副業を始めたばかりの時期は月5万円稼ぐのも大変

政府が正規雇用者に関して副業を解禁し、各企業もそれに応じて時短ワーク・ワークシェアで仕事の効率化を図るようになりました。なお、同一労働同一賃金も制度化され、アルバイトやパートの待遇アップが期待されている一方、正社員は給料ダウンの懸念が出ています。

ですから、本業の収入だけでは普段の生活費に心配があるという人は、空き時間を有効に利用して副業で収入を増やすのが得策でしょう。今後副業の報酬単価が正社員と同水準になるチャンスも十分にありますから、今のうちから副業へ着手しておくことをおすすめします。

どの業種で副業を始めるにしても、副業をスタートした時点では思うような収入を手にすることは難しいでしょう。学生時代に学業の傍らアルバイトをした経験のある人は、月に5万円を副業で稼ぐのは簡単と感じるでしょう。とはいえ、正規雇用者と学生では自由になる時間が大きく異なります。

また、本業での疲労やストレスを抱えたまま副業に取り組む必要があるわけですから、思うように集中できないということもあるでしょう。加えて、慣れていない仕事内容になると作業効率もすぐには上がりません。さらに、未経験者ができる副業では報酬単価が低いため、収入が伸びにくいのです。

一般的に、副業で月5万円の収入を得ることが一つの壁とされています。在宅ワークの場合、報酬は大抵完全出来高制になっており、パソコンだけでできるシンプルな業務では時給500円を超えるのがとても大変です。例えば、副業初心者におすすめとされるWEBライターでは、初心者OKの求人で1文字0.2円前後、高くても0.5円程度となっています。

初心者が一時間に書ける文字数は1,000文字ぐらいですから、時給は200円から500円程度です。この金額を基準とすると、月に5万円を稼ぐためには、少なくとも1週間に25時間、1か月100時間を副業に充てないといけない計算です。このように、5万円超えはかなりハードルが高いということを覚えておきましょう。もちろん仕事のノウハウを覚えてスキルアップできれば報酬単価は大きく伸びます。

月5万・月10万・月20万 月額目標別おすすめの副業とは

月5万円を稼ぐのに適した副業

月5万円というのは、1日2,500円の給与がもらえるパート・アルバイトを20日間行うか、もしくは土曜日と日曜日を利用してトータル5日間、日給1万円のアルバイトをすることで達成できる金額です。株式投資やFXトレードで毎月5万円の利益を目指している人も少なくありません。また、個人事業を行って月額5万円の増収に成功している人もいます。

アルバイト・パートで時給1,000円の求人はたくさんあります。コンビニの夜勤や居酒屋・ファミレスなどで毎日2〜3時間働くことができれば、ほぼ確実に月5万円をクリアできるでしょう。最近はデリバリーサービスの需要が高まっていますので、土日だけの宅配ドライバーなどもおすすめです。宅配であれば1日1万円前後の収入は期待できます。

ただし、本業が忙しい期間は十分な時間が取れないこともあるでしょう。本業の勤務シフトが変動する場合、時間を制約される副業は選びにくいと言えます。

そこで、副業に充てる時間をフレキシブルにしたいという人は、ネット環境とパソコンだけで仕事ができる在宅ワークを選ぶと良いでしょう。WEBライターやデータ入力、文字起こしといった業務なら未経験者でも安心して働くことができます。また、求人の量が非常に多いので自分のペースで仕事量を確保しやすいというのも利点です。

なお、本業の専門知識や資格を生かして報酬単価の高い依頼を受けることができれば、コンビニや宅配ドライバーよりも気軽に稼げる可能性は大いにあります。

WEB系の副業は様々な業種が選べる点もメリットです。WEBエンジニアやSE、プログラマーとしての経験がある人はたくさんの求人から条件の良いものを選択できるでしょう。広告企画や映像編集などの経験を持つ人も同様です。IT技術の進歩によってWEB関連の仕事は急拡大していますから、パソコン一つで行う在宅ワークは副業に最適です。

株式投資やFXトレードを副業とするのはリスクがあり、万人向けの方法とは言えません。トレード自体は簡単に始めることが可能です。とはいえ、相場を理解して適切な判断を下す適応力などが問われるため、初心者が確実に利益を確保するのは容易ではありません。

