転職には不安がつきものですが、転職エージェントにもデメリットが存在しています。そのほぼすべては担当するキャリアコンサルタントとの相性であったりもします。そこで転職エージェントを活用する上で、デメリットとなる要素とメリットになる要素をここでご紹介していきます。

転職エージェントのデメリットを包み隠さず暴露

転職エージェントのデメリットは、担当するキャリアコンサルタントによって大きく左右されていきます。

担当キャリアコンサルタントに当たり外れがある

キャリアコンサルタントによっては経験に差がでるケースもあります。人が担当しているだけに、いつも優秀なキャリアコンサルタントに出会えるとは限りません。足手まといになるキャリアコンサルタントもおり、自分で転職活動を行っていたら採用されていたというケースも想定されます。

また、大手総合型エージェントにありがちな、専門分野に特化した知識を有していないキャリアコンサルタントに巡り合うことがあります。自分の希望する業種の経験が足りていないキャリアコンサルタントだと、登録と最初の連絡だけを済ませておき、後は放置プレーとなるようなキャリアコンサルタントも存在しています。

本気度が低いと優先度が激下がり

自身の転職時期が決まっていない場合、求人情報を後回しにされることがあります。これはあくまでも、内定してからの年収の割合で転職エージェントの報酬が決まることから、内定の可能性がある応募者のほうに優先度が傾くからです。そのため、本気で転職を考えていないと判断されると、後回しにされることが予想されます。

担当者との相性で運命が大きく左右される

人が行う以上、キャリアコンサルタントとの相性は大きな要素といえます。これには担当者を代えてもらったり、場合によっては転職サイトやエージェントを変えることも視野に入れておきましょう。

何もアクションを起こさないと、転職エージェント側の都合いいように利用されることが懸念されます。

内定が出るといきなり激減する求人紹介数

キャリアコンサルタントが異なっても、大手転職エージェントには同じ会社で「競争相手」が存在することになります。このような場合、たとえ求人先のスペックをクリアしていても、エージェント内で応募者の「スクリーニング」を実施した結果、求人先企業に書類が届けられないことも可能性としてあります。

大手だとそれだけ利用者も多くなり、人気のある求人先には複数の応募者が殺到することが原因といえます。また、応募者が内定を勝ち取った途端に「キャリアアドバイザーがクロージング」体制になるという傾向があり、複数企業の求人に対応してもらえないことがあります。

NOと言えない流されやすい人がデメリットを負いやすい

転職エージェントは必ず面談をしますが、自身の希望に対して納得がいかないことがあったら遠慮せずに「NO」と言えることが大切です。そのためにも、事前に職務歴やスキルを正確に入力して、キャリアコンサルタントに自身の今後についてしっかりと伝えておく必要があります。

転職エージェントは無料で行えるということから、少し負い目になりがちな応募者がいますが、人生を左右する転職活動において、遠慮をする必要はありません。むしろ、

転職エージェントを活用すると採用されにくいというのは誤解

企業側が転職エージェントを経由した応募者を内定すると、転職エージェントに応募者の年収額の20~30%を報酬として支払わなくてはいけないことから、企業側にデメリットが生じるという誤解が生まれています。

確かに企業は紹介料を払いますが、実際に求人を出すと不特定多数の応募者が殺到するケースがあります。その中で自社にそぐわない人も書類から選考し、場合によっては面接し、合否の連絡までする必要があります。この時間はかなりの労力といえ、むしろ自社の特性を理解した応募者を選考したほうがもっと時短になり、他の業務に集中できるというメリットが企業側に生じます。

また、転職エージェントも評判に関わることから、すぐに辞めてしまうような人材を紹介するわけにもいかず、求人先企業に貢献できる人材を斡旋することから、企業側も育成にかける時間や急に辞めてしまうデメリットを回避できることにつながります。

転職エージェントのデメリットを回避する方法

転職エージェントに対して流されるようではいけません。どれだけ上手な営業トークをしてきても、キャリアコンサルタントが自分に合っていないと感じたら逃げる勇気も持ち合わせておきましょう。電話の着信拒否をするなどしても、ローン会社の催促のように、何回もかかってくることはありません。その案件を他の応募者に回した方が利益となるからです。

転職エージェントはただの仲介者と認識する

転職エージェントにはっきりとNOが言えればいいですが、日本人の特徴として、どうしても無料ということから尻込みする傾向が強くなります。しかし、転職エージェントの報酬は企業に内定した応募者のおかげでもあることを忘れてはいけません。転職エージェントはただの仲介者であって、サービス業でいうところのお客様は応募者自身なのです。気に入らないのならばお店(エージェント)を変えればいいだけのことです。

しかし、双方が気に障ることを避けたいのならば、賢く利用するためには【NO!といえる】ようになりましょう。キャリアコンサルタントによっては、早めにNOをいってもらえることで、応募者の希望している条件を探してくれることがあります。

良い転職エージェントに出会うには


転職エージェントを初めて利用するなら大手2~3社に登録してみるといいでしょう。キャリアコンサルトと沢山出会うことで、自分に合ったエージェントを選択しやすくなります。

