30代のキャリアプランとは?

30代とは人生の重要な転機が訪れる時期でもあり、いろいろな決断が求められる機会が増えてくる時期でもあります。結婚して家庭を持つ方もいれば、子供ができる方もいるでしょう。さらに、転職という形でこれまでの環境を一新しようと考え方も出てくるはずです。これらは30代の生活環境に少なからず影響を及ぼした上で成り立っています。

例えば、結婚をしたので現在の職場の収入では心もとない、将来のことを考えてマイホームの購入を検討したいので無理なく返済が続けられる収入環境がほしい、子供ができたのでライフワークバランスが確保できる環境で働きたい…30代ならではの生活環境の変化が転職へと促すケースも出てくるのです。そうなると、キャリアプランの立て方においても、単に仕事だけで考えるのではなく、広く生活全般も視野に入れたプランが求められることになります。

時に、それは20代の頃に立てたキャリアプランの大幅な変更を求めてくることもあります。20代の頃にはまだ漠然としたイメージしか持っていなかった家庭人としての自分、ある程度経験を積んだ上でいよいよ本格的にビジネスマンとしてのキャリアを積んでいこうとしている自分、こうしたことが現実的なテーマとなって目の前に現れることで、キャリアプランの修正が求められることになるわけです。

言い方はよくないかもしれませんが、「20代の頃には30代の自分がこんな風になっているとは思わなかった」と苦い思いを感じている人もいるでしょう。そんな場合には心機一転、挽回も意味も込めて新たなキャリアプランを立てていくことが求められます。一方、「20代の頃に期待していた以上によいキャリアを積み重ねることができた」と感じている幸運な方は、キャリアプランを「上方修正」する必要も出てきます。

この時期に立てたキャリアプランが、その後のビジネスマンとしてのキャリアのみならず、人生そのものに大きな影響を及ぼしやすい点も覚えておくべきでしょう。甘い見通しで転職に踏み切った結果、キャリアダウンの結果をもたらしてしまった、家庭生活との両立を目指して転職したはずなのに収入ダウンなどの影響でかえって家庭内がギクシャクしてしまった、そんなことがないように、しっかりしたキャリアプランを立てていきたいところです。

転職を前提としたキャリアプランの立て方は?

「こんな風にキャリアプランを立てればいい」といった誰にでも通用する虎の巻のような完全ガイドはありませんが、プランを立てておく際に踏まえておくと役立つポイントがいくつかあります。

まず、これまでの自分のキャリアを総ざらいした上で自己評価・自己認識をしっかりと行っておくことです。これまでビジネスマンとしてどんな経験をしてきて、どんな知識・スキルを身につけることができたのか、何ができるようになったのか、そして現在の自分はこれからどんなことができるのかをできるだけ把握できるようにしましょう。

30代のキャリアプランでは、何よりも客観性に基づいた将来設計が求められます。まだ将来飛躍する可能性を秘めている一方、あくまで現時点の立ち位置から飛躍していくことを前提に計画を立てることが求められるのです。20代のように夢や希望を追いかけるのではなく、しっかり地に足をつけた状態でどれだけステップアップしていくことができるか、この段階でキャリアプランの成否がかなりのレベルで決まると言っても過言ではないでしょう。

それから、どうして転職したいのかを改めて確認しておくことです。例えば職場の人間関係や就業環境への不満が原因で今の職場を辞めたいと思った場合、転職がキャリア・収入のダウンをもたらしてしまう恐れがあります。少なくとも「この会社でなければどこでもいい」といったような投げやりな理由での退職は避けましょう。

不満がおもな理由で転職を考えている方は、その不満を解消するためにはどんな職場が自分に向いているのか、そうした職場に転職することで自分のキャリアにどんな影響が及ぶのかも想定しておきましょう。

例えば、残業や休日出勤が少ない会社に転職した場合にはライフワークバランスがとりやすい、家族と過ごす時間が増えるといったメリットが得られる一方で、残業代などの手当も含めた収入の減少や昇進の機会が失われるといったデメリットが生じる可能性もあります。

