45歳以上・ミドル世代の転職活動のポイントは?

45歳以上のミドル世代の転職にはさまざまな事情が伴うものです。十分キャリアを積んだ上でさらなるキャリアアップを目指しての転職もありますし、これまでのキャリアを捨てて心機一転、新しい世界で再スタートを切りたいという方もいるでしょう。あるいはスキルも経験もほとんどなく、とにかく安定した就業環境を得たいと思っている方もいるはずです。

それだけに45歳以上・ミドル世代の転職活動はケースバイケース、ひとりひとりの事情に合わせた準備と対策が必要になってきます。

そんなミドル世代の転職活動のポイントは焦点を絞ること、そして自分をうまく売り込める会社を選ぶことの2点が重要になってくるでしょう。この年代になると転職は難しいと言われますが、豊富なキャリアや専門的なスキル・知識を持っている人なら即戦力として歓迎してくれる会社はいくらでもありますし、未経験OKの求人も探せばあるものです。

たくさんの情報の中から自分にあった求人をいかにうまく絞り込むことができるか、後述するように時間の余裕があまりない世代でもあるだけに、効率も重要なポイントとなってくるのです。

豊富なキャリアがある方でも、新しい分野にチャレンジする方でも、あるいは未経験の方でも、自分アピールができる求人を厳選することが大事です。若さや伸び代がアピール材料にならない年代ですから、現在の自分がどれだけ使えるか、会社に貢献できるかが最大のポイントなるからです。

「未経験で何をアピールすればいいのか」と思う方も多いかもしれませんが、40年、50年と生きていく間で身につけてきた良識、マナー、協調性、柔軟性といった人格面のアピール材料があるはずです。こうした履歴書や職務経歴書に書けない部分を強調できるか、言い方を変えれば自分の長所、強みにマッチする会社を見つけることができるかが大事なのです。

そしてもうひとつ、45歳以上の転職活動における最大のポイントとも言えるのが「働きながら転職活動を続けているか」です。年齢的にも、家庭・生活環境からも、退職してからゆっくりと次の仕事先を探す、というのが難しい環境に置かれていることが多い世代です。あくまで働きながら転職活動をして、次の転職先の目安が就いた段階で今の職場を退職する、転職時に空白期間をできるだけ作らないというのが大原則となるでしょう。

そうなると、働きながら情報収集し、説明会や面接に臨むなど時間をうまくやりくりしていくことも求められます。先述したように情報がたくさんあればよいわけではなく、時間のロスを避けながら、いかに効率よく情報を厳選し、チャンスを逃さずに積極的に活動していくことができるかが問われるわけです。

45歳以上・ミドル世代の転職はキャリアプランの発想の転換が必須

転職を飛躍の機会にすることができるのは35歳くらいまでと言われています。若さとキャリアの釣り合いがちょうどとれているのがこれくらいの年齢で、それを過ぎてしまうと伸び代や将来性の点でマイナス評価がつきまとうようになるのです。

そうなると、転職を目指す際に、現在、自分がどんなことができるのか、これまでのキャリアでどんな知識・スキルを身につけてきたのかを正確に把握した上で職探しを行っていく必要が出てくるでしょう。それはキャリアプランにも大きく影響してきます。

キャリアプランとは、ビジネスマンとしての将来設計と言ってもよいでしょう。しかし、この「将来設計」の意味は年代によってかなり違ってきます。20代の場合は「将来、自分は何になりたいか」と夢や希望を膨らませた上で計画を練っていくものです。ですから、「○○になりたい」「○○の仕事をやってみたい」といった願望が全面に出てきます。

これが30代になると、これまで培ってきた知識・スキルを前提にした上で、これからどんな風に飛躍していきたいのかを重点においた将来設計になってきます。ある程度自分の適正や自分に何ができるのかを把握できるようになったことで、現実的な視点で将来設計を行っていくわけです。

