2016年から政府が取り組んできた働き方改革の一環として、正社員の副業解禁があります。2018年以前は『副業が会社にバレたら一大事』ということでしたが、この年(副業元年)からは、『本業に支障がなければOK』と変更され、2020年にはいよいよ副業の推奨を積極的に始めています。

会社を立ち上げた個人事業などの副業収入には、本業との損益通算(両方の収益から赤字分を併せて相殺できる)が可能です。また、所得控除(55万円など)や3年間の赤字繰り越し、家族や親族への給与支払いなどの税制優遇が適用されますから、副業を行うメリットはとても大きいのです。

特に、節税が難しいサラリーマンにとって、副業による税制優遇は大きなプラスとなっています。

副業の注意点

現時点で実際に行われている副業の平均的な収入や労働時間を把握しておくのは大切です。厚労省が2018年度に発表したデータによると、副業を始めた人の本業の月収は、10〜20万円が24.2%、20〜30万円が21.2%で、全国の平均月収に届かない人の副業率が高いことが分かります。副業で得る収入は1か月あたり3〜5万円が平均額とされています。

副業に充てる時間は月に10〜40時間が大半です。ただし、中には80時間前後を副業に費やしている方もいます。つまり、1日1〜3時間、週に3〜5日ほど副業しているわけです。

このボリュームであれば、多くの人は帰宅したあとや休日をうまく利用することで副業の時間を確保できるでしょう。最近はテレワークの仕事が増えているため、より効率よく副業の時間が取れるようになったという人もいます。

平均から副業の時間給を概算すると500〜1500円となります。未経験者の在宅ワークであれば500円前後から始まるのは一般的です。設計図面やWEBデザイナーといった専門的な委託仕事ならば2000円も可能でしょう。また、デリバリーの仕事なら時給1,000円以上を確保するのも可能です。ただし、本業の負担にならないように時間と仕事内容のバランスを考える必要があるでしょう。

本業がテレワーク中心であれば、パソコンでテレワークできるIT系の仕事を副業として考えましょう。始めやすい内容としてはライターやデータ入力、WEB作成や広告代理業のアフィリエーターなどがあります。ただし、未経験者ができる仕事の時給は低いので注意が必要です。初心者の場合、月5万円を稼ぐには100時間ぐらいを目安にしておきましょう。

土日を利用して宅配の仕事をする場合、時給1,000円としても5万円稼ぐのに50時間は働かなければなりません。つまり、毎週土日だけで12時間ほどシフトを組むことになるのです。

ポイントは、なるべく本業の専門性を生かした副業を見つけることです。スキルを活かせる専門分野の要素が強い仕事であれば高時給が期待できます。個人事業を展開することができれば本業以上の収入も見込めるでしょう。

良い副業を見つけたら、雇用契約や委託契約をしっかりと結ぶことも大切です。報酬や支払いの方法、仕事上のルールも契約時に確認しましょう。実際に仕事が始まったら、時間と健康管理に気を付けてください。ここが副業を成功させるうえで大事なポイントです。副業により働く時間が長くなるため、体力の低下やストレスの増大に注意しましょう。

副業で病気やケガをしてしまうと、本業も休まなければなりません。また、アルバイト先で怪我をした場合、労災はアルバイトの給与が基準となるため、保障額が小さくなることも覚えておきましょう。

税金の申告も肝心なポイントです。副業に関する税金は本業の源泉徴収には含まれませんから、自分で確定申告をしなければなりません。申告漏れには注意しましょう。
ラクラク確定申告できるクラウド会計ソフトを比較紹介しているサイト

稼げる副業・楽な副業とは

短時間でガッツリ稼げる副業は「専門職のパート・アルバイト」もしくは「委託業務」でしょう。建築士2級の資格があれば、図面の作成を高額で受託することが可能です。WEBデザイナーも同様で、サイトの立ち上げや改善・メンテナンスなどは高い単価で働くことができます。

最近は専門家やエンジニアへ外注する会社が増えてきましたから、スキルを活かして外注スタッフとして働くのも良いでしょう。専門分野のスキルや資格がある人は、こまめに求人チェックをして、効率の良い依頼を受けましょう。