メリットとデメリットを天秤にかけた上で、今の職場よりもよいキャリアを積むことができるか、生活環境全体を向上させていくことができるかを吟味しましょう。

また、良い意味で「表の顔と裏の顔」を使い分けた上でキャリアプランを立てていくのもおすすめです。表の顔とは面接などの際に尋ねられた時に答えるためのもの、裏の顔は自分の本音の部分です。面接の際に採用されたらどんなことをしたいのか、どんなキャリアを積みたいのかを尋ねられることもあります。そんな時には相手に評価されるような、期待に応えられるような答えが求められます。

会社の得意分野や企業理念をよく研究して自分の立ち位置を確認し、将来設計も踏まえた上で、具体的にどんな形で活躍・貢献したいと表現できるかです。例えば「将来的にマネージメント職に就きたいと思っており、貴社の○○の部門ならそのための経験を積む機会もあり、目標を達成できると思いました」など、具体的な例を挙げられると理想的です。

そして、目標を叶えるために具体的に何をしたいのか、どうしてその会社を選んだのかもできるだけ具体的に説明できるようにしましょう。先ほどの例で言えば、漠然とマネージメント職に就きたいなら、とくに業種を絞る必要はないわけです。どうしてマネージメント職を目指すためにその会社を選んだのか、どんなマネージメント職になりたくてどんな経験を積みたいのかなどにも踏み込んで、プランを説明できるようにしておきたいところです。

それに対して、裏の顔では家庭生活の事情も踏まえたプランを立てていくことになります。小さい子供がいるので一緒に過ごす時間を確保したい、転勤はできるだけ避けたい、こうした事情は本人と家族にとっては非常に大事な部分ですが、転職希望先の企業にとっては必要ない部分です。それどころか、「仕事よりも家庭の事情を優先する人物」というイメージをもたれると、それがマイナス評価をもたらしてしまう恐れさえあります。

この表の顔と裏の顔をうまく使い分け、しかも両者の間で矛盾がないように、うまくキャリアプランを立てていくようにしましょう。

プロのアドバイスのもとでキャリアプランを立てる

こうした30代転職に欠かせないキャリアプランの作成を自分一人で行っていくのは難しい、大変そうといった方は、転職エージェントを利用してサポートを受けながらプランを練っていくのもおすすめです。転職エージェントと言えば非公開求人などいろいろな求人を入手できる点がよく知られていますが、在籍しているコンサルタントによるサポートには、本人の適正の見極めやキャリアプランの作成といった、広く転職に役立つ対策のサポートも含まれています。

キャリアプランはひとりひとりのキャリアや生活環境によって異なってくるわけですが、多くの人たちのキャリアプランの作成をサポートしてきた経験豊富な転職エージェントなら、これまでの事例などを参考にした上で適切なアドバイスをしてくれるでしょう。

先程も触れたように、転職する・しないを問わず、30代のキャリアプランの設定はその後のビジネスマンとしてのキャリアに非常に大きな影響を及ぼすものです。もちろん、この時に設定したプランに縛られる必要はありませんが、自分の目標の達成に近道となるようなプランをうまく立てて、それを忠実に実行していけるような環境づくりを目指しましょう。転職はそんな環境づくりのための手段の一つとみなすこともできるでしょう。

30代ならではの年収アップ転職の成功事例

30代で年収アップ目的の転職活動は珍しくありません。20代の頃と比べてライフスタイルが変わり、より多くの年収を望む人が増える世代でもあります。また、自分の実力に見合う年収が欲しいと思う人もいるでしょう。
30代の転職は20代の転職よりも厳しくなる傾向にあります。

しかし、30代だからこそできる年収アップのための転職活動があることも確かです。30代ならではの年収アップ、転職活動についてチェックしましょう。

30代からの転職活動に必要な条件は?経験とスキル重視の世代へ

20代の転職活動と比較すると、30代の転職活動は求められる要素が異なっています。企業側が30代の転職希望者に何を求めているのかを知っておきましょう。

20代に求められるものは将来性です。最低限の資格や技術を持っていれば更に好印象ですが、まずはポテンシャルを測られる世代だと言えます。また、第二新卒や既卒の採用枠も用意されているため、他の年代に比べると、就職・転職共に有利な世代です。

