良い雰囲気の職場に転職したい

仕事の悩み相談でよく聞かれるのが職場の人間関係についてです。一見、スムーズなコミュニケーションが取れているように見えても、実際には上司や同僚に対して、本音が言えない・仲間意識が持てない・深く関われないといった悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。

誰でも最初は自分でなんとかしようとするでしょう。しかし、自分の努力でどうにかできることばかりではありません。状況を改善しようと努力したものの、これ以上この職場でやっていくことが難しいとの結論に達したのなら、転職を視野に入れて活動を始めるべきではないでしょうか。

そこで、そういう方々のために、良い雰囲気の職場を探すために知っておきたいことをお伝えします。

雰囲気の悪い職場とは?

良い雰囲気の職場について説明する前に、逆に、どんな職場が雰囲気の悪い職場と言えるのかを整理しておきましょう。

愚痴や陰口の多い職場

言うまでもありませんが、愚痴や陰口などのネガティブな言葉が目立つ職場はその雰囲気も悪いです。愚痴や陰口では何も解決しません。愚痴や陰口を言ったその人にとっては、その瞬間は気分がすっきりするということもあるでしょう。しかし、それも一時的なものです。ネガティブな言葉を口にすると、それに伴いメンタルもネガティブな影響を受けます。

また、愚痴や陰口はそれを言う人自身にとっても良いものではありませんが、言うまでもなく、自分以外の人たちとの人間関係にも悪影響を与えてしまいます。「こっそり陰で言っているだけだからわからないだろう」と考えるのは間違いです。悪い話は回り回って本人にも伝わります。

職場の人間関係が悪くなり、その結果、外部の人でも険悪な雰囲気の職場と感じられるでしょう。

業績の悪い職場

会社とは利益を最大化することが目標の組織ですから、業績が悪ければ当然雰囲気も悪くなってしまいます。もちろん暗くなっているだけでは事態は好転しないわけですし、悪い状況においてこそ状況を打開するために社員一丸となって協力しなければなりません。

しかし、それができる会社はごく一部です。業績の悪い職場は、その責任を上司は部下に、部下は上司に押し付け合い、非常に険悪な雰囲気が漂うことになってしまいます。

良い雰囲気の職場を探すために

以上が、転職活動で「こういう職場だけは避けたい」という職場に当てはまる特徴です。しかし、そんな職場の内実が外部からあからさまにわかるのならよいですが、実際はなかなか実態まで見抜くのは難しいのではないでしょうか。

そこで、逆に「こういう職場は雰囲気も良い」と言える職場に共通する特徴を挙げます。現実には入社してみなければわからない面が多々あるものの、以下の特徴にいくつも当てはまる職場が見つかれば、そこの雰囲気も良い可能性が高いということは言えるでしょう。

開放的なオフィス

雰囲気の良い職場はオフィスも開放的です。

最近のオフィスのなかには、デスクごとにパーティションで仕切ったオフィスがあります。その空間はその人だけのもので、自分の仕事に集中しやすくなっているタイプです。もちろん集中力という点ではメリットがあるのですが、こういう職場は社内の風通しまで遮られてしまっている可能性があります。

逆に、仕切りのない開放的なオフィスの場合、自分以外の同僚が何をやっているのかが一目でわかります。ちょっとした質問でも気軽にできるので、コミュニケーションも取りやすいでしょう。やはり社員同士のコミュニケーションが活発なほど職場の雰囲気も良いものですから、職場見学などオフィス内部を見る機会がある時は、しっかりチェックしておきましょう。

社員のモチベーションが高い

社員一人一人が高いモチベーションを持って仕事をしている職場は、雰囲気も良いものです。仕事上、自分の目標を達成するためには、自分一人だけでなくチーム全体で考えなければなりません。

仕事へのモチベーションが低いと、他人のことまでなかなか考えられませんが、モチベーションを高く維持している社員ばかりの職場は、一致団結して目標に向かって協力しやすい環境と言えるでしょう。

