地方から上京して東京で就職したい人がブラック企業に捕まらないためには

地元には自分が働きたいと思うような求人がない。そもそも会社がない。物理的に地元にいたら就職活動ができないと、とりあえず上京してから就職しようとする人が、希望する仕事につけなかったりブラック企業のターゲットとなってしまったりするケースが増えています。

ここでは、上京してから就職活動すると失敗しがちな理由について紹介します。東京にブラック企業が多い理由や、上京して就職を目指す人がブラック企業を見分けるポイントもあわせて紹介します。

東京で就職を希望している人はぜひ参考にしてみてください。

上京してから就職しようとして失敗するワケとは?

生活費の工面で忙しく就職活動の時間が取れない

地方にいる間に就職を決めないで上京する場合、すぐにのしかかってくるのは金銭的問題です。地元よりもはるかに高い水準の家賃で貯金はどんどん減ってしまい、物価も地元よりも高くて、思ったよりも生活費がかかると感じている人は非常に多いものです。

生活費を工面するために、とりあえずはじめたアルバイトが忙しくなり、時間もなくなって思うように就職活動ができず、当初の目標が全然かなえられないと苦しむ人が多いのが現実です。できるだけ地元にいるうちに就職活動をし内定をもらってから上京することをおすすめします。

東京は就職しやすいは思い込み

東京での就職を希望して上京してきたのに上手くいかない人は、東京にいけばなんとかなると漠然とした思い込みをしていることが多いです。確かに東京は地方にくらべて求人数は多いのですが、資格もない・経験もない・でもやりたい仕事の条件が多い場合、選択肢が絞られてしまい、就職活動の成功率は高くありません

働いてもいいなと思える求人は、同じような考えを持って地方から集まってくる人にとっても魅力的で応募者も多く倍率がかなり高くなるので、上京すれば簡単に就職ができるわけではないからです。就職が決まらない求職者はつい焦ってしまい、ブラック企業に捕まってしまうこともあります。

先に住む場所を決めてしまうと通勤しやすい地域を限定しがち

就職先を決めずに上京した場合、先に住む場所を決めてしまったことで無意識のうちに勤務地を制限してしまう傾向があります。

一回家を借りて契約してしまうと、引っ越しするのにまた初期費費用がかかります。東京のすさまじいラッシュを経験してしまうと、誰でもできるだけ勤め先は家の近くがいいと思ってしまうもので、求人に応募するときに所在地でまず自分が応募を控えてしまうのはよくあることです。

またせっかく決まった就職先が乗り換えアクセスの悪い所で、通勤しにくく、就職の満足度がさがってしまうこともあります。土地勘のない場所に生活の基盤を移動するのですから、できるだけ入念な準備をしてから上京をきめたいものです。

なぜ東京はブラック企業だらけ?ブラック企業につかまらないコツは?

地方よりもブラック企業も必然的に増える理由

利益を出すのが大変

東京は会社の数が多い分、求職者がブラック企業に当たる確率が高くなっています。都心を拠点にしていることで、企業には当然家賃もかかりますし、その他の経費も地方にくらべると高くなっています。利益を出すために社員が過酷な労働を強いられることが多いのです。

悪い噂が広まりにくい

また東京という土地柄も地方に比べてブラックの温床になりやすい側面があります。ブラック体質であることは地方では人とのつながりが密接なため、「あそこで働くのはやめたほうがいい」と噂が広まるので未然に避けることができます。

しかし東京に住んでいると自分が応募する会社の雰囲気など事前に知るのは難しいものです。悪い噂が広まりにくいため東京の方がブラック企業が存続しやすいです。

地方よりもこなすべき業務量が多い

また東京は人口密度が高い街です。同じ形態のお店でも東京のお店と地方のお店では客数に大きな差があります。東京にあるということで、仕事量そのものが増え、労働者には厳しい環境といえます。

こんな会社は怪しい!ブラック企業に引っかからないために見るポイント

募集人数と社員数のバランス

地方から上京した人がブラック企業に間違って就職しないように、求人を選ぶポイントがあります。

まず新卒社員の3年以内の離職率が30%以上の人の出入りの多い会社は避けます。募集人数が多い、いつも求人を出しているのにかかわらず、社員数が少ない会社は避けましょう。

相場より高めの収入

ブラック企業は常に人材不足で、人を集めるために初任給を高めに設定しています。無資格・未経験募集なのに相場よりはるかに高い求人は、警戒して応募する前に会社の情報を良く集めましょう。

試用期間が異常に長い会社や、インターン制度を謳っている会社も少ない人件費で人を使いつぶす体質の企業が多いです。

求人広告に精神論が入る

また求人広告に具体的な仕事内容ではなく、「夢」や「感動」「成長」といった精神論が多い会社は待遇が悪く、ブラック企業にありがちな傾向です。経営者の個性が強く、ワンマンな社風の可能性が高めです。

また待遇や福利厚生で人を集めることができない場合、精神的な話が増える傾向があるからです。

人事からの連絡が早すぎる・日中に来ない

ブラック企業で働いている人事担当の人の動きにも要注意です。応募すると面接などの連絡が急にある連絡の電話が毎回夜遅くにある企業はおすすめできません。

人手不足で考える暇を与えずにとりあえず採用する姿勢や、人事の人も残業を強いられているので、日中に電話ができないことがあるからです。

ブラック企業以外への転職を効率よく行うために転職サポートを活用する

地方にいながら都心で就職活動をすすめる場合は、転職サービスの利用がおすすめです。地方就活生に希望の条件に当てはまる都心の求人を紹介してくれる転職エージェントを使うことで、複数企業の面接を1日にまとめるなど効率よく就職活動を進めることができます。

まとめ

地方から上京して就職を希望する場合は、地方にいる間に就職活動を行い、内定をとってから引越しの方がおすすめです。その理由は
就職までの生活費の負担が大きい
上京しても就職先が見つからないことがある
勤務先に近い場所に引っ越しできる
からです。

また上京して就職を探すときにブラック企業を避けるためには
募集人数と社員数のバランス
試用期間が長過ぎないか
収入が高すぎないか
採用担当者の連絡の時間帯が急すぎたり、遅すぎる時間帯に連絡がきたりしないか
をチェックしましょう。