言い方を変えれば、「これからどんな環境・方法で自分を伸ばしていくか」が問われるわけです。まだまだ年齢的にも将来性がある一方、夢や希望を闇雲に追いかける年齢でもない、そんなバランス感覚がキャリアプランに求められます。

それに対して、45歳以上のキャリアプランは将来の飛躍よりもどうこれまでのキャリアを維持していくことができるか、生活環境をよりよくできるかが重視されるようになります。「○○になりたい」よりも「もう少し収入がよい職場で働きたい」「就業環境がよい職場で働きたい」といった現実的な希望が全面に出てきます。

45歳以上の将来とは「自分がどれだけ飛躍しているか」ではなく、

  • 「収入面で安心して生活できるか」
  • 「定年退職後の備えができるか」
  • 「子供の教育費を確保できるか」
  • 「親の介護がしっかりできるか」

といった現実的な部分が占めることになります。

そうなると、30代から45歳以上にかけてキャリアプランの立て方に根本的な発想の転換が必要になります。現在の自分のスキル・知識を踏まえつつ、将来の安定・安全を確保するためのビジョン・プランが求められるわけです。

45歳以上・ミドル世代のキャリアプランの立て方

人生は年齢を重ねるごとに、人それぞれの環境に大きな差が出てくるものです。45歳以上はそれが如実に現れる年代とも言えるでしょう。それだけに転職対策の完全ガイドといったものはなかなか成立しないものですが、キャリアプランの基本的な立て方のポイントについてチェックしておきましょう。この基本を土台にして、自分の環境を踏まながらプランを練っていくことで、将来設計にも転職にも役立つキャリアプランを作っていくことができるはずです。

まずは自分が今どんな立場にあるのか、これまでどんなキャリアを積んでどんなことができるようになったのかを確認するのはもちろん、現在どんなポストについているのか、それがどれだけの価値があるのかも見ておきましょう。転職した時に、これまでと同等のポストが得られない可能性も出てきます。そうなると、表向きにはキャリアダウンの形になるわけですが、それがどれだけデメリットになるか・ならないかを見極めておきましょう。

例えば、肩書だけの「名ばかり管理職」やマネージメント職とは言いつつも中間管理職の厳しさを味わうだけのポストだったら、失ったところでそれほど大きなダメージはないはずです。一方、非常に価値のあるポスト、それを手に入れるためにこれまで頑張ってきて、ようやく手に入れることができたポストの場合は、転職を機に失ってしまうことは大きなマイナスになるでしょう。

こうした現在の自分のポスト、立ち位置を意識した上でのキャリアプランの設定が求められるわけです。ポストの点からキャリアダウンしても収入が増えればいいのか、それとも肩書は維持したいのかで、転職先探しにも大きな差が出てくるはずです。

それから、ゴールのビジョンをある程度具体的に描いておくことです。20代、30代のキャリアプランでは「何になりたいか」、つまりキャリアの頂点をイメージしてプランを練っていくのが基本ですが、45歳以上の場合はキャリアの最後、つまり定年退職した時に自分がどんな環境にあるのか、どんな環境でリタイアしたいのかを思い描いておくことが大事です。

例えば、45歳の方が転職を目指す場合には残されたキャリアは15年です。この年代なら15年なんてあっという間だと感じる人も多いはず、どこでキャリアの頂点を迎えるかではなく、どうやって終えるかも見ておきましょう。60歳で退職した時に退職金をどれだけもらえるか、定年後も継続して雇用してもらえる環境があるかどうかといった現実的な面ももちろん大事です。

ワークライフバランスも忘れてはならない部分です。もちろんこれは年代を問わず重要な部分ですが、45歳以上ならではの事情が絡んできます。まず体力の衰えを感じ始める時期ですから、これまでのような無理が利かなくなります。また、家庭環境によっては子育てが一段落する時期でもあり、夫婦関係の再構築が必要になってくることもあるでしょう。