チームワークというと、外部からはなかなか判断しづらいものがありますが、社員同士が活発に会話していること、笑顔が多く見られることが目安になります。この点も、転職活動で職場の内部を見る機会があればぜひチェックしておきましょう。

応募前に職場の雰囲気を見極めるには

実際に職場を訪問すれば、そこの雰囲気についてもある程度は感じられます。しかし、転職活動を始めた段階では、まだ求人情報しか手がかりがない状態です。その状態でどうやって職場の雰囲気を見極めればよいでしょうか。

自分の目で確かめない限りわからないと思いがちですが、外部情報からだけでも意外と多くのことがわかります。

頻繁に募集している会社には注意

求人誌や求人サイトをいつ見ても、常に人員を募集している会社があります。目にする機会が多いほどなんとなく親しみを感じてしまいそうですが、そういう会社には注意が必要です。いつも求人募集を出しているということは、慢性的に人員が不足している可能性があります。

応募者が少ないのか、それとも、入社後に定着する人が少ないのか、さまざまなケースが考えられますが、少なくとも必要な人員を確保できていないから今も求人募集を出しているのでしょう。出入りの激しいところは、雰囲気が良くない可能性が高いです。

公開情報のなかに、社員の勤続年数を掲げている会社があります。勤続年数の長い社員が多い職場ほど、雰囲気が良くて居心地も良いと考えられますので、それを参考に求人情報をチェックしてみてください。

口コミサイトの活用

オフィシャルの情報のみを掲載した転職サイトではなく、実際の応募者や社員がその会社の内実を投稿している口コミサイトがあります。職場の雰囲気を知りたい時は、そういうサイトを活用するのも一つの手です。

もちろん口コミのすべてが事実という保証はありません。なかには逆恨みなどで故意に悪いことを書いている投稿もあり得るでしょう。

しかし、口コミの数がある程度あって、全体的に良い内容の口コミの会社(すべてが絶賛というわけでなく、なかには批判的な意見も見られるのが理想)は、雰囲気が良く働きやすい職場となる可能性が高いです。

面接時に自分の目で雰囲気を見極める方法

入社したい職場が見つかったら、実際に応募して面接を受けることになります。面接となると品定めされているように思ってどうしても緊張してしまうものですが、逆に、あなたにとっても、その職場が自分が働くのにふさわしいのか評価する機会です。この機会を利用して、自分の目で職場の雰囲気を確かめておきましょう。

たとえば挨拶一つとっても、会社全体の雰囲気を表しています。面接でその会社に訪れた時、すれ違う人たちは笑顔で挨拶してくれるでしょうか。そういう人が多い職場ほど、コミュニケーションも活発で風通しの良い職場と言えるでしょう。

逆に、会社を訪問した時に、挨拶がなく、ろくに目も合わせてくれない職場は要注意です。

会社を訪問した時には、そこで働く人たちの年齢構成にも注意してみてください。幅広い年代の人たちが働いている職場は、働きやすく雰囲気も良いものです。もちろん全社員の年齢を確認することまでは難しいですが、同じような年齢の人たちしかいないような会社は、新しい人が定着しづらい可能性が考えられます。

転職先の職場の雰囲気などの情報を得るには

リクルートエージェント

リクルートエージェント

初めて転職エージェントを利用するなら、どうしても安心感がほしいものです。そこで、人材業界最大手ともいえるリクルートグループの【リクルートエージェント】では、転職のプロたちが担当してくれる安心感があります。

リクルートエージェントでは20万件以上にも上る非公開求人を含めた豊富な求人案件を常に揃えており、転職自体が初めてであっても、何回か転職を行っていても、抑えておきたい大手転職エージェントです。業界最大手という安心感は転職活動を行う上で欠かせません。転職先で活躍できることを目標に、またその後のキャリア形成も考えてのサポートしているので、転職後の退職率がわずか4%以下と特に高評価です。

