社会人になって数年働けば、今の仕事でどこまでキャリアアップできるか、年収アップできるかがだんだんと見えてきます。30代とはある種、転職するかどうか悩ましい年齢と言えるでしょう。なぜならこのまま年次が上がってしまえば転職しにくくなるからです。そんな中でもMR職は高待遇かつスキルも身に付くので、魅力的な職種と言われています。しかし、未経験でのMR転職で年収アップも実現させたいなんてことは可能なのでしょうか?
30代以降の未経験からのMR転職の実態をまとめました。

MRの仕事内容・種類とは?


まず、MRの仕事内容・種類について解説します。医療分野は専門職ではないのかというイメージが強いですが、未経験者でもキャッチアップ可能な職種となっているのが特徴です。医療知識を身につけながら営業を実施していくというスタイルを取ります。

MRは未経験者でも対応可能な仕事内容

MRの仕事は医療従事者向けに医療機器・医療用医薬品を販売していくことがミッションです。自社で開発した製品をどれだけ医療従事者に好いてもらえるかが勝負となります。

ドクターを始めとした医局と呼ばれる医療従事者のコミュニティの中で信頼関係を勝ち得て自社製品を採用してもらわなければならないので、専門的な医療知識と高いコミュニケーション能力が求められています。

なぜ未経験者でも対応可能かというと、教育システムが充実しており、短期間でのキャッチアップが可能である点と、高いコミュニケーション能力によって医療従事者と密な信頼関係ができれば未経験者でもビジネスを展開しやすいからです。

MRの種類は製薬系と医療機器系に分類可能

MRは2種類に分類可能です。まず、製薬系はアステラスや武田薬品といった医療用医薬品を製造販売している製薬メーカーのMRとなります。

自社で製造した医療用医薬品をどれだけ医療従事者に使ってもらえるかが営業成績の分かれ目となりますので、治験段階からドクターに張り付き、医療従事者達からの評価をヒアリングしつつ、適切な提案を行うことが求められます。

対して、医療機器系はオムロンなどの医療用機器を作るメーカーが主であり、ペースメーカーや医療施術用の機器を生産・販売しています。心臓専門というような部位専門のMRやチューブ専門のMRというように営業分野を特化させた営業スタイルが主となっています。

未経験MRは採用されるのか?企業からチェックされる選考ポイントとは?


MRは未経験でも転職がしやすい職業です。先述したような充実した教育体制とコミュニケーションスキル重視の環境であるので未経験者でもキャッチアップしやすいからです。そんな未経験者でもどんなスキルがあればMRで採用されるのか見てみましょう。

MR向けのスキル

MRの仕事は医療従事者が抱える課題を製薬・医療機器の観点から解決することです。そのためにはコミュニケーション能力はもちろんのこと、医療従事者周りのデータや置かれている環境を正確に把握する情報収集能力が求められます。

簡潔なコミュニケーションスキル

医療従事者は日々の受診や医療行為でほとんど時間がないです。営業可能な時間は5~10分と限られていることがほとんどです。そのためにも簡潔なコミュニケーションができるようになっていなければいけません。例えば、難しい薬の成分を羅列するのではなく、その薬を投下することによって何が可能なのか簡潔に説明できる必要があります。

情報の収集・活用スキル

簡潔に情報を伝えきるためには様々な情報をあらかじめ抑えておき、集約できるスキルが必須となってきます。

ニーズの把握と提案力

漫然と情報収集をしないためにも、短い時間の中でドクターや医療従事者の問題を正確に把握して解決策を提示することが重要です。

目標達成力

会社の顔として営業している以上は、目標数字を達成させなければ、MRとしてやっていけません。どんな状況でも、必ず目標を達成させる意欲と実力が求められます。

未経験者でもMRへの転職を有利にするための、志望動機の書き方とは?

MRで求められる能力はコミュニケーション能力と情報収集能力です。それゆえに、これら2つの能力があるということを今までのキャリア・積み上げたスキルで論証できればよいのです。例えば、営業経験者だった場合、今までの営業経験の中でお客様との折衝の中でどんな工夫を実施して課題を解決したか経験を示せば、MRの現場においてその経験が活かせるかどうか人事担当者に判断してもらえるでしょう。

未経験からMRに転職できる限界年齢は?30代40代でもいける?


