40代が転職を検討する理由とは?

40代が転職を検討する理由はなんでしょうか?この年齢になると転職のチャンスが限られてしまう面がありますし、本人にとっては家族のことや将来のことがいろいろと気になってくる時期でもあります。そのため、20代、30代の転職に比べて、より切実・深刻な事情が絡んだ転職になるケースが多くなる傾向が見られます。

そんな40代が転職を検討する理由の筆頭は、やはり収入でしょう。40代前半における男性の平均年収は約560万円程度と言われています。これを手取り収入にすると、だいたい30万〜32万円程度です。手取り30万円、手取り25万円の方は「ちょっと少ないんじゃないか」と感じることも多くなりますし、将来も心配になるものです。

40代の手取り収入は、それまでどれぐらい昇給の機会があったのかを意味します。手取り30万、手取り25万円の方は、手取り40万円の方よりも昇給の機会・幅が少なかったとみなすことができるでしょう。そうなると、50代になった時、定年退職を迎える時にはさらに差が広がっている可能性が高くなるわけです。

そのことを考えれば、「このままの収入レベルで大丈夫なのかな?」と心配になるのもごく自然なことではないでしょうか?もちろん、収入だけが転職の理由ではないでしょう。今の仕事にやりがいを感じられない、職場の環境に嫌気が差した、心機一転、新しい仕事でやり直したい…こうした思いから転職に踏み切るケースも少なくありません。

年齢的にも「これまで我慢して働き続けてきたけど、このままそれを続けていいのか?こんな人生では後になって悔いを残すんじゃないか?」といった疑問を感じ始める時期でもあります。ただ、こうした個人的な事情から転職を検討する場合でも、収入は大事です。

いくら魅力的に感じる仕事であっても、手取り収入が大幅にダウンしてしまうのでは転職に成功したとは言えないでしょう。少なくとも、これから先ちゃんと生活していけるのか、将来の備えができるのかを踏まえた上で、十分な収入を得られる転職先を探していかなければなりません。

40代の転職における会社選びのポイントは?

このように、40代の転職ではいかにして理想と現実の間で折り合いをつけて次の仕事先を探していくことができるかが最大のポイントです。もはや夢や希望だけを追いかけて生きていくのが許される年齢ではなく、かといって現実と妥協して行きていくだけでは人生に行き詰まりを感じてしまう、現実的な範囲内で夢や希望にどれだけ近づけることができるか、と言い換えることができるでしょう。

この点を踏まえた上で会社選びをしていくことになります。ポイントとしてまず覚えておきたいのは「どうして転職するのか」を自分の中で明確にしておくことです。今の職場が嫌になったので退職して転職したい場合には、転職先ではどんな仕事をしたいのかをはっかりさせておくことが大事です。

自分がこれまでやってきた仕事や携わってきた業界そのものに嫌気がさした場合にはまったく異なる分野に飛び込む決意が必要になるでしょうし、単に会社の環境や人間関係が嫌になった場合にはこれまで培ってきたキャリア・知識を活かせる同業種・職種の転職先を目指すのが常套手段となります。自分はどう思っているのか、自分の心境をはっきりとさせておきましょう。

それから、自分の将来のことだけでなく、会社の将来についてもよくチェックした上で求人情報を見ていくことを忘れないようにしましょう。40代の転職となるとどうしても自分の将来のことばかりに目が向いてしまいがちですが、現在のビジネスシーンでは企業の将来性を把握しておくことも絶対に必要です。

自分の将来については、まず収入面について、50代さらに退職する時にどの程度の収入に達しているかをできるだけ把握しておくことはもちろん、5年後、10年後に自分がどんな環境で働いているのかのビジョンを描いておくことも大事です。そのビジョンに近づくことができる職場でしょうか。

40代ともなると5年、10年はあっという間、遠い先のビジョンではなく、近い先のビジョンを見据えた転職先探しが求められるのです。この点については、5年後、10年後にやりたいことを現在働いている職場では本当に実現できないのか、妥協できる範囲内でも実現できないのか?も確認しておきましょう。

現在働いている職場ではこれまで培ってきたキャリアという大きなアドバンテージがあるわけですから、本人が思っているよりも実現の可能性が高いかもれません。言い方を変えれば、転職して新天地で理想を実現するよりも、会社に残ってしばらく我慢を続けたほうが理想が実現する可能性が高くなるかもしれません。

