自分に合う仕事ってどうやって探せばいいの?

転職活動がうまくいっていない人にとって、「自分に合う仕事」を見つけるのは簡単なことではありません。特に新卒で就職するときはまだ社会のことも良く分かっていなくて、実際に働き始めてから理想と現実とのギャップに悩む人もたくさんいます。そして、早い時期に退職をしてしまう、という人も少なくありません。

しかし、最初は「自分には合っていない」と感じている仕事でも、だんだんやりがいを感じてくる場合もありますし、その逆もあります。最初から「これぞ天職!」といったような職業に巡り合えることは稀なことなのです。

「やりたい仕事」と天職は別物の可能性が高いので、「やりたい仕事」にそれほど拘らなくてもいいと思います。今現在考えている「やりたい仕事」が「自分に合う仕事」と勝手な思い込みだったり、そもそも表面的にしか理解していない「やりたい仕事」を続けられる保証もないです。

外から見ていて感じる仕事と、実際に体験してみて感じることは全く違うことがあります。まずは、いろいろなことにチャレンジしてみてから自分の適性を判断しても遅くはありません。そのときは、契約社員といった雇用形態や試用期間のある仕事を選ぶのも一つの方法です。万一、自分に合わないと思って辞めることになってもダメージが少なくて済みます。

このような視点から言うと、現在「自分には合っていない」「やりたくない」仕事だとしても、その経験が全く無駄になることも無く、必ず将来役立ちます。自分自身の考え方や価値観が変化することはありますが、中に入ってみないと知ることができない現実の世界を経験できたことは、きっとプラスになります。

大事なのは、転職した未来の自分がハッピーな人生を歩んでいる姿を想像するとしても、現在の仕事を疎かにしない事です。あの会社に入社すれば、希望の仕事にさえ就ければ、きっとうまくいくと思い、現在の仕事を疎かにしてしまうと、転職しても今と同じモチベーションで状況もほとんど変わらない「現在」が再びやってきます。

どうしても未来に期待してしまいがちですが、人生どこでどう転ぶか分かりませんので、今やっている仕事が”これが私の仕事なんだ”と全力で取り組む姿勢が、良い未来を切り開いていけます。

とは言え、良い未来を切り開くためにも、一歩踏み出さないことには、何も始まりませんので自分に合った仕事を探す方法を考えてみました。また客観的な視点で適職を知るためにも、自己分析・診断テストやプロのエージェントに相談してみることもおすすめします。

自分の性格にマッチした職種を探すには?

終身雇用制度が崩壊した今の日本では、転職をする人が珍しくなくなりました。そして、転職をする理由には「キャリアアップのため」や「給料を上げたい」などたくさんありますが、意外にも多いのが「自分に合う仕事を見つけるため」という転職理由です。

好きこそものの上手なれ、という言葉がありますが、好きなことを仕事にするのは必ずしも良いこととは言えません。あくまでも、「好きなこと」よりも「得意なこと」で稼ぐことがポイントです。好きなことは、お金を払ってでもやりたいと思うので、趣味として抑えておくくらいがちょうどよいでしょう。好き嫌いは別として、得意なこと、それを仕事としてとらえると、「この仕事は自分に合わない」ということは少なくなります。

また、天職と言われる仕事を見つけられることはとても幸せなことですが、天職は決して一つとは限りません。その仕事をしていて胸が高鳴るようなワクワク感、達成感や充実感を得られるような仕事に出会えれば、それはその人にとって天職といっても過言ではありません。

冷静に自己分析をしてみよう

自分に合う仕事かどうか、やりたい仕事か?を考えるよりも、まず、自分の力を思いっきり発揮できる仕事は何か、という視点から仕事探しをすることがおすすめです。その仕事が自分に向いているかどうかは感情的なものなので、最初から判断できるものではありません。まずは、自分自身を客観的に見ることができる目を養うことが大切です。自己分析をして、客観的に適性を把握するよう努めます。

まず、転職をしたいと思った理由は何か、ということからスタートして、自分自身の経験や実績、性格などを分析します。自分自身について整理することができれば、それがそのまま転職活動の際の面接対策にもなります。資格や免許をたくさん持っているなら、その種類はもちろん、取得年月日やそれによってできる仕事などもまとめてみるとよいです。

経験や実績、資格など具体的で現実的な要素をもとに自己分析を進めれば、企業の採用担当者に向けても説得力のある自己PRができるはずです。

転職サイトの適職診断を試してみる

無料のWEB適職診断サービスを行っている転職サイトが多数あります。インターネットの他にも、ハローワークなどで受けることができるケースもあります。簡単なものでは、ウェブ上で選択式の質問(30問〜120問)に答えるだけで、フローチャート式に適職を見つけてくれ、すぐに診断結果を知ることができます。あなたの性格(エニアグラムの性格論)、キャリア志向性(向いている仕事と不向きな仕事を診断)、行動特性から適職(仕事のスタイル)などなど主に幾つかのタイプに分けて、タイプ別に最適な仕事を紹介しています。

