正社員入社なのに、会社に居ない・・・派遣されてばかり?
IT業界ってコレ普通? 客先派遣って変じゃない? ブラック?
低賃金でハードワーク、スキルアップできない、このまま使い捨てられる?
客先常駐SEは、将来も不安だらけです。

客先常駐SEの転職先としては、社内SE職が人気です。
客先常駐SEから社内SEへキャリアアップ転職する方法について、情報をまとめました。

給与が低い、奴隷扱い・・・客先常駐SEを辞めたい理由とは?

給与が低い

下請け・孫請けSIerの正社員で、自社が業務を請け負った客先へ派遣されて働くのが、客先常駐SEです。
あらかじめ予算が決まったプロジェクトに配属されるので、下請け孫請けSEは中間マージンを抜かれています。つまり予算ありきなので、SEの単価は決まっていて頑張っても単価アップはできません社員であるSEの給与もおのずと上がらないのです。

有給が好きなときに取れない

プロジェクトは納期が決まっていて、派遣される契約期間も決まっています。
つまりお尻が決まっているので、それまでに請け負った業務を確実に終わらせなければなりません。日程や人員に余裕があれば別ですが、現実問題として自由に休みをとるというのは難しいです。自社の有給休暇でも客先には一切関係ないので、遠慮せざるを得ません。
特に忙しいときには、自分だけ休んだり帰ったりってできませんよね。

勤務場所が定まらない

客先にプロジェクトごとに現場に派遣されるということは、通勤する場所がプロジェクトのたびに変わるということです。
客先社員とともに他社から派遣されているメンバーが居ることもあり、チームの人間関係をその都度構築しなおすので、かなりストレスになります。アチコチの現場へ飛ばされると、通勤場所が固定しないので通勤時間がかかりすぎることもあり、体力消耗の一因です。

スキルアップできない

現場で得られるスキルはその場でしか通用しないケースが多く、単なる末端作業員としてこき使われます。
上流工程の経験が詰めない、責任を持った仕事をまかせてもらえないのは、SEとしてスキルアップがしづらいです。マネジメント経験が積めないままだと、年を取ったら客先では使いにくいため、次の仕事も回ってこなくなります。
自社でも稼げない人材は不要ですし、年齢とともに持て余されることになりがちです。

正当に評価されない

客先に常駐していると自社の上司は働きぶりを見ていないので、取引先からの評価がすべてです。客先社員が下請けに対して正確な評価をしてくれるケースは少なく、現場リーダーとの相性で低評価になることも多々あります。つまり給与も上がりません。
業務請負の場合はできて当然で、頑張っても感謝されないのも派遣SEの寂しい部分です。

指導してくれる上司や先輩がいない

下請けSEとして客先に常駐していると、教育指導してくれる自社の先輩や上司がいないことも多々あります。
客先ではプロジェクト遂行が第一であり、他社のSEをわざわざ育ててはくれません。
スキル不足の若年層SEなら、優秀な技術者の指導を受けたいところですが、職場には頼れる上司や先輩がいないのです。

客先から嫌な目で見られる

客先は使い勝手のよい人材が欲しいだけなので、チームワークを乱すような面倒な人材は嫌がられます。アチコチから集まったメンバーで構成されるため、人間関係はややこしくなりがちなのも大きなストレスです。
スキル面でも足りない人は迷惑がられ、新人が一人での客先常駐などはやめてほしいと思われています。

常駐先社員との扱いに差あり

同じ現場で同じ仕事をしていても、常駐先の元請け社員は零細SIer社員より高給取りで待遇もよいのが普通です。プロジェクトの中心は常駐先社員であり、情報共有が不十分な場合や、サーバアクセス制限も当然のようにあり、不自由です。
常駐先の社員も納期間近になれば残業は増えますが、客先常駐タイプの下請けSEのほうが日々遅くまで働いていて過酷です。

将来が不安

正社員であっても会社が危うくなれば雇用は保証されませんし、給料カットやリストラの不安もあります。特にマネジメント経験がほとんど無いままでは、年齢が高くなると転職にも不利になります。
自分自身のスキルに自信が持てない、転職市場から取り残される不安を抱えた状態は不安定で、働いていても先が心配で心身ともに辛くなります。

なぜ客先常駐SEは社内SEへの転職がおすすめなのか?

社内SEとは

IT系以外の業種企業で、社内の情報システム部門・IT担当として社内システムの整備やトラブル対応するのが、社内SE職です。自社のシステム管理・運用だけでなく、社内のシステム導入やネットワーク管理PC等のヘルプデスク的なサポート業務も担当します。
自社システムを新規に開発することもあり、自分がプログラムする場合もあれば、企画担当だけで外注することもあります。

残業少ない、定時退社可

社内SE職はシステム開発を請け負うわけでは無いので、納期に縛られない働き方が可能です。自社システムの開発でも客先は自社なので、さほどハードではありません。
残業も少な目で定時退社も可能と、ライフワークバランスのよい職種として、SE転職では大人気の転職先です。

出向がない

社内SEは勤務先がずっと同じ社内で、アチコチ客先へ出向くことはありません。
同じ勤務地へずっと通勤できるということは、通勤も固定するわけでマイホーム購入や引っ越しにも安心です。職場環境ストレスも少なく心身ともに安定して働けます。

上流工程からシステム開発に携われる

自社システムの企画・要件定義から上流工程に関わり、開発フェーズの全体の流れをコントロールします。
実際のプログラム開発などは外注することもあり、外注管理など憧れの元請け側になります。客先常駐で下請け作業ばかりだったSEにとっては、夢のような身分です。

会社に貢献していることが直に感じられる

下請け孫請けSIerでは、自分が関わっているプロジェクトの全体像は見えず、実際どんなシステムを作っているのか分からないSEも少なくありません。
社内SEとなってシステムを開発し稼働して業務が楽になれば、自社の社員から直接感謝されることも多々あります。エンドユーザの声が聞けるのは、仕事のヤリガイにもつながります。

社内SEに転職するなら若いうちに!

