40代が転職の面接に臨む際、特に気になるのは自己紹介ではないでしょうか。面接における自己紹介について、気を付けておくべきポイントを押さえておきましょう。面接で使える例文も一緒にご紹介していきます。

40代だからこそ!自己紹介で左右される第一印象の重要性

40代の転職になると、若い世代とは面接内容が異なってきます。働き盛りとはいえこの年代の人材を採用するにあたり、企業側としても慎重になるものだからです。面接では最初に「では自己紹介をお願いします」と言われることが多いでしょう。この自己紹介で第一印象が左右され、採用の可否に直結するケースも少なくありません。

履歴書や職務経歴書で個人情報は充分に分かりのですが、企業ではこの面接を最重要視する傾向にあります。人の第一印象は、初対面から数分で決定されます。面接の短い時間がまさにその数分にあたるでしょう。この間に転職希望者は企業に好印象を持ってもらう必要があります。

好印象を持たれたいからと言って、卑屈になることは逆効果です。「企業側が面接で知りたいことを簡潔に伝えられる」スキルが、第一印象を良くするでしょう。この時、自分について知って欲しいからと言って、延々と細かい経歴を話す必要はありません。企業が知りたいことをズバリと伝えるべきです。

企業が知りたいのは、「今まで働いて来た経歴の中で培われたスキルの中に、この企業で役に立つものがあるかどうか」ということです。特に40代になると多くの社会経験を積んでいます。その分、若い世代とは異なる期待がかけられていると考えるべきです。40代に求められるものは、いわば「即戦力」「即応力」です。スキル的にすぐに戦力になる経験や実力はもちろんですが、職場の環境に順応する適応性や、周囲との協調性も必要です。

何より、「今回募集している業務に適切な能力か」ということが求められます。経験済みの分野へはもちろん、未経験の分野への転職であったとしても、即戦力となる技術を身につけられるだろうか?学ぶ意欲はあるのだろうか?と企業側は考えています。対応できる能力、意欲を面接で分かってもらわなければ採用には繋がりません。

第一印象で全てのスキルや適応性を理解してもらうことは難しいですが、40代ならではのやる気や、新しい環境へ順応性を窺わせるのであれば、そこまで難しくないと言えるでしょう。ただ、そのためには自己紹介の際に気を付けておきたいポイントがあります。

40代の転職に相応しい自己紹介は?冗長にならず要点を押さえること

40代が転職の面接に臨む時に気を付けておきたい点は、若い世代とは少し異なっています。若い世代の面接では「これから成長していけるか」という部分を最重要視する企業が多いのですが、40代といった経験豊かな世代なら成長はもちろん、現時点での能力、スキルがとても重く見られます。

面接での自己紹介では、まず「長くなりすぎない」を意識しましょう。誠実で真面目な人ほどしっかり自分を理解してもらいたいと考え、細かい事項まで伝えようとします。しかし、面接官が知りたいポイントを簡潔に押さえた話し方のほうが好印象を持ってもらえます。

面接官が聞きたい自己紹介は、あなたの生い立ちではありません。学歴や職歴などは履歴書、職務経歴書で分かります。趣味や休日の過ごし方を言う必要もありません。「今回募集しているポジションで役に立つ経験・スキル」に重点を置いた自己紹介を心がけるべきです。時間は1分〜3分程度が、話す側も聞く側も苦痛を感じない長さだと言えるでしょう。

転職希望先が前職と同職種であれば、その職種に求められる経験やスキルを自己紹介に盛り込みやすくなります。また、受賞歴や表彰経験があるのなら立派な経歴です。積極的に伝えていきましょう。異なる職種の転職先なら今までの業種での経験がどのように活かせるか、自信を持って伝えると良いでしょう。

なぜ異職種に転職したいと思ったのかを簡潔に伝えるのも大切です。同職種、異職種にかかわらず、「自分を採用することにより、どのようなメリットが生じるのか」を面接官が具体的にイメージできるような自己紹介ができれば大成功です。そこまでのイメージに到達できないとしても、メリットがあるかもしれないと思わせる自己紹介を用意し、暗記する気持ちで練習しておきましょう。

