転職活動を始めた人の中には、転職エージェントを複数登録している人も多いのでないでしょうか。
でも、エージェントに複数登録していることを伝えないといけないのでしょうか?
エージェントとの面談が始まってくると、気になりますよね。

ここでは、転職エージェントに複数利用を伝えると得する理由について解説します。
さらに、転職エージェントを複数登録して使い分けるコツや、複数利用の注意点についても紹介します。

転職エージェントに複数利用を伝えると得する理由

転職本気度を示すことで優先的に求人を紹介してもらえる

転職エージェントは、求職者を企業に転職させることで企業から報酬が入る仕組みになっています。そのため、転職エージェントは必然的にスペックが高くてすぐに転職ができそうな人や、転職本気度の高い人を優先的にサポートして案件を紹介していきます。

転職エージェントを複数利用しているということを知れば、転職本気度が高いと判断できますし、他の転職エージェントに手柄を持っていかれないようにするために、優先的に求人を紹介してもらえます

相性の良いキャリアコンサルタントを見つけられる

転職活動はコンサルタント次第

1つの転職エージェントのみで転職しようとすると、まず優秀なキャリアコンサルタントが担当してくれるかどうかが運任せになります。
そしてもう一つ、運悪くちょっと残念なキャリアコンサルタントが担当についてしまっても、キャリアコンサルタントの能力を比較することができないので、「こんなものか」と思ってしまいそもそも「優秀でない」ことに気づくことすら出来ません。
そのため、自分の希望に合う求人を紹介してもらえないなど、転職活動がスムーズに進まなくなってしまう可能性もあります。

キャリアコンサルタント選びが重要

キャリアコンサルタントの能力以外にも、自分とウマが合うか、相性がどうしても発生します。相性が悪いと感じる場合、大体は相手側もそう感じているものです。その状態でエージェントに案件の紹介依頼をしていても、エージェント会社の社内選考が低く設定されている可能性があり、期待した結果が得られないことも。そのようなエージェントとは、早々に縁を切り乗り換えたほうが、お互いの時間のロスも防げます。

以上から、最初の登録では最低でも3社以上に登録して面談を行い、その中で自分に合ったキャリアコンサルタントを見つけ出しておくことが重要です。

得意分野が異なる転職エージェントの良いとこ取りができる

実際に複数の転職エージェントに申し込んでみるとよくわかるのですが、同じようなサービスに見えて、それぞれのエージェントが得意とする分野は異なります

複数のエージェントに登録することで、求人量・業界知識・面接対策・職務経歴書添削など、それぞれのエージェントが得意とするサービスを同時に受けることができます。

1人からのアドバイスだと、そのアドバイスがある意味絶対的なものになってしまいますが、3人からアドバイスを受けることができれば、それぞれのアドバイスの視点からベストな対策を検討できるようになります。

なお、複数のエージェントに登録する際は、ただやみくもに登録するよりも総合型と特化型のエージェントを併用させることを意識しましょう

独占求人案件に応募できる

エージェントはそれぞれ、独占求人案件をもっています

非公開求人は、いいかえれば採用する企業側が人材発掘の一部をエージェント会社に委託しているようなものですから、あちらこちらのエージェントに手当たり次第に求人情報を出してしまうとオカネがかかってしかたありません。

それを避けるため、1社のエージェント会社と専属的に契約することも多く、これがエージェント会社にとっての独占求人情報となります。独占求人情報は、そのエージェント会社にアクセスしないと手に入らない情報です。ですから、複数のエージェント会社に登録するということは、それだけ多くの独占求人案件に応募が可能になることにつながるのです。

転職エージェントを複数登録し使い分けるコツ

転職エージェントは①求人数が豊富な大手の転職エージェント②サポートが手厚い中堅の転職エージェントの2種類は必ず利用することをおすすめします。

①求人数が豊富な大手の転職エージェント

大手の転職エージェントは、業界を問わず様々な職種の求人を豊富に保有しています。さらに、大手転職エージェントほど非公開求人や独占求人の比率が高く、優良求人が多いです。
また、今いる業界以外の可能性についても提案することが可能なので、自分の希望していた以上の求人に出会える確率も高いです。転職の幅が広がるので、まだ志望業界が特定できていない人には特におすすめです。

最も多くの求人を紹介してくれるリクルートエージェント

リクルートエージェント

なんといっても業界最大手で歴史も長く、多くの企業と信頼関係の構築に成功しています。このことから、求人数が圧倒的に多く、特に非公開求人数は約20万件。これを目当てに転職希望者も沢山集まるため、より一層、企業側としても魅力あるエージェントサービスに進化するという好循環を生み出しています。複数利用時はまず、必ず押さえたい転職エージェントといえるでしょう。

リクルートエージェント公式サイト

②サポートが手厚い中堅の転職エージェント

いくら条件の良い求人に応募しても、応募書類対策や面接対策がしっかりできていなければ当然のことながら採用には至りません。大手の転職エージェントでは、多数の求職者を抱えているがゆえに満足のいくようなサポートが受けられないといった事例もあります。
しかし、中堅の転職エージェントであれば求人数は大手転職エージェントに劣りますが、抱えている求職者が少ない分1人1人に対するサポートが丁寧で手厚いという特徴があります。
また、業界に精通したコンサルタントが多いので業界特有の面接対策や情報収集能力も高いです。

転職サポートが充実しているtype転職エージェント

type転職エージェント

業種・業態に精通したキャリアアドバイザーの存在が、エンジニアの転職には特に強い味方となっていると実感できるのがtype転職エージェント。転職大手のような規模感はありませんが、専任アドバイザーによるサポートが非常に充実しているのが大きな特徴。その結果は数字にも表れており、なんと全体の71%の転職者が、転職による年収UPに成功しているのです。

type転職エージェント公式サイト

【タブーあり!】転職エージェントを複数利用するときの注意点

複数の転職エージェントから同じ求人に応募してはいけない

複数の転職エージェントを利用していると、同じ企業の求人を紹介されることがあります。しかし、一つの企業に対して複数のエージェント経由で応募をすることはできません

エージェントは求職者を転職させることで報酬を得ているので、どのエージェントが内定を出すかでエージェント同士と企業とでもめてしまう可能性があります。エージェントにも企業にも印象が悪いことなので、同じ案件に応募することは避けましょう。
また、1つの案件に対してエージェント経由の応募と直接応募をすることもできません

相性のよいキャリアコンサルタントの転職エージェントに絞り込む

まず登録するエージェントは、多すぎない4~5社がおすすめです。それぞれの転職エージェントとの面談を行い、大手転職エージェントと中堅転職エージェントでそれぞれ自分と相性の良いエージェントに絞って利用するのがおすすめです。

コンサルタントの中にはどうしても相性が合わない人もいるので、相性の悪かったエージェントを切り捨てることで、後々コンサルタントとの相性の悪さに悩むようなこともありません
エージェントがどこかも大事ですが、それ以上に自分の担当となるコンサルタントとの相性が大事です。

まとめ

転職エージェントにエージェントの複数利用をしていることを伝えるのは、自分の転職本気度を見せることができ、優先的に求人を紹介してもらえるメリットがあります。

さらに、大手転職エージェントと中堅転職エージェントに登録することで、様々な業界の非公開求人や独占求人を見ることができて転職活動の幅が広がるだけでなく、転職活動に必要な手厚いサポートを受けることができます。

4~5社を登録して、その中から相性の良い2~3社に絞って利用するようにしましょう。