夜勤や休日勤務のアルバイトも稼ぎの良い副業です。例えば、高速道路のメンテナンス工事や夜間のビル清掃業務、警備業務などが挙げられます。コロナ渦になって注目されるようになった宅配スタッフもガッツリ稼げる副業です。

一方、楽な副業といえば在宅ワークでしょう。先述の通り、パソコンやスマホで簡単にできるライターやアフィリエイト、文字起こしやデータ入力などは、空いている時間を使って自由にシフトが組めるので比較的楽な副業といえます。ただし、稼ぎがそれほど多くないというデメリットは理解しておきましょう。

副業を選ぶ際には、能力・技術を使ってガッチリ稼ぐか、それとも自由時間を使って楽に稼ぐかをよく考えて選ぶようにしてください。


副業のおすすめはネット・パソコンで誰でもできる在宅ワーク

テレワークや在宅ワークという働き方がここ数年で急激に増加しています。また、政府が推奨している『職場のワークシェア化』を取り入れる職場も増えており、いわゆる分業で短時間労働を条件にした求人も増加傾向にあるのです。こういった背景から、今ではネット・パソコンがあればだれでも手軽に稼げるようになってきました。

実際に、主婦やフリーターからはパソコンがあれば在宅で仕事ができる求人に人気が集中しており、中には個人事業を立ち上げて成功しているケースも見られます。また、副業が解禁されたサラリーマンの中にも在宅ワークのアルバイトを始めている人が少なくありません。

いまや副業を持つことは一般的となりつつあり、その中でも簡単にスタートできる在宅ワークがおすすめの働き方として注目を集めているというわけです。これから在宅ワークを副業にしようと考えている方は、スタートする前に要点やメリット・デメリットを理解しておきましょう。



ネット・パソコンだけで稼げる在宅ワークの副業メリット

勤務時間を自分の都合で自由にできる

パソコン一つあれば誰でもできる在宅ワークの場合、大半の依頼は納期だけが指定されているので、受注者は自由に働き方を調整することが可能です。早朝に1時間だけ仕事をしてから本業に入る人もいれば、夜の静かな時間帯にゆっくり仕事をする人もいます。

土日にまとめて仕事をする人もいるでしょう。納期さえ守られるのであれば時間配分は受注者にお任せという依頼がたくさんあります。本業の仕事が忙しくなったなら、在宅ワークの依頼数を抑えることで本業への悪影響を回避できます。このように、時間のやりくりが自在に調整できるのも在宅ワークのメリットです。

在宅ワークの副業は仕事の場所が自由

在宅ワークはパソコンとネットワーク環境があれば、基本的にはどこでも仕事ができます。自宅はもちろん、近所の行きつけのカフェや落ち着いて作業ができるレンタルルームなど、自由に仕事の場所を選ぶことが可能です。気分転換で外出して、散歩の途中に見つけた仕事スポットで1時間仕事をするというのも問題ありません。

家族旅行で、ちょっと合間を見つけては仕事を片付けるというのもOKです。これほどフレキシブルな働き方ができるので、比較的ストレスを感じることなく副収入が得られるでしょう。

仕事着は基本的に不要

在宅ワークの場合、仕事中の服装は基本的に自由です。極端な話、パジャマ姿で仕事をしても迷惑をかけることはありません。ひげの手入れをしていなかったり、寝癖が付いていたりしても問題視される心配はないわけです。女性であればメイクをしなくてもいいので、身支度にかかる時間をそのまま仕事に充てることができます。

つまり、在宅の副業では衣服や化粧品などの費用が節約でき、時間も節約できるという利点があるわけです。支出を抑えて仕事に集中できるわけですから、収益率はその分アップすることになります。

ただし、ビデオカンファレンスなどで依頼主や発注先の担当者と打合せをする場合は、ある程度ビジネスマナーに沿った服装が必要となるでしょう。

職場での人間関係に関わるストレスがほとんどない

在宅の場合、基本的に一人で仕事をするわけですから、人間関係の煩わしさから解放されるというメリットがあります。多くの在宅ワークでは、仕事の内容はメールで指示されます。そのほかの事務的なやり取りも基本はメールです。内容によってはビデオ通信をすることもあるものの、大抵はごく短時間で終了するでしょう。

