官僚と言えば、国家公務員です。公務員の中でもエリートと言われ、身分の保証はもちろん、高い給料をもらって左うちわで暮らしているようなイメージがありませんか?

しかし、現実はそう甘くありません。配属される省庁によってもかなり異なるようですが、中央官省の仕事は、想像以上にハードでついていけない!と、心身ともに疲れ果ててしまう人が多いのが現状です。特に、若手官僚の場合は激務で残業続き、公務員の給料は下げられる一方・・・と、厳しい現実と向き合っている人も多いのです。

エリート官僚がなぜ転職するのか?

官僚になるときに、明確な目的を持っていたわけでなく「なんとなく官僚を目指した」と言う人が意外に多いことも、のちに転職したいと思う理由の一つに挙げられます。

普通に仕事していれば失業の不安がない公務員と言う身分や社会的なステータスを捨ててでもキャリアアップ、未経験の異業種にチャレンジをしてみたい!という上昇志向の強い人もいます。また、官僚は主に東京、霞が関での仕事に従事することになりますが、家族の介護や病気などやむを得ない事情によって東京を離れなければならないケースもあります。女性なら、結婚に伴い転居を余儀なくされるケースもあります。

ほかにも、公務員と言う独特の空気感になじめず、事なかれ主義に嫌気がさして向いてないから辞めたいと思っている人などもいます。このように、理由はさまざまですが、「もったいない!」と周りに言われながらも転職を希望する人はいます。

官僚の転職と言えば天下り?

官僚といえば「天下り」という言葉がセットで思い浮かぶ人も多いでしょう。官僚としての経験や人脈、地位を築き上げた人は、外郭団体や関連企業などのポストに再就職することができ、セカンドキャリアも保証されているという慣例です。

しかし、世間の目も厳しくなり、現実には天下り先も減ってきているようです。また、キャリアアップや異業種へチャレンジしたい!といった高い目標を持った官僚は比較的若い年齢層であることが多いので、天下りとはあまり縁がありません。

官僚の転職先はどこが多いの?官僚におすすめの転職先

そのような官僚の転職先として多いのは、シンクタンクでの研究員や専門商社などが挙げられます。官僚とひとくくりで言っても、在籍していた省庁によって専門性が全く異なるので、持っているスキルもさまざまです。たとえば外務省なら外国語能力やコミュニケーション能力を生かして商社に転職したり、通訳などの仕事もできます。

財務省から外資系金融機関に転職したり、総合商社や外資系金融機関などに転職した場合、年収が大幅にアップすることが期待できます。

MBAや会計士などの資格を持っていれば、独立して会計事務所やコンサルティング会社を立ち上げる人もいます。官僚時代に築いた人脈を生かして、ベンチャー企業を興す人も少なくありません。

官僚の財産は人脈

官僚時代に培ったどんなスキルが転職市場で評価され、今までのキャリアをどうアピールするのか?ということは転職を成功させるためにとても大切なポイントです。官僚にとっての大きな財産は、その人脈です。民間企業に転職しても、自分で会社を興しても、これまで築いてきた人脈は絶対に役立ちます。

官僚は学歴も超一流です。官僚に就職するときにも、たくさんの一流企業からのオファーもあったことでしょう。転職市場でもその能力は高く評価されるはずです。

官僚の転職活動のポイント

転職を目指すにあたり、誰もが一度は利用するのが転職サイトです。一言で転職サイトと言っても、カウンセリングなどサポートが手厚く、平日の夜遅くや土日の個別相談会などを実施している転職支援サービスも数多くあります。仕事を続けながらの転職活動も積極的に行える時代です。実際に利用した人の口コミなどをチェックして、上手に活用してみましょう。

新卒採用と異なり、転職での中途採用は試験もスピーディーに行われるケースが多く、求人情報を見つけてから応募、試験、採用までスピード対応が求められることも少なくありません。波に乗り遅れてしまうと、好条件の求人であればあるほどチャンスを逃してしまうことになります。

ハイクラスの転職を目指そう!

官僚の経験や能力を生かした転職を目指すなら、ハイクラスの求人情報を中心に扱う転職サービスをおすすめします。高収入・外資系・海外勤務などにポイントを絞った求人情報が充実していて、官僚として積み上げたキャリアを存分に生かせます。

一方で、登録者数・求人情報数ともに最大級の転職サイトに登録しておけば、転職市場の動向をざっくりとつかむことができます。

複数の転職サイトを使い分けて、賢く転職活動を進めていきましょう。
民間の会社にチャレンジするには、それなりのコツが必要です。履歴書や職務経歴書の書き方や面接のポイントを知ることは、転職活動を成功させる近道です。

転職エージェントは強い味方になってくれます。いくら官僚と言っても、公務員が転職できるのか?と少しでも不安に思っているなら、転職エージェントをぜひ活用してください。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

日本最大級の転職エージェントで、求人数No.1、転職成功実績No.1の最大手リクルートエージェントです。拠点も全国主要都市に16箇所あり、地方の求人も豊富です。対応できる業種・職種が幅広く、国家公務員で活躍したキャリアを活かせる質の高い非公開求人も数多く保有しています。

各業界事情に精通した470名以上のキャリアアドバイザーが、丁寧なキャリアカウンセリングであなたの経歴・スキル・実績を把握し、希望に沿った求人を紹介してくれます。また適切な年収額を提示して、可能な限り年収アップを図ってくれます。

転職先で活躍できることを目標に、またその後のキャリア形成も考えてのサポートしているので、転職後の退職率がわずか4%以下は特筆すべき点です。転職サポートの流れもスピーディーなので、今すぐ転職したい人も頼りになります。土日の相談が可能なのも有難いです。

リクルートエージェントへ無料登録

リクルートのエグゼクティブ専門 キャリアカーバー

キャリアカーバー

最大手リクルートキャリアが運営している、年収600万円以上のミドル/ハイクラス・エグゼクティブ限定の会員制転職サイトです。一般的な転職サイトとは異なり、非公開求人を含めた中から幹部クラスの転職支援実績が豊富なヘッドハンター約2,500名が求人探しを代行してくれるので、多忙なエグゼクティブも効率よく転職活動を進められます。

他の転職サイトのように期待度が低いスカウトメールが来ることが少なく、低レベルな「自称転職エージェント」から勧誘される心配もありません。またハイキャリア層の研鑚に耐えられるビジネス情報のコンテンツも充実しています。

もちろん、自分で数万件のデータベースから求人検索することもでき、自分では思いつかなかった、求人案件に出会うことができます。30代、40代、50代の外資系・ミドルアッパークラス転職を成功させるならリクルートのキャリアカーバーがおすすめです。

※年収800万円以上の求人情報を55,000件以上保有しています。(2020年9月時点)
新型コロナ対策でヘッドハンターは電話やオンラインなどで対応しています。

キャリアカーバーへ無料登録