また、大手総合型エージェント2社と特化型エージェントの中小2社を併用して登録することで、それぞれのメリットとデメリットを補てんし合うことが可能といえます。

複数登録におすすめの転職エージェント

それでは複数登録におすすめな転職エージェントをご紹介していきます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

転職成功実績№1を挙げているのが業界大手のリクルートエージェントです。人材のスペシャリストたちが集い、転職情報に詳しいプロが担当してくれます。非公開求人数が20万件を超えており、大手最大の特徴といえる豊富な案件と抜群の知名度と人材を武器にしています。

何よりも転職というのは不安が付きまとうものです。業界最大手という安心感は転職活動を行う上で欠かせません。転職エージェントを検索すると、必ず上位にランクインしているのも特徴的です。

リクルートエージェントへ無料登録

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアはサポート力が高いと評判のエージェントです。IT分野ほか様々な分野に特化しながら、総合型転職エージェントとして長年活躍しているのが、パソナキャリアです。前職よりも年収をUPさせる実績をこれまで多数残しており、老舗の転職エージェントらしい凝縮されたノウハウを展開しています。

また、年収UPを図れるように企業側と交渉してくれ、前職の給与に不満があるのなら、ぜひとも登録をおすすめする転職エージェントです。20代〜40代の関東圏、関西圏、東海地方に転職希望の方が対象で、平日・土曜日は日中だけでなく夜間も面談しています。

パソナキャリアへ無料登録

ビズリーチ

ビズリーチ

管理職や専門職、次世代リーダー、グローバル人材などの即戦力・ハイクラス人材に特化した、国内最大級のエグゼクティブ専用、会員制の転職エージェントです。生保損保・外資系の非公開求人も揃っています。

最初から役職つきの求人や、管理職限定などのハイクラス求人を専門に扱っています。会員登録し職務経歴書を登録するとヘッドハンターや企業からスカウトを受けることができ、会員はヘッドハンターを自分で指名することもできます。会員の利用料が一部有料となっていますが、会員制だからこそ紹介できる非公開案件に(有料会員は自分から応募も可能)よって、年収・キャリアアップの両方を実現できます。

ビズリーチへ無料登録

type転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェントは求人誌でもともと転職情報を扱ってきたこともあり、長年のノウハウが凝縮された老舗のエージェントです。非公開案件を80%も持っており、親身になってキャリアコンサルタントが担当してくれるというメリットがあります。

また、随時転職相談会やセミナーを実施しており、20代の初めての転職や女性のための転職などが開催されています。さらに、IT・WEB業界やハイクラス層の転職など、専門性に特化した案件も扱っているのが特徴といえるでしょう。
※東京・神奈川・埼玉・千葉にお住まいの方限定です。

type転職エージェントへ無料登録

転職エージェントはデメリットだけでなくメリットも

転職エージェントのデメリットを見てきましたが、メリットも当然ながらあります。どのようなメリットがあるでしょうか。

無料で簡単に利用できる

転職エージェントは無料で登録できるというのが最大のメリットといえます。個人情報をWEB上で登録する必要はありますが、どれだけ多くても登録にかかる時間は最大で30分といえるでしょう。

希望条件にマッチする非公開求人を探してきてくれる

自身で転職サイトから応募すると、掲載されている求人情報しか閲覧することはできませんが、転職エージェントには非公開求人案件が多く存在しています。

また、転職エージェントが売り込みをかけてくれるため、他の求人サイトから応募した候補者よりもかなり有利になります。転職先の雰囲気や情報などを知っており、事前に教えてくれます。万が一、不採用になってもその理由が聞けるというメリットがあります。

転職活動の面倒な手続きを代行してくれる

転職活動を自身で最初から行うと、求人先を探すことから始まり、企業との面接スケジュール調整を自分で行う必要があります。これは現職に影響がでる場合があります。転職エージェントを活用すると、求人先の紹介や企業とのスケジュール調整、年収交渉、入社日の調整までも代行してもらえ、現職に支障をきたすことがありません。

初めての人でも安心!転職活動をサポートしてくれる

初めて転職を行うには多くの不安が付きまといます。書類作成(履歴書・職務経歴書)においては、自己評価しにくいことでも、転職エージェントは第三者の目線で添削してくれます。

また、模擬面接を行うことで面接対策を実施し、本番へ向けて自身の足りないところを指摘してくれます。さらに、対策を行うことで本番の緊張感を取り除いていくことにつながります。

現職の悩み・トラブルを相談できる

内定が出ても、現職を退職しなくてはなりません。退社時というのはトラブルになることも想定されます。転職エージェントは退職時の相談相手になり、アドバイスをもらえます

仮に転職しなくても、登録をしておけば現職の悩みなどを相談することもできます。人材紹介のプロとしてのアドバイスは参考になることは間違いないでしょう。

まとめ

転職エージェントはキャリアコンサルタントによってデメリットが生じてしまいます。1社にこだわらず、複数の転職エージェントに登録し、沢山のキャリアコンサルタントと面談を重ねておきましょう。自分に合ったキャリアコンサルタントを選択しておけば、その後の転職活動を有利にすることが可能です。

転職エージェントにはメリットもあり、さまざまなサポートを無料で行えます。デメリットよりもメリットのほうが多く、転職エージェントを活用して有意義な転職活動を実施していきましょう。