拠点も全国主要都市に19箇所あり全国を網羅しており、転職サポートの流れもスピーディーなので、今すぐ転職したい人も頼りになります。土日の相談が可能なのも利用しやすいです。

リクルートエージェントへ無料登録

リクルートが本気で正社員転職を支援する、20代なら迷わず就職Shop

就職Shop

最大手リクルートが運営する、既卒や第二新卒、フリーターやキャリアの浅い20代の人物重視の就職支援サービスです。既卒者の正社員採用に限定した求人のみを扱っており、1人1人に寄り添い、納得いくまであなたの正社員就職をサポートしています。

就職Shopは、離職率が高い企業の応募は受け付けておらず、専任スタッフが現地に足を運んで取材した企業のみを紹介してくれるので、ブラック企業に捕まるリスクがありません、コロナ禍でも採用を継続している10000社以上の求人情報(8割は事務・技術・製造・接客販売・IT系と幅広く)豊富に保有していて、応募時に書類選考が無いので、”働いてみたい”企業の面接からスタートします。非常に効率的で、スピード就業が可能です。

すでに登録者は17万人を突破していて、就職決定した方の7割が正社員経験1年未満の若者です。様々な業界・職種の中卒・高卒・未経験OKの正社員求人があり、専任のキャリアコーディネーターが個別面談ののち、求人紹介から書類・面接対策までサポートしてくれます。

また就職ガイダンスやビジネスマナー講座、模擬面接会に職種・業界研究セミナーなど、利用者が就活や内定後の正社員として活躍できるためのサポートが充実しているのも特徴的です。

対応地域は、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、大阪府、京都府、兵庫県です。
全ての面談を電話・リモートで対応しています。

就職Shopへ無料登録

20代の体育会出身者の転職はアーシャルデザイン

アーシャルデザインは、ビジネス経験の無いアスリートの転職支援から始まった会社です。学生時代に部活動に打ち込んできた体育会出身者や元プロスポーツ選手など『スポーツ・アスリート人財』に特化した転職支援サービスです。

一般的な転職サイトには載っていない非公開求人・独自のスポーツ関連求人や、「スポーツ経験」や「スポーツで得た強み」を評価基準の一つにされている企業の求人を10万社以上の中から選抜し、業界・職種問わず多数保有しています。

学生時代体育会系出身者、現役アスリートで競技とお仕事を両立させたい方・セカンドキャリアをお考えの方へ、スポーツ経験を持つスタッフが、経験やお人柄に合わせて、非公開求人から厳選し、履歴書・職務経歴書の書き方、求人紹介、選考対策等をサポートします。

科学的に裏付けられた適性検査や、未経験からITエンジニアへの高いノウハウもあり、内定獲得率86%・20代のキャリアチェンジにおすすめです。

新卒、既卒、就職浪人、大学中退、フリーター、ニートの未経験・体育会系以外もOK
※未経験分野へ転職をお考えの方、希望勤務地が東京・千葉・埼玉・神奈川で20代限定です。

アーシャルデザインへ無料登録

必ず面談してくれるSpring転職エージェント(アデコ)

Spring転職エージェント

世界中に拠点がある外資系転職エージェント。求職者の職歴に関わらず必ず面談してくれるので、未経験転職にも適しています。各業種・職種に精通したキャリアコンサルタントが、5,100か所以上に拠点を構える守備範囲の広いアデコグループが保有する豊富な求人の中から、あなたの経験やスキルにマッチした求人を紹介してくれます。

それだけではなく、求人企業とあなたの橋渡し役となってくれるので、あなたの企業への思いや、仕事への情熱を書類だけではなく直接企業に伝えてくれます。そのため、志望した企業への採用が決まりやすいという特徴があります。

転職活動に辛さを感じている人も、その理由や背景について、コンサルタントが一緒になって考えてくれるため、辛さを共有し克服するために、採用されやすい新しい求人を提示したり、応募書類の添削などを行ってくれます。

※20代〜40代で、一都三県、東海地方、関西地方の転職者限定です。

Spring転職エージェントへ無料登録