安定した職業で食いっぱぐれないという理由で、地方公務員に就職したけれど、仕事にやりがいが少しも感じられない。周りにロールモデルになるような人も見つからない。定年までここで働いている自分の姿が想像できないからと、地方公務員からの転職を考える人が増えています。

地方公務員を辞めて、異業種に思い切って転職したい人のためにおすすめの転職先や、年収を下げない転職先の選び方について紹介します。

地方公務員を辞めたい理由とは

精神的ストレス

公務員バッシング

地方公務員に対する一般の人々の視線は非常に厳しいものがあります。自分たちの税金で公務員の給料がまかなわれているという偏見の目で見られることが多く、威圧的な言葉を浴びせられたりミスを厳しく追及されたりすることも多く、公務員バッシングによる精神的ストレスから体調を崩してしまう人もいます。

ハードワーク

地方公務員の労働環境は年々厳しさを増しています。人員削減や経費の削減の影響で、残業や休日出勤が少なくありません。労働時間だけでなく、キャリアの浅い地方公務員が責任の重くかかるポストに置かれることも増え、ストレスから離職を希望する人も少なくありません。

組織や評価制度に疑問

地方公務員の組織や評価制度のあり方は、保守的で能力主義からかけ離れている傾向があります。定期的に異動があることがほとんどで、思ったようにキャリアを築くことができない管理職のポストの数が限られている、昇進がかなわず収入が上がらないなどの不満を抱えているケースが多々あります。

給料が思ったより低い

公務員は待遇が安定しているイメージが強い職業ですが、管理職につくまでの間の給料が、仕事の内容の割に少ないのが実情です。副業が禁止されていて、拘束時間も長い職場が多いので、待遇を理由に転職を考える若い地方公務員が大勢います。

地方公務員から民間に転職、おすすめの転職先は?

税理士や行政書士

地方公務員独特のストレスから退職を考えるなら、働き方や顧客を自分である程度選べる税理士や行政書士といった士業がおすすめです。

地方公務員はもともと公務員試験を突破した経験があるので、資格取得の勉強を効率良く進められる人が多く、これまでの専門や経歴と関連のある士業を選べば、自分の専門性とキャリアを上手く活かすことができます。

国や自治体と取引がある大企業

安定した収入を求めて地方公務員から転職を考えるなら、民間企業の中では大手企業がおすすめです。マニュアルや組織が整っていて、仕事の進め方が公務員時代と大きく変わらず、ミスマッチを感じずに環境に馴染みやすいというメリットがあります。

国や自治体と取引があるような企業をみつけ、民と官の懸け橋になるような人材を探している部署を見つけると、地方公務員在職のときに身につけた知識や人脈を新しい仕事に活かすことができるのでおすすめです。

地方公務員から民間に転職、年収を下げない求人の選び方

キャリアと求人のマッチングが大事

地方公務員から現在の年収を維持したまま異業種転職するには、キャリアと求人のマッチングが一番の課題です。今までの経験やスキルと、転職先が求める条件がマッチしてないと、単なる未経験転職と見なされてしまい、地方公務員時代よりも年収が大幅にダウンすることがあります。

転職のプロのフォローを受ける

地方公務員の人は、就職活動の経験に乏しい人が多いので、求人サイトなどから自力で求人を探すよりも、転職エージェントに登録してキャリアカウンセリングを受け、自分のキャリアにマッチする求人を紹介してもらう方がブラック企業を避けることができ安全です。

キャリア相談で自分のキャリアをプロに見てもらうことで、自分では思いもよらないような業種に、良い条件で転職できるチャンスが生まれます。

面接対策や応募書類を入念に準備

採用過程では企業の採用担当者から地方公務員からの転職の理由について、かなり突っ込んで聞かれることが予想されます。安定した職業を捨てて新しい仕事を見つけようとしていることについて説得力のある志望動機の準備が必要です。

転職エージェントは応募書類のブラッシュアップや面接準備などのサービスを受けることができ、効率よく転職活動をすすめることができます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは国内最大級の転職エージェントです。大手企業や外郭団体などを含む非公開求人を多数保有しており、業界の専門知識を持っているキャリアアドバイザーが求職者の転職活動をフォローアップします。

登録すると希望やスキルにマッチした求人を担当者が探し紹介してくれるので、在職中でも効率よく転職活動をすすめることができます。リクルートエージェントは異業種転職の実績も高く、公務員から民間企業に転職したノウハウも蓄積しています。

拠点も全国主要都市に16箇所あり全国を網羅しており、土日の相談も可能、オンライン面談に対応しています。

まとめ

地方公務員に対するバッシング保守的な組織のあり方労働環境の悪さや待遇の低さから、民間企業への転職を希望する人が増えています。

単なる未経験者とみなされず、好待遇の転職先を見つけるには、地方公務員時代の専門性やスキルを活かせる専門職に就くか、公務員時代の知識を活かせる自治体を顧客に持つ企業への転職がおすすめです。

キャリアにマッチした求人は転職エージェントのサポートを受けて効率よく探しましょう。