YouTubeの普及やホームページ上で動画を活用する企業が増えてきたことで、動画編集スキルの重要性は高まっています。自分でオリジナルの動画を制作したい人だけでなく、撮影した動画を仕上げるために編集だけを業務として行うフリーランスなども増えています。

もちろん、こうしたスキルや経験があれば、転職のチャンスも高まります。動画制作会社だけでなく、自社で動画を使ったマーケティングをしている企業が増えているからです。こうした機会を逃さないためにも、動画に関するノウハウを身に着けてより良い職を見つけられるようにしたいものです。

在宅ワークや副業に役立つ動画編集スキル

動画編集スキルがあると、趣味だけでなく仕事の面でもメリットが大きいです。転職に有利という点で考えると、このスキルを使って応募できる企業の選択肢がぐっと増えます。業界で言えばITはもちろん、広告やマーケティングなどがあります。

具体的には、動画制作会社を筆頭に、宣伝広告を作っている企業やWEB制作会社があります。また、業種に関わりなく内製で宣伝用の動画を制作している会社であれば、マーケティング部や広報部などの部署で採用されることもあります。

こうした会社員としての採用を目指す人だけでなく、自分で仕事をしている人にも動画編集スキルは役立ちます。在宅ワークでちょっとした副業をしたいというケースに、動画編集の仕事はとても便利です。機材と技術さえあれば、自宅で仕事ができるからです。

クライアントが撮影した動画を、指示に従って時間合わせをしたりエフェクトや字幕を入れたりする作業がメインとなります。打ち合わせや納品もオンライン上で行えますので、副業として在宅ワークをしたいという人にぴったりです。仕事の依頼も数分程度のちょっとした動画から、企業の宣伝用動画のような本格的なものまでたくさんありますので、本業の状況に合わせて無理のない仕事を請けられるのもメリットです。

フリーランスとして仕事を得るために役立つ動画編集スクール

フリーランスとして独立して動画編集の仕事をしたいということであれば、高い技術と実績が必要となります。あくまでも副業であれば、それほどたくさんの依頼を受けることはできませんし、規模の大きなプロジェクトに参加することはそうないはずです。

しかし、独立してそれで生計を立てていくとなったら、高度な依頼にも応えられないと難しいものがあります。そのため、フリーランスとして働きたいのであれば、スキル向上を常に行っていくべきです。そのために役立つのが動画編集スクールです。

最新の動画制作技術を学んだり、トレンドのアイディアを得たりすることができます。より仕事を得やすくなりますので、こうした動画編集スクールで学ぶための費用や時間をかけたとしても、それ以上のメリットを受けられはずです。

動画編集スクールにはいろいろなものがあります。マルチメディアの専門学校では、学校にしっかりと通って基礎から実践までを体系立てて学ぶことができます。1年間から2年程度の教育となり、学歴としても含められますので仕事を得るためのアピールとしてはとても効果的です。

また、こうした専門学校では職業紹介をしてくれるので、取引ができるような企業のツテを得るのにも役立ちます。ただし、専門学校に行くとなるとそれなりの時間を確保しないといけないことや、通える距離のところに学校がないと難しいです。また、費用もかかりかかります。

一方でオンラインで実施している動画編集スクールであれば、より気軽にスキルを伸ばすことができます。ビデオオンデマンド形式で講座を提供していることが多いので、自分の都合の良い時間帯に学べます。仕事をしながら並行して勉強を進められるので、フリーランスにはありがたい方法です。

オンラインだからといって質が低いわけではありません。むしろ、最新の技術を紹介したり、世界で人気のある新しいエフェクトやデザイントレンドなどについて教えてくれたりすることがあり、より新しいノウハウを得られることが多いです。また、後から気になるところをチェックし直すのが楽など、オンラインスクールならではのメリットもあります。

マンツーマンでオンラインレッスンをしてくれる動画編集スクールもあります。それぞれの持っているスキルに応じて、丁寧に教えてくれますので、より実践的な知識と技術を身に着けられるのがメリットです。また、こんなタイプの動画編集をしたいという希望を伝えることで、それに応じた指導をしてくれるのもうれしいところです。疑問点を直接講師に尋ねられますので、効率よくスキルを伸ばすことも可能です。

