男性が転職する年代別理由

転職を考える時に、同じ世代の男性がどのような理由で転職しようと思ったのか、気になることはありませんか。他の人がどんな時に、どんな悩みを抱えて転職に踏み切ったのか知ることで、転職を成功させるヒントが見つかることがあります。では、20代から40代までの働き盛りの男性が転職を考える年代別理由はなんでしょうか。

20代男性

まずは20代の男性の転職理由ですが、一番多いのが「他にやりたい仕事がある」という理由です。特に、20代後半になると社会人としての生活にも慣れてきて、さまざまな迷いが出てくる時期と言えます。

「今ならまだ未経験の業種への転職も可能かも」「この会社では思っていたような仕事をさせてもらえない」など、将来のビジョンも含めて考え出す人が増えてきます。20代での他の転職理由は、「給料に不満がある」「残業が多い」「休みが取れない」などの理由が多く見られます。

30代男性

次に、30代男性に多い転職理由ですが、30代でもやはり「他にやりたい仕事がある」という理由で転職を考える人が多くなっています。ただ、30代の場合は会社の将来性に疑問や不安を感じることも転職のきっかけとしてあるようで、単に自分が他の仕事を試したいという以上に大きな視野で転職を考え出すことがあります。

また、30代は会社での出世もシビアに響いてくる年代ですので、会社に働きが十分評価されていないと感じることで、転職に目が行くことがあるようです。

40代男性

では、40代男性ではどうでしょうか。40代でも、もっとやりたい仕事があると考えて転職する人は一定数いますが、実は40代での転職理由でもっとも多いのが「会社の将来性に対する不安」です。このまま働いても先が見えている、40代なら本当のラストチャンスかもしれない、と考えて転職に踏み切る人がいます。

企業によっては経験豊かで技術もある人材なら40代でも採用したいというところがありますから、まだ転職の可能性が残されているうちに転職したいと考える人がいるのも無理はありません。

男性のキャリアダウン目的の転職の理由

一般的に、転職=キャリアアップと思いがちですが、キャリアダウンしたいという目的で転職する人がいるのをご存知でしょうか。キャリアダウンと聞くとネガティブな印象を持ちがちですが、実はキャリアダウンのための転職で得られるメリットもあります。では、キャリアダウンしたいと考える人が求めているものとはなんでしょうか。

1.プライベートの充実

一つには、「プライベートの充実」が挙げられます。会社で経験を積み、立場も上がるにつれて、労働時間はどんどん長くなっていきます。結果として、朝から晩までほとんどの時間を会社で過ごし、ひどい場合には休みを返上して働くこともあります。

それではプライベートの時間がほとんど取れなくなります。もちろん、すべての会社がそうだという訳ではないですが、多くの企業では高収入を目指そうと思うと残業が増えたり、休みが取れなくなったりするという現実があります。

仕事が趣味、仕事以外にプライベートは必要としないという人なら問題はないかもしれませんが、自分のためにもしっかり時間を使いたい、また既婚者で家族を大切にしたい人は、キャリアダウンしてでも生活を変えた方が幸せになれるという結論に達するのかもしれません。

2.プレッシャーからの解放

キャリアがアップすることで、必然的に仕事が難しくなり、責任も重圧も大きくなりがちです。そうすると、精神的な負担が出てきて、仕事からの喜びや満足感よりもストレスの方を重く感じることもあります。その点、キャリアダウンしたいという願いが達成できれば、大きなストレスから解放される可能性が高くなります。

精神的な負担というのは思っているよりもつらいもので、知らず知らずのうちに疲れが体や精神をむしばんで、病気になってしまうことさえあり得ます。そう考えると、危険なプレッシャーから解放されるためにキャリアダウンを選ぶというのも一つの選択肢と言えます。

3.仕事からやりがいを感じれる

逆説のように思うかもしれませんが、キャリアダウンすることで仕事に生きがいや喜びを感じられるようになる場合もあります。バリバリ働いている時は、収入を増やすことや出世のことばかりが気になって、失敗を恐れたり、あるいは競争心から同僚との関係が悪化したりという可能性があります。

そうなると、些細なことでイライラしたり、落ち込んだり、毎日の仕事は喜びどころか、アップダウンの連続でただただ疲れ果ててしまいます。その点、意図的にキャリアダウンや転職をしてみることで、キャリアや収入よりも好きな仕事に打ち込み、それまで失っていたやりがいを再び感じるようになったという人もいるのです。

