「今の仕事でキャリアを積んだので、他の仕事にチャレンジしてみたい」
「今の仕事に魅力を感じなくなったため、別の業界で仕事をしてみたい」
など、まったく新しい分野での転職を考えている人は少なくないようです。今行っている仕事とは全く違う業界や職種への転職の場合、メリット・デメリットをしっかりと考慮し、慎重に決定を下す必要があります。

さらに、キャリアチェンジを実行しやすい時期というものがあります。ふさわしい時期はいつなのか、また実際に転職する際の注意点について、理解することが重要です。

キャリアチェンジとは?未経験分野への転職例

キャリアチェンジとは未経験分野への転職を指し、職種や業界のどちらか、もしくはどちらも変えることを意味します。現職と同業界で職種だけ変える例をいくつか挙げると、不動産会社の人事から営業へ、人材派遣会社の広報から経理へ、建築会社の営業から総務へ、などのケースがあります。

現職と異なる業界で現職と同じ職種への転職例は、生命保険会社の営業から自動車販売会社の営業へ、食品会社の経理から学習塾の経理へ、広告会社の人事から製薬会社の人事へ、などのケースがあります。

現職と業界も職種も違う分野への転職例は、金属メーカーの営業から総合商社の人事へ、IT企業のプログラマーから塾の講師へ、アパレルの販売員からIT企業での経理へ、などのケースがあります。

キャリアチェンジにより、現職よりも出世できたり、高収入を得られたりする可能性もあります。また、今まで触れる機会の無かった会社や業界で働くため、人脈が広がり、今後のキャリアにも良い影響を与えるでしょう。

早めにキャリアチェンジすることがおすすめ!

20代のキャリアチェンジ

キャリアチェンジは、25歳〜29歳の間に行うのが最適と言われています。早めにキャリアチェンジするのがおすすめな理由として、転職してからの成長が期待できるために人材として確保したい企業が多く、転職しやすいことが挙げられます。

前職での社会人経験により、ビジネスマナーはすでに習得しているのでゼロから教える必要がないこと、年齢が若く、新しい仕事に柔軟に適応しやすいこともポイントとなっています。未経験分野への転職でも、吸収力やポテンシャルに注目し、採用する企業も少なくありません。

キャリアチェンジのハードルが上がるのは、20代前半と30歳以上の場合です。社会人経験の少ない20代前半だと、社会人としての必要最低限のビジネスマナーや必要なスキルが身につかないまま、キャリチェンジとなってしまいます。また、仕事における実績が少ないため、転職活動を行っても企業側からの評価が下がってしまう可能性があるのです。

30代のキャリアチェンジ

30歳以上でのキャリアチェンジはかなりハードルが高く、特に前職と異なる職種への転職は難しい場合が多いようです。理由としては、新しい知識やスキルの習得に時間がかかるため、採用に積極的になれないという事情があります。また、上司よりも年齢が高くなるため、組織としてやりづらくなるかもしれないと心配する採用担当者もいるようです。

さらに、前職では勤続年数ゆえに高い年収を得ていたため、未経験ながら高収入を希望する人も多く、採用の可能性をさらに狭めています。

30代以上でのキャリアチェンジを考えているのであれば、未経験の職種での転職ではなく、異業界へ同職種での転職がおすすめです。現職でのスキルや経験が評価され、採用される可能性が高いでしょう。

キャリアチェンジのメリット・デメリットとは?

キャリアチェンジを行うことには、いくつかのメリット・デメリットがあるため、慎重に決定する必要があります。

キャリアチェンジのメリット

メリットの1つは、希望する職種や業界で働くことができる点です。以前から興味があり、やってみたかったけれども、新卒時は内定をもらえなかったという場合でも、転職により自分の希望を叶えることができます。

また、新卒で就職したが、仕事に魅力を感じることができない場合やもっとやりがいのある仕事をしたい場合も、キャリアチェンジによって自分に合う仕事に就くことで、モチベーションを向上させることができます。

別のメリットは、現職とは違う仕事を通じて、新たなスキルを習得できることです。実績を積んでいくことでキャリアの幅が広がり、将来のさらなる飛躍へとつながるかもしれません。

キャリアチェンジのデメリット

デメリットの1つは、年収が下がってしまう場合が多いことです。一般的に、経験やスキルがある仕事での転職では即戦力として働けることが評価され、年収の大幅なダウンは抑えることができます。