対して30代が求められるものは、将来性といったポテンシャルはあまり見かけられなくなります。20代で培ったスキルや経験を測られる世代です。いわば企業側は30代の転職希望者に対し、実力、実績を第一に求めているということになります。ポテンシャルはその次になるでしょう。

実力や実績を持っていても、それだけで転職が成功するわけではありません。今までの職歴だからこそ培って来られたコアスキルが重要です。コアスキルとは異なる業種・職種でも共通して発揮できるスキルを指して言います。対して、専門性の高いスキルをスペシャルスキルと言います。

実力や実績を測るならスペシャルスキルのほうが分かりやすいのでは?と考えそうですが、企業の中で1社員として働くのなら、社会性や一般常識を持っているかどうかも大切です。そのため、コアスキルを重視する企業が多いのです。コアスキルの中には「その職種で共通して知られているルール」も含まれます。同職種に転職をしたいのであれば、このコアスキルを自己PRで強調していくのも賢い手段です。

ただ、異業種への転職活動で通用しないわけでもありません。異業種であっても前職のコアスキルと重なる部分があれば、転職活動で大きな武器になります。希望する職種と前職を比較し、コアスキルをチェックすると、該当する求人数を増やすことができます。

そのためには自分のコアスキルを知っておくことが大切です。改めて自分を見直してみたり、転職エージェントに相談して判断を頼んでみると良いでしょう。

年収アップへの近道は転職先を見極めること

30代の転職で年収アップを目指すのなら、転職先をしっかり吟味することが大切です。20代に比べて転職しにくくなっている事実はありますが、それでも個人の能力次第でいくらでも転職先を探せる世代であることもまた事実です。

年収アップの転職の成功事例は、30代では多い傾向にあります。成功した人の共通点としては、やはり転職先を見極めて選び、条件を絞って転職活動をしたという点でしょう。その方法や条件で多く見られたものを成功事例から拾ってみました。

年収アップの転職に成功した人たちの多くは、まず「元々給与額の高い企業へ転職した」という共通点を持っています。確かにこれなら間違いなく年収アップです。同業種、異業種を問わず、最初から給与額の高い企業を狙って転職活動をすると良いことが分かります。

このような企業は大企業を考えがちですし、実際に大企業は給与が良い会社が多いため、転職先として狙うには充分な理由があります。しかし大企業よりも年収アップがかないやすいベンチャー企業も狙い目です。

ベンチャー企業は経営者との距離が近いため、仕事は忙しくなりがちですが、実力を発揮しやすい環境になっています。起業したてのベンチャーは若い世代が多く、30代ならではの管理経験を求められるケースも多々あります。管理職経験者の求人を出していることもありますので、コアスキルがマッチする人は転職先の候補に入れてみるのも良いでしょう。

他の共通点は、「前職と同業種に転職した」というものがあります。前職で培ったコアスキルだけではなく、スペシャルスキルもそのまま活かしやすいというメリットがあります。このメリットは企業側が30代の転職者に求める「即戦力」を満たすものです。採用後に重宝され、年収についても良い条件を提示されるでしょう。

一方、「年収アップにこだわらなければ30代でも多くの転職先がある」という声もあります。実際、幅広い年齢層の求人を出している企業も多くありますので、この声も納得でしょう。

しかしあくまで年収アップを目指すのであれば、やはり希望をかなえてくれる企業への転職を目指すべきです。中々見つけられない、難しい、という時には、転職エージェントを積極的に活用していきましょう。転職エージェントのサポートは高度で充実しているものが多く、近年の転職活動ではなくてはならない存在になっています。

年収交渉まで任せられる転職エージェントを探す

転職サイトや転職エージェントは多種多様です。全年齢向けに展開しているものもあれば、年齢層や職種を絞った求人に限定しているものもあります。30代からの転職も積極的にサポートしているサービスを探し、会員登録をして利用することをお勧めします。

