現在会社員として働いているアラサーの人の中には、副業としてアルバイトを始めてみようと思っている人もいるでしょう。アルバイトの1つに、赤ペン先生があります。

自分自身や自分の子どもが進研ゼミをやったことがある人にとっては馴染み深く、やったことがなくてもその名前を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。今回は、赤ペン先生のアルバイトについて詳しく見ていきましょう。

赤ペン先生バイトのよい評判まとめ!メリット・楽な点は?

自宅で好きなときにできる

ベネッセコーポレーションの通信講座「進研ゼミ」の採点・添削をするのが、赤ペン先生のバイトです。

このバイトは自宅で好きなときにできるため、病気などで通勤が難しい人や、家を空けられない人でも働けます。

仕事の量も相談しながら調整できるので、育児中の主婦にも取り組みやすいでしょう。

採点・添削のバイトというと難しいイメージがありますが、赤ペン先生の場合は記述式の答案も、パターン別の模範解答と照らし合わせて正誤を判断すればよい形になっています。そのため、比較的難しくありません。

学年と科目も自分で選べます

子どもの反応がやりがいになる

進研ゼミは通信講座なので、直接子どもと顔を合わせることはありません。ですが、定期的にフィードバックが受けられるので、自分が採点した子どもの反応を知ることができます

1人の子どもを1年間継続して担当するので、答案を通して成長を感じることができますし、子どもの方も赤ペン先生から答案が返ってくるのを楽しみにしている子が多いです。

子どもが好きな人や、人を育てることが好きな人であればやりがいを感じられるでしょう。子どもならではの珍解答や、落書きを見るのを楽しみにしているという人もいます。


https://twitter.com/Minzow78/status/837230751129034752

人付き合いが少ない

赤ペン先生は、「完全在宅制」と「グループ制」の2種類の業務形態があります。完全在宅制は他の在宅ワークと同様に、自宅に送られてきた答案を添削・採点します。

グループ制の場合は、地域のグループリーダーの家に週に2回ほど、答案を受け取りに行き、それを持ち帰って自宅で採点します。

グループ制はグループリーダーとのやり取りも多少ありますが、業務は自宅で1人で行うため、普通のバイトに比べて人付き合いが少なく気楽です。

赤ペン先生バイトの悪い評判まとめ!デメリット・きつい点は?

報酬が安くて稼げない

赤ペン先生のバイトは、答案1枚ごとに報酬が決まる完全歩合制です。詳しい金額は公表されていませんが、採点の難易度によって単価が変わります。

高校講座の赤ペン先生を経験した人からは、「自分のときは一番安い答案が1枚500円、一番高い答案は1枚1,000円以上だった」という体験談が寄せられています。

採点のスピードによっても稼げる金額が異なりますが、時給に換算して数百円程度が平均的です。

そのため、普通のバイトより稼げないという理由で辞めてしまう人がとても多いです。

採用のハードルが高い

報酬が安いわりに採用のハードルは高いので、応募できる人も限られます。赤ペン先生のバイトは4年制大学以上の学歴があり、1年以上継続できる人が対象です。

また、Windowsパソコンも必須です。OSのバージョンはWindows XP、Windows Vista、Windows 7のいずれかが必要で、それより古いOSやWindows10、アップル社製のOSには対応していません。

他にも、セキュリティ対策を施していること、CD-ROMの再生ができることなど、細かな条件があります。

業務形態によっても作業環境の条件が異なるので、詳しくは募集要項をよく確認しましょう。

https://twitter.com/mochi10kirin/status/212146696170373122


https://twitter.com/acharingring/status/1087312687900459008

スケジュール管理が自己責任

赤ペン先生のバイトは自宅でできることから、自分のペースでのんびり働けるイメージがあります。ですが、実際には納期が決まっているため、締め切りまでに作業を終えなければなりません。

通勤しない分、見張る人がいないのでスケジュール管理は完全に自己責任です。誰も見ていないからといって後回しにしていると、納期直前になってから慌てて採点することになります。

夏休みなど、学校が休みに入る時期は特に忙しいです。この時期は、普段より依頼量が多くなります。子育て中の主婦の場合は、繁忙期が自分の子どもの休みと被ってくることを想定しておきましょう。

研修に通う必要がある

業務自体は自宅でできますが、応募の際に筆記試験・面接・研修のために会場まで出向かなければなりません研修だけで4~5回ほど通います

そのため、小さい子どもがいるなどで「1日でも出かけるのは無理」という人だと難しいです。


https://twitter.com/sincerity1016/status/921592346898087938
https://twitter.com/panda871gunma/status/916240142037168129

