新型コロナウイルスの影響もあり、IT業界を中心に在宅での働き方が急速に進んでいます。また、会社勤めをしていた人がフリーランス・在宅ワークとして、独立して働きたいと考える人も多くなっています。

特に、ITエンジニアとしてのスキルと実務経験を持っていれば、個人でも仕事を請け負うことができますので、他の業界に比べるとチャンスが大きいと言えるでしょう。中には、週2・3日程度の仕事をしたいという人もいて、いろいろな働き方ができます。具体的にどんな案件があるのかを確認して、新しい働き方に取り組んでみることができます。

ITエンジニア・デザイナー向けの週休3日・4日の仕事にはどんなものがある?

ITエンジニア・デザイナー向けの仕事は、業務委託やプロジェクト参加型など様々なものがあります。週休3日・4日くらいで働きたいという方にもぴったりの案件を見つけることが可能です。特に、常駐型の案件においては幅広い雇用条件があって、それぞれの都合に応じて仕事を選べるのがメリットです。

週5日ガッツリと働きたいという人はもちろんのこと、数日だけの仕事というのも多く見られます。いろいろな勤務体系がありますが、3勤3休といったシフトになっていることが多く、ある程度安定した勤務状況が見られます。業種としては、クラウドサーバーの運用管理や保守など、常時サービスを提供する必要がある会社で多い傾向にあります。

デザイナー系の仕事だと、常駐型はフル勤務というケースが多いです。クライアントからの依頼に応じて、特定のオフィスに出向いたりリモートワークでプロジェクトに参加したりします。チームを組んで他のメンバーと一緒に働くことが多いため、どうしても勤務日が多くなる傾向にあります。

一方で業務委託系の案件であれば、デザイナー向けの仕事でも週休3日・4日で働けるものが多くなります。この場合、特定の曜日に働かなければならないということはなく、納期日までに案件を終了させられれば自分の好きなように働くことができます。そのため、週のうち都合の良い日を選んで働けます。

デザイナーは女性の割合が他の業種に比べると高いので、子育てをしながらなど家庭との両立をして働く人が多いです。こうしたケースにおいて、自分で働く日や時間帯を調整できるというのはとても便利です。ただし、クライアントによっては、いつでも連絡を取れるようにしておくことを求めるところもあります。

メールや電話などを常に連絡可能な状態にして、問い合わせがあった時にはすぐに返信できる体制を採っておきましょう。

フリーランス・在宅ワークが週2・3日のお仕事を獲得するメリット

IT系のスキルを持っているのであれば、フリーランス・在宅ワークとしても仕事を得られる可能性が高いです。独立して自分のスキルと人脈だけで仕事をしていくことになりますので、高い技術と実績が成功するための大きな要素となります。

労働者として会社勤務をして働くよりも自由が利きますし、高い報酬を得られるため効率よく働けるのがメリットです。また、週2・3日のお仕事を獲得することもできて、融通を利かせやすいのもポイントです。プライベートの時間をしっかりと持ちたい、家族のための時間を確保したいという希望を叶えることもできますので、より自分らしい働き方が可能です。

週2・3日程度でできる案件を複数抱えているフリーランス・在宅ワーカーも多くいます。というのも、週5日全部働くような大きな案件だと、一社だけに依存してしまうので、仕事が切れた時のリスクが高いからです。フリーランスは仕事がなくなったら、すぐに収入が途絶えてしまうため、こうしたリスクはできるだけ避けたいところです。

そのため、小さめの案件を異なるクライアントからいくつも請けて、万が一あるクライアントからの仕事がなくなっても、継続して何らかの仕事を持てるようにするのです。

また、異なるタイプの仕事に携わることができるのも一つの利点と言えます。同じクライアントからの依頼だと、どうしても内容が偏ってしまうことがあります。もちろん、その方が仕事に慣れて効率よく行えるのですが、スキルが広がっていかないという注意点もあります。

また、新鮮さがなくなってしまいモチベーションが下がってしまうことも考えられます。そこで、異なるクライアントから、異なる性質の案件を得ることで、常にフレッシュな気持ちで働くことができます。また、いろいろなジャンルの仕事に取り組むことで、応用力の利く幅広いスキルを磨いていけるというのも、エンジニアとして注目したい点です。

やはり、フリーランスは実績とスキルが物を言いますので、いろいろな案件を経験できればキャリアを増やす上でプラスとなるのです。ブランクのある人が仕事を再開するのにも、週2・3日のお仕事をフリーランス・在宅ワークでするのはとても便利です。プレッシャーを受けずに自分のペースで仕事を調整できますし、作業に慣れるのにも役立ちます。