キャリアに関する世間の常識にとらわれるのをやめて、純粋に仕事と向き合うというのも、人生の中での転換点になるかもしれません。

女性の年代別転職事情

働く女性で転職を考える主な理由とは何でしょうか。男性の場合はキャリアや会社の将来性、給料面での不満などが理由になることが多いですが、女性の転職理由は、キャリアを優先するのか、ワークライフのバランスを優先するのか、仕事に対する捉え方やライフステージによって理由が異なります。

女性の場合も年代によって転職理由が変化する傾向があるので、自分と同年代の人が転職を選ぶ理由が分かると、決定の参考になることもあります。

20代女性の転職事情

年代別理由でみると、20代の女性は主に給料面や待遇の不満が割合のトップになります。20代なら独身、もしくは既婚でも子どもを作らずバリバリ働く女性が多いですが、仕事面でのスキルが上がり、社内での責任は増えるのに収入が一向に上がらない状況では、転職したいと思う人が出るのも当然と言えます。

20代では他にも、経験の幅を広げたい、もっとスキルを磨きたい、勤務時間や残業時間に不満がある、などのさまざまな理由がよく聞かれます。

30代女性の転職事情

次に、30代女性の転職理由ですが、スキルアップしたいという理由と給料等待遇面での不満が多くなります。30代と言えば、大卒で入社していれば社内でそれなりにキャリアを積んで、役職が付くようになる頃です。それなのに、仕事量やストレスの多い立場に見合った給料がもらえない、待遇が良くないということでは、仕事を続けるモチベーションを保つのも難しくなります。

その他にも、経験の幅を広げたい、仕事にやりがいを感じない、他にやりたい仕事がある、なども30代が転職する理由です。

40代女性の転職事情

では、40代ではどうなのでしょうか。40代の女性に見られる特徴は、現状の職場環境への不満をきっかけとして、ライフスタイルの変化に合った職場を見つけるという傾向があることです。職場環境の不満内容は他の年代と同じように、仕事内容や給料面、残業などへの不満がありますが、そうしたベースの不満に、自分自身の体調の変化や親の介護問題などが加わって、自分の生活スタイルを立て直すために転職を希望する人が多くなります。

転職目的がキャリアダウンの女性

上記のような転職したい理由を考えると、基本的にはキャリアアップやさらなる給与面・待遇面での改善を求めて転職したい女性が多いと考えられます。ですが、中には転職を機に、キャリアダウンしたいと考える人もいるのです。なぜ、わざわざキャリアダウンしたいと思うのでしょうか。

まずは、キャリアダウンの意味を考えてみましょう。転職の場合のキャリアダウンとは、一般的に大企業から中小企業への転職、年収が下がる、地位やステータスの低下などが考えられます。もし企業内でキャリアダウンするということであれば、立場が下がることを意味します。

たとえば、業績不振や仕事で結果を出せなかった責任を取ってキャリアダウンする場合があります。しかし、最近では自分の意志でキャリアダウンを選ぶ人が増えています。

キャリアダウン転職の理由(女性)

会社員なら誰もが目指すキャリアアップではなく、あえてキャリアダウンを選択するメリットはあるのでしょうか。あまりポジティブなイメージではないキャリアダウンを選ぶ理由のうち、主な3つを挙げたいと思います。

1.仕事漬けの毎日に疲れた

職場でキャリアが高くなればなるほど、そのキャリアを維持してキャリアにふさわしい働きをするのは難しくなっていきます。中には、長時間働き、休みも取らずにキャリアの維持に努める人もいます。そうなると、もはや人生は仕事をするためだけの毎日になり、プライベートの時間やリラックスの時間を確保することは難しくなります。

このように、仕事が生活の中心という人生を送るのが嫌になり、キャリアダウンという選択をする人がいるのです。また、キャリアゆえの仕事上のプレッシャーで精神的に疲弊してしまい、結果的にキャリアダウンせざるを得なくなる場合もあります。無理な働き方は精神的な負担だけに留まらず、体調を崩すこともありますので、余裕がなくなってきたと感じたら、キャリアダウンすることで仕事を続ける選択ができるかもしれません。

