2022年初頭から感染拡大の速度を大幅に増していった新型コロナウイルスですが、これまで社会に与えた影響の大きさは計り知れないほどで、これまでの日本では常識とされてきた働き方も大きく変化することとなりました。

近年の大きな問題は正社員と非正規社員の二極化に伴う格差の拡大でしたが、コロナ禍にあって業績を大きく落とした企業が増えた中で、それでも雇用を維持しようと企業も妥協を迫られた結果、これまで頑なに禁じてきた副業を解禁する流れも主流となりました。

さらに、1人がフルタイムで週に5日間働く業務量を分散するために、ワークバランスを調整して、2人が週休3日4日で働くことも可能な仕事も考慮されるようになり、もはや画一的な働き方という定義も失われたのかもしれません。

変わる働き方と週休3日制のメリット

そうした環境も追い風となり、近年では働き方の多様性が認められやすくなったとも言えます。特に20代〜30代の若い層においては、ひどい時には社畜とまで評されるような従来の会社人間という価値観に疑問を呈し、仕事とプライベートを完全に分けて、ワークライフバランスを重視する風潮が生まれています。

企業としても、できるだけ経験も豊富で優秀な人材を雇用したいと願っていますので、そうした要望を無視して働かせることも難しくなりつつあります。そこで、雇用する企業と雇用される従業員が、双方ともに納得のいく形での合意が求められるようになった結果、週休3日勤務を選択できる企業も増えてきました。

働き方の柔軟性を得られるという意味で、従業員側に多くのメリットがあることは言うまでもありませんが、コロナ禍で加速した働き方の多様性に対応する施策の1つとして、企業にも週休3日制を採用するメリットは大きく存在します。とりわけ、企業の業績アップに貢献できる人材を採用しやすいという、人事面の理由を挙げられるでしょう。

優秀な人材ほど、近年の労働環境や待遇、将来性などを客観的に分析し、個人のワークライフバランスを考慮しながら就職を検討するはずであるという前提から、企業はそうした環境を整備することに前向きになりました。優秀な人材が魅力的な企業であると判断する条件の1つに週休3日制も加われば、それを満たす企業に優秀な人材が集めるという流れが生まれます。

ライバル企業にみすみす優秀な人材を囲われるリスクがある以上、自社でも週休3日制を導入しなければ人材面で不利を被ることになるという流れは、もはや止まらないでしょう。

そうであるならば、早くから着手してノウハウを蓄積しようと積極的に推進する企業ほど、応募する新卒者や転職希望者を集めやすくなるのは必然です。さらに、少子高齢化によって、若い層の就職・転職希望者の確保は1つの命題と言えます。

例えば、出産を機に退職・休職中の優秀な人材にとって、子育てとの両立を行いやすい週休3日制の導入は、転職への大きなきっかけになり得るかもしれません。もし自社に制度がなく、ライバル企業が週休3日制を導入した場合、子育てのニーズが生じた社員がそちらに転職してしまうリスクすらあり得るでしょう。

そうした子育て世代を含め、ワークライフバランスを考えながらプライベートも充実させたいと願う層も考慮すれば、週休3日制の導入は、社員の属する企業へのロイヤルティーを高め、企業全体の離職率を下げるための施策として有効です。同時に、社員の仕事へのモチベーションも高め、業績への貢献という面でも大きな意味を持つことでしょう。

転職しやすい週休3日制を採用している企業・職種はエンジニア

週休3日制を採用し始めた企業を見ると、やはり従来の価値観に縛られにくいIT系の企業が多いことが目立ちます。IT業界においては、大手の上場企業こそが率先してこの流れを受け入れ、優秀な社員を確保しようとしている様子が見て取れます。そうした恵まれた環境の中で、エンジニアという職種は、最もその恩恵を受けやすい職種であると言えるでしょう。

