40代は、子育てや家庭との両立を理由にパートとして働いている人が多い世代です。しかし、将来のことも考えて正社員転職したいと考えている人も多いのではないでしょうか。

ここでは、40代女性がパートから正社員転職しやすい仕事の種類求人を選ぶ時の注意点未経験の仕事に正社員転職する方法についてまとめています。

また、転職に成功・失敗する40代女性の特徴おすすめの転職エージェント・転職サイトを紹介しながら、転職に有利な資格面接での服装・マナーについての疑問にも答えていきます。

40代女性が未経験・パートから正社員転職できる仕事は?

40代女性でパートとして働いている人が正社員になるという事は、容易ではありません。未経験の業種・職種となると、なおさら厳しいものです。

40代女性で転職する場合、パート勤務の期間が長くキャリアがないために選択肢が狭いという人はたくさんいますが、キャリアの有る無しにかかわらず40代女性のニーズが高い業種・職種を選ぶことが、現実的に転職を成功させるカギになります。

生保営業・不動産営業・金融営業

生保営業・不動産営業・金融営業は、未経験者歓迎の会社も多く、通年で求人が出ている業界です。

営業は外回りが主で比較的時間の都合がつきやすい仕事なので、家庭との両立を考えている40代女性に向いていますです。

しかし、ノルマが厳しく給料が歩合制で不安定など精神的に負担が大きいと感じる人が多いため、営業にチャレンジするには相当の覚悟が必要です。

ルート配送

トラックドライバー・宅配ドライバーも40代から始められる仕事の一つです。配送は大型トラックだけではありません。小型トラックやバイク便のほか、高齢者への夕食個配などサービスの多様化に伴い、さまざまな業界で活躍の場が広がっています。

多くの場合、シフト制勤務になるため時間の都合がつきやすいですが、繁忙期は勤務時間を超え体力が必要なハードな仕事です。

飲食店・サービス業

ファミレス・ファストフード店員は、パートやアルバイトの求人が多い業界です。未経験でも問題ないですし、学生アルバイトとは働ける時間が異なることから主婦層のニーズも高くなっています。

ただし、正社員は拘束時間が長く自由がきかない、立ちっぱなしは辛いという声があります。

また、正社員は本社から異動で配属されるケースがほとんどなので、地元採用ではありません。つまり、地方では正社員として働くことは難しい業界でもあります。

介護職

近年ニーズが急速に高まっているのが介護系の仕事です。基本的に体力勝負で仕事内容のわりに薄給と言われている業界のため、慢性的な人材不足に悩まされています。

そのため、未経験者歓迎という求人もたくさんあります。働き方は、正社員からパートまで幅広く、職種も障がい者支援・老年者支援サービス・介護ヘルパーなど様々です。

アルバイト・パートから正社員登用を目指す

一般的に、40代の女性を対象にした求人には、営業職配送業フード系サービス業介護ヘルパーなどが多いです。これら以外の仕事をやりたい人は、目指す業種・職種のアルバイト・パート・契約社員などから正社員になる道もあります。

アルバイト・パートで就業して実績を積み、社内の正社員登用制度を活用する、もしくはアルバイト・パートで必要なスキルや資格を取得して正社員を狙うという方法です。

いずれにせよ、アルバイト・パートとして優秀な人材で、その企業に望まれなければ社員への道はありません。正社員を目標にアルバイト・パートとして働いているなら、まずは今の仕事に一生懸命取り組み、会社から高い評価を得ることが最低限求められていることです。

未経験歓迎に注意!40代女性が求人を選ぶときの注意点

安易に飛びつくな!未経験者歓迎の求人は危険

残念ながら、一般的な企業ではわざわざ40代未経験者を募集しませんし、採用に至るケースは少ないことが多いです。応募できる求人案件自体を見つけることが難しいのが現実です。