2.仕事と家庭の両立が困難

女性ならではの理由としては、家事や育児との両立がうまくいかず、キャリアダウンにつながる女性も少なくありません。独身の時はキャリアのあるきつい仕事も平気でこなせても、生活環境の変化は女性の働き方に大きな影響を与えます。

また、待機児童問題や子育てに対する政府の施策も、仕事と家庭の両立に関係しています。最近では、育児との両立が難しいという理由でキャリアダウンする人もいます。現在のキャリアでは両立が難しくても、キャリアダウンすることで、仕事を続けられる見通しが立つこともあるからです。人によっては、キャリアよりも同じ職場で仕事を長く続けれることの方が、仕事と家庭を両立させる上で助かるという場合もあります。

3.婚期を逃したくない

女性ならではのキャリアダウンの理由には、仕事が忙しすぎると婚期を逃してしまうという心配が関係していることもあるでしょう。特に、出会いが少ない職場環境で働いている人なら、キャリアアップすることで、さらに婚活やデートの時間が取れなくなります。

そのため、結婚願望があり、恋愛や結婚を優先させたい女性の中には、自分の意志でキャリアダウンという選択をする場合があります。

転職エージェント利用がおすすめ

では、キャリアダウンを目的とした転職活動を成功させるにはどうしたらよいのでしょうか。数ある転職方法の中で、近年注目されているのは転職エージェントに相談する方法です。転職エージェントの仕組みは、人材募集をしている企業の側が成功報酬という形で転職エージェントに手数料を払うというものです。

そのため、利用する転職者の側は手数料や報酬を払う必要が一切ありません。つまり、すべてのサービスを無料で利用できるのです。転職エージェントで提供しているサービスは会社によって違いはありますが、転職相談や求人紹介をはじめとして、企業側との交渉、履歴書等必要書類の添削、面接のアドバイスなど多岐にわたります。

そのため、仕事をしながら転職活動を始めたいと思う人にとっては、時間や労力が節約できて、非常にありがたい存在です。

ただし、転職エージェントの利用は慎重に

誰でも簡単に利用できる便利な転職エージェントですが、転職エージェントに相談する前に知っておきたいポイントがいくつかあります。

まず、転職エージェントと言えども、中には経験が足りない会社も存在するという点です。人材業界は未経験でも歓迎される傾向があり、参入するハードルも高くないので法人を立ち上げやすいという土壌があります。つまり、エージェントのコンサルタントやアドバイザーには新人や経験の少ない担当者がついてしまうことがあり得ますし、新しく会社を立ち上げたばかりのエージェントも存在するということです。

別の点としては、いわゆる釣り案件が含まれている場合があることが挙げられます。不動産業界が客集めによい物件を広告に載せるように、転職エージェントでも条件のよい募集案件が掲載される場合があります。中には、すでに企業が募集を終了したような案件が含まれていることもあり、そうした広告に釣られてやってきた求職者に、「この案件はすでに決まってしまいましたので別の案件をご紹介します」という手口です。

決してすべてのエージェントが悪質な訳ではありませんが、こうしたケースも実際に存在することから、エージェントを選ぶ前には慎重に考慮することをおすすめします。

仕事も育児も充実できるリクルートエージェント

リクルートエージェント

日本最大級の転職エージェントで、求人数No.1、転職成功実績No.1の最大手リクルートエージェントです。人材のスペシャリストたちが集い、転職情報に詳しいプロが担当してくれます。

各業界事情に精通した470名以上のキャリアアドバイザーの履歴書や職務経歴書のまとめ方など応募書類の添削や面接対策アドバイスも実践的です、転職イベント・企業セミナーなど無料セミナーも充実しています。

リクルートエージェント自身も女性活用に力を入れていて、女性の優秀なキャリアコンサルタントが多いことでも知られています。最適なワーク・ライフ・バランスで、仕事も育児も充実できる仕事を見つけるなら最大手リクルートがおすすめです。

拠点も全国16箇所に広がっています。地方での地元採用求人にも強いため、Uターン・Iターン転職を目指す人にもおすすめです。平日夜や土曜日の面談も可能です。

リクルートエージェントへ無料登録

doda女性の転職エージェントWoman Career

業界No.2のdodaの女性向け転職エージェントです。女性のライフステージごとのキャリアの疑問や悩みについてキャリアアドバイザーに相談でき、「仕事と家庭を両立したい」「結婚・出産にそなえて育休など充実した企業に転職したい」など女性向け特集などにも力を入れています。

