いまや転職活動には欠かせない存在となってきた転職エージェントですが、その数は多く見ているとそれぞれに特徴があり、どこを利用したらよいか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。
転職エージェントは無料のサービスなので、何社でも登録できますが、転職活動をスムーズに進めるには何社くらいの利用がおすすめなのでしょうか

今回は、転職エージェントのおすすめの登録数と利用数を、その理由とともに紹介していきます。

みんなは転職エージェントを何社登録して使ってるの?

エージェント利用者の6割が2社以上の登録をしている

転職エージェントには各社それぞれに強みと弱みがあり、取り扱っている求人案件も様々です。1社だけを利用していると求人案件などの情報に偏りがあることが多いのです。希望する条件にマッチした案件を逃さないためにも、複数のエージェントに登録するのがおすすめです。

大手の強みと中小の強み

一般的に大手のエージェントは求人数が多く中小のエージェントは登録が少ない分丁寧にサポートをしてくれるという傾向にあります。転職活動をするときは、この大手と中小のそれぞれの強みの良いとこ取りをしないのは、非常に勿体無いのです。

エージェント複数利用している人の内訳

1社利用全体の40%未満
2~3社利用全体の55%
4社利用全体の8%
それ以上全体の2~5%

出典:WORKPORT(https://www.workport.co.jp/applicant_data/detail26.html)

エージェントを利用しているひとの内訳を見てみると、2社以上の複数利用者が半数以上になっています。対して、1社のみを集中して利用する人は半数以下という結果です。1社利用の理由は、「やり取りの負担を軽減し密なやり取りの方が集中できる」との声がありました。

じゃあ2社登録すれば十分なの?

上の調査結果から、転職エージェントは2社登録すれば十分なの?と思われるかもしれません。しかし、答えはNOです。2社の転職エージェントに登録しても、そこが自分と相性の良いエージェントとは限りません

2社のみの登録では、仮にエージェントやキャリアコンサルタントとの相性が悪かった時に、転職活動が思うように進まなくなる可能性があります。

登録数は4社以上がおすすめ

最初は実際に利用するエージェントよりも少し多めの4~5社程度登録しましょう。それらを利用して行くうちに、自分との相性の良し悪しが見えてきます。そうして、自分が使いやすいエージェントや、意思の疎通がしやすいコンサルタントがいるなど、相性の良いエージェントに絞り込んでいくのが最も有効な使い方です

併用すべき転職エージェント2社を選ぶ方法

転職エージェントを2社に絞り込むならば、「大手」と「中堅」の転職エージェントの併用がおすすめです。

大手転職エージェントのメリット

大手転職エージェントの強みは、なんと言っても取扱求人数の多さと非公開求人の多さです。全国規模で展開しているため、多種多様な求人案件が揃っています

サポート体制も充実していて、システム化されていて使いやすいことが多いのが特徴です。また、日々たくさんの求職者の対応をしているため、経験を積みやすく、コンサルタントのスキルが高い傾向があります。

求人数が業界最多のリクルートエージェント

リクルートエージェント

取り扱っている案件の75%が非公開求人で、その数は20万件以上と業界最大級です。IT、MR・メディカル、Uターン・Iターン、第二新卒などの各専門サイトがあり、希望の求人案件にたどり着きやすくなっています。自分の強みやスキルを活かせるキャリアプランの相談から、非公開求人紹介、応募書類の添削やアドバイス、面接対策も徹底サポートしています。また内定後にも自分ではしにくい年収交渉や入社日の調整まで行う万全のサポート体制です。