ハローワークなら40代で未経験の求人もあるかもしれませんが、優良な求人案件とは言えずおすすめできません

40代未経験が歓迎される仕事は誰にでもできる仕事

ハローワークで40代女性でも応募可能な求人は、誰にでもできるような作業系の仕事サービス業などが多いです。誰にでもできる仕事は経験してもキャリアになりません。

また、雇用形態も正社員では無く、パートなど非正規での求人がほとんどです。一時的な求職であればよいですが、今後の人生を見据えた上で仕事に就きたいと考える40代女性には不向きです。

40代未経験が歓迎される仕事は誰もやりたがらない仕事

40代が未経験で応募できる職種には、常に人手不足な業界の求人や、精神的や肉体的にハードで誰もやりたがらない仕事が多いです。基本的に離職率が高くかなり激務のものが多く、せっかく採用されても続かない人の方が多いです。

採用する側としても長く勤めて貰いたいので、体力的な面も考えて若者を採用したいのが本音です。40代女性で未経験応募可の求人は、若手が応募してこないということなので、ブラックな可能性もあります。

甘い言葉ばかりが羅列されている求人は気を付けろ

一般的に、未経験者歓迎の求人には注意が必要です。特に年齢も問わず未経験者可の求人は、雇用条件が悪いことが多いです。

もし甘い言葉が並んでいたら、特にリスクが高いと疑ってかかるべきでしょう。

年齢的に新しいことを習得するには時間がかかりますし、採用側は40代女性には即戦力となることを期待します。それでも未経験可・年齢不問、40代女性OKということは、離職率が高く定着しないために誰でもいいから雇いたいなど、裏に隠された理由があります。

特に、「常に募集をしている企業」は、万年人手不足で離職率が高い企業の場合が多いです。「20代で管理職など、平均年齢が低い企業」も、長年勤務して管理職になる人がいない可能性があります。平均年齢が低すぎる企業は、40代女性には精神的に辛い側面も多いかもしれません。

「未経験でも給与設定が高い募集」や「体力や熱意のある方を歓迎する募集」なども、身体が資本の仕事や労働環境が過酷なケースがあるので注意しましょう。

40代女性が未経験の仕事に正社員転職する現実的な方法

40代でキャリアを捨てて転職するのは無謀

男性でも女性でも、職種や業界を選ばなければ40代でも応募できる企業はたくさんあります。

しかし、年齢や未経験というだけで書類通過すら困難で面接にも至らないケースも少なくありません。このような場合、アピールできるスキルや経験が重要になります。

つまり、フレッシュな若手人材と比較されても勝てるような武器が40代には必要ということです。よって、40代女性がキャリア(武器)を捨てて未経験で異業種へ転職しようと考えるのは、現実的に非常に難しいのです。

キャリアを活かして転職した後、社内異動を目指すのが現実的

40代女性の転職は、経験キャリアや保有スキルを活かして転職することが重要です。

40代女性が転職成功させるには、とにかく経験を全面に押し出して転職しましょう。転職した後に、焦らず社内異動を目指すと言うのが現実的です。

キャリアを活かして段階的に希望の職種に転職する

まったくの未経験異業種よりは、少しでも前職の経験を活用して希望に近いポジションに転職するのもよいでしょう。

例えば、教育業界での人事職を目指していた40代女性は、非正規での人事アシスタント職の経験と若い頃のテレマ経験を活かし、コールセンターの教育管理職を見つけたケースがあります。

このように、全然関係のない未経験業界や異業種よりは、少しでも経験やキャリアで重なる部分のある求人案件の方が書類通過率は上がります

同業界で異業種、未経験業界でも同業種などで探していけば、希望に近い条件に転職できる可能性は高くなります。いきなり未経験の職種を目指すのではなく、少しずつ段階を踏んで転職する方が可能性が高くなり、現実的です。

雇用形態にこだわらない転職

40代になれば、男性でも管理職やマネジメント経験が無いと正社員での転職は難しくなります。女性でもマネジメント経験があれば別ですが、ウリになるスキルやキャリアがなくさらに未経験で異業種にチャレンジするならなおさらです。

