一度きりの人生、若いうちは夢を追いかけたい

子供の頃からの憧れの職業が、いわゆる一般的に大学を卒業して就職活動を経てなれる職種ではない場合、その人たちの多くは夢追い人と呼ばれることがあります。人気の職種の例をあげれば、お笑い芸人やミュージシャン、プロのスポーツ選手、俳優、歌手、声優、ダンサー、漫画家、作家など、枚挙にいとまがありません。

そういう人たちは、いつか売れるという状態にたどりつくために、またはプロとしてデビューするために、フリーターをしながらオーディションを受けたり、路上や小劇場でライブ活動を行ったり、アスリートであればセレクションなどに参加してチャンスをつかもうと日夜努力を重ねています。

やはり正社員として働く場合は、どうしても一定時間以上の就業時間を拘束されてしまいますので、働きながら夢を追い続けるためには、フリーターなどの時間に融通をきかせられる就業形態を取らざるを得ません。もちろん正社員として働く場合と比べて収入は少なくなりがちですが、急なオーディションや突発的なチャンスに即応するためには、自由に動ける時間が何よりも必要です。

そうした生活を何年も続けても全く芽が出ない人もいれば、たった一度や二度のチャンスをしっかりとつかみ取って、アルバイトをせずともプロとしてその道でひとり立ちしていける人もいます。数字で測れる採用条件がない世界では、才能のあるなしだけではなく、運にも味方されないと難しいのでしょう。

夢を追う覚悟と夢を諦める覚悟

才能や資質があり、運にも恵まれた人は例外として、ほとんどの夢追い人と呼ばれる人たちは、夢は夢のままで終わっていくものです。それだけ厳しい世界であるとも言えます。ひとたび有名になって成功すれば、経済的にも社会的地位も、一般人がうらやむほどの成果を手にすることが可能ですが、そんな人はほんの一握りであることが現実です。

では、その大多数の夢をつかめなかった夢追い人が抱く「夢を諦めるのは何歳?」という自問への答えは存在するのでしょうか?誰もが理想と現実のはざまで、先の見えない将来に不安を抱えながら夢を追っている状態を何年も続けるだけでも、相当の精神力と体力が必要でしょう。

本当にその職業での成功を願っていなければ、簡単にできることではありません。一方、プロスポーツ選手は特にですが、年齢的な制限も厳しく存在している以上、永久に続けられることですらありません。どこで人生の折り合いをつけるのか。その選択に正しい答えなど存在しないのでしょうが、成功できないままフリーターを続ける限界もいつか訪れます。

夢を追い続けるにも覚悟が要りますが、それ以上に夢を諦める瞬間の覚悟の方が大きいのでしょう。同年代の多くは、しかるべき時期に学校を卒業して就職をして、正社員として確実に人生を歩んでいます。夢を追っているフリーターの立場から見れば、つまらないレールを歩んでいる人生にも見える反面、堅実で安定した暮らしをうらやましくも思うかもしれません。

自分がまだ夢を追っている間は、直接比較することも避けられますが、夢を諦めて就職をしようとした場合には、ただ何年も何年も遅れを取っただけの結果を受け入れざるを得ません。そうした人生を無駄にしたかのような、後れを取った現実を受け入れるには、よっぽどの覚悟が必要になるでしょう。

就職が不利になりはじめる年齢とは

その覚悟を決められる年齢は何歳までが限界なのでしょう。人それぞれとしか言えませんが、一般的に30歳がひとつのきっかけとなるタイミングであると言われています。プロスポーツ選手はもっと早く、20代半ばが限界ではないかと思われます。10代半ばから後半に始めた夢追い活動を10年から15年続けた頃の年齢が30歳です。

10年以上も努力し続けて芽が出ないのであれば、人によっては諦めるにも納得がいくでしょうし、さらに社会人として改めて就労を開始するにも遅すぎるということはない年齢です。現実的にも、採用する側の企業も30歳までであれば正社員として雇う可能性を残しています。

しかし、やはり30歳を超えた人材は、一気に就職に不利になると言われており、もしフリーターであった夢追い人が夢を諦め、その後就職活動を行うのであれば、不利になる前に決心することが肝要です。しかし、中には人よりも長い下積み生活を経て、30歳をはるかに超えてから夢を実現する人もいます。

そうした例外な人がいる限り、やはり夢追い人が夢を諦めて堅実な就職をする決意をすることは難しいのでしょう。いつか自分もという思いを断つことは決して簡単なことではありません。

30歳を超えると、就職のさまざまな選択肢が確実に狭まっていくという現実は認めざるを得ない一方で、今諦めたらここまでの努力や我慢が無駄になるという思いと、もう少し続ければ成功できるのではないかという期待との葛藤があることも察するに余ります。

このように考えれば、やはり夢を追う覚悟よりも、夢を諦める覚悟の方が大きいのでしょう。

コロナ禍での就職環境の変化、リモートワークで夢を追い続ける

こうした夢い追い人は、やはり夢を追い続けてフリーター生活を続けていくか、遅ればせながらも正社員としての就職を果たすために夢を諦めるかの二択になってしまうのでしょうか。2020年初頭からのコロナウイルス感染拡大によって、世界は大きく変わりました。最も大きな変化の1つは、これまでは多くの企業が一貫して禁じてきた正社員の副業や兼業が、大企業も含めて認めるようになったことです。

この変化によって、在宅勤務を含む働き方そのものと、より柔軟な勤務時間の選択が可能になりました。これを夢追い人に当てはめてみれば、正社員として就職をしても、まだ夢を追い続けられる可能性が高まったとも言えるわけです。これまでは不安定なフリーター生活をしながら、低収入の中でやりくりすることしかかなわなかった生活を、正社員として働きながらより安定した生活の中で実現できるようになりました。