会員登録をしなくても利用できる転職サイトや転職エージェントもありますが、会員登録をすると非公開求人を閲覧できることがほとんどです。非公開求人は好条件のため、公開すると応募者が殺到し、すぐに採用枠が埋まってしまうケースがほとんどです。しかし非公開求人ならその心配をせずに、よく考えてから応募する時間を取れるメリットがあります。

年収アップの転職を考えているのなら、転職エージェントの利用がお勧めです。転職エージェントに登録すると、担当のアドバイザーが様々なサポートをしてくれます。条件の良い求人を紹介してくれるのはもちろん、中々言い出しにくい年収交渉も応募者の代わりに行ってくれるのです。

転職エージェントが交渉したからと言って必ず年収アップが実現するわけではありませんが、自分1人ではやりにくい交渉や手続きを代理で行ってくれることは大きなメリットです。精神的、時間的な負担がカバーされます。交渉にも慣れているため、成功事例に繋がるケースが多いのも事実です。

中には年収アップの交渉をしない方針の転職エージェントもあります。年収アップが譲れない条件なら、交渉してくれるエージェントを改めて探し、乗り換えることも重要です。自分の希望に添った転職サポートをしてくれるエージェントを利用しましょう。

転職エージェントの「リクルートエージェント」は幅広い年齢層の転職をサポートしています。30代に最も力を入れており、専任のアドバイザーが親身になって対応するシステムです。不利になりがちな女性の転職にも積極的です。

取り扱っている求人の質も高く、安心して任せることができます。応募先が決まれば面接対策や日程管理、その他細かいことまで丁寧なサポートが受けられます。

年収に関してもしっかりとした交渉をしてくれますので、最初に「年収アップを希望したい」とアドバイザーに伝えておきましょう。年収アップを前提にした求人の紹介、転職サポートを行ってくれます。

1社だけのサポートだけでは足りないのなら、数社の転職エージェントを利用するのも有効な手段です。希望の転職の成功事例に導いてくれる転職エージェントを選びましょう。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

日本最大級の転職エージェントで、求人数No.1、転職成功実績No.1の最大手リクルートエージェントです。拠点も全国主要都市に16箇所あり、地方の求人も豊富です。対応できる業種・職種が幅広く、質の高い求人を数多く保有しています。

各業界事情に精通した470名以上のキャリアアドバイザーが、丁寧なキャリアカウンセリングであなたの経歴・スキル・実績を把握し、希望に沿った求人を紹介してくれます。また適切な年収額を提示して、可能な限り年収アップを図ってくれます。

キャリアアドバイザーの履歴書や職務経歴書のまとめ方など、採用情報を加味した応募書類の添削や面接対策アドバイスも実践的で、面接力向上セミナーなど無料セミナーも充実しています。

転職先で活躍できることを目標に、またその後のキャリア形成も考えてのサポートしているので、転職後の退職率がわずか4%以下は特筆すべき点です。転職サポートの流れもスピーディーなので、今すぐ転職したい人も頼りになります。土日の相談が可能なのも有難いですね。

リクルートエージェントへ無料登録

交渉力とサポート力が高いdodaエージェントサービス

dodaは交渉力とサポート力が高いと評判のエージェントです。

常時全国10万件以上の幅広い業界・職種の求人には、30代40代の案件も豊富に保有しています。履歴書や職務経歴書の添削を始め、面接対策などのサポートも充実しているため時間のない方の転職活動も安心です。

業界大手なので企業からの信頼が厚く、転職希望者に有利な選考や年収交渉をすすめることができます。キャリアアップできる企業に応募の際に推薦状をつけてくれるので、内定を貰える確率も高くなります。

北海道から九州まで全国10箇所に拠点があり地方の求人も豊富で、各地で転職セミナー&転職相談会を多数開催しています。(オンラインセミナーあり)

※職種、年齢、経験を問わず、さまざまな方が利用し転職に成功しています。

dodaへ無料登録