まずは経験を積むことを第一として考え、正社員以外の契約社員やパートなど非正規の雇用形態で内定を目指す方が良いでしょう。非正規で働いて経験を積んだのちに、正社員登用の試験を受けたり、正社員での転職を目指した方が可能性が広がります

紹介予定派遣制度を活用する

ハローワークや派遣会社に登録して、紹介予定派遣制度を利用する方法もあります。

これは、いきなり正社員として採用するのではなく最初は派遣社員として仕事に就き、最長6ヶ月の派遣契約終了後、双方の合意の元、正社員や契約社員となることを前提とした求人です。求職者と企業とのミスマッチを予防する方法の一つになっています。

一般の派遣社員とは異なり、書類選考や面接があるケースが多くハードルが高いですが、派遣会社が間に入って交渉事を進めてくれたり、サポートしてくれるのは心強いです。

キャリア相談に転職エージェントを利用する

転職を成功させるには、業界や企業研究が重要ですし、いい求人案件を探すことも必要です。しかし、自分一人で全ての業界や職種を調べるのは、容易なことではありません。転職活動を成功させるには、自分の経験を活かすためのキャリアの棚卸しや、向き不向きを見極めることも大切です。

そこで役立つのが転職エージェントです。転職のプロである転職エージェントを利用すれば、キャリアカウンセリングも受けられるため、プロのキャリアカウンセラーが客観的に転職に必要なアドバイスもしてくれます。応募書類の添削や面接指導もしてくれるので、選考の通過率も高まります。

また、希望の条件を伝えるだけで、数ある求人の中から自分に合った企業の求人案件を選別して紹介してくれるため、効率よく転職活動を行うことができます。

40代女性におすすめの転職エージェント・転職サイト

40代女性におすすめの転職エージェント

優良求人が多い業界最大手のリクルートエージェント

リクルートエージェント

業界最大手のエージェントで、転職実績NO.1のエージェントです。一般に公開されている求人に加えて、求人サイトには出回らない非公開求人を10万件以上持っています。

非公開求人には大手企業の求人や優良求人が多数含まれているため、働きやすい転職先を見つけることができます。40代女性の未経験転職の成功例もあります。

また、エージェントを利用すれば、キャリアアドバイザーとの面談などを通して、豊富な求人から、求める条件にマッチした求人の紹介も行ってくれます。応募書類の添削から、面接の練習、内定後の年収交渉など、一人で転職活動をしていたら、やりにくいことをしっかりとサポートしてくれます。

全国展開で拠点も各地にあり、地方求人にも強みがあります。

リクルートエージェント公式サイト

女性の転職に強いマイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントでは、女性ならではの転職の悩みに向きあい、転職のアドバイスをしてくれます。女性の転職を得意分野としているエージェントのため、女性の転職についての情報も豊富に持っています。

さまざまな年齢層の女性たちの人生に沿ったライフイベント、働き続けるためのキャリアの方向性、人それぞれの優先順位などに配慮した転職支援が人気です。ベストな転職のタイミングや、キャリアアップの秘訣、女性が面接で聞かれやすい質問などについてもきめ細やかなアドバイスが期待できます。

仕事をバリバリとこなしたい人や家庭や生活を重視したい女性、ライフスタイルなど、女性特有の悩みや職場環境についても相談することができます

マイナビエージェント公式サイト

サポートが手厚く親身に相談にのってくれるパソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアはサポート力が高いと評判のエージェントです。キャリアが浅い人に対してもキャリアコンサルタントが親身で丁寧にサポートしてくれます。履歴書や職務経歴書の添削を始め、面接対策などのサポートも充実しているため未経験転職でも安心です。

パソナグループ自体が「女性が社会で活躍すること」を掲げ、女性が活躍している実績のある企業のため、女性ならではの問題に対しても真摯に向き合ってくれます

パソナキャリア公式サイト

40代女性におすすめの転職サイト

女性専門の転職サイト女の転職@type

女の転職@type

女性専門の転職サイトです。女性を積極的に採用する企業の求人を多数保有しています。また、長く働くためのこだわり検索システムもあり、希望に合う求人を見つけやすいです。
さらに、希望求人がメールで届くシステムの他にも、適職カウンセリングや無料年収診断テストやいい仕事ミイつけよう診断など、転職に役立つコンテンツも充実しています。

