転職を考えているITエンジニア、自分の年齢が気になって迷っていませんか?

IT転職は若さ重視と言われていて、年とともにハードルは高くなります。ハイスペックなスーパーエンジニアなら幾つになっても心配無用ですが、普通レベルのエンバニアなら年齢制限がネックです。

30~40代でキャリアやスキルに自信のないITエンジニアは、現実問題として転職できないのでしょうか?

ITエンジニアの転職で見えない年齢制限の壁について、現実と対策をお知らせします。

ITエンジニアの転職年齢の限界とは?

「35歳限界説」とは?

IT転職では、技術職・エンジニア職は20代重視で30歳前後までが限界と、よく言われています。実際のところ、ベンチャー系企業では若手社員が多いですし、高年齢の人をわざわざ採用する企業は滅多にありません。

一昔前は「プログラマー30歳定年説」と言われていましたし、新しい知識を吸収でき、体力的にも若くないと続かないという時代もありました、ただ近年では、ITエンジニアの転職は「35歳限界説」が主流ですが、個人差も大きくケースバイケースになりました。
キャリアやスキルのあるIT技術者なら、転職市場での評価も高く、条件のよい転職も十分に可能です。

未経験でのIT転職の年齢制限は?

20代など若年層ならプログラム技術などのスキルは無くても、IT業界や開発業務は未経験でも特に転職には問題ありません。ポテンシャル重視の『未経験者歓迎』の募集案件でも、一般的には30歳以下を指しているのが普通です。

ある程度の基礎レベル的な技術があれば、30代でも、IT業界未経験でも、異業種からのIT転職も不可能ではありません。ただし、さすがに30代後半で、一からIT技術を習得するのは容易ではありませんし、採用してくれる企業も少ないのが現実ですね。
中途採用をする会社は即戦力を求めていますので、ヤル気だけでは内定はとれません。
「35歳限界説」は、未経験からITエンジニアを目指すのは限界というラインと言えるのかもしれませんね。

35歳はひとつのライン

未経験や低スキル技術者の場合

IT業界は人手不足、技術者不足のハードな業界ですから、SEやネットワークエンジニアなど未経験や異業種からでも入り込む余地は多々あります。ただし、どうしても知識や技術取得のための柔軟性や吸収力という意味で、若手採用がメインです。

スキル不足のITエンジニアに関しても、未経験者よりはハードルは低いですが、35歳前後がラインとなることが多いです。同じ低スキルのIT人材が応募してきた場合、将来性や伸びしろ期待値から、30代後半よりは20代を採用する企業が多いのは当然ですよね。
年齢をひとつでも重ねる前に転職活動を始めること、自力で学んでスキルを習得し、1年以上の実務経験を積むことが必要です。

現状より上を目指すIT転職の場合

35歳以上のITエンジニア向けの求人案件は、それ以下の案件と比較すると圧倒的に数が少なくなっています。募集要項に年齢制限が明記されていなかったとしても、書類の段階で見えない壁として立ちはだかっています。
特に単なるパーツのように請負仕事だけをこなしてきた一般レベルのIT技術者の場合は、35歳以上になると選択肢はかなり減るのが現実です。
条件のよいステップアップ転職を目指す場合は、マネジメント経験や専門特化したスキルが必要になります。人によっては前職よりも条件が悪くなってしまうブラック企業もどきや、非正規案件のような場合も、正直少なくありません

キャリアや技術があればIT転職に年齢は関係無い?


キャリアやスキルがあるITエンジニアなら、年齢はまったく関係ないケースもあります。
流行りのスキルを保有する、ハイキャリアでハイスペックな人材なら、年齢問わず引っ張りだこかもしれません。

マネジメント経験のあるITエンジニア

実は、ITエンジニアは一人でコツコツ作業していればOKという職人のような職種ではありません。プロジェクト単位で開発を行いますし、現場ではチームで動きます。つまり、個々の技術者をまとめて動かすリーダーやマネージャーが重要な役割を持っています。

