交通量調査のアルバイトは、人付き合いや接客が苦手な人でも働きやすいです。また、座ったままカウントしてデータを集めるのが主な仕事のため、本業や学業で疲れている人にも向いています。1日だけの仕事が多く、他のアルバイトに比べて時給も高いので、副業としてアルバイトを検討して悩んでいる会社員におすすめのアルバイトです。

交通量調査バイトのよい評判まとめ!メリット・楽な点は?

日給が高めの会社が多い

交通量調査のバイトは単発バイトが多く、日程が決まっているため、確実にその日に人材を確保する必要があります。そのため、日給が高めの会社が多いです。

短時間の案件もありますが、基本的には12時間または24時間拘束の仕事が多いです。日給は10,000円程度が相場で、24時間拘束なら20,000円以上稼げる会社もあります。

給料は勤務終了後にその場で手渡しされるのが一般的なので、すぐに現金が必要な人も安心です。

なお、面接も履歴書も不要というところがほとんどなので、応募も簡単です。

実働時間が短い

業務は2~3人のグループで行い、作業を分担しながら順番に休憩を取ります。2時間働いたら1時間休憩というペースが一般的です。

そのため、12時間拘束の場合は実働時間が8時間で、残りの4時間は休憩です。拘束時間は長いものの、休憩している時間が長いのに高収入なので、時間が取れる人にはかなり美味しいバイトといえるでしょう。

休憩中はトイレや食事を済ませる他、車の中で横になったり自由に過ごせます。なお、トイレはコンビニや公衆トイレを利用します。

その日限りの付き合いなので、人間関係も楽です。

仕事内容が簡単

仕事内容も極めて簡単です。「通行人だけカウントする」、「車だけカウントする」など指示されるので、数取器(かずとりき)で指定されたものが通るたびにカウントするだけです。初めての人でも30分もやれば慣れるでしょう。

椅子に座って行うので、体力的な負担も非常に少ないです。

なお、基本的に1人で作業を行いますが、途中で巡回監査員が見回りに来ます。巡回監査員は交通量調査のプロなので、分からないことがあれば教えてもらえます。


https://twitter.com/jukai_2/status/1089537578372456448

服装自由な現場が多い

会社によってはスーツ着用など服装の規定が厳しいところもありますが、服装や髪形が自由な会社も多いです。身だしなみが自由な会社は、ネイルやピアスもそれほどうるさく言われません

服装の規定がなければジーンズなどでもよいですが、パイプ椅子に長く座り続けるのでウエスト回りが楽な服装がおすすめです。

また、排気ガスを浴び続けるので、気になる人は肌の露出が少ない服装を選ぶとよいでしょう。

交通量調査バイトの悪い評判まとめ!デメリット・きつい点は?

暇過ぎて眠気との戦い

交通量調査のバイトは簡単で楽な反面、「暇過ぎて辛い」「勤務中はひたすら眠気との戦い」という意見もとても多いです。あまりにもやることがないので、なかなか時間が経ちません。

特に交通量が少ない場所での仕事の場合、数えるべき人や車もめったに通らないといったこともあります。

「とにかく楽して稼ぎたい」という人には最適ですが、働き者には辛い仕事です。スキルや知識が身につくわけでもないので、時間を有意義に使いたい人には向かないでしょう。

https://twitter.com/yana_sft/status/1069187614291386368

夏冬は暑さ寒さも辛い

屋外での仕事なので、夏の暑さと冬の寒さも辛いです。雨の日も合羽を着て働きます。熱さや寒さに耐えながら1人孤独に車や通行人を数え続ける様は、まるで苦行のようです。

しかし、服装の決まりがないことがほとんどなので、熱中症対策や防寒対策はしやすいでしょう。

日中と夜間でも気温が違ってくるため、脱ぎ着して調整できるようにしておくとよいです。特に冬場は日が落ちるとかなり冷え込みます。昼間暖かくても油断せず、防寒具やカイロは多めに用意しておきましょう。合羽などの雨具も、毎回持参しておくと安心です。

排気ガスと砂埃が辛い

住宅街などはそうでもありませんが、交通量の多い大通りなどでの調査のときは、大量の排気ガスと砂埃を浴び続けることになります。

長時間滞在するので髪はごわごわになりますし、人によっては喉をやられることもあるでしょう。目に砂が入ることもありますが、その場ですぐに洗い流しに行くこともできません。

