IT転職では大人気の社内SE職ですが、社内SEから転職したい人もいます。
ぬるま湯にどっぷり状態で成長できない、自分の技術力や将来に不安がつのる。
社内のITなんでも屋状態でこき使われるだけで、達成感が無い。
楽で安定しているとして、過酷な現場のSE職には憧れの社内SEにも、いろいろ悩みはあるようです。
社内SEを辞めて転職したい人には、どんな転職先があるのでしょう?

社内SEからの転職で、ITエンジニアに戻る場合とエンジニア以外の職種で、おすすめ転職先とは?
社内SEのキャリアとスキルを活かして転職するために、情報をまとめました。

社内SEを辞めたい理由は?

パソコン教室じゃねえんだよググレカス!

社内IT関連の「なんでも屋」「便利屋」

IT企業ではない会社の情報システム部署として、ネットワーク含め社内のIT関連はすべて担当するのが社内SEです。
システムに関する全ての事をやらなければならないため、PCのセッティングからWordやExcelの操作方法など、便利屋扱いで気軽に呼び出されるケースも多々あります。
「起動しない」と緊急で駆けつけたら、電源が抜けていたという笑えない話も珍しくありません。初心者向けパソコン教室並みに、社員をお客様扱いして懇切丁寧に対応しなければならないことも社内SEあるあるです。

社内の電子機器はPCからコピー機まで

PCや社内ネットワークなどシステム周辺だけでなく、FAXや電話・会社携帯(スマホ)からコピー機まで、社内の電子機器関連はすべて担当することになります。
社内に他に詳しい人や上司、先輩がいない場合は、全て自分で対応しなければならず、守備範囲は本当に幅広くなってしまいます。
SEとは名ばかりで、社内ヘルプデスク業務しかしてないというケースもあるでしょう。
PCならまだしも、社内中のコピー機の紙詰まり対応ばかりに駆り出されて一日が終わったときは、本当に空しくなります。

夜間や休日でも対応に追われる

システム障害やウィルス感染など、緊急時は時間を問わず即対応しなければならないこともあります。
サポートデスクとして夜間休日でも携帯を持たされ対応を求められることもあり、気持ちが休まらない日々が続きます。電話対応で済めばよいですが、相手がトラブルの内容説明が正確にできず意味不明で、結果的には足を運ぶ羽目になることも少なくありません。
休日や夜間に呼び出されることが頻繁にあると、本当に辛いですね。

苦情に耐えられない

社内SEにとって、客先であるユーザーは自社内の社員なので、エンドユーザとの距離が近すぎるのも難点です。
自社の社員からのクレームや苦情の対応は、精神的にキツイ部分が多々あります。
システム障害時など、相手は気軽に「まだ?」「いつまでかかる?」など、しつこく聞いて来られたりして余計に作業が進みません。ストレス過多で日々胃痛がしますね。
上層部のエライ人からの問い合わせなどは相当なプレッシャーになります。

社内からの要求が多く、仕事量が増える

自社内のシステムを開発したりする場合、実際にかかる工数など具体的に分かる人がいないのも、困る部分です。
かなり難しいことでも簡単にできると思われているケースも多く、思いつきの案件を短い納期で依頼されることもあります。気軽に「こんなシステムほしい」と要求される、仕様変更を簡単に口にするなど、イラッとさせられることも頻繁にあるでしょう。

質のよい仕事をしても評価が低い

情報システム部門は社内のコスト部門で、社内評価が高いのは客先と直接対応する営業や企画など、稼ぐ部署です。
利益を生まないバックオフィス部署である社内SE職は、どうしても評価されにくいです。
IT分野に関して分かる人がおらず、質の良いシステム開発をしても誰にも認められない正当な評価が受けられないのも寂しいです。

スキルアップが望めない

社内システムの保守管理、社内対応や開発だけでは新しい技術を吸収できないスキルアップできないという焦りもあります。
自社システム開発でも上流を担当するだけで、現場仕事はベンダーに外注する企業も多々あります。新しい技術を習得してスキルアップしたという実感が得られず、自らのスキルが錆びついていくような不安感に襲われる社内SEも少なくありません。

仕事についていけない

社内SEは業務範囲が幅広く社内のIT関係全ての業務をこなさなければならないので、知識やスキル不足の人はついていけません
アプリ開発知識しかない場合、ネットワーク関係の業務ができないなど、自分のスキル不足を痛感して辛くなります。今まで経験してきた業務とは全く違う仕事も多く、専門用語も微妙に違い、慣れるまでは結構大変です。

社内SEがスキルを生かして転職できるおすすめの転職先は?