一方、会社の将来については、当然のことながら、経営状態が問われます。せっかく採用されたのに定年退職の前に破綻してしまったのでは、将来設計も何もなくなってしまいます。昇給・昇進のチャンスがどれだけあるのかもできればチェックしておきたい部分です。

これまで勤務していた会社ならこれまでの昇給の状況から5年後、10年後にどの程度収入が増えているかを推測することができますが、転職先だと未知数な面も出てきます。採用された時の手取りが前の職場よりも多かった場合でも、その後なかなか昇給が進まずに、将来的には逆転してしまう可能性だってあるわけです。

昇進に関しては、その会社の人の状況も見ておきましょう。40代を中途採用する会社は人手が不足気味か、ミドル世代の即戦力が不足している傾向が見られます。40代の即戦力は不足しているけれども50代の管理職は埋まっている職場の場合、昇進の機会が訪れないケースも考えられます。

また、人手不足が深刻な企業の場合、収入はよいけれども激務で厳しい就業環境に置かれる可能性もあります。40代はいろいろな面で無理が利かなくなる年齢ですから、心身の健康を維持できる職場かどうか、5年後も健康に働き続けられるかどうかなども見ておく必要があるのです。

こうした情報を入手するのはなかなか難しい面もあるでしょう。会社選びではいくつかのチェックポイントを踏まえて有益な情報を自分でうまく拾い上げていく工夫も必要です。例えば、会社の規模や歴史は経営状態を把握するのに役立ちますし、平均年齢や平均勤続年数は就業環境をチェックするよい材料となります。平均勤続年数が極端に短いところは注意したほうがよいでしょう。

それから、キャリアアップを支援する研修制度などが充実しているかも関係します。充実しているところはスキル・知識を身につけやすい環境だけでなく、身につけたスキルを活かせる、またはそれが評価されて昇給・昇進の機会が多い職場だとみなすことができるでしょう。

こうした自分でチェックできる情報に加えて、転職エージェントの利用もおすすめです。こうしたサービスでは独自のルートで情報を収集し、利用者にアドバイスをしてくれるキャリアコンサルタントが在籍しています。求人情報や企業の公式サイトなど個人レベルで入手できる情報ではわからない裏情報や会社の実情、職場の人間関係といったより細かな情報を教えてもらえる機会も得られるでしょう。

キャリアプランなどの相談にも乗ってもらえますから、退職する前に相談して、本当に転職が最適な選択肢なのか、働きながら転職活動を続けるにはどうすればいいか、どのタイミングで退職をすればいいのかといった点もアドバイスを受けながら転職活動を行っていくことができます。

40代の転職失敗後に前職に出戻りする方法

転職したけれど失敗だった、前職の方が良かった、戻りたい! と思うケースもあるでしょう。
元の会社への出戻りって、なんとなく難しそうですし、気がとがめるというか、恥ずかしいというか、少々敷居が高い気がします。一度は理由があって離れた会社ですが、離れてみて分かる価値というのもあります。現実問題として戻ることは可能なのでしょうか?

転職に失敗した後に前職へ出戻りする方法や、成功例や失敗について考えてみましょう。

転職失敗、前の会社に出戻りできるか?

退職した会社への出戻りは、一般的には難しいとされています。ただし、まったく不可能というわけではありません。戻ってきても構わないというような、出戻り社員の受け入れOKとしている会社も、少なからずあります。ただし当然ではありますが、以前と同じ待遇や給料などで働けるとは限りませんし、職場の雰囲気も同じとは限りません。

特に転職目的で退職した会社に、転職失敗したとして出戻るような場合には、会社が認めても同僚たちとの関係性が変わっていて辛い思いをすることも多々ありますので、覚悟も必要になります。

会社側の制度次第

一度は退職した人を再雇用した事例があるという出戻り容認企業は、データによれば7割程度となっていますが、ほとんどの企業では制度として再雇用を認めているわけでは無く、主に個別のケースとして特例的に出戻り対応をしています。