未経験者でも門戸が開かれているMRでありますが、限界年齢は何歳までかというと高めに設定されていると言えます。他の職種が30歳までを限界としているのに対して、MRは他の業界で営業実績があれば、35歳までは採用されることも多いです。稀ではありますが、40歳でもMR転職に成功している人はいます。
背景としては、医療従事者の年齢が高めであることが多く、年次高めの人の方が信頼感や安定感を出しやすく営業面での効果を出しやすいと言われているからです。

未経験OKのMRの転職求人を選ぶ時の注意点とは?


MRを意識した転職活動では未経験でもOKだからといって、闇雲に求人へ応募してもミスマッチが生じやすくなります。求人選びが重要となってくるので、企業ごとの応募要件や情報を集めて精査することから始めましょう。

MR未経験者の場合、他の要件は何か確かめる

未経験OKという言葉だけで応募しても、実は営業経験がなければダメでしたというのではあまりにも時間がもったいないので、MR未経験であっても他の要件が何か確かめましょう。例えば、28歳以上の社会人経験であったり、3年以上の営業経験と様々です。重要なのはなぜその要件があるのか背景を考えることです。

MR未経験者向けの応募はどのチャネルからなのか確かめる

メーカーによって応募できる形が限られている場合があるので、企業の情報を集める必要があります。例えば、ジェネリックメーカーの場合は、未経験者の求人は直接応募のみで行うのが一般的です。このような未経験者向けの採用の場合、応募形態に制約ありのケースがありますので、エージェント経由でもOKなのか、直接応募限定なのか確かめましょう。

未経験からのMR転職に転職エージェントを利用した方がいい理由

未経験の場合、異業種のMRへの転職は何も知らない中で転職することになるので、未経験で業界のことを知らないがゆえのリスクが生じます。知識面や慣習面での知識がなく、かつ不適切なアピールをして落とされてしまっては元も子もないので、転職のプロであるエージェントを活用しましょう。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは圧倒的な求人数とインダストリー毎に分かれたエージェントが手厚い支援をしてくれる転職エージェントです。リクルートの場合、かなり細かく担当が分かれているため、医療機器でもそれぞれ細分化された担当からアドバイスや非公開求人をもらうことができるので、自分の選択肢を広げることができるでしょう。応募書類の添削から模擬面接や企業の募集背景の事細かな説明まで懇切丁寧に実施してくれるので、不安の多い転職活動のパートナーとして最適です。

リクルートエージェント公式サイト

女性が未経験からMRを目指す際に気をつけるべきポイントは?


女性MRも年々増えてきており、未経験であってもMRになることのできるケースも増えています。医療従事者のニーズも多岐に渡っており、商材を各分野に特化できるMRを採用したいというメーカー側の要望があるからです。

女性が未経験MRを志望する際の注意ポイント

MRは転勤が多く、勤務時間が長い

MRは転勤が多く、多い時は2年に1回とペースが早いです。かつ勤務時間も長いため、ワークライフバランスを両立させようとすると実務とかい離してしまうことが懸念されます。従って、勤務時間・残業時間・転勤の頻度は念頭に入れて転職活動時の条件交渉を行うべきです。

担当する医療従事者によっては勤務時間が不規則に

また、担当する医療従事者によっては勤務時間が不規則になるため、ワークライフバランスが崩れる可能性も否定できません。ドクターからの急な問い合わせにも対応しなければいけないので、落ち着かないこともあります。そのため、CSOとして勤務地固定で採用されるコントラクトMRなどの道があるので、職種別採用があるかどうかも確かめてみるとよいでしょう。

女性MRが働きやすい企業の見分け方

女性にとっては出産・育児というライフイベントと仕事を両立できるかどうかがポイントになってくるので、どこまで配慮があるかどうかヒアリングしてみましょう。ワークライフバランスが取れるような条件を持っている企業を選ぶのがよいでしょう。

ヒアリングすべき項目

・既婚女性に対する勤務地の配慮があるか
・出産後の職場復帰のサポートがあるか
・配置転換や育休は通りやすいか
・妊娠期における配慮はあるか

まとめ

30代以降のMRへの未経験転職は、男性でも女性でも門戸は開かれています。ただし、必要スキルや志望動機など、MR職ならではの知識が必要となってきますし、求人の見極めがとても大切です。自分一人ではなかなか難しいですが、転職エージェントに相談することで、自分に合った希望年収を叶えられる優良求人やワークライフバランスを取りやすいMRの働き方が出来る求人を知ることができるので、未経験でのMR転職への道が開かれます。
30代以降の転職での失敗を避けたいのであれば、ぜひ転職エージェントを利用してみてください。