いきなり大きな仕事を請け負ってしまうと、高い質で納品するために苦労することもありますし、クライアントに迷惑をかけてしまうこともありえます。ブランクを取り戻すためにも、まずはちょっと控えめに依頼を受けるのは賢い方法と言えるでしょう。


WEB系専門職で独立するためのポイント

WEB専門職としてのスキルとある程度の実務経験を持っているのであれば、独立してフリーランスなどとして働くことを考えることができます。その場合には、マーケットのニーズに合ったスキルを持っているかを確かめましょう。

全体的にはアプリケーション系の案件が多いため、Rubyなどのプログラミング言語を使うことができると仕事を見つけやすいです。また、スマホアプリ関連の切り取り案件も多くあります。そのため、AndroidやiOS用のアプリ開発に携わった経験があると強いでしょう。

そして、仕事を紹介してくれるチャンネルを複数持つと、安定して案件を獲得できます。もし、前職で培った人脈を使って仕事を回してもらえるのであれば、慣れた仕事が多いですし、連絡も取りやすいので好都合です。それ以外には、クラウドワークスを活用することができます。

たくさんの案件をサイト上で確認して、自分の持つスキルや希望条件に適ったものをチョイスできます。人気がある案件だとライバルも多くなりますので、実績を積み重ねてアピールポイントを増やすことが重要です。そして、応募する時には、しっかりと実績ややる気をアピールして、より魅力的な印象を与えられるようにすることも大事です。

独立するということは、単に技術者として作業をすれば良いということではなく、自ら仕事を取ってくる営業マンとしても努力しなければなりません。

独立したてであれば、スタートアップ案件を中心に探してみると良いでしょう。固定のエンジニアを抱えていないため、大量に募集がかかることがありますし、条件も厳しくないケースが多いです。さらに、週に数日だけなど、いろいろな働き方をすることに理解を示してくれる可能性が高いので、融通の利く働き方ができるようになります。

それほど頻繁に出てくる案件ではないかもしれませんが、新たに独立して始める仕事としてはとても都合が良いので、じっくりと探してみる価値は十分にあります。いろいろなチャンネルを使って働きやすい案件をゲットしましょう

フリーランス専門エージェントを利用する

フリーランスのITエンジニア・デザイナーになったら、上記のように仕事は自分で探す必要があります。フリーランスになることで時間的余裕が得られ、ひとつの仕事に対する報酬もアップするメリットはありますが、逆に仕事を受注できなければ収入が保証されないデメリットもあるからです。そこでフリーランスのITエンジニア専門エージェントを活用すればその問題を解決できます。

フリーランス向けのエージェントは、その人のスキルや希望する働き方に合わせて仕事の紹介をしてくれるサービスです。仕事の紹介や提案をするだけではなく、企業に対する営業や契約条件についての交渉、他にも事務手続きなど多くの部分でサポートしてくれるなど豊富なメリットが特徴となります。

フリーランスと言えば聞こえは良いですが、実際には多くの作業を自分でこなす必要があるだけに、こういう面倒な部分を任せられるサービスがあるなら積極的に活用していきたいものです。

エージェントサービスにも色々種類があり、それぞれに特化した分野でサポートを提供してくれているため、ITエンジニア専門エージェントもあります。特定業界に特化したサービスを提供していることは安心感にもつながるので、自分だけのおすすめエージェントを見つけられるようにしましょう。

フリーランスエンジニア専門エージェントを利用するメリット

エージェントサービスを活用するメリットは様々ですが、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。

最大のメリットとしては、営業活動を任せられる点があります。フリーランスのITエンジニアとして働く中で、ひとつのプロジェクトが終了したら次の仕事を探さなければなりません。上手く仕事を途切れさせないようにしないと、収入のない期間が長くなってしまうからです。

ITエンジニア専門エージェントを活用すれば、自分は本業の仕事に集中できて、仕事を探すための営業活動を全て任せられます。さらにエージェントが仕事を探してくれるおかげで、安定した受注も見込めるようになるのです。もちろん、時には休むための期間を作りたくなりますが、そういう希望に対しても柔軟に対応してくれます。

ITエンジニアとして十分なスキルを持っていても、フリーランスになったら仕事のために様々な手続きをしなければいけません。こういう部分もエージェントはしっかりサポートしてくれます。営業以外にも契約手続きなどを任せられるので、この快適さは一度経験したらやめられません。

ITエンジニア専門エージェントに色々ありますが、おすすめエージェントとされているものの中には、福利厚生やキャリアサポートに力を入れているところがあります。これによって会社に勤めているのと同じようなサービスを受けられるのです。

フリーランスは気軽に働ける反面、多くの不安を抱えたまま仕事をすることにもなります。そのデメリット部分が解消されるなら、是非利用してみたいと考える人も多いでしょう。