キャリアチェンジの場合は、知識やスキルをイチから身につける必要があり、即戦力として活躍できないため、年収が下がる場合が少なくありません。一般的に現職と同じレベルの年収は期待できないため、転職前に妥協できる年収額を決めておきましょう。

別のデメリットは、仕事を習得するまでの負荷が大きいことです。キャリアチェンジ後は新人同様の状態のため、新卒から働いている同僚と比べると、知識もスキルも不足しています。習得までにはかなりの努力が求められ、前職で働いていた時よりも負担が大きくなります。

未経験分野への転職を成功させるには?押さえておきたい注意点

自分のスキルを把握する

1つ目の注意点は、アピールできる自分のスキルを把握することです。働きたい企業に貢献できるスキルを持っているか、持っているならそれがどのように役立つのかをしっかりと説明できるようにしましょう。自分の持っているスキルでは不十分だと感じる場合は、積極的に取得していくようにしたいものです。

キャリアチェンジに優位に働くスキルの1つは、ポータブルスキルです。プレゼンテーション、語学、計画立案、マネジメント、課題分析などのスキルのことで、どの企業でも活用できるため、面接時のアピールポイントにすることができます。

働きたい企業のリサーチを徹底して行う

2つ目の注意点は、働きたい企業のリサーチを徹底して行うことです。企業の理念や規模、経営状況や予想される収入額について、できるだけ詳細に調査しましょう。企業のホームページから一般的な情報は入手できるでしょう。社風や雰囲気といったWebで得にくい情報は、実際に働いている人や最近まで働いていた人に聞いてみるのが確実です。

聞ける人がいない場合は、業界研究のセミナーを活用します。現職の人と知り合うことができ、詳しい情報を得られるでしょう。さまざまな方法で情報を入手して様子を把握するなら、採用に向けた的確な対策を行うことができます。

自分を効果的に売り込むこと

3つ目の注意点は、自分を効果的に売り込むことです。キャリアチェンジでは未経験の仕事のため、スキルや経験が不足しています。面接でその点を質問されたとしても、意欲をもって勉強していることや熱意をアピールし、前向きな印象を残すようにします。

また、定期的に職務経歴書を見直し、更新することも重要です。この作業を通して、自分に必要なスキルや問題点を把握でき、改善を図ることができます。

悔いのない人生にするため、早めにキャリアチェンジをしてやりたい仕事に就くのも選択肢の1つです。キャリアチェンジを考えているなら、メリット・デメリットを把握することが大切です。現職のうちに必要なスキルを身につけ、企業のリサーチを行うなど、転職に向けた準備を着実に進めていきましょう。

キャリアチェンジで夢を叶えて、将来に向けてのさらなる飛躍を目指してください。

キャリアチェンジをサポートする転職エージェント

親身なサポートで転職実績NO.1 リクルートエージェント

リクルートエージェント

全ての業界に幅広いコネクションを持っているので、紹介される求人数は業界1位の多さで、非公開求人数は20万件にも及びます。
求人の種類も大手企業から外資系企業など幅広く、業界最大手の転職エージェントなので企業からの信頼も厚いです。そのため、転職者に有利な選考と年収交渉をすることができます

転職先で活躍できることを目標に、またその後のキャリア形成も考えてのサポートしているので、転職後の退職率がわずか4%以下は特筆すべき点です。転職サポートの流れもスピーディーなので、今すぐ転職したい人も頼りになります。

全国主要都市に19箇所あり全国を網羅しており、土日の相談が可能なのも有難いですね。

リクルートエージェントへ無料登録

営業職に特化した、いい求人net

転職エージェントサービス「ユーザー満足度部門」で4年連続一位を獲得している”hapeエージェント”が運営する20代、30代の若手営業職に特化した営業正社員専門求人メディアです。

他の転職支援サービスでは取り扱っていない優良企業や積極採用企業の営業職求人と6項目20カテゴリーの評定やその他規定をクリアした、安心して働ける「いい求人認定企業」を多数掲載しているのでブラック営業企業を避けることができます。

営業職に精通したプロのキャリアコンサルタントによる転職支援サービスは、求人案件の紹介だけでなく、模擬面接や希望先企業に合わせた面接指導を受けることができます。

さらに、応募書類や面接の日程調整、交渉しにくい給与や待遇に関しての交渉も代行して行ってくれるなど幅広いサービスを受けられる点もいい求人netの大きなメリットです。

