「土日に仕事が休めなくて、子どもとなかなか出かけられない」「友人や知人と休みが合わずに、予定が立てづらい」仕事を選ぶ上でとても大切な要素が「休日」です。平日休みの仕事から、土日にしっかり休める仕事への転職をされる方って多いと思います。お客様の都合に左右されることの多い営業職では、求人票には「土日休み」と書いてあっても休日出勤が多かったなんてこともありえるのです。

この記事では、転職後、仕事を始めてから「こんなはずじゃなかった!」ということがないように本当に土日休みの営業職に転職する方法をまとめました。転職で本当に土日休みの営業職に転職するために必要なことは「土日休みが取りやすい業種を知ること」「企業の内部情報を知ること」です。

この記事を読めば、土日に休みを取れる仕事を見つけられる大きなヒントになると思います。後悔しないためにも、転職活動を始める前に、ぜひ読んでみてください。

土日に休みを取りやすい業種をチェック

営業職がある業種は多種多様にある

一言で「営業職」と言っても、営業する内容は本当に幅広く、建設・土木、不動産、食品、アパレル、金融・証券など、その業界や、扱う商材は多岐にわたっています。あるアンケートで職種をたずねると、約20%が営業職であると答えたそうです。販売・事務・経理・製造などさまざまな職種があると考えると、営業職に就いている方ってとても多いのが分かります。がその分、営業職の求人案件も多く出ています。土日休みの営業職に転職したい時は、まず「業種の特徴」を考えましょう。

土日休みの業種をまとめてみました

土日休みが多い業種は、いわゆるBtoB(企業間取引)をしているところ。企業や法人が相手だと、営業先が土日休みであることが多いので、営業職も土日の休みが取りやすいというわけです。

土日休みが取りやすい業種

・自動車・輸送機器メーカー
・電子・電気部品・半導体メーカー
・建設・土木
・金融・証券
・出版
・IT
これらの業種は企業を相手に仕事をしていることが多いので、営業職でも土日の休みが取りやすいと言えるでしょう。法人営業かどうかということが1つのチェックポイントになります。

土日休みが取りにくい業種をまとめてみました

反対に土日休みが取りにくい業種にはどんなものがあるのでしょう?BtoC(企業対消費者間取引)といわれる、一般消費者(個人)を相手にしている業種は土日休みが取りにくいのです。個人に営業をする場合、相手が休みである土日に行うことが必然的に多くなるからです。

土日休みが取りにくい業種

・アパレル
・飲食
・ウエディング
・旅行
・小売
これらの個人の方をお客様としている業種は、土日の休みが取りにくいのです。

「営業職 土日休み」の求人を鵜呑みにしてはダメ

「土日休み」を鵜呑みにすると・・・

求人情報に「土日休み」と記載されていても、それを鵜呑みにして油断していると、こんなはずではなかったと後悔することもあります。それはなぜなのでしょうか。

クライアントの都合

営業はクライアントの都合に合わせることが多い職種です。法人営業を行っていても、相手が土日に出勤していれば、あわせて出社しなければならないことも。

外回りが多い

平日の外回りが多すぎると、事務作業がたまり、結果として土日に休日出勤をする余儀なくされる場合もあります。

求人内容に嘘があった

あまり考えたくはないですが、求人票に嘘の内容を書く会社もあります。また、嘘とまではいかなくても、「振替出勤」が当たり前になっていたり、「休日出勤」常態化してしまったりしている会社もあります。

意外とよくある求人票とのギャップに要注意!

求人票の内容通りの勤務実態かどうかを見極める

ハローワークの求人票や、転職サイトには「営業職 土日休み」に当てはまる求人は多くあります。しかし、この条件に当てはまる求人票、全てが確実に土日に休める仕事か?というと、そうではありません。

前述した通り、求人と勤務実態にギャップがある場合があります。多くの求人の中から、本当に土日休みが取れるかどうかを見極めるにはどうしたらよいのでしょうか。

一番確実な方法は、その会社で実際に働いている方の話を聞くことです。友人や家族などを通して、その会社の様子が聞けるのであれば、必ず確認しましょう。求人情報だけでは見えてこない、その会社の勤務実態が分かるはずです。

話が聞ける人がいないことがほとんど

実際、転職活動をしていて、就職したい会社に知り合いがいたり、コネがあったりすることなんてほとんどありません。やっぱり、会社に入るまでは本当のところは知る方法がないのでしょうか。

転職に失敗しないためにも、転職エージェントの利用がおすすめ

転職エージェントとは、登録をすると転職活動に必要なサポートを無料でしてくれるサービスです。転職先の企業の内部情報に詳しいキャリアコンサルタントがいるので、希望している企業の内部情報を聞くことができます。

非公開求人にも応募できる

求人サイトやハローワークに掲載されている公開求人だけでなく、一般には出回らない「非公開求人」の案件もエージェントは多く持っています。自力では見つけられない、自分の希望とぴったりな求人を紹介してくれることもあります。

おすすめの転職エージェント

数ある転職エージェントの中でも、本当に土日休みの営業職に転職したい方におすすめなのは、リクルートエージェントです。

転職エージェントの最王手といわれているリクルートエージェントは、公開・非公開あわせて求人数がとにかく多いのが特徴です。大手企業だけではなく、中小企業からもたくさんの求人が集まっています。転職の成功数も多く、希望通りの転職へつながるノウハウもしっかりあります。

リクルートエージェントにはこんなメリットも

リクルートエージェント

孤独になりがちな転職活動にエージェントがいてくれるというのは、とても心強いもの。リクルートエージェントのキャリアアドバイザーは業界トップクラスの在籍数。転職先の業界事情にも詳しく、中にはキャリア20年以上のベテランアドバイザーもいます。

転職活動がうまくいかない時でも、キャリアアドバイザーが応募書類の添削や面接対策などを通して客観的なアドバイスをしてくれます。

転職活動を第三者にサポートしてもらえると、自分の強みや弱みも冷静に分析でき、自分の希望にあった就職へ向けてモチベーションを保てます。

リクルートエージェント公式サイト

まとめ

「こんなはずではなかった!」と転職してから後悔しても、再度転職することは容易ではありません。本当に土日休みの営業職に転職したいかたは、転職先の企業の内情を良く知る転職エージェントにサポートしてもらうことをおすすめします。

求人情報だけでは知ることのできない、その企業の実態を知ってから転職すれば、後悔のない転職になるでしょう。

時間も労力もかかり、精神的にも負担の大きい転職活動で成功を収めるのは、本当に大変なことです。転職エージェントを利用して、自分の希望にぴったりとマッチする企業を見つけるサポートしてもらうことが得策です。