フリーランスで働いているけどスキル不足を感じているなら、キャリアサポートはとても助かります。また、スキル不足であってもできる仕事をエージェントは提案してくれるので、働きながらスキルアップしていきたい人も助かります。

エージェントサービスの中にはセミナーを開催しているところもあるので、提供されているサービスをフル活用できれば、フリーランスとして働くデメリットの多くを解消できます。だからこそ、自分だけのおすすめエージェントは早い段階で見つけた方が良いのです。

フリーランス専門エージェントの仕組み

これほど豊富なサービスを利用できるエージェントサービスですが、もちろん無料で利用できるわけではありません。サービスによって報酬額も異なりますが、多くの場合は仲介手数料で収益をあげています。

フリーランスのITエンジニアがエージェント経由で仕事を始めた場合、そこから10〜20%をマージンとしてエージェントが受け取ることになるのです。そのためエンジニア自身は全ての報酬を受け取れるわけではないので、ここがデメリットになります。

実際に支払われる報酬の10〜20%という額は、決して小さなものではありません。これから受けることになる仕事それぞれで報酬が発生することを考えると、エージェントを利用しても良いのかと迷うこともあるでしょう。しかし実際に利用してそのサービスを活用すれば、それくらいの報酬は払っても良いと思えるくらい良いサービスなのです。

フリーランスが事務手続きなども含めて全ての作業を行おうとすると、手間だけではなく時間もどんどん無くなっていきます。しかしエージェントを活用することで、自分の使える時間が増えるようになるのです。

この時間をどう使うのかは自分の自由です。休むために使うのも良いですしスキルアップに使うのも良いでしょう。また、その時間をさらに別な仕事に使うこともできます。こう考えれば、10〜20%がエージェントの報酬になる契約でも、決して不利なものではないとわかります。

スキル不足を感じていてまだまだ勉強しなければならないと考えているなら、そのための時間を確保できるようになるのは大きなメリットです。それだけではなく、スキルアップのための様々なサービスまで提供されているのですから、利用する以上はフル活用したいところです。

ITエンジニア専門エージェントを利用して、その料金を高いと感じるのかどうかは自分次第です。サービスを最低限利用するような使い方だと高く感じるかもしれませんが、提供されているサービスを積極的に使ったら逆に安く感じられることもあります。もちろん自分に合ったエージェントを見つけてこその話になりますが、これだけ便利な仕組みがあるのですからどんどん活用していきましょう。

おすすめエージェントの見つけ方

自分に適したおすすめエージェントを見つけるためには、まずはしっかりと情報を集めましょう。それだけではなく、複数のITエンジニア専門エージェントへ登録する方法も効果的です。

こういうサービスは複数同時登録をしても問題はありませんし、実際に料金が発生するのは仕事を請けてからになります。もちろんそこでベストなエージェントが見つかったら絞り込むこともできますし、他のエージェントサービスをサブとしてキープしておく使い方でも良いです。ただし基本的には問題ないとは言ってもトラブルが起きる可能性はゼロとは言えないので、エージェントには複数サービスを同時に利用している旨は伝えるようにしてください。

お金に関する問題も、しっかり確認するようにしてください。

その仕事の締め日から報酬が入金されるまでの期間はどれくらいなのか。これはフリーランスとして働くならとても重要な要素です。支払いサイトと呼ばれているこの期間は、エージェントによって異なります。法律では60日以内に支払う必要があると決められているので、それ以上の日数がかかると提示してくるエージェントは利用しないように気をつけてください。

実際のマージン率がどれくらいなのかも重要です。マージン率を公開しているエージェントは少ないのですが、ここを気にしないと搾取される可能性もあります。

ITエンジニア専門エージェントは、その仕組みをよく知ってこそ正しく活用できるサービスです。ぜひ自分にとってのおすすめエージェントを見つけられるようにしてください。

フリーランス向け人気エージェント

レバテックフリーランス

登録したフリーランス・個人事業主のエンジニア、デザイナーに、Web系を中心とした案件情報を提供しています。スキルに合わせたプロジェクト案件の派遣・参画やについて、プロのコーディネィターがしっかり相談に乗ってくれます。
特に関東・中京・大阪・福岡圏を中心とした勤務地の案件が豊富で、無料の個別相談会も実施しています。

レバテックフリーランスへ無料登録

レバテッククリエイター

登録したフリーランス・個人事業主のデザイナー・クリエイターにWeb/ゲーム系専門の転職、派遣・フリーランスを支援するエージェントサービス業界、企業、そして技術トレンドに詳しいコーディネィターが手厚くサポートしてくれます。

