コロナ禍と言われてまもなく2年となりますが、コロナ禍に転職活動をしていると、「転職活動をしているけれど、求人が少ない気がする」「正社員の求人が少なく、パートや派遣の求人ばかりなのはなぜ?」と新型コロナによる転職市場への影響に焦りを感じている人もたくさんいると思います。

コロナの影響を大きく受けた業種は、採用計画を見直している企業は多いですが、コロナ禍の中でも、積極的に採用している企業も多数ありますし、人手不足も解消されていません。もともと時期によって求人数は変化するものです。転職活動をするなら、求人が一番多く選択肢が多い時期にするのがベストです。競争率も下がりますし、企業はより良い人材を求めて良い条件を出してきます。

こちらでは、転職活動をするのに一番よい時期についての情報をまとめてみました。転職活動中の人は参考にしてみてください。

求人が増える時期はいつ頃?

4月入社を狙うなら、2月〜3月ごろ転職活動をスタート

新年度に合わせて入社したいなら、4月入社の求人は2月〜3月ごろが一番多い時期です。企業も、新年度に合わせて増員を考えたり、年度末で退職した社員の補充を考えたりする時期なので、1年の中でも最も転職市場が賑わう時期がこのころです。

しかし、2月〜3月は年度末を控えた繁忙期でもあるので、企業は良い人材を確保したい一方で、採用活動にあまり時間を割けない、というジレンマもあります。

求人数が多く、選択肢が豊富にあるからと言って選り好みしていてはあっという間に決まっていってしまいます。年度末は、短期決戦で転職を決める心構えが必要な時期でもあります。

ボーナス支給後の7月、12月もねらい目

ボーナスをもらってから辞める、という人も多いので、ボーナスの支給後の時期も求人が多い時期といえます。
例えば夏のボーナスは7月、冬のボーナスが12月だとすると、支給日の1か月前くらいから求人が増えてきます。

求人の増減は、転職サイトやハローワークインターネットサービスなどで求人検索をしてみると一目瞭然です。転職活動に転職サイトを利用するかどうかは別として、自分の希望する条件を入力してヒットする求人数が、時期によって増減します。転職市場の大きなトレンドとしてとらえ、うまく波に乗りたいものです。

転職活動をスムーズに進めるためのスケジュール

本格的な転職活動の期間は3ヶ月

有給消化の予定があれば、その期間も考えてスケジュールを組む必要があります。
また、失業給付を満額受給したあとに再就職をしたい、とか、早く再就職を決めて早期再就職手当をもらいたい、といった希望もあるはずです。本格的な転職活動を約3か月間として、事前の情報収集などはその前からコツコツと進めておくと効率よく進められます。基本的に、転職活動は在職中からスタートします。

また、結婚やUターンなど転居が伴う転職活動を予定している場合は、できるだけタイムロスがないよう逆算して進めます。退職から次の仕事に就くまでに空白期間ができてしまうと、経済的にも厳しくなり、面接でもマイナスイメージを与えてしまうのでできれば避けたいところです。

転職エージェントにはいつ登録すればいい?

転職エージェントは、登録後3か月以内での転職成功を目指している会社が多く、そもそもコンサルタントが就く期間が最初の3か月だけ、というエージェントもあります。あまり早く登録しすぎても、タイミングが合わないことが出てきます。本気で転職活動をフォローしてもらいたいなら、その3か月に勝負をかけるのが一番の近道です。

また、転職エージェントによって扱う求人情報もさまざまです。転職エージェントは、非公開の求人案件を多数扱っていることでも知られます。また、担当のキャリアコンサルタントの力量によるところが大きいのも事実です。転職エージェントには複数登録し、それぞれの強みをうまく利用させてもらうのがおすすめです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

日本最大級の転職エージェントで、求人数No.1、転職成功実績No.1の最大手リクルートエージェントです。拠点も全国主要都市に16箇所あり、地方の求人も豊富です。対応できる業種・職種が幅広く、質の高い求人を数多く保有しています。

各業界事情に精通した470名以上のキャリアアドバイザーが、丁寧なキャリアカウンセリングであなたの経歴・スキル・実績を把握し、希望に沿った求人を紹介してくれます。また適切な年収額を提示して、可能な限り年収アップを図ってくれます。

キャリアアドバイザーの履歴書や職務経歴書のまとめ方など、採用情報を加味した応募書類の添削や面接対策アドバイスも実践的で、転職イベント・企業セミナーなど無料セミナーも充実しています。

転職先で活躍できることを目標に、またその後のキャリア形成も考えてのサポートしているので、転職後の退職率がわずか4%以下は特筆すべき点です。転職サポートの流れもスピーディーなので、今すぐ転職したい人も頼りになります。土日の相談が可能なのも有難いです。

リクルートエージェントへ無料登録

第二新卒・既卒・フリーターでも書類選考なしで100%正社員求人! DYM就職

DYM就職

経験の浅い第二新卒・既卒・フリーター向けの人柄重視な転職エージェントです。一部上場企業、トップベンチャー企業等2500社以上の優良企業の正社員求人から経験豊富なキャリアアドバイザーが個別相談で希望にマッチした求人を紹介、経歴や学歴に不安があっても書類選考なしで面接からスタートできる。100%正社員求人で、最短1週間でのスピード入社も可能です。