各社それぞれオリジナルのコンテンツがあります、さらに年収査定や適職診断をもとに求人案件を表示・検索できるサービスがあったりします。はじめての転職で自分の適性について知りたい、と言う人は適職診断を受けてみるのもおすすめです。適職診断の結果は、選考に関して企業に知られたりすることはないので安心して利用できます。

リクナビNEXTのグッドポイント診断

リクナビNEXT

「親密性」、「冷静沈着」、「受容力」など、18種類の中から自分の強みを5つ診断してくれます。客観的に判断した結果ですので、自分では何とも思っていなかった部分が実は長所だったりと、新しい発見もあります。適職を探すためだけでなく、自己PRなどにも役に立ち、リクナビNEXTでは応募時に診断結果を添付することで自分の強みをアピールできます。

リクナビNEXTグッドポイント診断

doda適職タイプ診断

doda

あなたはどんなことを大切にするタイプか?、最近の仕事への満足度など 3ステップであなたの”仕事探しの軸”と”いまの満足度”が診断されます。現在の会社の満足度、不満度などから、転職おすすめ度が提示されます。
自己分析にも活用でき、仕事選び・適職探しのヒントにはなります。

doda 現在中止中

@type・転職力・適職タイプ診断

type転職エージェント

@typeの適職タイプ診断は、4つのタイプを軸に最適な仕事を診断してくれます。2択で数問だけでざっくりした診断になります。
転職力診断テストは、@type会員13万人分の職種年齢別経歴データに基づいた、@typeのキャリア・アドバイザーが監修したテストで4択問題で10分ぐらいかかります。自分のキャリアレベルとレベルに年収は合っているか?足りないスキルは何か?今転職した場合の予想内定数などが分かります。
※東京・神奈川・埼玉・千葉にお住まいの方限定です。

type転職エージェントへ無料登録

Re就活 適職診断テスト

Re就活

日本エニアグラム学会 前理事長が開発した診断テストです。仕事の強み・適職を9つのタイプに分類して向いている仕事&不向きな仕事や自分の強み等が分かる。行動特性診断では自分の価値観、仕事・生活のスタイルが分かります、マッチした企業を探すヒントになりますし、現在の生活に役立つ診断結果は5000文字分あり、自己PRのネタにもなります。

Re就活へ無料登録

女の転職@typeミイつけよう診断と年収&お仕事相性診断

女の転職@type

簡単な質問に10問ぐらい答えるだけで、適職がわかるミニ診断です。過去の経歴から活かせるスキルが分かります。診断結果と一緒に自分におすすめの求人情報も表示されます。
年収&お仕事相性診断では、市場価値測定研究所のデータに基づいた年収評価に@TYPEの職種・年齢別平均給与データを加味して推定年収を割り出します。ビジネス基礎能力偏差値やコアスキルレベルも分かります。5択問題で10分ぐらいかかります。
こちらも診断結果と一緒に自分と相性の良い求人情報TOP10が表示されます。

※現在25〜35歳の女性のみ受付中です。

女の転職@typeへ無料登録

仕事探しのヒントに、気軽に試してみてください。

診断で面接確約オファーが届く転職アプリ

ミイダスは、スマートフォン用適職診断アプリです。プロフィール、経歴や経験・スキルを入力すると自分の市場価値が診断・分析でき、約65,000社もの企業の中から自分を求める直接オファーが届く転職アプリです。しかも企業からのオファーは「面接確約」&「年収提示」です。もちろん無料です。診断するだけでも今後の転職のヒントになると思います。

ミイダスアプリ無料登録 ダウンロード

転職エージェントに相談してみよう

転職については、家族や友人、実際に転職をしたことがある人など、周囲の人の意見を聞くことがとても役立ちます。実際に転職を経験している人の話はもちろん、その業界で働いている人など、経験プラス客観的な視点を持つ人はとても貴重なアドバイスをもらえます。

自分を客観的に見てもらえる、という点では、転職エージェントのサービスに登録することをお勧めします。転職エージェントは、担当制を取っているので、客観的な意見を求めることもできます。転職を希望している人の独りよがりになりにくく、自分では気づくことができない可能性に気づくこともできます。ハローワークなどで適職診断テストを受けた結果についても、転職エージェントの担当者に伝えてみてください。プロならではの視点でアドバイスがもらえるので、適職診断テストの結果を効果的に生かすことができます。