リクルートエージェントへ無料登録

求人数が業界No.2のdoda

doda

年間18,000人以上の転職を成功させている転職エージェントです。取り扱う非公開求人の80~90%が非公開求人で、その多くは求人企業サイトでも公開されていないようなプレミアムなものです。エグゼクティブ層・ファッション業界・バイリンガルなど分野別に特化したコンサルタントが在籍し、求職者の希望にそった求人を紹介してもらえます。また、300社のエージェントと提携していて、それぞれの業界やエリアに特化したコンサルタントからメールが届きます。

dodaへ無料登録

中小規模の転職エージェントのメリット

中小規模の転職エージェントの強みは、大手エージェントに比べ、登録者が少ない分、ひとりひとりに丁寧にサポートしてくれるところが多いということです。気に入った求人があれば、同じ求人で、ほかの応募者とバッティングする可能性も低くなるので、選考が進みやすいという面も。

また、転職コンサルタントとして優秀であるが故に、独立し起業したというケースがあり大手には無い求人を紹介してくれたり、視点の違うサポートを受けたりする事もできます。

業界ごとに専任コンサルタントが対応するJACリクルートメント

JACリクルートメント

転職支援サービスのみに特化している転職エージェントで、30代から40代の上昇志向の高い層を対象としています。
そのため、外資系企業や日系企業のグローバルポジションに強みを持っています。
約500名のコンサルタントが在籍していますが、登録者と求人企業を1人のコンサルタントが両方担当しているので、双方の情報がスムーズに伝えられ、マッチングの精度が高いのが特徴です。さらに、面接対応なども行っていてサポートが丁寧です。
関東以外や海外にも拠点があるので、利用しやすいです。

JACリクルートメントへ無料登録

転職サポート力の高いtype転職エージェント

type転職エージェント

各業界や職種に精通した専任のアドバイザーがカウンセリングをとおして、求職者の強み・弱みを分析して、独自の非公開求人から最適な案件を紹介してくれます。履歴書の添削や面接対策といった転職サポートはもちろんのこと、内定・入社から3ヶ月後までは定期的にヒアリングを行うという徹底したサポート体制が高い評価を得ています。自分では切り出しにくい給与や待遇についても、アドバイザーが企業と交渉してくれます。実際に71%の人が年収アップに成功しています。

type転職エージェントへ無料登録

転職エージェントは何社も利用してよいのか?

利用してOK

転職エージェント職の良し悪しはコンサルタントとの相性に依存する面がとても大きくなります。転職活動の初めに出会う転職コンサルタントが、自分にとって十分な能力を持っているという可能性は必ずしも高くはないので、まずは複数のエージェントに登録することをおすすめします。いくつかのエージェントを利用して、比べた上で利用するエージェントを絞っていけば良いのです。

例えば、求人総数10万件の転職エージェントと求人総数8万件転職エージェントに登録しても、重複している案件もあるため、18万件の求人情報から探せるわけではありません。しかし、難しく考えなくても、転職エージェントには数多く登録しておけば、その分だけ数多く求人を紹介してもらえると理解しておけば十分です。

転職エージェントの掛け持ちは失礼にはあたらない

エージェント側も求職者を掛け持ちしていますので、転職エージェントを掛け持ちしていることは失礼にはあたりません。転職エージェントを複数利用することは、前述の割合の通り、当たり前なので、むしろスケジュールの管理の為にも複数利用していることを伝えるべきです。複数利用は失礼にあたりませんが、同じ求人案件に複数のエージェントから応募をすることは混乱を招きますのでやめましょう。

担当者によって仕事の質には歴然とした差があることは確か

一言で、コンサルタントと言っても、そのスキルや仕事の質は一人一人異なります。企業とのコネの強さや求職者に対するメール返信の早さに至るまで、本当に千差万別です。また、同じ案件を持っていても、それぞれの案件について得意不得意もあるのが現状です。

満足のいく転職をするためにも何人かのコンサルタントを比べてより相性が合う人と転職活動をしましょう

まとめ

転職活動にあたり、転職エージェントを何社くらい利用したらいいかは一つの悩むポイントです。1社に絞って活動している人も少なくはありませんが、必ずしも最初に出会うエージェントが自分に合うエージェントとは限りません

転職エージェントを上手く利用するためには、最初にいくつかの転職エージェントに登録してから、自分との相性を見極め、利用するエージェントを2つに絞り込んでいくことがおすすめです。