この年代で自分の心身をいたわりながら働き続けられる環境を得られるか、または家族関係を深められる環境を得られるかで、50代以降、とりわけ定年退職後の生活に非常に大きな差が出てきます。言い方を変えれば、45歳以上のキャリアプランにおける「将来設計」とは、その後の人生全体の設計を立てることとも言えそうです。

このように、45歳以上になるとキャリアプランの作成の際に考えなければならないことが格段に増えてきます。将来性が失われ、しかも近い将来が読みづらくなっていく面もあります。このまま健康で働き続けることかできるのか、親に介護が必要になった場合にはどうするのか、年金制度はこのまま維持されるのか…こうした不安材料が多くなるため、キャリアプランにおいても柔軟性が求められます。

現実的な視点から近い将来をできるだけ具体的にイメージすることが重要になる一方で、もし不測の事態に見舞われた時にも柔軟に対応できる余地も用意しておきましょう。あまり「このルートしかない」とばかりに厳密なキャリアプランを作成してしまうと、思わぬ事態に遭遇した時に全体が破綻してしまう恐れも出てきます。「プランAがうまくいかなくなったときのためにプランBも用意しておく」といった複数の選択肢を用意したプランづくりを検討してみましょう。

定期的にキャリアプランを見直すのもおすすめです。43歳に転職を目指した時に作成したキャリアプランを46歳になった時に見直し、どれだけ実現できているか、これからもこのプラン通りに続けられるのかをチェックした上で、無理そうなら修正し、うまくいっているなら上方修正も検討する、このように大体3年ごとに見直していけば、無理のないキャリアプランをもとに仕事と日常生活の両立を目指していくことかできるはずです。

なお、45歳以上の最初にキャリアプランを立てる時には最初はちょっと高め、先程触れたゴールを高めに設定した上で、モチベーションを維持しながら努力を続けられるようなキャリアプランを立ててみましょう。たとえ目標を達成できなくても落胆しない程度の「ちょっと高め」に設定するのがポイントです。

モチベーションを維持するだけでなく、達成できた時の充実感や自信を持つ機会も得られるでしょう。その上で定期的に見直し、修正していくという柔軟さとその時々の判断力・修正力が問われるでしょう。

45歳以上・ミドル世代の職探しには転職エージェントがおすすめ

こうした事情から、45歳以上・ミドル世代が転職活動を行う際には転職エージェントの利用がおすすめです。そのポイントとなるのがコンサルタントの存在です。サービスに登録すると、在籍しているコンサルタントのサポートを受けることができるようになります。

このコンサルタントは、利用者の希望をもとに求人情報をピックアップして教えてくれるほか、幅広い転職活動のサポートも行ってくれます。

例えば履歴書・職務経歴書の作成ですが、一人で行う場合、ネットで例文やテンプレートを延々とチェックして回った結果、あっという間に時間が過ぎ去ってしまい、半日かけても満足なものが出来上がらない、といったケースも少なくありません。コンサルタントのサポートを借りれば、的確なアドバイスを受けながら時間のロスを最小限に抑えて、良い履歴書・職務経歴書を作成していくことが可能です。

また、面接や条件に関する交渉の代行も担当してくれます。収入は良いけれども就業環境が少し気になる、収入面がもう少し良ければ文句なしなんだけど…こうした「もう一歩が足りない」求人に対して、本人に代わって企業に交渉を行ってくれるのです。

上手く行けばさらに良い条件で採用するチャンスにも恵まれるでしょう。面接の日時の交渉も行ってくれますから、こちらの都合をできるだけ考慮してもらった上で、希望の日時で面接を受けることもできます。不安な場合には面接に同行してくれる場合もあります。

さらに、転職エージェントではハイクラス案件や人気の高い企業からの求人を非公開の形で提供しています。会員登録することで、一般公開の求人サイトでは決して見つからない良い条件の求人を見つけることもできるのです。一般公開の求人サイトに先駆けて募集が行われる求人などもあります。キャリアアップを目指しての転職を考えている方にとって、とくに魅力的な部分となるでしょう。