女の転職@type公式サイト

転職者の8割が利用しているリクナビNEXT

リクナビNEXT

転職者の約8割が利用している、国内No.1の転職サイトです。新着・更新求人が毎週1,000件以上届き、その中の約8割はリクナビNEXTでしか見ることができない独占求人です。
さらに、レジュメ登録者にはサイト未掲載の特別求人を閲覧することも可能です。サービスも充実していて、スカウトメールの他にも、提携エージェントから特別求人が届くシステムもあります。

リクナビNEXT公式サイト

40代女性の転職で資格は有利になる?取ってもムダ?

独占業務が無い資格は取るだけムダ

『師・士業』などのように免許制職業は別として、独占業務が存在しないような資格は取得しても転職にはあまり意味がありません。資格がなくても従事できる職種や仕事であれば、実務経験者の方が歓迎されます

例えば、経理の募集で、「未経験の資格(簿記)保持者」と「資格なし実務経験者」を比較すると、一般的には後者の方が即戦力として優遇されます。ハードルの高くない資格の取得に時間を使うよりも、40代女性なら一刻も早く転職活動をスタートする方が有益です。

師や士業の資格なら可能性がある

資格は、どの資格であっても未経験転職に有利になるわけではありません。40代ともなれば、仕事に活かせるもので、かつ実務経験がなければ持っていても意味がないのが現状です。しかし、免許が無ければ従事できない職業なら、未経験でも考慮されるケースがあります。

例えば、「医師」「看護師」「薬剤師」など『師』のつく職業は、40代女性のブランクあり復職や未経験転職も可能です。

「弁護士」「司法書士」「税理士」「社会保険労務士」「保育士」「介護福祉士」「歯科衛生士」など『士業』と呼ばれる国家資格なら、未経験でも可能性があります

40代女性の転職、面接での服装やマナーは?

服装

転職面接の場合、企業からの指定が特になければビジネススーツで臨むのが通常です。色は黒や紺、グレーなど派手すぎない色を選ぶ方が良いでしょう。

パンツスタイルでもスカートスタイルでもどちらでも構いませんが、パンツスタイルは丈が長すぎるものはだらしない印象を与えるため控えましょう。スカートスタイルは、座った時にひざ上5cm程度になる丈にして、短すぎるものは控えましょう。

インナーはシャツでもカットソーでもどちらでも構いませんが、清潔感のある色のものにしましょう。ストッキングは無地のベージュが基本で、黒いものは避けましょう。

靴はヒールの高さが3~5cm程度で、なるべくヒールが太めのものにし、ピンヒールは避けましょう。

身だしなみ

髪色は、その業界のビジネスシーンにあっているものの方が印象が良いです。あまりにも派手な場合は染め直して面接に臨んだ方が良いでしょう。白髪が目立つ場合も染め直した方が実年齢よりも若く見え、清潔感も生まれるのでおすすめです。

顔周りの髪は、印象を大きく左右します。前髪が顔にかかったり、サイドの髪がお辞儀の時に顔にかかるようであれば、ピンでとめたり結んだ方が良いです。長い髪は、黒や茶色のゴムでハーフアップやポニーテールに束ねましょう。

メイクは濃すぎず、生活感があり健康的に見えるようにナチュラルメイクを心掛けてください。

マナー

面接においてマナーがなっている人は好印象を得ることができます。逆に言えば、マナーがなっていない人はその時点で、その会社の社員としてお客様の前に出すことができないと判断されてしまうということです。

面接時間は必ず厳守し、失礼のないように面接に挑みましょう。

面接時は必ず面接官や社員にしっかりとあいさつを行うことを忘れないようにしてください。また、面接の受け答えは正しい敬語を使って、相手の目を見て話すようにしましょう。相手の目を見て話すことで、自信や熱意がある印象を与えることができます。