排気ガスの臭いが苦手な人は、気分が悪くなってしまうこともあります。具合が悪くならないまでも体にはよくないので、禁止でなければマスクを着用した方がよいでしょう。

早起きが苦手だときつい

集合時間が朝早いので、早起きが苦手だときついです。現場によっても異なりますが、業務が始まるのが朝6~7頃のところが多く、集合時間はそれより早めです。

ですが集合場所まで行ってしまえば、あとはそれほど大変なことはなく、お金もたくさんもらえます。


https://twitter.com/makotyurarin/status/658743778425966592

トイレやコンビニがない場合も

現場によっては、トイレやコンビニが近くにない場合もあります。コンビニは食事を持参すればよいとしても、トイレはないと困るでしょう。

「トイレを探して彷徨っている間に休憩時間が終わってしまった」という事態も十分あり得ますし、急にお腹の調子が悪くなることもあります。できれば事前に現場の住所を教えてもらい、どこに何があるのか確認しておくと安心です。

なお、車などの休憩場所がないところもあるので、その場合は外で座って休みます。


https://twitter.com/ppCg0Igq9VC967B/status/912694710669475840

募集の締め切りが早い

交通量調査は必要が生じたときしか行われないので、求人数はそう多くありません。そのため、やりたいときに募集がないことも多いです。

給料がよくて人気なので、求人が出てもすぐに募集が締め切られてしまいます

このバイトをしたい人は求人サイトなどをこまめにチェックの上、目当ての求人を見つけたら速やかに応募するのがコツです。

バイト探しに役立つサイト厳選Best3

シェアフル
登録3分!面接なし・履歴書不要・1日単位のアルバイトアプリです。大手企業からベンチャー、オフィスワーク・データ入力・完全リモート・軽作業・梱包・試験監督・ワクチン会場のお手伝いまで「1日単位で」「すぐに」「簡単に」働ける、平均時給1200円以上のギグワークがたくさん。求人情報は都市圏を中心に全国拡大中

マッハバイト
バイトに採用が決まったら必ずお祝い金がもらえるバイト情報サイト最短で翌日に、最大1万円のボーナスがもれなくどのバイトでももらえます。

シゴト.inバイト
an、マイナビ、フロム・エー、マッハバイトなど大手の求人情報を全て検索できます。日本全国の掲載バイト件数15万件以上、採用されるとお祝い金がもらえる求人が15000件以上あります。職種・給与・エリアに加え、時間帯や一日・短期・日払い・憧れの職種などで検索できます。

交通量調査のバイトの仕事内容

車や歩行者などの交通量を調査する仕事

交通量調査のアルバイトの仕事内容は、測定する地点で椅子に座って、車や歩行者などの交通量を調査することです。交差点や駅前などで、車や歩行者、自転車が通り過ぎるたびにカウンターを押します。現場によってカウントする内容は様々です。

一般的に、車なら大型車、普通車、軽自動車などの車種ごとにカウントします。車種はナンバープレートで判断できますから難しくありません。歩行者や自転車なら世代や性別で分けて数えます

2人1組や3人1組が多い

基本的に2人1組や3人1組で仕事することが多いです。1人で車も歩行者もカウントするわけではありません。1人が車をカウントするなら、もう1人は歩行者や自転車をカウントします。仕事中に巡回監督員が見回りに来ますから、何かわからないことがあれば質問することも可能です。

交通量調査のバイトの給料(平均時給・月収)

平均時給は1000円から1100円くらい

交通量調査のアルバイトの平均時給は、他のアルバイトに比べて少し高く、1000円から1100円くらいです。交通量調査のアルバイトは、調査が必要になるたびに発生する単発の仕事なので、確実に人手を確保できるように時給が高く設定されています。

平均月収は5万円前後ですが、交通量調査の求人数次第ではもっと稼ぐこともできます。1日だけのアルバイトが多く、継続した収入が見込みにくいため平均月収はそれほど高くありません。

深夜の交通量調査を選べば時給アップも

時給を上げるには、深夜の交通量調査を引き受けると良いです。深夜から早朝にかけての交通量調査は、時給がアップする傾向があります。また、拘束時間が長くなるほどアルバイトを集めることが難しくなるため、時給が高くなることが多いです。

交通量調査のバイトの年齢層

交通量調査のアルバイトは20代から40代くらいの幅広い年齢層が働いています大学生やフリーター、主婦が多いですが、会社員もいます。年齢制限は特にありません。しかし、深夜は高校生が働けないため、その時間帯を含む交通量調査のアルバイトの募集には、高校生は応募することはできません。

交通量調査のバイトに採用されるコツ

集中力と根気が必要

交通量調査のアルバイトでは、集中力と根気がある人が求められています。仕事内容自体は単純ですが、長時間続けるとなると、それなりの集中力が必要です。もし集中が途中で途切れるような人を雇ってしまうと、正確な調査ができないため、採用する側もそこを重視しています。