関東・中京・大阪・福岡圏を中心とした企業の開発・制作現場に常駐するスタイルです。
無料の個別相談会も実施しています。

レバテッククリエイターへ無料登録

フリーランスとして働くならフォスターフリーランス


1996年にビットバレー渋谷でスタートしたフォスターネット社(現在新宿)の運営する、15,000人を超えるITエンジニアのサポート実績のあるフリーランスITエンジニアの常駐案件に特化した転職支援サービス。年収1,000万円クラスのフリーランスエンジニアに向けた案件紹介サービスもあります。

「豆蔵ホールディングスグループ」で多くの大手クライアント企業との直接取引が多数。エンドやプライム直案件が約8割あり200万円クラスの高単価(※2019年現在最高額230万円)の優良案件も多くあります。

契約社員として社会保険に加入もできるので安心ですし、福利厚生倶楽部のメンバーになれますのでリゾートホテルやショッピング、レンタカーが格安で利用できたり資格取得、通信教育、カルチャースクール、育児教育の優待サービスも利用できます。

FOSTER FREELANCEへ無料登録

フリーエンジニア高額案件多数【ギークスジョブ】

日本最大級のITフリーランス専門エージェント「ギークスジョブ」は、業界実績15年以上、登録エンジニア数16,000名以上、毎年1万件以上の成約を誇る、フリーランスエンジニアのための常駐型案件『週5日』『現場常駐型』がメインの転職エージェントです。

「スキル」「ポジション」「エリア」+リモート可能案件や半常駐可能案件のこだわり案件も検索が可能です。

単発的な案件の紹介ではなく、将来のキャリアプランを考え一生涯付き合えるビジネスパートナー的にな存在で15年以上のノウハウを元にした、フリーランスエンジニアの不安や疑問を解消するトータルサポートにも定評があります。

『市場価値診断』『キャリアアップ事例集』福利厚生サービス『フリノベ』など使えるコンテンツも充実しています。フリーランスのための会計処理・確定申告やヘルスケアサポート健康診断、スキルアップにオンラインセミナーもサポートしています。

支払いサイト25日、副業支援、プログラミング講師職・WEBライター職など特別支援中
※20代〜40代のエンジニア経験2〜3年以上 全国対応(関東、関西、福岡、愛知がメイン)です。

ギークスジョブへ無料登録

リモートワーク専用の転職サービス比較ランキング

  1. リモートワーク専門のリモートビズ

    リモートで働くエンジニア、デザイナー等のリモートワーク専門のエージェントです。週2,3日、土日のみ、副業、時短などの自由な働き方にマッチした求人が豊富です。しかも案件はほとんど全てが直案件なので、報酬も高めの設定です。

    IT専門のコンサルタントが定期的にリモート案件を紹介してくれるので、ブランクが開くこともなく継続でき、子育てや介護と仕事の両立や海外、地方・リゾートでの生活、ワークライフバランスを考えた働き方をサポートしてくれます。

    業務委託中心ですが、正社員・契約社員などの案件もあります。無料のオンラインサロンあり
    ※25〜40歳までのPHP、Ruby、Python、Java、Swiftなどのプログラム言語の実務経験3年以上のエンジニアのみの受付となります。

    リモートビズへ無料登録

  2. エンジニア向けのリモートワーク専門Remogu(リモグ)

    Remogu(リモグ)は、ITエンジニア向けのリモートワーク専門エージェントです。人材紹介ではなく、すべてのお仕事はRemoguと契約を結び、業務委託・正社員・契約社員など、さまざまな契約形態で、Remoguならではの「3つの働き方」が選べます。

    フルリモート型のほかにシフト型(クライアントのオフィスに出社し、一定の期間ののち、完全在宅勤務に移行する働き方)やハイブリッド型(プロジェクトの期間中、リモートワークの日も、オフィスへ出社する日もある働き方)

    フリーランスの方だけでなく、起業されている方、今後独立予定の方、在宅勤務の正社員をご検討中の方などにスキル・経験や希望条件をもとにマッチした「リモートワークのお仕事」を紹介しています。

    ※正社員案件もあります。運営する株式会社LASSICは、「ITで、地方創生」を目指し、ニアショア事業を長年手がけていて、豊富なリモート(遠隔)開発ノウハウを持っています。
    ※地方歓迎(オンライン)面談です。

    Remogu(リモグ)へ無料登録

  3. 在宅コールセンターのお仕事サイト【コールシェア】

    コールシェアは、在宅コールセンターの求人サイトです。登録〜稼働まで全てリモートで行うことができ、テレワークを簡単に始めることができます。

    特別なスキルが不要な在宅求人が多数あり、時給換算も平均で1,400円を超えていて老若男女問わず多くの方が活躍しています。

    「日本一稼げる在宅ワーク」を目指して、研修・教育にも力を入れています。
    ※基本的にコールセンターなので、昼間の仕事が中心です。
    25歳以上の男女、ある程度のITリテラシーは必須です。

    コールシェアへ無料登録