サラリーマン副業とは

副業という言葉の明確な定義はまだありません。ただ、広い意味では企業の社員など本業を持っている人が、本業以外の方法で収入を得るために働くことを指します。最近は副業を認めている会社が増えてきています。

勤めている会社が副業を禁止していたとしても、友人の引越し祝いや株の配当金で収入を得るなどの方法は、通常副業とはみなされません。なぜなら、日本の憲法や法律では、仕事が終わった後の時間の使い方は自由であるとされており、企業が就業規則などで副業を禁止しても、就業時間以外の時間をどのように使うかは本人次第だからです。

特に、政府が副業や兼業を推進している近年では、副業をする機会がさらに開かれており、就業時間以外の時間をうまく利用して副業をする会社員が増えています。

サラリーマン副業を始めるメリット

副業を成功させるためには、副業を始める前にメリットとデメリットを比較考慮しておくことが大切です。自分に副業をする余力があるのか、また自分の状況で始めるならどのような副業がふさわしいのかといった点をよく吟味した上で副業を始めるなら、不必要なトラブルを避け、本来の目的を達成することが容易になります。

副業を始める一番のメリットといえば、本業以外に収入源を持つことができるという点でしょう。また、副業の雇用形態はアルバイトやフリーランスなど比較的自由で、労働時間も自分で選ぶことができる場合が多いので、本業が終わったあとの時間帯や休日など、自分に合った時間帯に収入を得ることができます。

さらに、副業の種類によっては、本業では身につけられないスキルや知識を学べる場合もあります。安定した本業からの仕事と収入があるゆえに、副業では思い切って新しい分野に挑戦することができるでしょう。そこで培ったスキルや経験を生かして将来的に起業したり新たなキャリアを切り開いたりする機会にもなり得ます。

また、副業で様々なことを学び挑戦しておくことにより、将来起業をする際に起こり得るリスクを知って対策を立てることも可能です。

サラリーマン副業のデメリット

副業によって収入の増加が期待できる一方、労働時間が増えてしまうのは最大のデメリットとなります。本業と副業の両方に力を入れて頑張り続けることで、体調を崩したり、リラックスや趣味に使う自由な時間が減ったりすることもあるでしょう。ですから、収入を増やすために副業を考えるのなら、副業に体力や時間を奪われすぎないことも大切です。

副業にのめり込んでしまうのもデメリットとなり得ます。副業で稼ぐことが楽しくなると、徐々に生活の重心が副業へ傾いていきます。そうなると本業の方で「職務専念義務」に違反する危険性があるでしょう。最悪の場合、本業を解雇される可能性もあります。

ですから、副業を長く続けようと考えているのであれば、メインは本業で、副業はあくまでサブ、という考え方を貫く必要があるでしょう。加えて、副業で怪我をするリスクがあることも頭に入れておかなければなりません。

例えば、アルバイトでフードデリバリーをしている最中に、自転車で転んでケガをしてしまうというケースが散見されています。この場合、副業の給料を基準として計算した労災保険では、十分な補償を受けられないという問題があります。

副業の怪我で本業も休まざるを得なくなった場合、本業の方に関する補償は出ません。これは副業選びにおいて注意すべきポイントと言えるでしょう。

企業側にとって従業員の副業はメリットかデメリットか?

企業からすれば、従業員に副業を許してしまうと、会社の業績や社内の業務遂行などに関して不都合や不利益が生じるのでは心配になるでしょう。とはいえ、実際には副業を解禁することで企業側に生まれるメリットも多いのです。

中でも最大のメリットといえるのは、「社員のキャリアアップ」でしょう。社員が異なる分野や業種の副業に就くことによって、これまでになかった新しい技術やサービスのアイデアが生まれる場合があります。

たとえば、本業でソフトウェア開発者として働いている従業員なら、副業で別のジャンルのソフトウェア開発に触れることで新たなスキルを身に着けることができます。企業としては社内研修にお金と時間をかけてレクチャーする必要がなくなりますから、大きなメリットと言えるでしょう。

副業解禁に伴うもう1つのメリットは「人手不足の解消」です。企業として副業を解禁とすることで、外部からリソースを集めることができるようになります。例えば、これまで正社員しか採用していなかった企業が、アルバイトや業務委託などの雇用を拡大すれば、副業という形で技術向上を目指す優秀な人材を採用することができるようになるでしょう。