プロジェクトの下請けばかりの零細SIerでは、安く業務を請け負うため、派遣する客先常駐SEの賃金も安く、周囲は若手ばかりです。年齢が上がると給与も上げざるを得ませんし体力面もあり、30代になると使えない人材としてクビを切られることもあります。
客先常駐派遣では単なるパーツ扱いなのでマネジメント経験が積めず、30代で転職するときにはアピールできる材料(スキルやキャリアなど)がないパターンです。

社内SEへの転職希望なら、転職先の業界や業種の専門知識も欲しいところです。
20代ならポテンシャル採用もありますし、伸びしろに期待して貰うこともできるでしょう。
客先常駐SEから社内SEへ転職するなら、早めがおすすめです。

まずは転職サイトで求人をストックしておこう

転職に成功するかどうかは、良い求人に出会えるかどうかで決まります。良い求人に出会えるかどうかは運とタイミング次第なので、常日頃から求人サイトをチェックしておく必要があります。あらかじめ転職サイトに希望条件を登録しておけば、条件にマッチする求人が出たらすぐにお知らせしてくれますので、良い求人に出会える確率が上がりますし、取りこぼしも防げます。転職したいと思ったら、まずは転職サイトで網を張っておくのがおすすめです。

リクナビNEXT

リクナビNEXT

転職希望者の8割が利用する求人数No.1の転職サイト。希望条件を登録しておけば求人開始と同時にメールで届くので、優良求人を見逃すこともありません。会員登録することで履歴書や職務経歴書のテンプレートもダウンロードでき、作成したレジュメは保存できるので、応募の度に作成する必要がなくなります。転職したいと思ったら、まずはリクナビNEXTで求人をストックしていくのが良い求人に出会う第一歩です。

リクナビNEXT公式サイト

客先常駐SEから社内SEに転職する2つの方法

①異業種の情報システム部門のSEに転職

IT業界ではない一般企業の情報システム部署への転職は、SIerと比較すると優良企業が多いです。ただ、会社もピンキリで中にはブラック企業もありますから、しっかりと企業調査してください。
業界によってはIT系知識が浸透していないために、過度に優遇する場合と逆に低く見ている場合があり、意外に極端です。
上流工程に関わりたくても、予算が無いため開発できない、外注に出せないこともあります。
単なるパソコン係として雑用にこき使われるケースも多々あり、あまりキャリアとしてプラスにならない場合もあります。

②Web系自社システム開発のSEに転職

一般企業ではなく、IT業界内のWEB系企業なら自社内でアプリ開発し、サービス提供しています。WEB業界はあまり分業されていない文化のため、Webエンジニアは企画から開発、提供から運用まで一気通貫でシステムに関わることもできます。
ユーザーの声も直接届きやすく、社内の風通しがよいのも魅力です。

社内SEへの転職は業界選びが一番重要

IT業界以外の一般的な企業の社内SEでは、業界によって社内SEの扱いが大きく異なります。金融などSEの評価の高い業界もあれば、PC作業をする事務職と同列に見なされ、コストセンター扱いの業界もまだあります。
転職エージェントから業界や企業の情報を得て、自分のキャリアを生かし且つキャリアアップを狙える業界を選ぶべきでしょう。
専門的な業界のプロジェクトに関わった経験があれば、そのキャリアを活用して転職先業界を絞り込むこともできます。

type転職エージェント

type転職エージェント

エンジニア向けの転職情報誌「type」のキャリアデザインセンターが運営する、ITに強い老舗の転職エージェントです。IT企業とのパイプが太く、独自の非公開求人案件も多数保有しています。カウンセリングで「客先常駐を辞めたい」と伝えれば、自分にマッチする転職先を探してもらうには話が早いでしょう。

type転職エージェント公式サイト

レバテックキャリア

レバテックキャリア

ITエンジニア専門の転職エージェントで、特にweb系求人やゲーム関係に強みがあります。SIerからの転職支援実績も豊富で、プロデューサーやクリエイター案件も多数保有しているので、幅広い職種への転職が可能で、東京(渋谷)と大阪(梅田)に拠点があります。

レバテックキャリア公式サイト

まとめ

ハードで過酷な客先常駐SEからの脱出なら、優良企業への社内SE転職が人気です。
ただしホワイト案件ばかりではありませんし、中にはブラック企業も紛れています。
転職先の業界や企業選定が重要なので、専門家の手を借りるのが一番です。

一般企業の社内SE、WEB系企業など自社開発エンジニア職への転職なら、未経験者でもポテンシャル採用が可能な若いうちがおすすめです。
30代以上でも特定業界の知識があり専門システムに関わっていれば、社内SE職としての内定確保も決して難しくありません。
転職エージェントで自分のキャリアとスキルを有効活用して、待遇改善できる転職先を紹介してもらいましょう。
ストレスで病んでしまう前に、客先常駐SEからの脱出を目指してください。