少なくともそうした環境にはなったわけです。こうした選択肢が一気に拡大したコロナ禍以降の環境は、夢追い人にとっては追い風になったと言うことも可能でしょう。 もしかしたら背水の陣で臨むからこそ夢は実現できるのかもしれませんが、それではあっさりと夢を実現する人がいることの説明がつきません。

どんな人でもチャンスをつかむことができるのであれば、より安定した生活の中でチャレンジを続けることも可能であるはずです。この前提が成り立てば、30歳をひとつのきっかけとして夢を諦めるタイミングだと決めつける必要もなくなります。正社員としての就労と夢追い人としての側面の両立が、はじめて可能になった時期が到来したのではないでしょうか。

もしここまで夢追い人としてフリーター生活をしてきた人たちも、一度就職のプロフェッショナルである転職エージェントのサイトに登録し、正社員として採用される可能性についてコンサルティングを受けてみることをおすすめします。

正社員として採用されるために必要な準備やアピールの仕方までを、経験豊富なコンサルタントがアドバイスをくれるはずです。自分の可能性を信じつつ、精神的な安定を手に入れられれば、それがよりパフォーマンスの向上や人脈の形成にもつながるかもしれません。

そうした環境の変化がポジティブな相乗効果をもたらし、急がば回れのような結果を得ることも可能と言えるかもしれません。

フリーター、無職でも正社員になれる、転職エージェント

リクルートが本気で正社員転職を支援する、20代なら迷わず就職Shop

就職Shop

日本最大級の若者向けの正社員就職支援サイトで、フリーターの支援も積極的に行っています。カウンセリングや面接対策だけでなく、就活マナーや会社研究セミナーなど就職活動に役立つセミナーをたくさん開催しています。インターンシップ制度も利用できるので、企業をよく知ってから就職することができます。

求人を掲載する企業は離職率や社会保険など就職shopの独自の基準をクリアする必要があるので、ブラック企業に出会うリスクが少なくなります。

対応地域は、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、大阪府、京都府、兵庫県です。
全ての面談を電話・リモートで対応しています。

就職Shopへ無料登録

ハタラクティブ

ハタラクティブ

既卒や第二新卒、フリーターといった、若い世代を中心にサポートしているのがハタラクティブです。担当者が実際に職場を訪問して求人をもらってくるので、ブラック企業に捕まる心配がありません。ハタラクティブでは、未経験者を率先して採用している企業からしか求人を受け付けていませんので、しっかりとした正社員の就職サポートを実践しています。

心がけています。社会人未経験者でもOKという求人を多数擁しており、就活アドバイザーがマンツーマンで対応してくれます。既卒の苦手としている空白期間を埋める書類作成や面接のアドバイスなどを一緒に考えてくれます。

※カウンセリング場所:渋谷支店、立川支店、池袋支店、秋葉原支店、横浜支店、さいたま支店、名古屋支店、大阪支店、福岡支店、千葉支店、神戸支店
※登録後0120-979-185より電話連絡があります。※オンライン面談可能です。

ハタラクティブへ無料登録

逆転転職支援プログラム リバラボインターンシップ

学歴がない中卒、高卒、フリーターの方に向けたやる気さえあれば人生逆転できる転職サービスです!
報酬を受け取りながら約2週間ビジネススキルの基礎を学び、実践現場研修を経て転職へ、最大2年間サポートが受けられます。

原宿含めた東京・近郊エリアに18拠点の社宅が利用できます。地方からの参加でも安心です。
※学歴不問・関東エリアで働きたい20代〜30代前半の男女・オンライン面談

リバラボインターンシップへ無料登録

リモートワークに強いの転職サービス比較ランキング

  1. エンジニア向けのリモートワーク専門Remogu(リモグ)

    Remogu(リモグ)は、ITエンジニア向けのリモートワーク専門エージェントです。人材紹介ではなく、すべてのお仕事はRemoguと契約を結び、業務委託・正社員・契約社員など、さまざまな契約形態で、Remoguならではの「3つの働き方」が選べます。

    フルリモート型のほかにシフト型(クライアントのオフィスに出社し、一定の期間ののち、完全在宅勤務に移行する働き方)やハイブリッド型(プロジェクトの期間中、リモートワークの日も、オフィスへ出社する日もある働き方)

    フリーランスの方だけでなく、起業されている方、今後独立予定の方、在宅勤務の正社員をご検討中の方などにスキル・経験や希望条件をもとにマッチした「リモートワークのお仕事」を紹介しています。

    ※正社員案件もあります。運営する株式会社LASSICは、「ITで、地方創生」を目指し、ニアショア事業を長年手がけていて、豊富なリモート(遠隔)開発ノウハウを持っています。
    ※地方歓迎(オンライン)面談です。

    Remogu(リモグ)へ無料登録

  2. 在宅ワーク・内職支援サービス【クラウディア】

    登録数25万人を超える、クラウドソーシング型ビジネスマッチングサービスです。登録者はインターネット上で、お仕事が行えるので、時間や場所にとらわれずに自分のペースで働けます!

    仕事内容は、ライティング・翻訳、ブログ記事作成、デザイン・イラスト制作、システム開発・運用、Web・アプリ開発などなど専門的なものから、誰でもできるお仕事まで、幅が広いです。

    フリーランスの方の本業、サラリーマンの方の副業、主婦で、暇な時間でのおこずかい稼ぎなどにおすすめ
    受注者・発注者さまざまな人が、自分の目的に合わせ、クラウディアを活用しています。
    ※システム手数料は業界最安値!発注者は依頼料金以外、一切費用が掛かりません!

    クラウディアへ無料登録