そのように、ほとんど自分一人だけで仕事をこなしていくため、人間関係で悩むことがほとんどなくなります。周囲との関係においてストレスがない状況は仕事に対するモチベーションと集中力を高めてくれることでしょう。結果として作業効率がアップし、仕事のクオリティも向上するはずです。

このように、在宅ワークの副業には色々なメリットがあります。何か副業をしてみたいと考えている方は、在宅ワークでスタートしてみることをおすすめします。ただし、始める前には注意点やデメリットもしっかり把握しておいてください。

ネット・パソコンだけで稼げる在宅ワークの副業デメリット

報酬単価の低い仕事が多い

パソコン一つで働く在宅ワークの場合、基本的に報酬単価の低い仕事が多いというデメリットがあります。内職仕事に準ずる求人に関しては特にそう言えるでしょう。例えば、サイト記事などを作成するWEBライターの場合、専門知識やスキルを必要としない依頼では、1文字0.3円〜1円程度が相場です。

ライター経験を持たない人が1時間に書ける文字数は1,000文字前後ですから、時給に換算すると300〜1,000円となります。ただし、1文字1円の仕事は内容が充実した読み応えのある記事を要求されるため、1時間500文字程度しか書けないことも珍しくありません。ですから、時給1,000円を稼ぐのはなかなか難しいということを銘記しておきましょう。

また、データ入力や文字起こしも基本的には同じ水準の時給となります。もちろん、素早い仕事ができる方であれば時給1,000円は十分に可能です。また、本業で専門にしている分野や、十分な知識や資格を持っている分野であれば、もっと単価の高い依頼を受けることができます。

例えば、医療や保険、税金対策など専門知識に関する記事作成は単価が高くなる傾向にあります。また、サイト立ち上げに伴うWEBデザインの依頼や、建築図面の下請けといった分野であれば、報酬単価はかなり高くなるでしょう。ですから、副業で在宅ワークをする場合、自分の専門分野や得意分野を手がけるというのがしっかり稼ぐための鉄則です。

個人で受託して自己責任で納品しなければいけない

オフィスワークであればチームとして仕事に取り組むのが一般的でしょう。もし誰かがミスをしたり、仕事に穴を空けてしまったりした場合は、他の社員がサポートをしてくれます。一方、在宅ワークは、受諾した仕事に関してはすべて自己責任が原則です。

在宅ワークの初心者は、どうやって仕事の段取りをすれば良いのか、どういったノウハウで作業をすればいいのか分からないでしょう。また、OSの基本的な機能を理解していないと、説明を受けてもうまく作業ができないということも起こり得ます。

このような場合、会社であれば先輩や上司がしっかり指導やサポートしてくれます。一方、委託型の在宅ワークは各自が調査をしながら知識やスキルを身に着ける必要があるのです。

ずっと一人でパソコン作業をしていると、気分的に行きづまってしまうこともあります。周囲に誰もいない環境は慣れるまで孤独や不安を感じてしまうケースもあることに注意してください。自己管理が苦手な人はスケジュール調整で苦労しやすいというのもデメリットでしょう。

納期は絶対厳守がルールです。個人で在宅ワークをする場合、様々な理由で作業が遅れたとしても助けてくれる人はいません。そうした状況を想定したスケジュール管理および自己管理が必要です。時間にルーズな人は、この点で失敗をして仕事を失うリスクがあるので注意しましょう。

在宅ワークの副業は始めやすく誰でもできるという利点はあるものの、メリット・デメリットを理解した上で始めないと、期待していたほどの収入にならないという結果になりがちです。一方、在宅ワークに関する詳細をよく理解していれば、そうしたストレスを感じることはほとんどないでしょう。

働き方改革の影響により、実質的な年収がダウンしたという人は少なくありません。ぜひ副業でガッチリ稼いで余裕ある生活を手に入れていきましょう。





おすすめ副業ランキング

今すぐ始められるおすすめ副業ランキングの1位から3位までは次のとおりです。

1位:Webライター

Webライターはサイトに掲載する記事を代筆する仕事です。記事のジャンルは非常に広いので、ライターは知識や経験のある分野、あるいは専門分野の記事に関する依頼を自分で選択し作成します。誰にでもわかりやすい文章を依頼されることが多く、高度な表現力を求められるケースは稀です。