ただし、最近ではAIが自動でトレードするロボアドやシストレといったフルオートの取引システムが提供されています。利回りは年数十パーセントで、かなり安定的に収益を上げることができます。確実に月5万円・年60万円を稼ぎたいのであれば、200万円〜500万円を資金にしてロボアドで資産運用(投資信託型)をするというのも1つの選択肢でしょう。

個人事業で最も始めやすいのは『せどり』という転売業です。これは人気のある商品を格安で購入し、それをフリーマーケットやネットオークションで利益を上乗せして売却するという手法です。これを個人事業として行えば、本業に関する節税効果を得ることができ、成功すれば月5万円以上の収入も期待できます。流行や商品の価値が分かる方には適した副業です。

この他にも毎月5万円を稼ぐための仕事は多数あります。ポイントは、副業に利用できる時間と時給で業種を決めることです。本業に支障が出ない仕事を選ぶのが最も重要なポイントとなります。

月10万円を稼ぐのに適した副業

月10万円を稼ぐ副業として適した業種は月に5万円稼げる副業と同じです。月5万円の壁を越えてしまえば月10万円までの道も見えてくることでしょう。つまり、仕事の効率を上げつつ副業の時間を少し多くすることで、月10万円を目指すことが可能になるわけです。

人によって個人差はあるとはいえ、副業をスタートしてから月収5万円をクリアするころには、仕事へのスキルや知識がかなりのレベルに到達しているはずです。そこで、作業の無駄を省くためチェックを実施して効率を高めましょう。とはいえ、作業の効率化を一度行うだけで5万円から10万円へアップすることはまずないでしょう。

ですから、スタートとして6万円を目標に設定しておきます。そして目標を達成することができたら7万円、続いて8万円と設定金額を上げていきましょう。このプロセスを丁寧に行うことで、おのずと月10万円への最適なルーティーンが見えてくるはずです。このように継続的な努力をすることで目標を達成することが可能となります。

月20万円を稼ぐのに適した副業

月10万円をクリアするころには、副業に関連したスキルや知識は相当高いレベルになっていることでしょう。とはいえ、業務のルーティーンは最適化されているので、そのまま継続しても月20万円をクリアするのは容易ではありません。

もちろん、月20万円以上を副業で稼ぐのが不可能というわけではありません。報酬単価が非常に高い案件を担当していたり、専門分野の特別な仕事を行っていたりする人の中には、月額20万円以上の利益を確保している人がたくさんいます。

WEBライターの場合は、医療の専門的な説明文や特殊技術の解説文などがそれにあたるでしょう。副業の場合、往々にして作業時間が限られるため、月20万円以上を稼ぐには特定の業種で多くの経験を積んだ人にチャンスがあると言えます。

ですから、副業でまとまった金額を稼ぐには、得意とする業種を選んで徐々にステップアップするのが確実な方法です。

サラリーマンのサイドビジネス・開業の状況

サラリーマンが副業でビジネスを立ち上げる方法にはさまざまなスタイルがあります。近年ではインターネットの普及により副業はさらに簡単になっています。ビジネスの形によっては立ち上げてから数年で成功できることもあり、わずか1年という短期間で大きな利益を上げた経営者も少なくありません。

テレビ番組やネット情報でビジネスに成功している人の話を知って「自分もゆくゆくは起業してみたい」と思う方もおられることでしょう。とはいえ、サラリーマンは本業があるため、副業やビジネスを始めるためには、事前の準備が欠かせません。

例えば、副業の種類や開業の仕方に関する知識はもちろんのこと、起業した人の経験から学び、成功するためのノウハウを理解しておくことで、ビジネスに伴うリスクを減らすことができます。

サラリーマンにおすすめの0円開業とは

副業として何かビジネスを始めたいと思っているものの、生活費の支払いだけで手一杯になっており、起業のための資金を準備することはできないという人は少なくありません。資金面で余裕のないサラリーマンにお勧めなのが0円開業です。

スタート段階から法人等を設立してビジネスを始める場合は一定の資金が必要となります。一方、サラリーマンが空いている時間を使って少し副業をしたいというプチ起業なら0円開業が可能です。