面接前に「企業側が求める人材のイメージと自分の経歴・印象が重なる部分があるかどうか」を考えておくことも重要です。全く重ならない人物を採用するかと言えば、企業側としては難色を示すでしょう。特に経験豊かな世代である40代、言い換えれば若い世代よりも融通が利かないと思われてしまいがちな世代です。

欲しい人材のイメージと重なる部分がなければ、成功事例に至ることは相当難しいと考えておく必要があります。面接も大切ですが、転職希望先に自分のスキルや経歴が適しているのかを考えることも大切です。転職エージェントとよく相談しておきたい部分です。

どこでも通じる例文を考える!盛り込むべき項目とは

実際、面接でどのような自己紹介をするべきか考えてみましょう。例文として覚えておけば、転職希望先の複数の面接で通用します。自己紹介に入れるべき項目のいくつかをピックアップしてみました。氏名などの個人特定情報を伝えたら、後は経歴や熱意を伝えていきます。

面接で多くの面接官が知りたがる業務経験についての項目は必須です。今まで経験した業界や、以前の勤務先での業務内容を説明します。ここで「募集業務と重なる部分があるか」が見られることを意識しましょう。次に、これまでの仕事での実績を伝えます。評価を得た仕事は積極的に伝えましょう。

達成率などの目に見える数字がある仕事であれば、それも良いアピールになります。対人の仕事で顧客から高評価を得た経験も重要です。所持している資格や免許、スキルを強調できるのもこの時です。持っているもの全てではなく、転職希望先が欲しいと思っているものを伝えれば充分です。転職に成功、入社した後に企業にどのようなメリットが生じるかしっかり伝えましょう。

メリットがあると確信できる人なら、具体的な例を挙げて伝えます。「日商簿記2級があり、決算や財務管理に携わっていました」ということも前向きな自己紹介です。かつ、企業側にメリットをイメージさせやすくなります。このような項目を盛り込み、自分なりの例文を用意しておくと良いでしょう。

中には例文や面接対策が苦手という人もいます。そんな人は転職エージェントの利用がお勧めです。

転職エージェントは転職先を紹介してくれるだけではなく、担当のアドバイザーが書類の書き方や面接対策について指導してくれます。転職エージェントというと、20代〜30代が利用しているイメージを持つ人も多いのですが、最近では細分化し、40代やミドル・シニア層に向けた転職エージェントも続々と出現しています。

転職エージェントの「リクルートエージェントやキャリアカーバー」は、40代から中高年に向けて転職サポートを行っています。取り扱っている求人件数も多い上に手厚いサポートが期待できます。また、非公開求人や企業側からのヘンドハンティングを受けられる可能性もあり、中高年でも転職を諦める必要がないことを教えてくれます。

最大のメリットは転職エージェントが煩雑な手続きを全て行ってくれるため、転職希望者はスムーズな転職活動ができる点でしょう。面接のための練習はもちろん、現職に影響が出ない日程調整など、企業と転職希望者の間を上手に取り持ってくれます。

40代からの転職は確かに簡単ではありません。しかし転職活動に必要な知識やコツを押さえておくと、思ったよりストレスなく進めていくことができます。

40代の転職におすすめのエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートグループだからこその業界トップの求人案件数で全国対応しており、まずは登録すべき転職エージェントです。40代の転職成功事例も多く、近年は40代・50代の求人も増えています。

とにかく求人案件数も多く裾野も広いので、40代人材の多様なキャリアにも柔軟に対応することができます。非公開求人だけでも20万件以上、拠点も全国にあり土日平日夜も面談対応。

退職率が4%は、キャリア・アドバイザーが希望の転職を親身になってサポートしている証。メインで活用したいエージェントです。

リクルートエージェントへ無料登録

世界最大級60年の実績ハイクラスエージェント ランスタッド

ランスタッド

オランダで創業した世界最大級の総合人材会社でグローバルに60年間、毎年約20万人の転職サポート実績をもつランスタッド。ハイクラス求人は、S&P500企業からスタートアップまで独自のポジションが200件以上揃っています。