パソコンを使っての業務が中心である限り、早くて安定したネットワークと堅固なセキュリティさえ確保できれば、ほぼ全ての業務を在宅で行うことも可能です。出社の手間も時間も節約でき、特に家庭内で子育てしている世代にとっては、仕事と両立させやすい労働条件であると言えます。

週5日勤務でオフィスへの出社が必須であるという条件のために勤務を継続できない優秀な社員を手放すよりは、企業へのロイヤルティを高めながら在宅ワークで業績への貢献をしてもらう方が、比べ物にならないほど有益でしょう。

エンジニア職においては、もはや出社を強要する理由すらないでしょう。ビデオ通話を介したミーティングも既に社会に浸透していますし、チャットツールなどのアプリやソフトウエアを駆使することで、離れた場所同士でタイムリーに連絡を取り合うことにも何の障害もありません。

むしろ成果を形にすることを求められるエンジニアにとっては、期間内で求められるタスクを仕上げさえすれば、どこで何日間働くかは問題ではありません。ただ長い時間を働けば評価されるのではなく、限られた時間の中で最大限のパフォーマンスを発揮することによって、週5日勤務が週4日勤務に変更されたとしても、給料は5分の4にはならない評価を受けられます。

そのためには、エンジニアとして数学やコンピューターサイエンスに精通しており、経験もスキルも豊富な人が求められるようになるでしょう。つまり、ハードのエンジニアでも、ソフトのエンジニアでも、個人として高いスキルセットが必要となるということです。

週5日勤務の正社員と同様に、就業時間は5分の4に減少しても同じパフォーマンスを提供することは、誰にもできることではないからです。ある意味で、成果に応じて対価を支払う制度に近い面もありますが、完全な成果報酬でもないところが雇用の安心感にもつながり、それぞれの良さを継承しているとも言えます。

週休3日制の企業への転職を考えているのであれば、エンジニアとしての経験が豊富であることはもちろんですが、個人の高いスキルと知識を持って即戦力であることをアピールできなければ、難しいとも言い換えられます。

ただ与えられたタスクを言われた通りにこなすだけではなく、コンピューターサイエンスの専門家としての見地と、その企業の経営戦略までを理解した上で、企業が計画している業績をクリアするために積極的にコミットしていくエンジニアが、そうではないエンジニアと待遇面と報酬面で大きな差がないという現実こそが、日本企業の問題点と言えるかもしれません。これからはまさにその点についてこそが、大きく変わっていくことになるでしょう。

ITに強い転職エージェントの利用がおすすめ

Geekly(ギークリー) IT・Web・ゲーム業界専門エージェント

IT業界で働きやすさ、年収アップを叶えるなら、IT・Web・ゲーム業界専門のギークリーがおすすめです。
IT・Web・ゲーム業界で10年以上の実績があるので、IT・ゲーム業界の求人が圧倒的に多く、業界専門のキャリアコンサルタントは豊富な支援実績により、IT業界との深いコネクションをもっていますので、Geeklyでしか得られないリアルな情報が集まっています。

正社員の非公開求人も18,000件以上(22年4月現在)あり、年収アップ率75%で案件の提案量も多いので、たくさんの選択肢から求人を選べます。書類選考なしの面接確約サービスや、応募書類作成代行サービスなども好評で、2021年もリクナビNEXT GOOD AGENT RANKINGで5冠(総合、IT、事務管理、首都圏、そして満足度)を達成しています。

※転職先は、一都三県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)のみ限定です。

Geeklyへ無料登録

レバテックキャリア

レバテックキャリア

ITエンジニア専門の転職エージェントで、特にweb系求人やゲーム関係に強みがあります。SIerからの転職支援実績も豊富で、CTO、テックリード、ITアーキテクト、VPoE、エンジニアリングマネージャー案件も多数保有しているので、幅広い職種へのキャリアップ転職が可能です。