現場での開発業務経験だけでなく、開発マネジメント、リーダーや管理職経験がある人は重宝されます。キャリアを積み、派遣社員や社内外の若手ITエンジニアたちのハンドリングを経験しているIT人材は、転職市場でも価値が高いのです。年齢が少々高くなっていても、リーダーシップのとれるIT技術者なら、いい転職も可能です。

指導や教育のできるITエンジニア

中堅どころの技術者の場合、自分がスキルを持っているだけでなく、若手人材に対して指導的な立場のとれる人も人気があります。

新人や若手の教育ができ優秀な人を育てられる人は、人材育成の意味からも企業にとっては欲しい人材です。職人気質の「見て覚えろ」的な孤高の技術者ではなく、自分の持つスキルや経験を噛み砕いて分かりやすく下に教えることができる能力は、本当に貴重ですね。

マンツーマンな説明能力や指導だけでなく、講習会での講師スキルやインストラクター的な研修スキルも価値があります。特に新興のベンチャー企業などでは、特に人材育成スキルは期待値も高く評価されやすいでしょう。

営業系スキルもあるITエンジニア

大規模システム開発の上流工程に携わるポジションであれば、プロジェクト遂行のためにはコミュニケーション能力は必須です。
特に年齢が高めになってくると、自分の技術力だけでなく他人にもキッチリと説明できる能力が求められます。例えば、同じレベルの技術者同士だけでの会話ではなく、社内でなく外部の顧客へ営業と同行して説明できる人材は貴重です。
責任のある立場なら、社内の上層部への技術的なプレゼンテーションなどの機会も増えてきますね。営業的な素養やスキルのあるITエンジニアは、年齢を重ねても重要なポジションへの転職が可能です。

専門特化したレアなスキルを持つITエンジニア

とても狭い業界のニッチなスキルや、専門特化した強みのある技術を保有している技術者の場合は、年齢に関係なく必要とする企業は存在します。
医療系や製薬系、金融、証券、財務、貿易や保険など特別な知識が必要な分野や業界に特化したキャリアを持つIT職は、転職市場でも強いです。
深い知識を持つIT人材なら、エンジニアとしてだけでなく、ITコンサルタントとしてのキャリアアップ転職も可能でしょう。

40代以上のITエンジニアの転職は?

40代は積み重ねた実績がポイント

40代であっても、ハイキャリアでハイスペックなIT人材であれば転職先は多々あります。
もちろん転職の際には、求められるスキルやさまざまな能力が期待されますし、キャリアや年齢とともにハードルが高くなるのは事実です。
公になっている人材募集の求人案件数は少ないですが、個人では探せなくてもIT転職のプロに依頼すれば非公開の求人案件は存在します。

転職先企業の人員構成や社風にも要注意

求人企業の人員構成や平均的な年齢層

立ち上げたばかりの若い企業では、年配のエンジニアにはミスマッチになるケースもあります。まだまだ若い新興ベンチャー企業の場合などは、社内の平均年齢が若いことも多いため、書類の段階で年齢だけが理由で避けられることもあるでしょう。
入社した後で、かなり年若い先輩や上司から指示を受けることになり、自分自身が精神的に辛くなってしまうケースもあるかもしれませんね。

世代間のバランスや社風

若い会社や若い社長の場合は、社内の世代間の意識差やもともとの背景が異なりますので、社風との相性というのも気にする必要があるでしょう。
それこそ「バブル世代」と「ゆとり世代」では、根本的な価値観や優先順位が違います。
働き方についても大きく感覚が異なるので、無意識のうちに摩擦を生じさせるケースもあり、トラブルを誘発してしまいます。
まんべんなく各世代が階層化している大手企業は別ですが、若い世代だけに社員が偏っている企業は40代以上のIT技術者には要注意ですね。

IT転職で年齢制限に負けないためには?