求人が少ない

赤ペン先生のバイトをやりたくても、そもそも求人が少ないです。常時募集されているわけではないので、タイミングが合わないとまったく求人が出ていないことも多いです。

このバイトをやってみたい人は、公式サイトを定期的にチェックするとよいでしょう。

バイト探しに役立つサイトBest3


ショットワークス

短期バイト・単発バイト専門の求人情報サイト。1日だけ働きたい、面接なし、履歴書不要、交通費支給など、都合にあわせてアルバイトを探すことができます。

マッハバイト

バイトに採用が決まったらお祝い金がもらえるバイト情報サイト。最短で翌日に、最大1万円のボーナスがもれなくどのバイトでももらえます。

バイトル

求人情報は140万件以上!求人数が豊富なバイト情報サイト。お店や職場の雰囲気をチェックできる動画や、勤務先の制服が見られる「制服写真」などビジュアル機能が充実しています。

赤ペン先生のバイトの仕事内容

基本的な仕事内容は答案の添削指導

赤ペン先生とは、進研ゼミ講座の答案を採点、添削をする人のことを指します。解答が合っているか・間違っているかの丸つけだけではなく、間違えたところについてはアドバイスをし、講座会員の分からない部分を分かるように手助けすることが大切です。

進研ゼミには小学講座・中学講座・高校講座の3つの講座があり、赤ペン先生もそれぞれ異なります。仕事内容はどのように変わってくるのでしょうか。

小学講座の赤ペン先生

小学1年生~6年生のうちの1学年を受け持ち、1年間同じ会員の担当になります。添削する教科は算数と国語の2教科両方です。メッセージ欄があることがよくあり、会員とやりとりすることがあります。添削作業は基本的に手書きで、年に1~数回、研修を受けることが必要です。

また、業務形態には、完全在宅制と、グループ制の2種類があります。完全在宅制の場合、週3回決まった曜日と時間帯に、インターネットで答案の受発注を行わなくてはいけません。添削指導は納期の範囲内で、自宅で自分の好きな時間に行うことが可能です。

一方、グループ制の場合は、地域ごとにあるグループに所属し、連絡事項や答案の受発注をそのグループ内で共有します。週2回決まった曜日と時間帯に、グループリーダー宅に通う必要があり、そこで答案の受発注も行います。添削指導は完全在宅制と同じく、納期の範囲内で好きな時間に作業できます。

中学講座の赤ペン先生

英語、数学、国語、理科、社会の5教科の中から1教科担当教科を決めます。英語、数学、国語の3教科に限っては、1年間同じ会員の担当になる必要があります。また、添削作業には専用のパソコンソフトを用いますが、教科によっては一部手書きでの指導も加わります。

答案の受発注と添削作業時間については小学講座同様で、週3回決まった曜日・時間に受発注し、納期内の好きな時間に作業を行います。研修も小学生講座同様にあります。

高校講座の赤ペン先生

主要5教科から1教科を担当します。教科は5教科が細分されていることがあり、例えば、数学なら数学I・A・II・Bまでの人と数学IIIまでの人など、担当が分かれる場合があります。

答案の受発注、添削作業の方法・時間については中学講座と同様です。研修は、仕事開始前に2~3ヶ月あります。

赤ペン先生のバイトの給料(平均時給・月収)

赤ペン先生は完全出来高制

多くのアルバイトでは時給が定められていますが、赤ペン先生の場合は出来高制になっています。答案1枚あたりの単価が決まっており、添削した枚数分の収入があります。単価は小学生~高校生や教科によって異なり、基本的には答案の難易度が高いほど単価も上がります

具体的な単価は公表されていませんが、時給にすると平均で数百円ということが少なくありません。800円より安い場合も多いでしょう。

時給アップするには?

出来高制のため、時給を上げるには添削作業のスピードを上げる必要があります。添削の正確性を損なってはいけないので、ある程度の慣れも必要でしょう。

また、夏休みや冬休みなどの長期休みの時期は、人手が不足する場合があり、単価もアップする可能性があります。

赤ペン先生のバイトの年齢層

年齢制限は無いが学力は必要

赤ペン先生に年齢制限はありません。何歳でも応募することができます。ただし、大学卒業程度の学力があることは必須です。特に高校講座では、4年制大学卒以上の学歴がある人が対象になっています。

どんな人が働いている?

子どもがいる家で仕事ができることから、主婦の人が多く働いています。基本的には在宅での作業になるため、研修など特別な場合を除けば、空間を同じくして誰かと働くということはありません。職場の年齢層の偏りにおける働きやすさは考えなくて良いでしょう。

赤ペン先生のバイトに採用されるコツ

試験に合格する必要がある

赤ペン先生に学力は必要であると先述しましたが、履歴書の学歴欄に書くだけでなく、WEBや筆記による試験に合格する必要があります。講座の種類によって難易度は異なるでしょう。学力試験のみではなく、実際に添削をする試験もある場合があります。

その他には、小学講座では手書きでの添削が求められていることから、字の丁寧さに関する試験や、会員とメッセージのやりとりもする必要があるため、子どもに宛てたコメントの試験など、独自の試験内容もあります。

その他に満たす必要のある条件

パソコンソフトでの作業があるため、指定された種類のパソコンを自分で用意する必要があります。OSはWindowsのみ、空き容量が2GB以上、CD-ROMが再生できるなど、細かく指示されているので、募集があった段階で確認しましょう。

