教員に憧れて民間企業から転職する人もいますが、実際に働いてみて後悔している人も少なくありません。労働環境や人間関係に嫌気が差してしまい、せっかく教員免許を取ったのにすぐに辞めてしまいたくなりがちです。教員から転職したいと思っても、その経験が民間企業で活かせるか不安になることもあるでしょう。そこで、教員に転職して後悔すること教員を活かせる職種求人の選び方をここで紹介していきます。

教員に転職して後悔、教員の不満とは?

ブラックすぎる労働環境

教員は毎日朝も早く、授業が終わってもすぐに帰宅することができません。翌日の準備やテスト作成、答案のチェック、教員同士の会議や打ち合わせ、掃除に片付け、時には補習などあり、その上部活の顧問まであるのでそう簡単には終わりません。

高学年以上の生徒は、8時の登校から6限目が終了するのが4時前後になります。この段階で拘束8時間となりますから、生徒よりも早く帰宅することなどできない教員たちは、8時間以上働いていることが当たり前となっており、短い休憩時間を有効活用しても時間が足りません

中学・高校で部活の顧問になると、休日出勤は当たり前ですし、民間企業のような休日手当などはほとんど出ません。過酷な労働環境なので、民間企業でいえば明らかにブラック企業に認定されるほどですので、教員になって後悔している人は多く存在します。

モンスターペアレント

ニュースやSNSでもたびたび取り上げられているモンスターペアレント。ドラマなどにも登場しますが、とにかく過保護な親からの苦情や文句が絶えません。中には全くおとなしい保護者のクラスに当たることもあるでしょうが、モンスターペアレントが一人でもいる場合、その対応には正解や出口が見当たらないことが多いので、精神的に参ってしまいます。

さらに、無茶苦茶な要求を早くやれと言わんばかりに電話や来校でプレッシャーを与えてくるので、通常業務が遅れてしまうことがあります。ただでさえ忙しい教員ですので、真面目な教員ほど帰る時間がどんどん遅くなってしまいます。

人間関係

教員とはいえ人間ですので、一般企業と同様に人間関係で苦労することもあります。同僚教師内での派閥もありますし、校内では生徒との関係も大事になります。担任を受け持つ場合、一クラスには数十人の生徒がいますので、それぞれの悩みや相談に対応しているだけでも大変です。

生徒一人ひとりは性格も違いますので、時には問題を起こす生徒もいるでしょうから、いろんな方面に気を使わなくてはなりません。保護者だけでなく、教員や生徒とも人間関係では苦労してしまいます。

教員からの転職、経験を生かせる民間企業は?

教員免許を活かせる仕事や人前で話せる営業職

最も適しているのは勉強を教える職種

教員から民間企業へと転職する場合、同じ学生を相手にする教育関連の職種がおすすめです。教員免許を活かせる仕事は限られていますので、狭き門ともいえますが、勉強を教える職種が最も適しています。

学習塾や予備校の講師、家庭教師、パソコン教室、音楽教室など、教員の得意科目で勝負することができます。たとえば、英語教師の場合は英語力にもよりますが、英会話の講師や翻訳、通訳の仕事が向いています。

これらの職種は志望校や資格といった、何かに合格することを目的として勉強を教えるので、学校教育とは違った指導方法が求められます。それでも教員免許を取得して行く過程で、上記の職種は生徒として携わってきた経緯があるでしょうから、全くの未経験者とはならないことがアピールできます。

教育現場以外でも十分通用する

また、人前で話せることに慣れていて学校で起こる様々な状況を潜り抜けてきた適応力があれば、取引先に自社製品を売り込み、頑張った分だけ業績に反映される営業職にも活かせます。日常的に立ち仕事が多かったことですから、人間関係にあまり影響がない製造業の現場作業も向いているといえます。

辞めたいと思ったら、まずは転職サイトで求人をストックしておこう

転職に成功するかどうかは、良い求人に出会えるかどうかで決まります。良い求人に出会えるかどうかは運とタイミング次第なので、常日頃から求人サイトをチェックしておく必要があります。あらかじめ転職サイトに希望条件を登録しておけば、条件にマッチする求人が出たらすぐにお知らせしてくれますので、良い求人に出会える確率が上がりますし、取りこぼしも防げます。転職したいと思ったら、まずは転職サイトで網を張っておくのがおすすめです。

リクナビNEXT

リクナビNEXT

転職希望者の8割が利用する求人数No.1の転職サイト。希望条件を登録しておけば求人開始と同時にメールで届くので、優良求人を見逃すこともありません。会員登録することで履歴書や職務経歴書のテンプレートもダウンロードでき、作成したレジュメは保存できるので、応募の度に作成する必要がなくなります。転職したいと思ったら、まずはリクナビNEXTで求人をストックしていくのが良い求人に出会う第一歩です。

リクナビNEXT公式サイト

教員から民間に転職、後悔しない求人の選び方

これまでに経験のない異業種へ転職するには、年収が下がってしまうことも懸念されますし、教師だから厳しい環境でも大丈夫だろうと、ブラック企業からの甘い誘いに惑わされる恐れもあります。そのため、転職で後悔しないためにも自身のキャリアにマッチした優良求人を探すことが必要となります。

求人サイトなどを使い、自力で探すのは至難となりますので、転職のプロである転職エージェントを活用するようにしましょう。

転職エージェントで非公開求人を紹介してもらう

転職エージェントは、転職市場に詳しい専任のキャリアコンサルタントとの面談を行い、自身のキャリアに沿った優良の非公開求人を紹介してくれます。市場価値を見出してくれるので、どの程度の年収があるか分かります。

また、転職エージェントは履歴書・職務経歴書の添削、面接対策、面接日の調整などを行ってくれますし、採用後には年収交渉も代行してくれます。これらのサポートをすべて無料で利用できるのでお得なサービスといえるでしょう。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

大手転職エージェントのリクルートエージェントでは、常時非公開求人を20万件ほど扱っています。これだけ多くの求人数があるということは、転職成功数も豊富で、実績があることを意味しています。

キャリアコンサルタントは大手企業のリクルートで厳しい社内審査をクリアした精鋭ですので、ノウハウは凝縮されています。教育関連だけでなく、一般職種も多く取り扱っているので、まずは利用だけでもしておきたい転職エージェントといえるでしょう。

リクルートエージェント公式サイト

まとめ

教員に転職して後悔している人には、ブラック過ぎる労働環境や無理難題を押し付けてくるモンスターペアレント職場と生徒との人間関係に悩んでいることが多くあります。
教員からの経験を活かせる転職先には、教員免許を有効に活用できる教育関連や、頑張りが繁栄されやすい営業職や、人間関係に影響が少ない製造業の現場作業など、教員時代の悩みを解決できる職種がおすすめです。

教員から転職する上で、ブラック企業などに惑わされて後悔しないためにも、自身のキャリアにマッチした優良求人を紹介してくれる転職エージェントを活用するようにしましょう。