この転職エージェントは無料で利用できますから、複数のエージェントを併用するのがおすすめです。それぞれのエージェントごとに特徴や強みがありますから、それぞれを上手く活かしながら利用していけばよいわけです。A社では収入面が良い求人を重点的に探し、B社では就業環境が良い求人を探す、C社ではおもに転職活動のサポートを利用する…といった賢い利用方法もできるでしょう。

ただ、転職エージェントの利用に関しては注意しておきたいポイントもいくつかあります。「玉石混淆」だということです。現在、多数の転職エージェントがあり、選択肢がたくさんあるのはよいのですが、中にはサービスがあまり充実していないものもあります。同じエージェントでも、担当につくコンサルタントによって質が大きく変わってくるケースもあります。簡単に言えば「ハズレ」を掴まされてしまう恐れがあるわけです。

転職エージェントは、企業が求人を掲載する際に掲載料をもらったり、企業がそのサービスを通して人材を獲得できた際に報酬を受け取ることで利益を得ています。ですから、コンサルタントはとにかく利用者にたくさんの情報を積極的に提供して、成約の機会を増やすことを目指しています。もし見当違いの情報ばかりを提供するエージェントを利用してしまうと、連日のように役に立たない情報が送られてきて邪魔になってしまうこともあるわけです。

複数の転職エージェントを併用するにしてもあまりたくさんのエージェントを利用するのではなく、もたらされる情報を扱える範囲内に絞り込むのがポイントです。一般的には3〜4社程度が理想的とされています。そして、利用しているエージェントが当たりかハズレかを早い段階で見極め、当たりのところを重点的に利用している姿勢も欲しいところです。

先程触れたように、各転職エージェントごとに特徴や強み・弱点があります。できるだけ45歳以上・ミドル世代の転職に強いところを選びましょう。例えば、求人を検索する際に「ミドル・シニア向け」「45歳以上」などの条件で情報をピックアップすることができるか、その会社が45歳以上・ミドル世代の転職支援をアピールしているか、自分が転職したい業種・職種での転職成功例があるか…

多くの転職エージェントでは過去の成功例や転職を橋渡しした有名企業の名前などが掲載されています。これらをチェックすれば、ある程度自分に向いた求人を提供してくれるところかどうかを見極めることができるでしょう。

45歳以上・ミドル世代の転職の鍵は転職エージェントの活用にあり、といっても過言ではないかもしれません。自分にとって役立つ情報を提供し、効率のよい転職活動をサポートしてくれる転職エージェントを探すところから、転職活動の第一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

45歳以上・ミドル世代の転職エージェントランキング

  1. リクルートエージェント

    リクルートエージェント

    日本最大級の転職エージェントで、求人数No.1、転職成功実績No.1の最大手リクルートエージェントです。拠点も全国主要都市に16箇所あり、地方の求人も豊富です。対応できる業種・職種が幅広く、ミドル・ハイキャリア層まで、質の高い求人を数多く保有しています。

    50代であってもハイスペックな人材なら、満足できる質の高いサポートが受けられるでしょう。保有求人数が桁違いで非公開求人も多いため、ベテランキャリア人材がハイクラス転職を考えるなら登録必須の転職エージェントです。

    各業界事情に精通した470名以上のキャリアアドバイザーの履歴書や職務経歴書のまとめ方など応募書類の添削や面接対策アドバイスも実践的です、面接力向上セミナーなど無料セミナーも充実しています。
    ※土日のキャリア相談、オンラインに対応しています。

    リクルートエージェントへ無料登録

  2. リクルートのエグゼクティブ専門 キャリアカーバー

    キャリアカーバー

    最大手リクルートが運営している、年収600万円以上ハイクラス・エグゼクティブ限定の会員制転職サイトです。一般的な転職サイトとは異なり、非公開求人を含めた中からエキスパート・幹部クラスの転職支援実績が豊富なヘッドハンター約2,500名が求人探しを代行してくれるので、多忙なエグゼクティブも効率よく転職活動を進められます。