未経験OKな求人が多数ありますが、ブラック企業は徹底排除されているので安心です。
就職成功者は14,000人以上、利用者の満足度は90%以上!! 面接対策等一人ひとりに合わせた徹底サポートで内定決定率の高さを実現しています。LINEで転職診断もやっています。

全国対応(32拠点)18歳から35歳までの方。面談は、平日22時まで土日も可能です。
面談場所は、東京、札幌、仙台、名古屋、大阪、広島、福岡他です。(オンライン面談で全国対応)

DYM就職へ無料登録

リクルートが本気で正社員転職を支援する、20代なら迷わず就職Shop

就職Shop

最大手リクルートが運営する、既卒や第二新卒、フリーターやキャリアの浅い20代の人物重視の就職支援サービスです。既卒者の正社員採用に限定した求人のみを扱っており、1人1人に寄り添い、納得いくまであなたの正社員就職をサポートしています。

就職Shopは、離職率が高い企業の応募は受け付けておらず、専任スタッフが現地に足を運んで取材した企業のみを紹介してくれるので、ブラック企業に捕まるリスクがありません、コロナ禍でも採用を継続している10000社以上の求人情報(8割は事務・技術・製造・接客販売・IT系と幅広く)豊富に保有していて、応募時に書類選考が無いので、”働いてみたい”企業の面接からスタートします。非常に効率的で、スピード就業が可能です。

すでに登録者は17万人を突破していて、就職決定した方の7割が正社員経験1年未満の若者です。様々な業界・職種の中卒・高卒・未経験OKの正社員求人があり、専任のキャリアコーディネーターが個別面談ののち、求人紹介から書類・面接対策までサポートしてくれます。

また就職ガイダンスやビジネスマナー講座、模擬面接会に職種・業界研究セミナーなど、利用者が就活や内定後の正社員として活躍できるためのサポートが充実しているのも特徴的です。

対応地域は、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、大阪府、京都府、兵庫県です。
全ての面談を電話・リモートで対応しています。

就職Shopへ無料登録

面接対策が充実している、対応が丁寧なワークポート

転職サービスの各種ランキングで常に上位のワークポート。IT・ゲーム業界に強いですが、ベンチャーから大手企業・地方の求人まで既卒から40代まで幅広い求人を数万件保有しています。面談対策も、面接合格のための模擬面接や企業の採用傾向からのアドバイス・指導を行なってくれます。

豊富な求人案件を活かし、求人案件をどんどん紹介してくれるのもワークポートの特徴です。迅速に豊富な選択肢を得られるのが魅力です。スピーディーに進めたい人、たくさんの案件から選びたい人におすすめです。

ホテルのコンシェルジュをイメージして、キャリアコンサルタントを「転職コンシェルジュ」と呼ぶのが特徴で、サービスのクオリティーが高く、キャリアが浅くても気持ちよく転職活動ができると評判です担当コンシェルジュとの相性が悪いと感じた場合は、変更が可能と名言しているユーザー重視の転職エージェントです。

また、職種未経験者でも「ワークポートキャリアアカデミー」「無料ITエンジニアスクールという育成型の転職サポートを受けることができます。求人は全国対応で拠点も全国14箇所あり平日の夜や土日の相談も可能で、対応も早いのでスムーズに転職したい人には最適の転職エージェントです。
※現在、サービス業・一般事務系20代、営業・サポート・電気機械系30代前半、金融不動産系30代、経営コンサル・企画・管理系40代前半、ITコンサル/PM/SE/PG系40代、建築設計土木50代まで受付中です。

ワークポートへ無料登録

現職を退職するタイミング

退職届はいつ出せばいいの?

一般的には、1か月前には退職したい旨を上司に伝えておく必要があります。引継ぎをどうするかなど社内でも準備が必要ですから、順序や期日を守るのは社会人として当然のマナーです。退職届を出す正式な期限については社内規定によって異なりますので、あらかじめ就業規則などを確認しておきます。

ボーナスをもらってから退職する人が多い

上にも書いた通り、ボーナスをもらってから辞める、というのも多いケースです。基本的に支給日に在籍していれば受け取る権利はあるものの、支給日のあとまもなく退職することがわかっていれば、慣例としてボーナスが満額支給されないという企業も多く、退職する旨をいつ伝えるか、というのは現実的には難しい問題です。ボーナスの査定が終わり、支給額が決定してから退職の意向を伝え、満額支給ののち退職できるのが理想ですが、会社によってその事情は異なります。

いずれにしても、しこりが残るような辞め方は避けたいものです。立つ鳥跡を濁さず、で気持ちよく送り出してもらえるような辞め方を準備しましょう。

まとめ

漠然と転職活動に取り掛かってもなかなかうまくいかないものです。選択肢が多い時期に集中して転職活動を行うことで、よりよい条件の求人を効率よく見つけることができます。

再就職したい時期から退職時期を逆算することも大切なポイントです。スムーズな転職活動を進められるよう、しっかり準備をしましょう。しかしコロナ禍では、転職活動が長引く可能性もありますので、地道に、焦らず、納得のいく求人案件に出会うまでじっくりと待つ姿勢も大事です。