こうした人材はジョブ型雇用と呼ばれ、仕事に対して人を割り当てるシステムで動いているため、急な人手不足にも対応しやすくなります。このように、副業解禁は企業にとっての慢性的な人手不足に対応するための優れた方法であると言えるわけです。

また、副業解禁は「企業のイメージアップ」という面においても優れた効果を発揮します。若年層から中年層の間ではSNSの影響力が大きいですから、こうしたSNSの拡散力を利用して自社が副業可能な企業であることを大々的に宣伝していくのです。

その結果として、「副業を解禁している開けた企業」「働きやすそう」「キャリアアップにつながるかも」というようなポジティブなイメージを持ってもらいやすくなり、自然と優秀な人材が集まってくるでしょう。

サラリーマン副業の成功例

副業で成功するには、企業側も労働者側もある程度の知識と準備が不可欠です。よりイメージしやすいように、成功例と失敗例をみてみましょう。

従業員に副業を許可して成功した企業の代表例として「ロート製薬」があげられます。

2016年に「社外チャレンジワーク制度」を始めて、プライベートの時間に兼業を許可しました。ただし、あくまで本業に影響を与えないこと、休日や就業時間外のみの時間を利用すること、入社3年以上であることなど、許可するための条件もしっかりと定めています。

また、IT業界の大手ヤフー株式会社でも、事前申請することを条件に副業が認められています。ヤフーでは、自由な働き方がクリエイティブな仕事につながるという考え方に基づき、多様な働き方を社員に認めることでより才能を発揮できる職場環境を整えています。

サラリーマン副業の失敗例

副業に潜む落とし穴やトラブルを回避するためにも、失敗例を分析することが役立ちます。副業に失敗する主な原因として3つのポイントが挙げられます。

1つ目はネット上での甘い話に乗ってしまうパターンです。「空いた時間で簡単に稼げるノウハウを教えます」という宣伝や刻刻はネットには溢れかえっています。有料のセミナーに参加したり、教材や有料情報を購入したりしたものの、結局生かせずにお金の無駄になってしまったというケースがよく見られます。

2つ目としては、ネットショップやブログアフィリエイトなどに手を出してみたものの、壁にぶつかるとすぐにあきらめてしまうというパターンです。楽して稼ぎたいという思いがあると、根気のいる副業は難しいと言えるでしょう。

3つ目は、準備や問題の想定をせずに突然思い立ったように副業を始めた結果失敗してしまったというケースです。特に、副業を持つことで本業へ与える影響も考えた上での十分な準備が副業成功の秘訣といえます。






サラリーマン副業におすすめの仕事

治験V-NET(医学ボランティアネットワーク)

治験V-NET

治験実施にあたって、なんでも相談・サポートしてくれますので、初心者でも安心して参加できます。月1程度の通院から、2-3泊入院〜、さまざまな治験が募集中です。

【参加資格】20〜39歳の日本人男性、中肉中背、関東、関西、中部(福井・富山・石川・愛知・岐阜・滋賀)にお住まいの方・非喫煙者(もしくは禁煙する方)限定になります。

無料登録・治験について、詳しい情報(治験の概要、負担軽減費、メリット/デメリット、参加者の声など)はこちらからどうぞ!!

治験V-NET(医学ボランティアネットワーク)

口コミ副業の『パラキャリ』

営業は一切不要!丸投げで稼げる! 高報酬・高単価案件のみを厳選した口コミ副業のパラキャリです。
9割以上が紹介報酬単価3万円以上なので、どのサービスを紹介しても高報酬をゲットできます。

友人や知人等に紹介したり、自分でもサービスを利用できるので、簡単に数万円の報酬をゲットできる!
「火災保険申請サポートサービス」や「補助金申請代行サポート」というものもあり、全国2万種類近くの補助金・助成金の中から各事業主や各法人にあったものを選別し、行政書士や司法書士が申請代行してくれます。詳しくは、無料登録ページでご確認ください。

口コミ副業の『パラキャリ』へ無料登録

在宅・リモートワークの仕事を探す

リモートワーク専用の転職サービス比較ランキング

  1. リモートワーク専門のリモートビズ

    リモートで働くエンジニア、デザイナー等のリモートワーク専門のエージェントです。週2,3日、土日のみ、副業、時短などの自由な働き方にマッチした求人が豊富です。しかも案件はほとんど全てが直案件なので、報酬も高めの設定です。

