お先真っ暗な30代が手に職つけられる仕事に転職する方法

30代の転職において、手に職をつけることができる職種を選ぶ方がいます。社会人となって数年経過してくると、結婚したり家族が増えたりと、ライフスタイルや自分の役割が変化してきます。

将来の経済的な不安や、仕事へのやりがいを考慮すると、年収を増やすことだけでなく、長い間安定して稼ぐことができる仕事への憧れを持つようになるからです。

本稿では一生稼ぐことができるスキルを身につけたり、関連資格を取得する際に参考となるような、転職活動の進め方を見ていきます。特に、女性が結婚・出産を視野に入れて転職活動を行う場合に、美容系や医療系などの有利な職種や資格への取り組み方にも言及します。

30代の転職先で手に職をつけられることを重視する理由

キャリアプランの不安や健康・子育てなど様々

30代になると現職で経験を積み、スキルも向上した中堅社員となり、自信を持てるようになってきます。正当な評価をして欲しいといった不満が出てくるだけでなく、将来的にどのようなキャリアプランとなるか不安になってくるのもこの年代が多いと言えます。

また、結婚、子育てなどプライベートな事情から、年収アップを望んだり、より働きやすい環境を指向して転職を決意するケースも少なくありません。

30代になると経済面や将来の自分の姿が不安になるから

20代後半から30代になると、社会人になって数年経過していますが、その間、現職に関連した知識やノウハウを身につけて、一通りの業務をこなせるようになります。そのレベルになると、多少の余裕を持って周囲の環境を観察できるようなってきます。

現在置かれている状況と将来の自分の姿を冷静に見つめ直すと、収入面やリストラなどに不安を感じる方も少なくありません。そこで将来に備えて、いつ退職しても他の会社や自営業でやっていけるだけの資格やスキルがあれば安心です。

ライフスタイルの変化がきっかけとなるから

また、30代は自分だけに時間やお金を使うのではなく、結婚や子育てなどのために働く意識が強くなってきます。ライフスタイルが変わることで、自分の役割も変わり家族を守るための責任や将来の不安に目がいくようになるのです。

そこで、転職先を選ぶ際に、専門的な資格やスキルを身につけることを重視し、リストラや経済不安に左右されることなく、長く安定して稼ぐことができるようになりたいと考えるようになります。周囲の環境の変化によって、スキルや資格を得たいと考えるようになっても不思議ではありません。

一生稼げる仕事に就きたいと考えるようになるから

転職を希望する方のなかには、手に職をつけることができる職種や業種を選択する人がいます。将来的に長く働き続けていけるだけの専門知識や実務能力を身につけていれば、その知識や能力が窮地を助けてくれると考えているからです。

不景気や待遇への不満やリストラの不安から、現職とは全く異なる業種や職種への転職を指向する方も少なくありません。たとえば、UターンやIターンなどで、農業、漁業など未経験の職種であっても、30代からチャレンジし一生稼いでいけるだけの知識やノウハウを身につけたいと考える方もいます。

女性にとって有利な職種とは

30代女性の収入が減り勤続年数が短くなる理由

30歳前後の女性は結婚、出産などのライフイベントによって、仕事に影響が出るのを避けることができなくなります。時間的な制約や復職のしにくさから退職となるケースも少なくありません。

結婚、子育てによって時間がとられる

30代女性の場合であると、出産や子育てによって休職や退職を余儀なくされます。同期入社の男性社員と比べて、勤続年数が少ない傾向があるのも事実です。

休職の場合であっても、現在のポジションに戻れるとは限りません。子育てが原因で、フルタイムで働くことや現職を継続することが難しくなり、退職したり転職してしまうからです。働く機会が失われるとともに、給与面でも不利となりがちで、不都合な状況が少なからずあるのが現状です。

支援制度も十分とは言えない

育児をする女性を支援するための制度が整備されつつありますが、全てのケースにおいて働きやすい環境となっているとは言いにくい状況です。同世代の男性社員に比べて勤続年数が短くなったり、パート勤務や短縮労働の影響で収入が減ってしまう結果となりがちです。

ブランクがあると復職が難しい状況

30代女性が結婚や子育てを機に転職するのは、従来通りの稼ぎを得ることができなくなったり、希望の職種に戻ることができないなどの不満が理由となる場合があります。ブランクがあると、事務職であればコンピュータのシステムが更新されて使い方をマスターするのに苦労するケースもあります。

また、求職前の部署が組織変更で変わってしまったりと復職のためのハードルが高くなることも多々あります。子育て中であれば、早めの時間で退社したいケースがあったり、不定期に休む必要が出てきたりと、フルタイムで働くには厳しい状況となります。

出産・育児に左右されない女性に人気の仕事の条件とは

女性にとって出産、育児は、男性に比べて大きなライフイベントとなりがちです。出産のために休職、退職するだけなく、子育てをしながらの復職のしやすさや、時間的な制約に柔軟に対応できる職種に人気が集まる理由がここにあります。