つまり、どんな人でも出戻りOKとしているのではなく、あくまで個別ケースとして、能力のある人材や在職時の評判、退職時の理由など、個人と企業との関係性にもよります。

円満退職であることは必須要件ですし、そもそも会社に出戻り不可というルールが無いことも必要です。

関係者とのつながり次第

前の会社に出戻り転職するケースの多くは、前職の同僚や上司などから「戻ってこないか?」という打診があり出戻りしています。自ら転職失敗したから戻りたいと希望する場合より、転職先で不遇な状態にあるのを見かね、前職での働きぶりを評価して声がかかるケースの方が、出戻りも成功しやすいのは当然です。現場での受け入れや以前の評価があればこそ、企業としても出戻りを容認する可能性があります。

最近はSNSなどで前職の関係者とも連絡をとる場合も多いでしょうから、以前よりも出戻りしやすい風土があると言えますが、転職先の自慢をしたり、退職した会社を悪く言ったりしていると関係性も悪化していますので、出戻りは困難となります。

出戻り可能なケースとは?

出戻り可能なケースの共通点としては、

  • 常に人手不足で、新規採用が困難な業種や業界や、退職者も定期的にある職場
  • 出戻り不可といった規定が無く、上司などの評価が高く、気に入られていたこと
  • 円満退社であり、退職時にトラブルになったり、愚痴や悪口を言ったりしていない

それでも同僚からは白い目で見られる可能性は否めませんし、強い覚悟が必要です。
さらに、そもそもの前職を退職した原因が解決していないため、また同じ原因と向き合わなければならないという辛さもあります。

出戻り転職の成功例や失敗例

出戻り転職の成功例

出戻りが多々あり再度退職した人も居れば、数年後に役職についた人も存在している会社もあります。製造部門より数字が明確な営業部門では出戻りも多く、必死で成績を上げてマイナスからの出戻り評価を埋め出世した事例です。
ただ他の社員の倍は働いていたり、上司へのゴマすりの巧みな人など、滅私奉公して頑張った事例もあるようです。

退職時には何度も引き止められ、きちんと対処して皆に惜しまれつつ退職し、転職先でも活躍してスキルを上げつつ、その間も前職でのつながりを有効に維持しているようなケースでは、強く望まれて更に高いポジションで戻ってくる成功例もあります。
出戻りというよりも、中途採用や引き抜きに近いような形で迎えられるケースです。

出戻り転職の失敗例

出戻り直後は上手くやっていけていると思っていたが、精神的に辛くなってしまったり、歯車が噛みあわなくなってしまうケースもあります。一度は外の世界を経験してきた人と、まったく知らない人では、同じモノでも見え方が異なりますので、結果的にはギクシャクしてしまうことも少なくありません。

会社側から「頼むから戻ってきてくれ!」と懇願されたケースで無く、自ら戻りたいと希望したようなケースでは、待遇が格段に下がることも多々あり、経済的にも続けられなくなることもあります。

また、同じ部署には戻れず、まったく労働環境が変わってしまう場合もあります。

まとめ

40代の転職は「失敗が許されない」難しい面もあります。「こんなことなら転職しないで前の職場に残っておけばよかった」などと後悔することがないよう、転職活動・会社選びは万全の備えで慎重に行っていきたいものです。

会社にとって有益な使える人間であれば、出戻り転職も可能ですし、転職先でスキルアッブしていれば出戻りであっても活躍可能です。とはいえ、一度退職したという事実は消えませんし、転職リスクは高いので、安易に退職してから転職活動するよりも、在職中から転職活動を開始しておくことが大切です。

失敗してからでは遅いので、在職のままで転職市場の現実を知るべきですし、自分の人材としての市場価値を知るために、転職エージェントに登録して、まずはカウンセリングを受けることをおすすめします。

40代の転職におすすめのエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートグループだからこその業界トップの求人案件数で全国対応しており、まずは登録すべき転職エージェントです。40代の転職成功事例も多く、近年は40代・50代の求人も増えています。

とにかく求人案件数も多く裾野も広いので、40代人材の多様なキャリアにも柔軟に対応することができます。非公開求人だけでも20万件以上、拠点も全国にあり土日平日夜も面談対応。

登録者なら無料で参加できるセミナーもあり、はじめての転職活動にも役立つ情報がたくさんあります。退職率が4%は、キャリア・アドバイザーが希望の転職を親身になってサポートしている証。メインで活用したいエージェントです。