15年間に渡りIT専門のキャリア支援を行ってきただけあり、キャリアアドバイザーがエンジニアのスキルに対する話も早く、理解度も高いのが特徴です。プログラミング言語やデザインツールの専門知識などについても、日々キャッチアップし情報収集しているため造詣が深いのですね。

IT業界の求人動向にも詳しく、アドバイザーが年に3,000回以上企業を訪れ、現場のリアルな情報を常に把握、企業の社風や環境などの詳細情報に精通しています。取引企業数5,000社以上を超える求人の中からエンジニアのスキルだけでなく、人柄部分の相性とのマッチングにも定評があり、選考通過率が高いだけでなく、転職した後の満足度も高いと評判です。

レバテックキャリアから転職するとオンラインプログラミング学習の「Progate」利用が半年間無料になるサービスもあり転職後のスキルアップに役立ちます。

※面談場所は、渋谷(東京本社)、名古屋(中区栄)、大阪(北区堂島)、福岡(中央区天神)です
※平日夜や土曜日、また電話での面談・オンラインカウンセリングも可能です。

レバテックキャリアへ無料登録

まとめ

これからの社会がよりIT技術によって進化を続けることが予想される限り、ハードでもソフトでも、エンジニアという職種が求められていく役割は大きくなる一方でしょう。その反面、企業にいいように使われてしまう労働環境と、エンジニアが誇りを持って正当な評価と報酬を得られながら働ける環境との差が、二極化していくことも予想されます。

さらに進行するであろう少子高齢化や、週休3日制などの柔軟な働き方への転換、従来とは異なるワークライフバランスの実現など、後者のエンジニアとして転職できるようになるための追い風は吹いています。あとは、エンジニアとして誰からも必要とされる知識と経験、スキルと経営者マインドを持っているかどうかを問われるという、過酷な競争を勝ち抜くためのアピールができるかどうかに掛かっています。

リモートワーク専用の転職サービス比較ランキング

  1. エンジニア向けのリモートワーク専門Remogu(リモグ)

    Remogu(リモグ)は、ITエンジニア向けのリモートワーク専門エージェントです。人材紹介ではなく、すべてのお仕事はRemoguと契約を結び、業務委託・正社員・契約社員など、さまざまな契約形態で、Remoguならではの「3つの働き方」が選べます。

    フルリモート型のほかにシフト型(クライアントのオフィスに出社し、一定の期間ののち、完全在宅勤務に移行する働き方)やハイブリッド型(プロジェクトの期間中、リモートワークの日も、オフィスへ出社する日もある働き方)

    フリーランスの方だけでなく、起業されている方、今後独立予定の方、在宅勤務の正社員をご検討中の方などにスキル・経験や希望条件をもとにマッチした「リモートワークのお仕事」を紹介しています。

    ※正社員案件もあります。運営する株式会社LASSICは、「ITで、地方創生」を目指し、ニアショア事業を長年手がけていて、豊富なリモート(遠隔)開発ノウハウを持っています。
    ※地方歓迎(オンライン)面談です。

    Remogu(リモグ)へ無料登録

  2. 在宅ワーク・内職支援サービス【クラウディア】

    登録数25万人を超える、クラウドソーシング型ビジネスマッチングサービスです。登録者はインターネット上で、お仕事が行えるので、時間や場所にとらわれずに自分のペースで働けます!

    仕事内容は、ライティング・翻訳、ブログ記事作成、デザイン・イラスト制作、システム開発・運用、Web・アプリ開発などなど専門的なものから、誰でもできるお仕事まで、幅が広いです。

    フリーランスの方の本業、サラリーマンの方の副業、主婦で、暇な時間でのおこずかい稼ぎなどにおすすめ
    受注者・発注者さまざまな人が、自分の目的に合わせ、クラウディアを活用しています。
    ※システム手数料は業界最安値!発注者は依頼料金以外、一切費用が掛かりません!