0円で始められる副業のアイデア

0円で始められる副業にはさまざまな分野のビジネスがあります。たとえば、ネットショップやクラウドソーシングを利用したビジネス、ブログを開設してアフィリエイトで稼ぐなどの方法が挙げられるでしょう。では、多くの人が0円開業できる副業としてよく選択している「ネットショップ」と「クラウドソーシングの利用」を詳しくみてみましょう。

1.ネットショップ

ネットショップは、簡単にビジネスを始めることができる人気の副業です。インターネット環境さえあれば0円でもネットショップを開設することができます。ネットショップ開業の第一歩は、とにかくインターネット環境を整えることです。まずはインターネットのサービスを提供している会社(プロバイダー)と契約してから、ネットショップの開設に必要なレンタルサーバーを選びましょう。

一般の実店舗に土地が必要なように、ネットショップにもベースとなるサーバーが必要です。土地であるレンタルサーバーを手に入れたら、次にお店のデザインを考えます。サイトのデザインや商品の表示は、専用のシステムを利用すると簡単です。ネットショップを運営する最大のメリットは、家賃や人件費が不要なので、資金面でのリスクを最小限にできることです。

実店舗で商売をしていると、100万円の売上を上げても、それに伴う費用が発生するため、3割程度しか手元に残らないことがあります。また、実店舗では大抵営業時間に限りがあります。一方、ネットショップなら24時間365日営業することが可能です。

運営している本人は本業のためにショップをチェックしていないとしても、いったんシステムを構築してお店をオープンしておけば、お客さんがいつでも好きな時間にアクセスしてくれるわけです。その上、ネットがある場所なら世界中どこからでもアクセスしてもらえるため、集客力に優れているというのも利点でしょう。

2.クラウドソーシングの利用

クラウドソーシングサービスを使って仕事をするのも、開業資金をかけず効率的に起業する方法の一つです。クラウドソーシングは、オンライン記事のライターやSEなどパソコンで仕事するスキルを持っている人が単発の仕事を受けられるシステムです。そのため、空いている時間や休日を使って家から仕事できるのが魅力と言えます。

例えば、ライターはパソコンさえあれば夜中でもスキマ時間でも、好きな時に好きな場所で自由に仕事をすることができます。ある程度仕事を選ぶこともできるので、自分にとって得意な分野の記事や可能な納期の仕事を選ぶことができ大変便利です。

また、在宅で仕事をすることが多いので、子どもたちが寝た後の時間を利用したり、家事の合間を利用したりできます。そのため、育児や家事との両立も比較的容易です。コンピューター関係の技術を持つエンジニアであれば、クラウドソーシングのサービスを利用することでライターと同じようなメリットが期待できます。

自分で作業が可能な案件を選んで単価や納期の交渉をすることが可能です。サラリーマンとして今使っているスキルを生かせる案件を選ぶことで、よりスムーズに副業を始めることができるでしょう。

0円とは言え多少の資金があったほうがいい場合

0円で開業している人が多くいる中で、やはり多少資金を準備しておいた方がいいという場合もあります。サラリーマンが休みの日や就業後の時間帯を利用して、パソコンやタブレット等で副業をするのなら、資金やその他の準備はほとんど必要ではありません。

とはいえ、いずれは事業を大きくしていきたい、会社を辞めて独立したいなどの夢や目標があるなら話は違ってきます。現在では会社設立も資金0から始められるようになっているとはいえ、事業を宣伝するための広告費や、法律・税務処理などの専門的な分野でサポートが必要になるという事態も考えられます。

そうしたケースを想定して、ある程度の資金を準備しておくことで、リスクオフすることができるでしょう。

サラリーマン副業・0円開業の成功例

サラリーマンで副業に成功している人は少なくありません。例えば、ネットショップをオープンして、これからヒットしそうな新製品や競争相手の少ないニッチ商品を扱うことで成功している人が大勢います。もちろんニッチすぎると誰も買ってくれないリスクはあるでしょう。

その中で、競合相手が少なく、一定のニーズがある商品を見極めて販売することで売り上げを伸ばしているのです。また、海外の商品を仕入れる際に現地のメーカーと直接交渉して原価を抑えることができれば、売上を大きく伸ばすことが可能です。