エンジニアとしてスキルアップできる転職先

WEBエンジニア

Web系エンジニア職は、自社サービスのシステム開発から運用まで行うケースが多く、上流から下流までの幅広い業務経験が役立ちます。社内SEで養われた、エンドユーザの立場に立って考えられるスキルが生かせるのも魅力です。

インフラエンジニア

社内のLANやネットワーク保守管理、インフラ・ネットワーク構築のスキルが生かせる仕事です。大規模なインフラ整備の経験があれば、かなり有効です。

SIer

社内システム開発での上流工程経験、企画開発スキルを生かして上流エンジニア職へ転職できます。スキルのブラッシュアップをしておらず、技術力が停滞している場合は、下流の下請け現場は向きません。ハードドル高めですが大手の元請けSIerを狙いましょう。

システム開発から足を洗いたい人向けの転職先

ITコンサルタント

社内システム開発時のヒアリングや要件定義スキルなど、ITコンサルタントに流用できるキャリアです。自分で業務の問題を見つけ、提案してシステム化できるスキルを活かして、キャリアアップが可能です。経営的視点スキルも必要です。

IT講師

幅広いITの知識、社内サポートやヘルプデスク業務で習得した初心者対応能力などを活用しましょう。一般人への研修や指導をするIT講師への転身もできます。

IT営業(技術営業)

社内システム開発の際の現場ヒアリングやコミュニケーション能力が生かして、IT系営業職、提案営業などへ転職するケースもあります。
技術的なIT知識とITに不慣れな人との橋渡しができるスキルは、本当に貴重です・

WEBディレクター

Webサイトの企画から制作、コンテンツ運営・管理まで、プロジェクトの指揮、コントロールなどをする監督のような仕事です。
社内システム開発で培った、プロジェクト進行管理・品質管理スキルが生かせます。
インフラ整備業務で得たネットワークスキルも強みになります。

社内SEからの転職、求人選びに失敗しないために

開発エンジニアに戻りたい場合も、開発以外のIT職に転職したい場合も、転職の成否は転職先次第 (求人案件次第) です。自分のキャリアを有効活用して、優良な転職先を見つけるためにも、IT業界に強いエージェントに相談するのがおすすめです。

type転職エージェント

type転職エージェント

ITエンジニアの転職に強みがある老舗の転職エージェントです。
IT業界に精通しているエージェントなので、社内SEからの転職でスキルの活用できる求人案件も多数保有しています。
首都圏限定ですが非公開求人が80%以上で、独自案件も多数あります。エンジニア転職も、非エンジニア転職も、IT転職のサポートなら登録して間違いありません。

type転職エージェント公式サイト

レバテックキャリア

レバテックキャリア

ITベンチャー系企業、特にWeb系企業やゲーム業界などに特化した転職エージェントです。エンジニア職だけでなく、デザイナーやディレクターなどクリエイター職種の求人も多く、ゲーム業界のバックオフィス職種もいろいろ揃っています。
中小企業が多いですが、おもしろい企業の求人案件も見つけることができます。

レバテックキャリア公式サイト

まとめ

IT転職では人気の社内SE職ですが、向き不向きもありますし、辛いことも多々あります。
社内SEから脱却したいケースも少なくないでしょう。
長く社内SEをやっていると、どうしても最新技術には疎くなっていますし、転職先は限られてきます。バリバリのエンジニアに復帰して活躍するのは、少々難しいかもしれません。

社内SEからIT講師、インフラエンジニアやWEBディレクターなど、キャリアとスキルを流用して少し斜めにずらした転職先を選ぶこともよいでしょう。
まずはキャリアカウンセリングを受けて、スキルとキャリアの棚卸しをしてください。
保有スキルを活用して、失敗しない転職先・マッチする求人案件を探すために、転職エージェントを積極的に利用しましょう。
社内SE職とは別の、新しい世界が目の前に広がる可能性もあります。