    他の転職サイトのように期待度が低いスカウトメールが来ることが少なく、低レベルな「自称転職エージェント」から勧誘される心配もありません。またハイキャリア層の研鑚に耐えられるビジネス情報のコンテンツも充実しています。

    もちろん、自分で数万件のデータベースから求人検索することもでき、自分では思いつかなかった、求人案件に出会うことができます。40代、50代の外資系・ミドルアッパークラス転職を成功させるならリクルートのキャリアカーバーがおすすめです。

    リクルートエージェントと併せて活用すれば、通常のミドル層のキャリア転職なら十分といえるでしょう。

    ※年収800万円以上の求人情報を59,000件以上保有しています。(2021年1月時点)
    新型コロナ対策でヘッドハンターは電話やオンラインなどで対応しています。

    キャリアカーバーへ無料登録

  3. JACリクルートメント

    JACリクルートメント

    十分なキャリアを積んだマネジメント人材や、スペシャリスト人材向けの転職エージェントです。
    転職市場での人材価値として、同業種への転職であれば特に専門性の分析・評価は欠かせないポイントですよね。業界別に専門知識を有し特化したキャリアコンサルタントがヒアリングから丁寧に対応しますので、専門性の高いミドル世代にもおすすめです。

    JACリクルートメントへ無料登録

  4. 登録基準がやさしめなdodaエージェントサービス

    総合型の転職エージェントです。非公開求人を含む約10万件以上の幅広い業界・職種の求人には、40代50代の案件も豊富に保有しています、また業界大手なので企業からの信頼が厚く、転職希望者に有利な選考や年収交渉をすすめることができます。

    さらにキャリアアップできる企業に応募の際に推薦状をつけてくれるので、内定を貰える確率が高くなります。面接対策や応募書類の添削といったサポートの質にも定評があります

    北海道から九州まで全国10箇所に拠点があり地方の求人も豊富で、各地で転職セミナー&転職相談会を多数開催しています。(オンラインセミナーあり)
    ※職種、年齢、経験を問わず、さまざまな方が利用し転職に成功しています。

    dodaへ無料登録

  5. 世界最大級の転職エージェント ランスタッド

    ランスタッド

    オランダで創業した、世界最大級のグローバルで年間約20万人の転職サポート実績をもつ外資系総合人材会社です。
    人材派遣をメインに日本国内でも人材系企業の買収を繰り返して拡大中で、北海道から九州まで全国各地に拠点があります。
    求人企業は営業系から、IT通信、機械・電気系、建築系、医療系、販売・サービス系、マーケティング・経営企画・管理系、金融系まで、幅広い求人案件を揃えています。
    急拡大中で外資系らしいドライなコンサルタントも居るようですが、優秀なコンサルタントに当たる可能性もあり、外資系転職の求人なら期待の出来る転職エージェントです。

    ランスタッドへ無料登録

正社員就職応援プロジェクト・東京しごとセンター

東京都の正社員就職支援事業です。東京しごとセンター正社員就職応援プロジェクトでは、30歳から54歳までの都内で正社員就職したい方を無料でサポートしています。

就活ノウハウやキャリアデザインなど、セミナー・研修受講は全て無料です。1日5000円の就活支援金支給制度や短期間のスキルアッププログラムなどもあり、就職活動がうまくいかない、面接が苦手、自分に合った仕事を探したいなどの手厚いサポートが受けられます。

東京しごと塾は、30歳から54歳の正社員就職を目指す方が、就活支援金を受給しながら5日〜2ヶ月の職務実習を通じて正社員就職を目指すプログラムが3コースあります。プログラム受講者の98%が「満足」と答えています。

すべて無料ですので東京都で正社員就職希望の方にはおすすめです!

正社員就職応援プロジェクト・東京しごとセンターへ無料登録