年齢に左右されないスキルを持つ

専門や得意分野を持つ

ITエンジニアの転職市場での価値は、保有するスキルや積み重ねたキャリアです。
専門特化した技術力や知識、経験してきたプロジェクトによって、転職のハードルは違ってきます。機械系、工学系、電子・電気系など、各分野の専門エンジニアを求める企業は少なくありませんし、業界内での人材の流動も多々あります。

古い技術や言語スキルも貴重

今はやりの言語や、人気のWeb系、アプリ系などのスキルを保有していなくても、転職先を探すことは可能です。何十年前に使用されていた言語が操れる技術者には、数は多くなくても必要としている企業は存在します。
大手老舗企業の工場システムや社内システムには、30年や40前にプログラミングされたソフトウェアがいまだに稼働しているケースは多々あります。古いシステムの改修やメンテナンスなどに、今では珍しいニッチな懐かしいスキルが必要とされることも決して少なくありません。

自力で転職先を探すのは困難ですが、転職エージェントでキャリアカウンセリングを受けて求人案件を紹介してもらうことがおすすめです。

技術以外の売りになるスキルや経験

スキル以外の人間力ともいうべきスキル

高い技術スキルを持っているだけでなく、コミュニケーション能力やトーク力、リーダー経験、管理能力、マネジメントスキル、プレゼンテーション能力もポイントになります。
ITエンジニアは自分一人の世界に閉じこもり、コツコツ根気よく積み上げるだけの頑固な職人気質であってはダメです。高年齢なら特に、社会性や人間力も大切です。

年齢的にもチームをまとめて引っ張ることができる、特にプロジェクトの管理的な役割を任せられるIT人材が求められています。例えば炎上した案件の火消や収拾ができる、調整力の高い有能な人材は、かなり重宝されるでしょう。

言語スキルや営業的スキルも

海外の技術者と英語でコミュニケーションがとれる、英語の技術文書を原文で理解できる英語力というのも、グローバル企業では重視されます。
海外のクライアントとの折衝の場面で技術的な説明をする機会もあるかもしれませんし、ライセンスなどで提携した海外企業との技術交流などの場面も、多々あります。
数字で物事を語ること、データをまとめた説得力の高い資料を作成するスキルも、40代以上なら重要です。一対一での会話力だけでなく、大勢の人の前で話のできる能力、講演力なども練習次第で習得できるでしょう。
特別な資格は不要ですが、将来のために磨けるスキルは磨いておくというのも大切ですね。

転職エージェントに相談する

若手エンジニアなら公開されている求人でも選択の余地は多々ありますが、30代や40代になると非公開求人の中からマッチするクライアント企業を紹介してもらいましょう
専門特化した業界の求人案件や、新規プロジェクトなどの極秘求人は公開されていませんので、転職エージェントに相談することが一番です。

年齢が気になる場合は特に、保有スキルやキャリアを発掘して棚卸しすることが転職成功を左右するポイントになります。転職のプロのキャリアカウンセリングを有効活用するには、IT系に強い転職エージェントが特におすすめです。

まとめ

ITエンジニアの転職では、明記されていない年齢制限や年齢の限界があるのは事実です。
特にIT技術面で常に最新の情報を収集し、ミッションクリアするための柔軟性や知的好奇心などが強く求められます。
体力的に無理が効かなくなるだけでなく、一般的に頭が固くなってくるような年齢の人材にとっては、若い人材よりも転職の敷居が高くなってくるのは間違いありません。

常に受身の姿勢でしか業務に取り組まない人や、自ら学ぶ姿勢が無く誰かに教えて貰おうと思っている人は、企業にとっては単なる使い捨ての部品でしかありません。
若年層ならまだマシですが、30代になっても「学ばせて戴きたい」と受身姿勢が抜けないような人は、企業にとっては不要です。
35歳、40歳、50歳になってから慌てても遅いので、常にキャッチアップする姿勢、やわらか頭を保つ努力も大切です。

面接時の受け答えも、若年層とベテラン人材では期待される対応もまったく異なります。
マニュアル通りの謙虚な受け答えであったとしても、若手なら通用するかもしれませんが、30代以上なら「今まで何をやっていたのか」「自ら学ぶ姿勢に欠ける」と思われるだけです。
新卒時の就活や若いころの転職活動とは、まったく違う戦略や戦術が必要になります。

転職のプロであるキャリアコンサルタントを頼り、応募書類のブラッシュアップや模擬面接など、さまざまな転職活動のサポートを受けることがおすすめです。
30〜40代のIT転職なら、特にITに強い転職エージェントを有効に活用してください。