アフィリエイト等のネットビジネスでも多くの成功例が見られます。中には企業で正社員として働きながらアフィリエイトブログを開設し、起業してから1年程度で3,000万円もの利益を出している人もいます。この方の場合、勤めている企業で身に付けたスキルや知識を生かして、専門的な分野のブログを立ち上げることで、効率的に集客と販売ができたパターンです。

もちろんそこまで大きく稼げる人はそれほど多くないとはいえ、ネットが世界中に浸透していること、ネット環境の整備やネット技術自体もどんどん進化を続けていることを考えると、これからもまだまだチャンスがある業界と言えるでしょう。

成功のための心構え・まとめ

サラリーマンが副業で成功するためにはどのような心構えが必要でしょうか。起業したい人がまず考えなければならないのは、ビジネスを始める動機や目的です。なぜ起業するのか、何を実現したいのかをよく考えてみましょう。この段階では、起業すること自体を目標にしないことが重要です。

起業が目的になってしまうと、問題や難しい状況に直面したときに、モチベーションの維持が難しくなります。また、副業を考えるときには、自分が達成したい目標を持つと同時に、新しい仕事に対する責任を持つ覚悟も大切です。副業だからと甘く見ているようでは成功できません。一度始めたら長く続けていくことを目指して、よく計画を練るようにしましょう。

リモートワーク専門のリモートビズ

リモートで働くエンジニア、デザイナー等のリモートワーク専門のエージェントです。週2,3日、土日のみ、副業、時短などの自由な働き方にマッチした求人が豊富です。しかも案件はほとんど全てが直案件なので、報酬も高めの設定です。

IT専門のコンサルタントが定期的にリモート案件を紹介してくれるので、ブランクが開くこともなく継続でき、子育てや介護と仕事の両立や海外、地方・リゾートでの生活、ライフワークバランスを考えた働き方をサポートしてくれます。

業務委託中心ですが、正社員・契約社員などの案件もあります。無料のオンラインサロンあり
※25〜40歳までのPHP、Ruby、Python、Java、Swiftなどのプログラム言語の実務経験3年以上のエンジニアのみの受付となります。

リモートビズへ無料登録

副業アルバイト探しアプリ・サイトおすすめランキング

  1. 登録3分!面接なし・履歴書不要・1日単位のアルバイトアプリは、「シェアフル 」

    シェアフル

    dodaを運営するパーソルグループのアルバイトアプリ、圧倒的な求人情報は大手企業からベンチャー、オフィスワーク・販売・飲食・軽作業まで、平均時給1,200円の色々な仕事を希望の条件で検索して、即応募できる。

    またカレンダーに2か月先まで希望日を登録して働く、週払いも可能。1日働いてみて続けるか判断できる「トライアル採用」もあります。さらに条件にあったオススメのバイト情報も届きます。お仕事の確認や評価まで、全てサポートされます。東京中心に全国拡大中、北海道・東北地区、関東地区、甲信地区、東海地区、関西地区、九州地区の求人情報があります。

    今すぐダウンロード! スマートデバイスのみ

  2. シゴト.inバイト

    シゴト.inバイトは、an、マイナビ、フロム・エー、マッハバイトなど大手の求人情報を全て検索できます。
    日本全国の掲載バイト件数15万件以上、採用されるとお祝い金がもらえる求人が15000件以上あります。
    職種・給与・エリアに加え、時間帯や高校生歓迎・一日単位・短期・日払い・憧れの職種などさまざまな条件で、豊富なバイト情報を検索できます。
    履歴書・志望動機の書き方や面接時の心得などが分かる【アルバイト完全ガイド】も好評です。

    シゴト.inバイト へ無料登録

  3. マッハバイト(ジョブセンス)

    東証一部上場企業の株式会社リブセンスが運営する、アルバイト情報サイト。求人情報は常時約20万件もあり日本全国の情報を網羅しています。地域、路線、職種、特徴などで絞り込み簡単に希望するバイトが探せ、最短で翌日から働けるまさにマッハバイト。さらに嬉しすぎる、アルバイトに採用されると最大1万円が全員もらえちゃえます!!

    マッハバイトへ無料登録