面接力向上セミナーなど無料セミナーも充実しています。拠点も全国主要都市に16箇所あり全国を網羅しており、土日の相談が可能なのもうれしいです。

リクルートエージェントへ無料登録

エグゼクティブ専門 キャリアカーバー

キャリアカーバー

最大手リクルートが運営している、年収600万円以上のミドル/ハイクラス・エグゼクティブ限定の会員制転職サイトです。一般的な転職サイトとは異なり、非公開求人を含めた中から幹部クラスの転職支援実績が豊富なヘッドハンター約2,500名が求人探しを代行してくれるので、多忙なエグゼクティブも効率よく転職活動を進められます。

他の転職サイトのように期待度が低いスカウトメールが来ることが少なく、低レベルな「自称転職エージェント」から勧誘される心配もありません。またハイキャリア層の研鑚に耐えられるビジネス情報のコンテンツも充実しています。

もちろん、自分で数万件のデータベースから求人検索することもでき、自分では思いつかなかった、求人案件に出会うことができます。40代の外資系・ミドルアッパークラス転職を成功させるならリクルートのキャリアカーバーがおすすめです。

※年収800万円以上の求人情報を89,000件以上保有しています。(2021年6月時点)
新型コロナ対策でヘッドハンターは電話やオンラインなどで対応しています。

キャリアカーバーへ無料登録

JACリクルートメント

JACリクルートメント

キャリアのある管理職や外資系企業へのハイキャリア転職に強く、国内9拠点、海外11ヶ国のグローバル展開中の転職エージェントです。海外転職のバックアップも万全で、キャリアキャリア・アドバイザーの質も高く、国内外の優良な非公開求人も多数保有しています。
キャリアのある40代人材の転職なら、求人案件数のリクルートエージェントと、求人レベルや質のJACリクルートメントの併用で十分に対応可能かもしれません。

JACリクルートメントに無料登録

ビズリーチ

ビズリーチ

ハイスペック・ハイキャリアな人材に特化したスカウト型の会員制転職支援サービスです。
一般の求人サイトや大手転職エージェントとは一味違うハイクラスな求人案件が揃っていると評判です。
会員登録は無料で利用できますが、一部有料のプレミアムスサービスもあります。

経験豊富な40代人材には、自分では気づかない高い価値のキャリアを保有しているケースもあります。会員登録してじっくりオファーを待つという選択肢で、新たなステージが開ける可能性もあります。大手転職エージェントで紹介された求人案件に満足できない場合には、ぜひ登録して欲しいサービスです。

※ビズリーチエグゼクティブ転職は、30代〜50代の年収750万以上の転職希望者専用です。

ビズリーチエグゼクティブ転職へ無料登録

※ビズリーチは、30代〜40代の年収500万以上の転職希望者専用です。

ビズリーチへ無料登録

登録基準がやさしめなdodaエージェントサービス

doda

転職では定番のdodaは、公開求人に応募可能の転職サイトと、非公開求人と転職サポートの両方がひとつのサイトで可能な転職エージェントです。
多くの上場企業、人気企業をクライアントに抱えた非公開求人も10万件以上で、応募企業ごとに丁寧な情報提供と模擬面接などのサポートで内定率も高いと評判です。
失敗したくない40代の転職活動には特におすすめです。
※職種、年齢、経験を問わず、さまざまな方が利用して転職に成功しています。

dodaへ無料登録

転職サポートが充実しているtype転職エージェント

type転職エージェント

東京・神奈川・埼玉・千葉と関東中心にサービス展開している総合型転職エージェントです。
30年以上も人材支援サービスを実施している老舗で、キャリア・アドバイザーの手厚い対応には定評があります。キャリアに自信が無い40代人材の登録も、他の大手エージェントと比較すると敷居は高くないのでトライしてみましょう。

東京・埼玉・千葉・神奈川限定ですがお薦めです!!

type転職エージェントへ無料登録

転職エージェントで転職できなかったら転職サイトへ

リクナビNEXT

リクナビNEXT

転職希望者の8割が利用する求人数No.1の転職サイト。リクルートグループ運営で、転職するなら外せない国内最大規模の転職サイトです。
転職情報の収集という意味からも、40代転職の現実を理解するためにも、様子見としても求人情報のチェックは必須ですね。特に40代ではじめての転職の場合などは、転職活動の流れなど事前準備も兼ねて、しっかり学ぶべきでしょう。
レジュメ登録で企業からオファーが届くシステムもあり、転職エージェントへの登録と併用して活用している40代転職者も少なくありません。

リクナビNEXTへ無料登録