作業する時間帯においては個人で自由に決めることができますが、特に中学講座と高校講座では平均週約20時間、1日3時間程度の時間を確保しなければなりません。加えて、1年間継続できる見込みがあることが必要です。

募集は不定期かつ激戦

赤ペン先生の募集は、常に行っているわけではありません。募集があっても、例えば、小学生講座だけだったり、5教科のうち2教科のみの募集だったり、地域が限られていたりします。自分の希望する講座・教科・地域での募集の有無を、日頃からチェックする必要があるでしょう。

また、在宅で仕事ができる点が魅力となり、その不定期な募集の際には非常に多くの応募が集まります。応募には教員免許や指導経験などは必要ありませんが、あると多少プラスに働くでしょう。

赤ペン先生に向いている人・向いていない人

コツコツと地道に作業することができ、単純作業が苦にならない人には向いているでしょう。添削作業は座り仕事になるため、その他の体力を使う仕事が苦手な人、デスクワークを好んでいる人には特におすすめです。

一方で、向いていないのは、単純作業が苦手で集中力が続かない人です。1人でひたすらに答案と向き合うため、精神的に辛くなってしまうでしょう。在宅での仕事であることから、オンオフの切り替えや時間管理をするのが苦手な人も向いていません。

バイト探しアプリ・サイトおすすめランキング

  1. ショットワークス

    ショットワークス

    短期・単発バイトを探すならココ!短期アルバイト専門の求人情報サイト
    ショットワークスは短期バイト・単発バイト専門の求人情報サイトです。1日だけ働きたい、面接なし、履歴書不要、交通費支給など、都合にあわせてアルバイトを探すことができます。

    ショットワークス公式サイト

  2. マッハバイト(ジョブセンス)

    東証一部上場企業の株式会社リブセンスが運営する、アルバイト情報サイト。求人情報は常時約20万件もあり日本全国の情報を網羅しています。地域、路線、職種、特徴などで絞り込み簡単に希望する倍あとが探せ、最短で翌日から働けるまさにマッハバイト。さらに嬉しすぎる、バイトに採用されると最大1万円が全員もらえちゃえます!!

    マッハバイト 公式サイト

  3. バイトル

    CMでも話題の、学生やフリーターなど若年層から人気を集めている求人サイトです。また、アルバイト・パートだけでなく、社員としても求人もカバーしていて掲載求人数が多いです。
    エリアや職種の他にも、仕事の特徴や給与、雇用形態など、求職者の希望条件に合わせた様々な求人検索方法が用意されているので、希望に合う求人を探しやすいのが特徴です。
    ※バイトルはユーザー総合満足度No.1に選ばれています。

    バイトル公式サイト

  4. バイトするならタウンワーク

    “バイトするならタウンワーク”CMでも有名なタウンワークの日本最大級WEB求人サイト、運営は業界NO1のリクルート。
    地域に密着したフリーペーパーからの情報は、地方の求人情報も豊富です。店舗名やオープニングバイトなどこだわりの検索機能などで自分に合ったアルバイトを簡単に探せます。言わずもがなの業界トップクラスのアルバイト求人情報サイトですね

    タウンワーク 公式サイト

  5. 就職Shop

    就職Shop

    新卒や第二新卒、フリーターやニートの就職をサポートしている就職支援サービスで、利用者の9割が20代です。様々な業界・職種の未経験歓迎の求人を取り扱っていて、就職決定者の7割が未経験です。

    訪問取材した企業の正社員求人のみを紹介しているので、ブラック企業に捕まる心配もなく、せっかく正社員として採用されたのに待遇が悪くてニートに逆戻りということもありません。

    就職Shop公式サイト

  6. フリーターから正社員就職へ5日間カレッジ(JAIC)

    20代の既卒・第二新卒、フリーターを対象とした13年以上の歴史がある数少ない就職支援サービスです。
    書類選考免除されて未経験者を採用したい優良企業約20社と面接できるため、最短2週間で内定を得られます。
    ビジネス研修や面接対策、コミュニケーション能力を上げるためのプレゼンテーション研修など就職成功率81.1%の就活講座も実施、研修日数5日間のみっちり講座から集団面接会までワンストップで支援され、未経験の受け入れ前提とした企業約5000社以上から、より細かく求職者一人ひとりにマッチングしサービスを開始以降、総勢14,000名以上の正社員雇用を実現しています。徹底的に就活研修してもらって正社員になれる、まさに就職カレッジ、おすすめです。

    就職カレッジ(JAIC) 公式ページはこちら

まとめ

時給あたりに換算すると数百円と、収入は他とアルバイトに比べて低い傾向であることが分かりました。副業に収入を求めている人は、他の仕事を探した方が良いでしょう。また、募集が不定期であることから、今すぐ始めたいという人にもマッチしません。

一方で、在宅でできる点は大きなメリットです。小学生講座なら子どもとのやりとりもできます。副業に隙間時間を活用したい人や、子どもと関わりたい人にはおすすめです。