストなども実施します。前回や次回にレッスンを行う講師が違う場合も多いですが、レッスン内容に直接のつながりがないのであまり気にせずにレッスンを行えるのが特徴です。

担任制のマンツーマンレッスンの場合

もう一つのパターンは担任制のマンツーマンレッスンです。この場合には担当の生徒を割り当てられていて、毎回その生徒にレッスンを行います。

担任が決まっているだけでカリキュラム通りに毎回完結するレッスンを行う英会話スクールもありますが、完結させることを重視せずに生徒のペースに合わせてレッスンを進めるスタイルが典型的です。

グループレッスンの場合

グループレッスンを担当するときには講義をして教える部分が多くなります。基本的には一回完結型のレッスンで、数名から数十名の生徒を相手にして語法や表現などの説明を行い、音読や発話のトレーニングをさせるのが仕事です。資格試験対策を行うレッスンを担当することが多くなっています。

英会話講師のバイトの給料(平均時給・月収)

英会話講師のバイトで得られる時給の相場

英会話講師のバイトでは時給制とクラス制の二つの給与方式があります。クラス制の場合には受け持ったレッスンの数や種類に応じて給与が支給されるのが特徴です。英会話講師の給与を時給に換算すると1,000円〜2,000円程度が相場になっています。

平均月収は正社員の場合には20万円前後ですが、バイトの場合にはシフトの入れ方によって大差があります。月20時間働いたとすると月収は2万円〜4万円です。

時給を上げるためのポイント

時給に影響するのはレッスンのレベルの高さや種類と講師としての人気の高さです。通常、レベルの高い人向けのレッスンの時給は高くなります。英語力を上げてハイクラスのレッスンを受け持てるようにするのが効果的です。

また、成績が上がっている生徒が多いと評価が高くなり、人気も上がります。それに応じた昇給制度を持っている英会話スクールが多いので、実績を作るのも時給を上げるためには大切です。

大手と中小の差もある

全体的な傾向として大手の方が中小よりも時給が高めになっています。昇給制度も整っているため、大手を選んでバイトをするのは時給を上げるのに効果的な方法です。

英会話講師のバイトの年齢層

講師の年齢層は20代〜30代

英会話講師のバイトは若い世代が中心で20代の人が多くなっていますが、30代の人も見受けられます。それ以上になると正社員の人が多いのが現場の実態です。

英会話スクールの種類による違いも大きい

英会話スクールの扱っている生徒の年齢層による違いもあります。子供向けの英会話スクールでは講師の年齢層が低めで20代ばかりの現場がほとんどです。それに対して高齢者向けのスクールでは30代の講師が多くなっています。

英会話講師のバイトに採用されるコツ

求められているスキルとは

英会話講師のバイトに採用されるには英語力を示せることが必須です。英語検定やTOEIC、TOEFLのスコアを上げておくと採用されやすくなります。

また、塾講師や教師などの経験や教員免許などの資格があると有利になり、時給も高めになるのが一般的です。講師にはコミュニケーションスキルも求められるので採用面接の際には面接官の話をしっかりと聞いて的確に答えることが重要になります。

英会話講師のバイトに向いている人は?

英会話講師のバイトは英会話を流暢に行える人に向いています。特に、独学やスクールに通うなどの方法で自分なりに英語を学んできた人はノウハウを生かして指導できる点で魅力的です。

加えて、人と話をするのが好きな人にも適性がありますが、話すよりも聞く方が好きという人の方が生徒からの受けが良く、人気が上がって高い時給で働けるようになります。

英会話講師のバイトに向いていない人は?

英会話のスキルがない人は英会話講師のバイトには向いていません。さらに、講師は生徒の成績を上げるのが仕事の目的になるので、生徒が掲げている目的を達成するために献身的に仕事をする必要があります。相手の立場に立って物事を考える習慣がない人は英会話講師で成果を上げていくことは困難です。

アルバイト探しアプリ・サイトおすすめランキング

  1. ショットワークス

    ショットワークス

    短期・単発バイトを探すならココ!短期アルバイト専門の求人情報サイト
    ショットワークスは短期バイト・単発バイト専門の求人情報サイトです。明日1日だけ働きたい、面接なし、履歴書不要、交通費支給など、都合にあわせてアルバイトを探すことができます。

    ショットワークスへ無料登録

  2. バイトル バイト探しちゅ〜

    CMでも話題の、学生やフリーターなど若年層から人気を集めている求人サイトです。また、アルバイト・パートだけでなく、社員としても求人もカバーしていて掲載求人数が多いです。
    エリアや職種の他にも、仕事の特徴や給与、雇用形態など、求職者の希望条件に合わせた様々な求人検索方法が用意されているので、希望に合う求人を探しやすいのが特徴です。
    ※バイトルはユーザー総合満足度No.1に選ばれています。

    バイトルへ無料登録

  3. ギガバイト

    最速で最適なアルバイト探しは、ギガバイト。最大15万円もお祝い金がもらえる求人が多数掲載。日本全国のアルバイト情報は57万件もあり、詳しい条件検索や、1日のみの単発仕事や春/夏/冬休みなどで絞り込みもできます。アンケートモニターバイトなど、スマホでどこでもできる、スキマ時間で稼げるお仕事も多数紹介しています。

    ギガバイトへ無料登録

  4. キャリアバイト

    若者正社員チャレンジ

    単なるアルバイト情報サイトではなく、インターン情報サイトです。アルバイトの時間と経験を有効に活用しキャリア形成できる、画期的なインターン求人メディアです。職場体験的なプログラムとは違い、実践的なインターンで職務経験としてキャリアに繋がります。

    インターンでも労働者扱いですので、労働基準法、最低賃金法など各法規を遵守しています。大手企業からベンチャー企業まで多種多様な職種業種で累計2,500社以上です。大手の内定を勝ち取れるかも!?

    キャリアバイト 公式サイトへ

  5. 就職Shop

    就職Shop

    新卒や第二新卒、フリーターやニートの就職をサポートしている就職支援サービスで、利用者の9割が20代です。様々な業界・職種の未経験歓迎の求人を取り扱っていて、就職決定者の7割が未経験です。

    訪問取材した企業の正社員求人のみを紹介しているので、ブラック企業に捕まる心配もなく、せっかく正社員として採用されたのに待遇が悪くてニートに逆戻りということもありません。

    就職Shopへ無料登録

まとめ

英語が好きで英会話を流暢に行える人なら英会話スクール講師は時給が高めで楽なバイトです。短時間でも働きやすく、時給が高めなので副業にも向いています。

楽にレッスンをできるかどうかは働き方次第なので、自分なりにレッスンをしやすい体系が整っている英会話スクールを選んで申し込むのが大切です。資格などを取得してスキルがあることを示せるようにすると採用されやすくなります。