また、面接官が話している時も相手の目を見ることで、きちんと話を聞いている印象を与えることができます。

転職に失敗してしまう40代女性の特徴

ひたすら理想を追い求める人

自分の理想や希望に叶う転職先を追い求めても、現実はそう甘くはありません。多くの企業では、40代の中途採用で前職からの条件をアップさせることは稀です。

理想や希望ばかりを追い求めるのではなく、現実的な決断をすることが希望の職種や業種に転職できるかどうかのポイントになります。

マネジメント経験や保有スキルの不足の人

基本的に40代の転職では、性別問わず管理職としてのキャリアや実績、高いスキルや技術力が求められます。企業にとっては、即戦力として給与を支払う価値のある人材で無ければ採用しません。

自分の経験やスキルが不足しているのにも関わらず、その部分に目を背けて転職活動していては内定は遠のきます。経験やスキルが不足しているのなら、その部分を補うためにはどうしたら良いのか、どのような選択肢を選べば内定に近づくことができるのかよく考える必要があります。

あまりにも畑違いの業界を志望する人

いくら未経験で異業種を目指すと言っても、あまりにも畑違いすぎる業界では採用されにくいです。ましてや40代となれば、書類通過すら困難でしょう。

若さのある20代とは違い40代ともなれば、未経験での転職市場価値もそれほど高くはありません。その現実をしっかりと受け止めて、年齢相応の行動をとるべきです。

有名企業や年収アップばかり狙う人

有名な人気企業や一流企業、条件のよい求人ばかりを狙うのも無謀です。有名企業や一流企業のような優良求人は、放っておいてもたくさんの人が応募してきます。

そのような倍率が高い中で、自分が採用される程のスキルや経験があるのでしょうか。しっかりと見極めて、理想ばかりを追い求めるのは避けましょう。

転職に成功する40代女性の特徴

自分で明確な目標を持って動いている人

自らのキャリアプランや目標を明確に持っていて、計画的に行動できている人は、転職も成功しやすいです。キャリアも終始一貫していて書類や面接でもブレがない人物というのは、面接官からの評価も良く、明確な意思を持ちそれに準ずる行動がとれるということは高く評価されます。

また、そのような人は志望動機や自己PRの際も、自分がなぜこの仕事を希望するのか、自分には何ができるのか、今後どうしていきたいのかなどを明確にしっかりとアピールすることもできるでしょう。

スキルアップを図っている人

キャリアプランに基づいて、日ごろから必要なスキルを磨いたり足りないものを補ったりと、スキルアップしている人は、40代になっても評価されやすいです。

そのような人は、業務の中で困難にぶつかっても試行錯誤を繰り返し、最善を工夫できると考えられるからです。

自分の市場価値を理解している人

自分自身の価値や転職市場における評価を正しく把握して理解している人は、あまりにも無謀な応募はしないため、転職も成功しやすいです。

アピールできる要素も分かっているので、確実にマッチする求人案件をピックアップして応募するため、選考の通過率も高いです。

自分の市場価値を正しく知り、マッチする求人に応募する

40代女性の未経験・異業種の転職は、一般的に男性よりも難しいです。しかし、まったく無理というわけではありません。現実を見据えて戦うフィールドを間違わず、さらにアピールできる武器があれば可能性はあります

40代女性を歓迎している業界や、男性の応募が少ない業界を選ぶなど、視点を変えてみるのも一つの手です。

まとめ

40代女性で正社員に転職する場合、ニーズが高い業種・職種を選ぶことが重要です。
また、非正規雇用から正社員登用制度を利用して正社員になる方法や、パートなどで経験を積んだのちに正社員として転職する方法紹介予定派遣制度を活用する方法もあります。

未経験の異業種に転職するなら、キャリアを活かして転職した後に社内異動を目指す段階的に希望の職種に転職する雇用形態にこだわらず転職する方法があります。

正社員転職を成功させるためにも、求人数が多く女性にも特化した転職エージェントのサポートを利用するのがおすすめです。