ですから、多くの人が読みたくなるような文章を書くことができ、情報価値の高い記事が提供できる人に適した副業と言えます。

一般向けの記事作成に対する報酬は1文字0.1〜2円ほどで、1記事当たり100〜3000文字ぐらいのボリュームです。時給に換算すると、書くのが早い人であれば1,000円前後、初心者なら300円程度でしょう。

2位:せどり(オークションでの転売)

特定の分野の商品に関して査定の実績や知識がある方や、流行に敏感で売れ筋商品の絞り込みが得意な方は、このせどり業を個人で行うのが良いでしょう。買取専門店や質屋が販売している中古品や在庫セール、閉店セールなどで安い商品を仕入れ、それをネットオークションや通販サイトで転売する仕事です。

フリマやオークションサイトでの売買を本格的に仕事として行うことになります。初期投資としてある程度資金は必要となるものの、ノウハウや販路が確立できれば、かなりの金額を稼ぐことができるでしょう。

3位:ポイントサイト

近年、スマホを利用したポイント還元サービスが数多く登場しています。その中には、ポイントを現金化できるサービスが幾つもあります。そうしたサービスを利用して利益確保を目指すわけです。こうしたサービスをまとめているサイトは「ポイントサイト」と呼ばれており、会員登録やアンケートへの回答、資料請求やデータ入力をするそのたびに規定されているポイントがもらえます。

また、ゲームに参加して報酬ポイントを獲得したり、メールURLをクリックしてポイントをもらったりすることも可能です。これらのポイントが一定額貯まると、ポイントサイトが現金で買い取ってくれるシステムになっています。これなら空いた時間を活用して簡単にできるので、楽な副業を探している人にはおすすめです。

その他にもYouTuberや広告代理業のアフィリエイト、WEBプログラマーなど、ネット上にはすぐに始められる副業がたくさんありますのでぜひチェックしてみてください。

リモートワーク専用の転職サービス比較ランキング

  1. リモートワーク専門のリモートビズ

    リモートで働くエンジニア、デザイナー等のリモートワーク専門のエージェントです。週2,3日、土日のみ、副業、時短などの自由な働き方にマッチした求人が豊富です。しかも案件はほとんど全てが直案件なので、報酬も高めの設定です。

    IT専門のコンサルタントが定期的にリモート案件を紹介してくれるので、ブランクが開くこともなく継続でき、子育てや介護と仕事の両立や海外、地方・リゾートでの生活、ワークライフバランスを考えた働き方をサポートしてくれます。

    業務委託中心ですが、正社員・契約社員などの案件もあります。無料のオンラインサロンあり
    ※25〜40歳までのPHP、Ruby、Python、Java、Swiftなどのプログラム言語の実務経験3年以上のエンジニアのみの受付となります。

    リモートビズへ無料登録

  2. エンジニア向けのリモートワーク専門Remogu(リモグ)

    Remogu(リモグ)は、ITエンジニア向けのリモートワーク専門エージェントです。人材紹介ではなく、すべてのお仕事はRemoguと契約を結び、業務委託・正社員・契約社員など、さまざまな契約形態で、Remoguならではの「3つの働き方」が選べます。

    フルリモート型のほかにシフト型(クライアントのオフィスに出社し、一定の期間ののち、完全在宅勤務に移行する働き方)やハイブリッド型(プロジェクトの期間中、リモートワークの日も、オフィスへ出社する日もある働き方)

    フリーランスの方だけでなく、起業されている方、今後独立予定の方、在宅勤務の正社員をご検討中の方などにスキル・経験や希望条件をもとにマッチした「リモートワークのお仕事」を紹介しています。

    ※正社員案件もあります。運営する株式会社LASSICは、「ITで、地方創生」を目指し、ニアショア事業を長年手がけていて、豊富なリモート(遠隔)開発ノウハウを持っています。
    ※地方歓迎(オンライン)面談です。

