レールから外れてしまった、、

高校や大学を退学しており学歴に問題がある、就職活動に失敗したなどの理由で職歴がない場合、就職するためのハードルは大きく上がります。つまずいてしまう理由はそれぞれ違いますが、いずれにしても一度つまずいてからのリカバリーは簡単ではありません。

就職先が決まらずに職歴がない期間が長引き、さらに就職が困難になるという悪循環に陥るケースも多いのが実情です。そのような状況を自力で抜け出すのはなかなか難しいため、サポートを受けながら就職先を探すのが基本です。

職歴なしで困っている人をサポートしてくれる組織として挙げられるのが、雇用を支援する行政機関や教育訓練機関ですが、やる気が十分にあるなら転職サービスの利用も選択肢に入ってきます。年齢によっては転職サービスの利用も厳しくなってくるものの、20代くらいの若い年代であれば職歴の有無に関係なく利用できる転職サービスも多く、十分にチャンスがあると考えてください。

もっとも、一般的な転職サービスは社会人として企業で働いている人を主なターゲットとしているので、フリーターや職歴がない人を主なターゲットとしている転職サービスを利用するのが基本です。現時点で学歴や職歴に問題はあるが、健康でやる気が十分にあるのなら、リバラボインターンシップを利用するのがよいでしょう。

リバラボインターンシップとは何か

リバラボインターンシップとは、リバースラボ株式会社が運営する転職サービス、リバラボで採用されているインターンシップ制度のことです。学生が企業を訪問したり、働いたりして給料の発生を伴う就業体験を行うのが一般的なインターンシップ制度ですが、リバラボインターンシップではまずリバースラボ株式会社に雇用されるところから始まります。

リバースラボ株式会社で働きながらスキルを習得したり、実務を経験したりして社会人としての実績を積み、最終的に別の企業への転職を目指すのがリバラボインターンシップ制度です。先に書いたように、何かしらの問題からつまずき、職歴なしの状態が続くと就職することは困難ですが、リバラボインターンシップを利用すれば職歴が手に入ります。

現在のところ3種類のコースが用意されている

営業コース個人営業、法人営業で結果を残すためのスキルを学べるコースです。

人事コースは文字通り人事に携わることができるコースで、採用担当やキャリアコンサルタントを目指す人に向いています。

エンジニアコースは3つの中で最も新しく、開発や保守、運用といったエンジニアとしての仕事を学べるコースです。

いずれのコースを選ぶにしても期間は最長2年で、この期間で社会人としての経験を積み、転職を目指すこととなります。リバラボインターンシップ制度を利用して入社した場合、必ずコーチがつくので、仕事のやり方が分からなくて困るという心配はありません。

分からないところがあった場合、落ち込みそうな場合にコーチの助けを借りられるため挫折しにくく、かつ社会人としての経験を効率よく積めるわけです。

利用している人のアンケート

リバラボインターンシップ制度を利用して働いている人に対するアンケートでは、良いと思う制度でコーチ制度が1位に輝いています。また、セカンドキャリア支援制度が充実している点も高く評価されており、マネジメント経験を積める点は他の転職サービスにはない独自の魅力です。

一般的な企業の場合、20代のうちにマネジメント経験を積める人はさほど多くありませんが、リバラボインターンシップでは最長2年の期間内でマネジメントを経験することになります。まずは個人のスキルを鍛えるところから始まりますが、十分に成長すれば、かなり早い段階でマネジメントを経験することも夢ではありません。

最低でも1人から2人、多い人だと6人以上のマネジメントを経験できるため、リバラボインターンシップの期間が終わり、別の企業への転職を目指す際には経験が大いに役立ってくれます。

報酬をもらいながら学べる

コースによって金額は異なりますが、リバラボインターンシップ制度で働く期間は給料が出るため、お金を稼ぎながら社会人としてのレベルアップを目指せる点も見逃せません。リバラボインターンシップ制度は参加料金が無料なので、経済的に困窮している人でも安心です。