非公開求人を含む約10万件以上の幅広い業界・職種の求人には、30代40代の案件も豊富に保有しています、また業界大手なので企業からの信頼が厚く、転職希望者に有利な選考や年収交渉をすすめることができます。さらにキャリアアップできる企業に応募の際に推薦状をつけてくれるので、内定を貰える確率が高くなります。

dodaは北海道から九州まで全国10箇所に拠点があり地方の求人も豊富で、キャリアアドバイザーとの面接は、土日や夜間の相談も可能なので、忙しい方にもおすすめです。

今よりもっと自分らしいワークライフバランスできる働き方を見つけたい方は、ぜひ登録してみてください。※職種、年齢、経験を問わず、さまざまな方が利用、転職成功しています。

dodaへ無料登録

リクルートが本気で正社員転職を支援する、20代なら迷わず就職Shop

就職Shop

最大手リクルートが運営する、既卒や第二新卒、フリーターやキャリアの浅い20代の人物重視の就職支援サービスです。既卒者の正社員採用に限定した求人のみを扱っており、1人1人に寄り添い、納得いくまであなたの正社員就職をサポートしています。

就職Shopは、離職率が高い企業の応募は受け付けておらず、専任スタッフが現地に足を運んで取材した企業のみを紹介してくれるので、ブラック企業に捕まるリスクがありません、コロナ禍でも採用を継続している10000社以上の求人情報(8割は事務・技術・製造・接客販売・IT系と幅広く)豊富に保有していて、応募時に書類選考が無いので、”働いてみたい”企業の面接からスタートします。非常に効率的で、スピード就業が可能です。

すでに登録者は17万人を突破していて、就職決定した方の7割が正社員経験1年未満の若者です。様々な業界・職種の中卒・高卒・未経験OKの正社員求人があり、専任のキャリアコーディネーターが個別面談ののち、求人紹介から書類・面接対策までサポートしてくれます。

また就職ガイダンスやビジネスマナー講座、模擬面接会に職種・業界研究セミナーなど、利用者が就活や内定後の正社員として活躍できるためのサポートが充実しているのも特徴的です。

面談拠点は、【東京、千葉、埼玉、神奈川】【大阪・兵庫・京都】になりますが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、全ての面談を電話・リモートで対応しています。

就職Shopへ無料登録

無期雇用派遣のマイナビキャリレーション

マイナビキャリレーション

新しいオフィスワークの働き方、マイナビグループの正社員派遣です。充実した研修制度(PC・OAスキル、ビジネススキル等)・フォロー体制を整えているので未経験でも事務職の派遣社員にチャレンジできます。

業種は、オフィス関連業務になります。(一般事務、営業事務、人事・採用事務、総務事務ほかオフィスワーク全般)就業場所は、主に首都圏、愛知、大阪、京都、兵庫、滋賀になります。雇用期間の制限がないので安定した環境でスキルアップや長期的なキャリア形成が可能です。就業先では派遣ですが、株式会社マイナビワークスの社員なので各種保険、定期検診、有給休暇、産休・育休など安心して働けるのがメリットです。
安定したオフィスワークならマイナビキャリレーションはおすすめです!!

マイナビキャリレーションへ無料登録

正社員就職応援プロジェクト・東京しごとセンター

東京都の正社員就職支援事業です。東京しごとセンター正社員就職応援プロジェクトでは、30歳から54歳までの都内で正社員就職したい方を無料でサポートしています。

就活ノウハウやキャリアデザインなど、セミナー・研修受講は全て無料です。1日5000円の就活支援金支給制度や短期間のスキルアッププログラムなどもあり、就職活動がうまくいかない、面接が苦手、自分に合った仕事を探したいなどの手厚いサポートが受けられます。

東京しごと塾は、30歳から54歳の正社員就職を目指す方が、就活支援金を受給しながら5日〜2ヶ月の職務実習を通じて正社員就職を目指すプログラムが3コースあります。プログラム受講者の98%が「満足」と答えています。

すべて無料ですので東京都で正社員就職希望の方にはおすすめです!

正社員就職応援プロジェクト・東京しごとセンターへ無料登録