採用されるコツは、責任感があるところをアピールすることです。何か根気のいるアルバイトを経験したエピソードなどがあれば話してみるのも良いです。最後まできちんとやり遂げたことを伝えられれば、採用される可能性が高まります。

責任感のない人には向いていない

交通量調査のアルバイトに向いている人は、忍耐強い人です。特に、夏場や冬場は肉体的にも辛くなることが多いので、ある程度体力に自信があって、辛抱強い人に向いていると言えます。

一方、交通量調査のアルバイトに向いていない人は、責任感のない人です。交通量調査は1人で行いますし、巡回監督員もそばにずっといるわけではありません。責任感のない人ではきちんとやり遂げることは難しいです。

アルバイト探しアプリ・サイトおすすめランキング

  1. 登録3分!面接なし・履歴書不要・1日単位のアルバイトアプリは、「シェアフル 」

    シェアフル

    dodaを運営するパーソルグループのNo1アルバイトアプリ、圧倒的な求人情報は大手企業からベンチャー、オフィスワーク・データ入力・完全リモート・軽作業・梱包・試験監督・ワクチン会場のお手伝いまで、平均時給1,200円の色々なギグワークを希望の条件で検索して、即応募できる。

    またカレンダーに2か月先まで希望日を登録して働く、週払いも可能。1日働いてみて続けるか判断できる「トライアル採用」もあります。さらに条件にあったオススメのバイト情報も届きます。お仕事の確認や評価まで、全てサポートされます。東京中心に全国拡大中、北海道・東北地区、関東地区、甲信地区、東海地区、関西地区、九州地区の求人情報があります。

    今すぐダウンロード! スマートデバイスのみ

  2. マッハバイト(ジョブセンス)

    東証一部上場企業の株式会社リブセンスが運営する、アルバイト情報サイト。求人情報は常時約20万件もあり日本全国の情報を網羅しています。地域、路線、職種、特徴などで絞り込み簡単に希望するバイトが探せ、最短で翌日から働けるまさにマッハバイト。さらに嬉しすぎる、アルバイトに採用されると最大1万円が全員もらえちゃえます!!

    マッハバイトへ無料登録

  3. シゴト.inバイト

    シゴト.inバイトは、an、マイナビ、フロム・エー、マッハバイトなど大手の求人情報を全て検索できます。
    日本全国の掲載バイト件数15万件以上、採用されるとお祝い金がもらえる求人が15000件以上あります。
    職種・給与・エリアに加え、時間帯や高校生歓迎・一日単位・短期・日払い・憧れの職種などさまざまな条件で、豊富なバイト情報を検索できます。
    履歴書・志望動機の書き方や面接時の心得などが分かる【アルバイト完全ガイド】も好評です。

    シゴト.inバイト へ無料登録

  4. リクルートがフリーターから正社員転職を支援する、20代なら迷わず就職Shop

    就職Shop

    最大手リクルートが運営する、既卒や第二新卒、フリーターやキャリアの浅い20代の人物重視の就職支援サービスです。既卒者の正社員採用に限定した求人のみを扱っており、1人1人に寄り添い、納得いくまであなたの正社員就職をサポートしています。

    就職Shopは、離職率が高い企業の応募は受け付けておらず、専任スタッフが現地に足を運んで取材した企業のみを紹介してくれるので、ブラック企業に捕まるリスクがありません、コロナ禍でも採用を継続している10000社以上の求人情報(8割は事務・技術・製造・接客販売・IT系と幅広く)豊富に保有していて、応募時に書類選考が無いので、”働いてみたい”企業の面接からスタートします。非常に効率的で、スピード就業が可能です。

    すでに登録者は17万人を突破していて、就職決定した方の7割が正社員経験1年未満の若者です。様々な業界・職種の中卒・高卒・未経験OKの正社員求人があり、専任のキャリアコーディネーターが個別面談ののち、求人紹介から書類・面接対策までサポートしてくれます。

    また就職ガイダンスやビジネスマナー講座、模擬面接会に職種・業界研究セミナーなど、利用者が就活や内定後の正社員として活躍できるためのサポートが充実しているのも特徴的です。面談拠点は、【東京、千葉、埼玉、神奈川】【大阪・兵庫・京都】になりますが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、全ての面談を電話・リモートで対応しています。

    就職Shopへ無料登録

まとめ

交通量調査のアルバイトは、座ったまま車や歩行者などをカウントする仕事です。作業の性質上、1人で黙々と行うことも可能なので、人付き合いが苦手だったり、接客業が不得手だったりする人に向いています。また、交通量調査は確実に人を確保するため、平均時給が高めになっています。屋外での作業ですので大変な点もありますが、メリットも大きいです。