こうした様々なスクールを活用して、スピーディーにノウハウを得ていくのは賢い方法だと言えるでしょう。

動画編集のノウハウを独学で身に着ける

専門学校であればオンラインスクールであれ、特定のところで学ぶのではなく、独学で勉強をしていきたいと思う人も多くいます。決まった時間を取るのが難しいとか、基礎はできているので、気にあるテクニックだけを学びたいという希望があるからです。また、できるだけ費用をかけたくないという気持ちもあるでしょう。

動画編集のノウハウを教えている教材が書籍として出ていますし、ビデオ教材としても販売されています。自分のペースで勉強することができ、いつでも内容を見返して復習できるのがメリットです。一方で、講師に質問をしたり自分の弱点を指摘してもらったりすることができないので、柔軟な学習ができないという点は覚えておいた方が良いでしょう。

分からないことがあったら、自分でいろいろとリサーチして解決していくことになります。

ネット上の情報を活用して動画編集のスキルを向上させる

インターネット上にもたくさんの動画編集関連の情報が出ています。CM用の動画を作っている人や、YouTuberなどが自分が持つスキルやアイディアを教えてくれるのです。ホームページで情報を発信しているところもありますし、YouTubeなどの動画サイトで分かりやすく解説してくれていることもあります。

スクールのように体系的に学習していけるわけではありませんが、自分の知らないことをピンポイントでチェックしたり、新しいアイディアを得たりするために有用です。

動画編集についてのコミュニティサイトを活用するというのも一つの手です。作業をする際に疑問に思っていることを質問掲載すると、コミュニティの人たちが答えてくれる知恵袋的なサイトがいくつもあります。必ず正しい情報が手に入るというわけではありませんが、いろいろな人の意見を聞くことができて役立ちます。

動画編集スキルを生かして転職をする

副業として動画編集の仕事をするのも良いですが、このスキルを生かして制作会社などに転職するという手もあります。転職活動をする際には、いかにして自分のスキルや実績を訴えられるかという点がポイントとなります。実際に動画制作に携わる企業に勤めていたのであれば、そのことを職歴として伝えることができます。

もし、自分が編集に関わった動画を見せることができるのであれば、それを見てもらうのは大きなアピールとなります。特に大きな実績がないとしても、編集作業でこんなことができるというのを丁寧に説明することで、スキルを理解してもらえるでしょう。

動画編集スキルを学べる、おすすめスクール

動画制作・編集スクール【MOVA】

MOVAは『フリーランスの動画クリエイター』を目指せる学校で、オフラインでのレッスンとオンラインでの手厚いサポートに定評があります。

現役のプロクリエイターが教える超実践型のカリキュラムで初心者でも動画を仕事にする力が身につきます。

「動画を作れる」ではなく「自分のスキルで生きる動画クリエイターになる」とのこと、将来フリーランスで大型案件に挑戦したい方に、急成長中のスクールです。

月々26,800円〜(一括66万円)でフリーランスの動画クリエイターへ

MOVA 無料相談会へ登録

完全オンラインの動画編集スクール【セカジョブ! VIDEO CREATOR COURSE】

セカジョブ! VIDEO CREATOR COURSEは、完全オンラインで未経験から副業で稼げるスキル「動画編集」を最短で身に付けることができる動画編集スクールです。講師は全員現役フリーランスで、動画編集技術を教えるだけではなく、スキルを用いて副業ができるようになることをゴールとしています。

フリーランス案件獲得方法や付随するお金のお話や副業や個人事業主としてのマインドやノウハウなども学ぶことができます。オンライン上で生徒同が繋がり後々のビジネスパートナーになりやすい、少人数クラス制を導入しています。

入学金:148,000円+tax(学割:108,000円)
授業料:一括払い 49,800円+tax (分割払い19,800円+tax から)

セカジョブ! VIDEO CREATOR COURSEへ無料相談