地方からでも安心の社員寮がある

働く場所は関東圏にある事務所ですが、東京都や埼玉県、千葉県、茨城県などに社員寮が完備されているため、地方に住んでいる人でも問題なく参加できます。社員寮は、いずれも事務所から徒歩10分以内とアクセスしやすい場所にある上に、家賃も必要ありません。

自宅から事務所に通える場合は社員寮を利用する必要はないものの、希望すれば社員寮に入ることもできるので、家族との関係がよくないなどの理由で自宅での暮らしをつらく感じている場合、社員寮に入るのも手です。

高卒、大学中退、専門卒が多い

経歴によっては、リバラボインターンシップで浮いてしまわないかと不安を感じるかもしれませんが、参加者の経歴は様々なので心配する必要はありません。

2021年の最新データでは、リバラボインターンシップの参加者の最終学歴は高校卒業が約半数と最も多いものの、最終学歴が専門学校卒業や大学中退の人もそれなりに多く、中学卒業の参加者も複数います。人生を逆転させようとする人が集まる以上、参加者は個性的な経歴を持っていることが多く、特殊な経歴を持っていたとしても浮く心配はありません。

やる気さえあれば逆転できる転職サービスだが、難点もある

職歴なしなどの理由で行き詰まりを感じている人にとって、やる気さえあれば逆転できる転職サービスであるリバラボインターンシップは非常に心強い存在ですが、難点もあります。誰でも参加できるわけではなく、18歳から30歳前半までの年齢制限があるため、30歳前半以上の人は残念ながら他の方法を模索しないといけません。

性別による制限はないものの、現時点ではリバラボインターンシップ参加者の大半は男性なので、女性はややハードルが高く感じられるかもしれません。また、リバースラボ株式会社は2022年2月より、リバラボインターンシップの女性版とも言えるリバラボウーマンインターンを開始しているので、女性はこちらへの参加を検討するのが無難です。

オンライン無料相談から参加へ

リバラボインターンシップに参加したい場合、まずは公式サイトから無料相談を申し込まないといけません。オンラインでの無料相談にも対応しているものの、無料相談の枠自体がさほど多くはなく、毎月十数名程度です。申し込み後、電話による日程調整を経て無料相談が実施されますが、枠が少ないためかなり待たされる可能性が十分にあります。

システムの都合上、すぐにリバラボインターンシップに参加できるわけではありませんし、参加できた場合も、最長2年とそれなりに長い期間に渡って自分磨きを続ける必要があるので、モチベーションが続きにくい人にとってはハードルが高めです。そして、先に書いたように現時点では3つのコースが用意されていますが、希望する職種によっては、他の転職サービスを利用した方がよい場合もあります。

リバラボインターンシップは営業職の転職には非常に強く、営業職を希望する人にとっては頼れる存在ですが、他の職種を希望するのであれば、他の転職サービスも選択肢に入れ、しっかり比較検討することが大事です。

このように、メリットばかりではありませんが、それでも職歴とスキル、実務経験を得られるのは他の転職サービスにはない独自の魅力です。職歴の問題で仕事を見つけられない状態が続いているのであれば、リバラボインターンシップの利用を前向きに検討してみてください。

逆転転職支援プログラム リバラボインターンシップ

学歴がない中卒、高卒、フリーターの方に向けたやる気さえあれば人生逆転できる転職サービスです!
報酬を受け取りながらビジネススキルを身につけ、キャリアアップを目指すことができ、参加者の2年後の平均年収は490万円!最高年収921万の事例もあり! 約2週間ビジネススキルの基礎を学び、実践現場研修を経て転職へ、最大2年間サポートが受けられます。

生活改善からのビジネスにおいての基礎や実務まで一貫したサポートがあり、実践的なスキルを習得できるので、就職/転職成功・ハイキャリア転職や起業までの実現を支援しています。
原宿含めた東京・近郊エリアに18拠点の社宅が利用できます。地方からの参加でも安心です。

※本気で人生を変えたい方、人生を見つめ直しキャリアアップしたい方におすすめ
※学歴不問・関東エリアで働きたい20代〜30代前半の男女・オンライン面談

リバラボインターンシップへ無料登録