    クラウディアへ無料登録

  3. 在宅コールセンターのお仕事サイト【コールシェア】

    コールシェアは、在宅コールセンターの求人サイトです。登録〜稼働まで全てリモートで行うことができ、テレワークを簡単に始めることができます。

    特別なスキルが不要な在宅求人が多数あり、時給換算も平均で1,400円を超えていて老若男女問わず多くの方が活躍しています。

    「日本一稼げる在宅ワーク」を目指して、研修・教育にも力を入れています。
    ※基本的にコールセンターなので、昼間の仕事が中心です。
    25歳以上の男女、ある程度のITリテラシーは必須です。

    コールシェアへ無料登録

  4. リクルートエージェント

    リクルートエージェント

    日本最大級の転職エージェントで、求人数No.1、転職成功実績No.1の最大手リクルートエージェントです。完全テレワーク、リモートワーカー向けの自由な働き方にマッチした求人も豊富です。

    専属のキャリアアドバイザーが、理想のリモート案件を紹介してくれるので、子育てや介護と仕事の両立や海外、地方・リゾートでの生活、ワークライフバランスを考えた働き方をサポートしてくれます。

    拠点も全国主要都市に19箇所あり全国を網羅しており、転職サポートの流れもスピーディーなので、今すぐ転職したい人も頼りになります。土日の相談が可能なのも利用しやすいです。

    リクルートエージェントへ無料登録

ITフリーランス向けおすすめエージェント

レバテックフリーランス

登録したフリーランス・個人事業主のエンジニア、デザイナーに、Web系を中心とした案件情報を提供しています。スキルに合わせたプロジェクト案件の派遣・参画やについて、プロのコーディネィターがしっかり相談に乗ってくれます。
特に関東・中京・大阪・福岡圏を中心とした勤務地の案件が豊富で、無料の個別相談会も実施しています。

レバテックフリーランスへ無料登録

フリーランスとして働くならフォスターフリーランス


1996年にビットバレー渋谷でスタートしたフォスターネット社(現在新宿)の運営する、15,000人を超えるITエンジニアのサポート実績のあるフリーランスITエンジニアの常駐案件に特化した転職支援サービス。年収1,000万円クラスのフリーランスエンジニアに向けた案件紹介サービスもあります。

「豆蔵ホールディングスグループ」で多くの大手クライアント企業との直接取引が多数。エンドやプライム直案件が約8割あり200万円クラスの高単価(※2019年現在最高額230万円)の優良案件も多くあります。

契約社員として社会保険に加入もできるので安心ですし、福利厚生倶楽部のメンバーになれますのでリゾートホテルやショッピング、レンタカーが格安で利用できたり資格取得、通信教育、カルチャースクール、育児教育の優待サービスも利用できます。

FOSTER FREELANCEへ無料登録

フリーエンジニア高額案件多数【ギークスジョブ】

日本最大級のITフリーランス専門エージェント「ギークスジョブ」は、業界実績15年以上、登録エンジニア数16,000名以上、毎年1万件以上の成約を誇る、フリーランスエンジニアのための常駐型案件『週5日』『現場常駐型』がメインの転職エージェントです。

「スキル」「ポジション」「エリア」+リモート可能案件や半常駐可能案件のこだわり案件も検索が可能です。

単発的な案件の紹介ではなく、将来のキャリアプランを考え一生涯付き合えるビジネスパートナー的にな存在で15年以上のノウハウを元にした、フリーランスエンジニアの不安や疑問を解消するトータルサポートにも定評があります。

『市場価値診断』『キャリアアップ事例集』福利厚生サービス『フリノベ』など使えるコンテンツも充実しています。フリーランスのための会計処理・確定申告やヘルスケアサポート健康診断、スキルアップにオンラインセミナーもサポートしています。

支払いサイト25日、副業支援、プログラミング講師職・WEBライター職など特別支援中
※20代〜40代のエンジニア経験2〜3年以上 全国対応(関東、関西、福岡、愛知がメイン)です。

ギークスジョブへ無料登録