終身雇用制度の崩壊により、40代以上の転職希望者も増加傾向にあります。転職支援サイトやエージェントでも、年齢の高い層の転職サポートに力を入れつつあります。

40代以上の転職に必要なコツや、あれば嬉しい裏技についてチェックしてみましょう。

職歴を振り返る!年齢制限以前に転職回数とその理由を改めて考える

一般的に「転職回数が多い人材は年齢を重ねるにつれ転職成功率が下がる」というイメージを持たれています。確かに若いうちから転職を繰り返していると、場合によってはそんな評価を下される可能性があることは確かです。しかし、転職理由によっては必ずしもそうとは限りません。実際は年齢よりも転職理由が成功事例に繋がるかどうかの明暗を分けるのです。

転職回数が多いとしても、それがステップアップ転職であれば逆に高い評価を得られる可能性が高くなります。また、転職のたびに技術の研鑽をしていれば、履歴書や職務経歴書、面接で強くアピールできます。特に40代は転職や再就職にあたり即戦力、即応力が求められる世代です。ハイキャリアを目指して転職を繰り返したこと、そのたびにスキルアップしていると認められれば、転職活動においてこの上ない武器になることは間違いありません。

40代以上のミドル・シニア世代を積極的に採用する企業なら、転職回数よりもその点を重視するでしょう。転職後に職場に順応する能力や、経験を活かしたリーダーシップの取り方、あるいは若い世代ではまだ追いつけない高いスキルを期待し、中高年に向けた求人を出す企業はたくさんあります。

転職や再就職の目的によっては別の見方をする必要が生じます。同職種でキャリアアップを目指しているのなら、転職回数が多いことはプラスの評価に繋がる可能性が高いのですが、異職種へ初心者としてキャリアチェンジをする場合には企業に難しい顔をされるかもしれません。

異職種へ転職を希望する時、「企業が求める戦力になれるか」が鍵になります。「異職種だが社内インフラの管理ができる」「技術職だが客先との折衝も担当できる」など、目立ったスキルを持っている人のほうが成功事例に繋がりやすいことを覚えておきましょう。

40代の優先してアピールするべきは?以前の地位より今後のやる気

40代以上のミドル・シニア世代なら、前職で多くの部下を抱えていた立場の人もいるでしょう。そういう人ほど転職の時には意識の切り替えが必要です。転職活動で優先的にアピールするのは以前の地位ではありません。今後、転職希望先でどのように働きたいか、やる気をアピールしなければ成功事例に繋がりません

面接の時に前職の癖で尊大な態度を取ってしまえば、高確率で不採用になってしまいます。転職後に社内で同じことをされては困るという理由、40代にもなってTPOをわきまえられないという理由になるでしょう。前職までの自分の地位は忘れ、謙虚に面接に臨みましょう。

謙虚と卑屈は違います。必要以上にへりくだる必要はありません。なぜこの企業で働きたいのか、自分の採用によって企業にどのようなメリットが生じるかを、面接の短い時間の中で的確に、前向きに伝えることが第一の目的です。

新しい環境や立場で仕事をしたいと伝え、前職で培ったスキルを活用できるメリットを積極的にアピールしましょう。特に企業側はミドル・シニア世代だからこそ持っているスキルの活用に期待を持って求人を出しています。興味を引く自己PRを徹底しましょう。かと言って、前職での地位を一切意識してはいけないというわけでもありません。リーダーシップが取れる人材だと印象付けたい時、自分は前職で人をまとめる立場だったとアピールするのも良い方法です。

40代は「前職は管理職やマネージャーだった」という人も少なくない世代です。部下がいたからこそ培った経験を活かすことは、場合によってはむしろ歓迎されるものです。若い世代では対応が難しい局面でも、中高年だからこそ可能なリーダーシップを発揮して問題を解決するのも立派なスキルです。企業にとって大きなメリットになります。部下がいたからこそ人材の扱い方に慣れ、より良い方向へ舵を取れるスキルは、40代以上の中高年には備わっていて欲しい能力の1つです。

傲慢ではなく謙虚に主張できれば、企業からの印象アップに繋がります。「前職ではマネージャーの立場で、人をまとめる立場でした。その時の経験から問題解決に対して有効なフローを持っています」。これも中高年に求められるスキルの1つです。とはいえ、前職と異なる立場での転職や再就職を求めているのであれば、管理職やマネージャーとしてより、1人のプレーヤーとして働きたいこと、個人のスキルを発揮して会社に役立てたいことを第一に伝えるべきです。前職の地位はあくまで補足のPR材料程度に考えておきましょう。

転職エージェント&転職サイトを積極的に!40代の裏技は!