    IT専門のコンサルタントが定期的にリモート案件を紹介してくれるので、ブランクが開くこともなく継続でき、子育てや介護と仕事の両立や海外、地方・リゾートでの生活、ワークライフバランスを考えた働き方をサポートしてくれます。

    業務委託中心ですが、正社員・契約社員などの案件もあります。無料のオンラインサロンあり
    ※25〜40歳までのPHP、Ruby、Python、Java、Swiftなどのプログラム言語の実務経験3年以上のエンジニアのみの受付となります。

    リモートビズへ無料登録

  2. エンジニア向けのリモートワーク専門Remogu(リモグ)

    Remogu(リモグ)は、ITエンジニア向けのリモートワーク専門エージェントです。人材紹介ではなく、すべてのお仕事はRemoguと契約を結び、業務委託・正社員・契約社員など、さまざまな契約形態で、Remoguならではの「3つの働き方」が選べます。

    フルリモート型のほかにシフト型(クライアントのオフィスに出社し、一定の期間ののち、完全在宅勤務に移行する働き方)やハイブリッド型(プロジェクトの期間中、リモートワークの日も、オフィスへ出社する日もある働き方)

    フリーランスの方だけでなく、起業されている方、今後独立予定の方、在宅勤務の正社員をご検討中の方などにスキル・経験や希望条件をもとにマッチした「リモートワークのお仕事」を紹介しています。

    ※正社員案件もあります。運営する株式会社LASSICは、「ITで、地方創生」を目指し、ニアショア事業を長年手がけていて、豊富なリモート(遠隔)開発ノウハウを持っています。
    ※地方歓迎(オンライン)面談です。

    Remogu(リモグ)へ無料登録

  3. 在宅コールセンターのお仕事サイト【コールシェア】

    コールシェアは、在宅コールセンターの求人サイトです。登録〜稼働まで全てリモートで行うことができ、テレワークを簡単に始めることができます。

    特別なスキルが不要な在宅求人が多数あり、時給換算も平均で1,400円を超えていて老若男女問わず多くの方が活躍しています。

    「日本一稼げる在宅ワーク」を目指して、研修・教育にも力を入れています。
    ※基本的にコールセンターなので、昼間の仕事が中心です。
    25歳以上の男女、ある程度のITリテラシーは必須です。

    コールシェアへ無料登録


副業アルバイト探しアプリ・サイトおすすめランキング

  1. 登録3分!面接なし・履歴書不要・1日単位のアルバイトアプリは、「シェアフル 」

    シェアフル

    dodaを運営するパーソルグループのNo1アルバイトアプリ、圧倒的な求人情報は大手企業からベンチャー、オフィスワーク・データ入力・完全リモート・軽作業・梱包・試験監督・ワクチン会場のお手伝いまで、平均時給1,200円の色々なギグワークを希望の条件で検索して、即応募できる。

    またカレンダーに2か月先まで希望日を登録して働く、週払いも可能。1日働いてみて続けるか判断できる「トライアル採用」もあります。さらに条件にあったオススメのバイト情報も届きます。お仕事の確認や評価まで、全てサポートされます。東京中心に全国拡大中、北海道・東北地区、関東地区、甲信地区、東海地区、関西地区、九州地区の求人情報があります。

    今すぐダウンロード! スマートデバイスのみ

  2. マッハバイト(ジョブセンス)

    東証一部上場企業の株式会社リブセンスが運営する、アルバイト情報サイト。求人情報は常時約20万件もあり日本全国の情報を網羅しています。地域、路線、職種、特徴などで絞り込み簡単に希望するバイトが探せ、最短で翌日から働けるまさにマッハバイト。さらに嬉しすぎる、アルバイトに採用されると最大1万円が全員もらえちゃえます!!

    マッハバイトへ無料登録

  3. シゴト.inバイト

    シゴト.inバイトは、an、マイナビ、フロム・エー、マッハバイトなど大手の求人情報を全て検索できます。
    日本全国の掲載バイト件数15万件以上、採用されるとお祝い金がもらえる求人が15000件以上あります。
    職種・給与・エリアに加え、時間帯や高校生歓迎・一日単位・短期・日払い・憧れの職種などさまざまな条件で、豊富なバイト情報を検索できます。
    履歴書・志望動機の書き方や面接時の心得などが分かる【アルバイト完全ガイド】も好評です。

    シゴト.inバイト へ無料登録