※全国対応、30代までの受付です。

いい求人netへ無料登録

体育会出身者の転職はアーシャルデザイン

アーシャルデザインは、ビジネス経験の無いアスリートの転職支援から始まった会社です。学生時代に部活動に打ち込んできた体育会出身者や元プロスポーツ選手など『スポーツ・アスリート人財』に特化した転職支援サービスです。

一般的な転職サイトには載っていない非公開求人・独自のスポーツ関連求人や、「スポーツ経験」や「スポーツで得た強み」を評価基準の一つにされている企業の求人を10万社以上の中から選抜し、業界・職種問わず多数保有しています。

スポーツ選手からセカンドキャリアをお考えの方や現役アスリートで競技とお仕事を両立させたい方へ、体育会出身者・スポーツ経験を持つスタッフが、履歴書・職務経歴書の書き方、求人紹介、選考対策等をサポートします。
エンジニア教育、未経験からITエンジニアへの高いノウハウもあります。

※未経験分野へ転職をお考えの方、希望勤務地が東京・千葉・埼玉・神奈川で20代限定です。

アーシャルデザインへ無料登録

リクルートが本気で正社員転職を支援する、20代なら迷わず就職Shop

就職Shop

最大手リクルートが運営する、既卒や第二新卒、フリーターやキャリアの浅い20代の人物重視の就職支援サービスです。既卒者の正社員採用に限定した求人のみを扱っており、1人1人に寄り添い、納得いくまであなたの正社員就職をサポートしています。

就職Shopは、離職率が高い企業の応募は受け付けておらず、専任スタッフが現地に足を運んで取材した企業のみを紹介してくれるので、ブラック企業に捕まるリスクがありません、コロナ禍でも採用を継続している10000社以上の求人情報(8割は事務・技術・製造・接客販売・IT系と幅広く)豊富に保有していて、応募時に書類選考が無いので、”働いてみたい”企業の面接からスタートします。非常に効率的で、スピード就業が可能です。

すでに登録者は17万人を突破していて、就職決定した方の7割が正社員経験1年未満の若者です。様々な業界・職種の中卒・高卒・未経験OKの正社員求人があり、専任のキャリアコーディネーターが個別面談ののち、求人紹介から書類・面接対策までサポートしてくれます。

また就職ガイダンスやビジネスマナー講座、模擬面接会に職種・業界研究セミナーなど、利用者が就活や内定後の正社員として活躍できるためのサポートが充実しているのも特徴的です。

対応地域は、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、大阪府、京都府、兵庫県です。
全ての面談を電話・リモートで対応しています。

就職Shopへ無料登録

キャリアカウンセリングが親身なSpring転職エージェント

Spring転職エージェント

面談希望者を断らない転職エージェントです。Spring転職エージェントは求職者の担当者と法人担当を、同じスタッフが兼任しています。

転職をサポートするスタッフが、求職者の情報と会社の情報の両方を熟知しているため、スタッフ間で情報の行き違うことがなくミスマッチが起こりにくい体制になっています。「若い先輩と上手くやれるか心配」といった不安もしっかり考慮してもらえます。

また、Spring転職エージェントは市場価値が低いと考えられる求職者であっても、希望すれば必ず面談に応じてくれます

※40代まで、一都三県、東海地方、関西地方の転職者限定です。

Spring転職エージェントへ無料登録

登録基準がやさしめなdodaエージェントサービス

dodaはサポート力が高いと評判のエージェントです。
常時全国100,000件以上の幅広い業界・職種の求人には、30代の未経験者向け案件も豊富に保有しています。紹介される企業情報もかなり詳細なので、条件を比較して応募する企業を選ぶこともできます。

複数企業にまとめてエントリーできる仕組みなので、数多くの企業に応募して可能性を広げたい人にはおすすめです。面接対策や応募書類の添削といったサポートの質にも定評があります

北海道から九州まで全国10箇所に拠点があり地方の求人も豊富です。
キャリアアドバイザーとの面接は、土日や夜間の相談も可能なので、忙しい方にもおすすめ。
今よりもっと自分らしいワークライフバランスできる働き方を見つけたい方は、ぜひ登録してみてください。
※職種、年齢、経験を問わず、さまざまな方が利用して転職に成功しています。

dodaへ無料登録