    Remogu(リモグ)へ無料登録

  3. 在宅コールセンターのお仕事サイト【コールシェア】

    コールシェアは、在宅コールセンターの求人サイトです。登録〜稼働まで全てリモートで行うことができ、テレワークを簡単に始めることができます。

    特別なスキルが不要な在宅求人が多数あり、時給換算も平均で1,400円を超えていて老若男女問わず多くの方が活躍しています。

    「日本一稼げる在宅ワーク」を目指して、研修・教育にも力を入れています。
    ※基本的にコールセンターなので、昼間の仕事が中心です。
    25歳以上の男女、ある程度のITリテラシーは必須です。

    コールシェアへ無料登録

口コミ副業の『パラキャリ』

営業は一切不要!丸投げで稼げる! 高報酬・高単価案件のみを厳選した口コミ副業のパラキャリです。
9割以上が紹介報酬単価3万円以上なので、どのサービスを紹介しても高報酬をゲットできます。

友人や知人等に紹介したり、自分でもサービスを利用できるので、簡単に数万円の報酬をゲットできる!
「火災保険申請サポートサービス」や「補助金申請代行サポート」というものもあり、全国2万種類近くの補助金・助成金の中から各事業主や各法人にあったものを選別し、行政書士や司法書士が申請代行してくれます。詳しくは、無料登録ページでご確認ください。

口コミ副業の『パラキャリ』へ無料登録

副業アルバイト探しアプリ・サイトおすすめランキング

  1. 登録3分!面接なし・履歴書不要・1日単位のアルバイトアプリは、「シェアフル 」

    シェアフル

    dodaを運営するパーソルグループのNo1アルバイトアプリ、圧倒的な求人情報は大手企業からベンチャー、オフィスワーク・データ入力・完全リモート・軽作業・梱包・試験監督・ワクチン会場のお手伝いまで、平均時給1,200円の色々なギグワークを希望の条件で検索して、即応募できる。

    またカレンダーに2か月先まで希望日を登録して働く、週払いも可能。1日働いてみて続けるか判断できる「トライアル採用」もあります。さらに条件にあったオススメのバイト情報も届きます。お仕事の確認や評価まで、全てサポートされます。東京中心に全国拡大中、北海道・東北地区、関東地区、甲信地区、東海地区、関西地区、九州地区の求人情報があります。

    今すぐダウンロード! スマートデバイスのみ

  2. マッハバイト(ジョブセンス)

    東証一部上場企業の株式会社リブセンスが運営する、アルバイト情報サイト。求人情報は常時約20万件もあり日本全国の情報を網羅しています。地域、路線、職種、特徴などで絞り込み簡単に希望するバイトが探せ、最短で翌日から働けるまさにマッハバイト。さらに嬉しすぎる、アルバイトに採用されると最大1万円が全員もらえちゃえます!!

    マッハバイトへ無料登録

  3. シゴト.inバイト

    シゴト.inバイトは、an、マイナビ、フロム・エー、マッハバイトなど大手の求人情報を全て検索できます。
    日本全国の掲載バイト件数15万件以上、採用されるとお祝い金がもらえる求人が15000件以上あります。
    職種・給与・エリアに加え、時間帯や高校生歓迎・一日単位・短期・日払い・憧れの職種などさまざまな条件で、豊富なバイト情報を検索できます。
    履歴書・志望動機の書き方や面接時の心得などが分かる【アルバイト完全ガイド】も好評です。

    シゴト.inバイト へ無料登録

  4. リゾートバイト求人検索サイト【リゾバ.com】

    1992年創業、リゾートバイトに特化した人材総合サービスのパイオニアとして、リゾート施設への人材派遣のほか紹介予定派遣、有料職業紹介の各サービスも行っています。これまでに1,000以上の施設に、10万人以上のリゾートバイトの実績があります。

    全国800ヶ所以上のリゾートホテル・旅館・保養所・スキー場などのリゾート施設の住み込みアルバイト・派遣情報が常時2000件以上あり、職種はレストランのホール、ホテルのフロント、旅館の仲居さん、調理補助や清掃などの裏方業務、マリンスタッフ、スキー場などのアクティビティスタッフまで揃っています。

    寮費、食費、光熱費が無料、スキーシーズンはリフト券無料の特典付き
    お金を稼ぎながら旅気分が味わえる、今話題の働き方です。

    拠点は全国7箇所、札幌、仙台、新宿、名古屋、大阪、福岡、沖縄です。
    ※18歳以上限定です。

    リゾバ.comへ無料登録