ブランクがあっても復職しやすかったり、勤務時間帯の短縮や変更などの融通が利くととても助かると感じる女性は少なくないでしょう。

ブランクがあっても復職しやすいこと

結婚、出産、子育てによって、休職もしくは退職となってしまいキャリアにブランクができてしまうのを避けるのは難しい面があります。ここでは、出産、育児に影響を受けることなく復職でき、再就職先を見つけやすい業種や職種を見ていきます。

専門的な資格や実務経験があると、採用されやすい傾向があります。たとえば、美容系であればエステ・アロマなどの専門資格や実務経験が豊富にある方は、たとえブランクがあっても復職や新規採用に前向きになってもらえるチャンスがあります。

勤務時間の融通が利くこと

子育て中の場合、フルタイムでの勤務が難しかったり、不定期に休む必要があったりと通常勤務と比べても勤務形態に制限が出てきます。子供が病気などで熱が出たりすると、保育園から呼び出されたり、病院にすぐにつれていく必要があるなどの事情があるからです。

専門職であれば、時間的制約が比較的緩く、勤務時間を柔軟に設定できたり、不定期の休みをとれたりと柔軟に対応できる場合があります。

30代の女性が手に職をつけるために有効な転職とは

30代女性にとっては結婚・育児が一大イベントであり、現在の仕事に少なからず影響を与えます。復職する機会が減ったり、就業形態が制限されるのが実情です。そんな方たちが注目するのは、仕事をしながら手に職をつけることができる転職先です。

手に職系の仕事を通じて資格取得を目指すのは、30代でも遅いことはありませんし、社会経験を積んだからこそ頑張れる年代なのかもしれません。

手に職をつけるため有効な転職先を見つけること

いったん退職してしまうと、再就職が難しくなったり、勤務条件や収入など待遇面で納得がいかないなど、復職に制限が出てきます。そこで、在職中に手に職をつけることができると安心です。

現職で難しい場合は、手に職系の資格やスキルを積み上げていくことができる会社への転職を検討すると良いでしょう。手に職をつけることができる業種であれば、仕事をしながら資格を取得することも可能となります。

たとえ現職とは異業種であったり、全くの初心者であったりしても、プロフェッショナルのレベルに到達すのも夢ではありません。現職で従事した社会経験があれば、困難も乗り越えていけることでしょう。

アロマ・美容系の専門職が人気の理由とは

休職しているうちに気に入っていた職種が、別の人が担当となってしまっていたり、パート勤務となってしまったりと、復職しても以前のようには勤務できない場合があります。転職を検討したとしても、専門的な強みがないと、同程度の待遇を得るのは難しい現状があります。

手に職をつけた資格を取得していて、実務経験があれば新しい職探しも有利ですし、ケースによっては自分で開業するなどの方法をとることも可能となります。アロマ系や美容エステなど、専門職ならではの知識や実務経験があれば、仕事の展開方法に柔軟性を持たせることができて有利です。

30代から挑戦・女性が手に職をつける資格とは

30代のビギナーか始められる手に職系の仕事とは

30代からチャレンジできる手に職系の仕事を見ていきましょう。アートの世界や、語学の知識を活かした職種など様々な選択肢があります。そのなかでも美容系、医療系が代表的な職種となりますので、それぞれ見ていくこととします。

美容関連資格なら興味を持ってチャレンジできます

美容関連の資格の例として、アロマやネイルなどがあります。美容に興味がある女性にとっては、自らがキレイになるための知識や実務経験を積んでいくことができますので、モチベーションを高く持ち続けることができるのが特徴の一つです。

サロンで働きながら、機材の使い方や各種サービスの具体的なやり方を学び実践力を身につけていくことができます。知識やスキルが一定水準に達したら、関連資格を取得していくと良いでしょう。実践力を身につけていくことができる環境であれば、手に職をつける最適な職場であると言えます。

医療分野は専門職として需要がある仕事です

医療系の分野は常に需要がありますので、条件の良い業種や職種に出会えるチャンスが多くなります。結婚や子育てのためブランクがあった女性であっても、資格を活かしやすいとともに、復職しやすい職種であると言えます。

看護師免許ならば30代から取得を目指しても遅くありません。子育てをしながらでも、看護師を目指すことで活躍できる世界が広がります。

まとめ

30代になるとライフスタイルの変化によって、年収や働きがいについて今一度考える時期が来ます。数年の社会経験をもとに、手に職をつける職種へ転身を図る方も少なくありません。

実務をこなしながら、一生稼いでいくことができる資格取得を目指してみるのも良いでしょう。特に30代女性は、結婚、出産、子育てにより、現職を辞めざるを得ないなど不利な労働条件となりがちであり、手に職をつけることが望ましいと考えられます。美容系や医療系の仕事は、子育てをしながらも資格取得ができる職種として推奨します。