40代からの転職活動では、転職エージェントや転職サイトを活用することがおすすめです。中には既に経験済みで、思ったような結果を得られなかったかも知れませんが、それには理由があります。

転職サイト、転職エージェントごとに、紹介する求人の種類が異なっています。得意とする年齢層、年収層、業種がそれぞれ違っているものなのです。また、転職エージェントや転職サイトでは、いわゆる裏技も存在します。

会員登録をしなくても見られる転職サイトには、「会員登録をすると見られる求人」、非公開求人というものがほぼ必ず存在しています。有料登録をしなければ見られないケースもありますので、サイトの性質を理解した上で利用する必要があるのです。このちょっとした裏技を知っているかどうかで、40代の転職成功率は大きく変わって来ます。

転職エージェントも同様です。まずは会員になり、隅々までサポートしてくれるアドバイザーと相談できる体制を作ることが大切です。非公開求人の積極的な紹介が期待できるだけではなく、面接対策や面接日程の調整、転職決定後は現職の退職時期までサポートしてくれる転職エージェントがほとんどです。

資金や企業力のある転職エージェントを探すことも大切です。力のある転職エージェントは幅広い年齢層の求人を抱えており、転職が難しいと言われる40代以上にも充分な求人を紹介してくれる特徴があります。こういった転職エージェントを積極的に探し、利用することが賢い転職活動の裏技の1つです。

資金と企業力が期待できる転職エージェントと言えば、「リクルートエージェント」が有名です。大企業であるリクルート社の運営で、資金、企業力共に大きな期待を持てます。アドバイザーのサポートの手厚さは高い評価を得ており、言い出しにくい年収交渉やその他の条件、入社日などを交渉してくれます。面接対策や職務経歴書の効果的な書き方指導も受けることが可能です。

また、リクルートエージェントが抱える求人は8割が非公開です。40代以上の求人も積極的に取り扱っており、好条件の案件を高い確率で紹介してくれます。アドバイザーの質も高く、口コミなどでも高い評価を獲得しています。

転職エージェントを使うほどではないという立場の人、または少し転職について様子を見てみたいという人なら、求人サイトの「リクナビNEXT」を先に覗いてみるのも良いでしょう。裏技として、リクナビNEXTで見つけた気になる求人を、リクルートエージェントの担当アドバイザーに相談してみるという方法もあります。

転職エージェントや転職サイトの活用で、40代からのミドル・シニア世代でもスムーズな転職活動が可能です。成功事例に繋げるためにも、ぜひ登録・利用してみて下さい。

40代〜ミドル・シニア世代の転職におすすめのエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートグループだからこその業界トップの求人案件数で全国対応しており、まずは登録すべき転職エージェントです。40代以上の転職成功事例も多く、近年は40代・50代の求人も増えています。

とにかく求人案件数も多く裾野も広いので、40代以上の人材の多様なキャリアにも柔軟に対応することができます。非公開求人だけでも20万件以上、拠点も全国にあり土日平日夜も面談対応。

登録者なら無料で参加できるセミナーもあり、はじめての転職活動にも役立つ情報がたくさんあります。退職率が4%は、キャリア・アドバイザーが希望の転職を親身になってサポートしている証。メインで活用したいエージェントです。

面接力向上セミナーなど無料セミナーも充実しています。拠点も全国主要都市に16箇所あり全国を網羅しており、土日の相談が可能なのもうれしいです。

リクルートエージェントへ無料登録

エグゼクティブ専門 キャリアカーバー

キャリアカーバー

最大手リクルートが運営している、年収600万円以上のミドル・シニア/ハイクラス・エグゼクティブ限定の会員制転職サイトです。一般的な転職サイトとは異なり、非公開求人を含めた中から幹部クラスの転職支援実績が豊富なヘッドハンター約2,500名が求人探しを代行してくれるので、多忙なエグゼクティブも効率よく転職活動を進められます。

他の転職サイトのように期待度が低いスカウトメールが来ることが少なく、低レベルな「自称転職エージェント」から勧誘される心配もありません。またハイキャリア層の研鑚に耐えられるビジネス情報のコンテンツも充実しています。

もちろん、自分で数万件のデータベースから求人検索することもでき、自分では思いつかなかった、求人案件に出会うことができます。40代の外資系・ミドル・シニアアッパークラス転職を成功させるならリクルートのキャリアカーバーがおすすめです。

※年収800万円以上の求人情報を59,000件以上保有しています。(2021年1月時点)
新型コロナ対策でヘッドハンターは電話やオンラインなどで対応しています。

キャリアカーバーへ無料登録

転職エージェントでミドル転職できなかったら転職サイトへ

リクナビNEXT

リクナビNEXT

転職希望者の8割が利用する求人数No.1の転職サイト。リクルートグループ運営で、転職するなら外せない国内最大規模の転職サイトです。
転職情報の収集という意味からも、40代以上転職の現実を理解するためにも、様子見としても求人情報のチェックは必須ですね。特に40代ではじめての転職の場合などは、転職活動の流れなど事前準備も兼ねて、しっかり学ぶべきでしょう。
レジュメ登録で企業からオファーが届くシステムもあり、転職エージェントへの登録と併用して活用している40代以上の転職者も少なくありません。

リクナビNEXTへ無料登録

正社員就職応援プロジェクト・東京しごとセンター

東京都の正社員就職支援事業です。東京しごとセンター正社員就職応援プロジェクトでは、30歳から54歳までの都内で正社員就職したい方を無料でサポートしています。

就活ノウハウやキャリアデザインなど、セミナー・研修受講は全て無料です。1日5000円の就活支援金支給制度や短期間のスキルアッププログラムなどもあり、就職活動がうまくいかない、面接が苦手、自分に合った仕事を探したいなどの手厚いサポートが受けられます。

東京しごと塾は、30歳から54歳の正社員就職を目指す方が、就活支援金を受給しながら5日〜2ヶ月の職務実習を通じて正社員就職を目指すプログラムが3コースあります。プログラム受講者の98%が「満足」と答えています。

すべて無料ですので東京都で正社員就職希望の方にはおすすめです!

正社員就職応援プロジェクト・東京しごとセンターへ無料登録