外資系ユニコーンから大手企業に強い求人は、IT通信、機械・電気系、建築系、医療系、販売・サービス系、マーケティング・経営企画・管理系、金融系・営業系まで、ポジションはBusiness Partnerから代表取締役、Director、Manager、営業部長や研究開発・R&Dエンジニアなどなど年収1000万円以上の求人を常時5000件以上保有しています。

外資系らしい世界レベルで活躍する優秀なコンサルタント(英語、中国語に対応したバイリンガルコンサルタントが多数在籍)に当たる可能性が高いので、外資系転職の求人なら期待の出来る転職エージェントです。

語学力があったり、高学歴、海外勤務経験や技術的に特定スキルを擁しているなど、市場価値が高い人ほど有利といえる転職エージェントです。

※日本国内でも急拡大中で北海道から九州まで全国各地に93拠点があります。
※マネジメント経験を生かしたい50代までおすすめです。

ランスタッドへ無料登録

エグゼクティブ専門 キャリアカーバー

キャリアカーバー

最大手リクルートが運営している、年収600万円以上のミドル/ハイクラス・エグゼクティブ限定の会員制転職サイトです。一般的な転職サイトとは異なり、非公開求人を含めた中から幹部クラスの転職支援実績が豊富なヘッドハンター約2,500名が求人探しを代行してくれるので、多忙なエグゼクティブも効率よく転職活動を進められます。

他の転職サイトのように期待度が低いスカウトメールが来ることが少なく、低レベルな「自称転職エージェント」から勧誘される心配もありません。またハイキャリア層の研鑚に耐えられるビジネス情報のコンテンツも充実しています。

もちろん、自分で数万件のデータベースから求人検索することもでき、自分では思いつかなかった、求人案件に出会うことができます。40代の外資系・ミドルアッパークラス転職を成功させるならリクルートのキャリアカーバーがおすすめです。

※年収800万円以上の求人情報を89,000件以上保有しています。(2021年6月時点)
新型コロナ対策でヘッドハンターは電話やオンラインなどで対応しています。

キャリアカーバーへ無料登録

JACリクルートメント

JACリクルートメント

キャリアのある管理職や外資系企業へのハイキャリア転職に強く、国内9拠点、海外11ヶ国のグローバル展開中の転職エージェントです。海外転職のバックアップも万全で、キャリアキャリア・アドバイザーの質も高く、国内外の優良な非公開求人も多数保有しています。
キャリアのある40代人材の転職なら、求人案件数のリクルートエージェントと、求人レベルや質のJACリクルートメントの併用で十分に対応可能かもしれません。

JACリクルートメントに無料登録

転職エージェントで転職できなかったら転職サイトへ

リクナビNEXT

リクナビNEXT

転職希望者の8割が利用する求人数No.1の転職サイト。リクルートグループ運営で、転職するなら外せない国内最大規模の転職サイトです。
転職情報の収集という意味からも、40代転職の現実を理解するためにも、様子見としても求人情報のチェックは必須ですね。特に40代ではじめての転職の場合などは、転職活動の流れなど事前準備も兼ねて、しっかり学ぶべきでしょう。
レジュメ登録で企業からオファーが届くシステムもあり、転職エージェントへの登録と併用して活用している40代転職者も少なくありません。

リクナビNEXTへ無料登録

正社員就職応援プロジェクト・東京しごとセンター

東京都の正社員就職支援事業です。東京しごとセンター正社員就職応援プロジェクトでは、30歳から54歳までの都内で正社員就職したい方を無料でサポートしています。

就活ノウハウやキャリアデザインなど、セミナー・研修受講は全て無料です。1日5000円の就活支援金支給制度や短期間のスキルアッププログラムなどもあり、就職活動がうまくいかない、面接が苦手、自分に合った仕事を探したいなどの手厚いサポートが受けられます。

東京しごと塾は、30歳から54歳の正社員就職を目指す方が、就活支援金を受給しながら5日〜2ヶ月の職務実習を通じて正社員就職を目指すプログラムが3コースあります。プログラム受講者の98%が「満足」と答えています。

すべて無料ですので東京都で正社員就職希望の方にはおすすめです!

正社員就職応援プロジェクト・東京しごとセンターへ無料登録