大学中退から就職するのに必要なことは?志望動機から面接対策まで徹底解説

大学を中退した人にとって、就職活動はかなりの難関です。そのため、フリーターとしてバイト生活を続けている人も少なくありません。しかし、フリーターという不安定な現状を打破するために、正社員を目指しているという人も多いでしょう。

そういった人のために、この記事では大学中退者が就きやすい職種優良求人を見つけるための方法面接で使ってはいけない中退理由などを紹介します。

意外と多い大学中退フリーター!世間からの印象は?

大学中退後フリーターの道に進む人は半数以上

大学中退率は男性が10人に1人、女性が15人に1人の割合だと言われています。大学中退者はわずかですが年々増加している傾向にあります。

そして、大学中退後の進路は半数以上がフリーターとなっています。世間的にも大学中退後のフリーターはあるあるになっていて、意外と「大学中退フリーター」は多く存在しています。

高校中退フリーターより世間的にマシ!は勘違い

高校中退は年齢から「子どもだった」と捉えられますが、大学中退は「甘い」「中途半端」との印象を持たれる場合もあります。大学は自分で学びたいと望んでいくところです。特に親世代からすると、大学は高い学費を払ってわざわざ行かせたところであり、そこを辞めた人に対して、あまりよい印象を持たれないということも納得のいくことです。

ネットでも、大学中退フリーターに対して「考えや心構えが甘い」「大学でしっかり勉強できていない」などの厳しい意見が目立ちます。就活においても、「学業を途中で投げ出した人」という第一印象をどうしても与えてしまうのです。

高校中退フリーターの方が有利

高校中退フリーターが就職する状況も厳しいものの、中退も若気の至りと捉えられたり、就活するときの年齢が若かったりで、大学中退フリーターよりは有利な状況とも言われています。

大学中退者が正社員就業までの期間のデータがありますが、3カ月以内が10.8%、3年以内が12.2%ですが、3年超となると、一気に2.7%まで下がってしまいます。一方で、高校中退者は3年超でも8.7%が正社員になっているので、やはり高校中退フリーターのほうが就職には有利です。

狭き門!?大学中退者を雇用してくれる企業は限られている?

門戸は開かれているけど、選ばれるのは少数

大学中退者で応募企業を探してはみるものの、大手企業は大卒が基準になっている場合が多くて、就職はかなり厳しいといえます。一方、中小企業では高卒でも採用している企業が多くあり、一見大学中退者でも門戸が開かれていることがうかがえます。

しかし、たとえ中小企業であっても、高卒や第二新卒者を募集していることが多く、社会人経験のない大学中退者に限っては不利な傾向になっています。

どうしても途中で辞めてしまったというのが響き、企業側からすると、入社しても長く続かず、辞め癖がついてしまっているのではないかと思われてしまうからです。

学歴不問をやたらアピールしている企業はブラックの可能性大

大学中退者であっても大歓迎している企業もあります。そのような企業は募集要項に未経験者歓迎と書いていることが多いですが、「学歴不問」「未経験者大歓迎」「幹部候補生募集」「若い世代が大活躍」「やる気だけで十分」といった殺し文句は離職率が高いことを意味し、ブラック企業の可能性が高くなります。

あまりにもそういった謳い文句を前面に押し出している会社があったら、それは避けた方が無難です。それこそ、入社したけどすぐ退社することになり、その後の転職活動でも「長く物事を続けられない人」という印象に繋がってしまいます。

大人気!公務員はさらに熾烈な争いに

大学中退者でも受けられる公務員試験というのがあります。もともと公務員は若い世代で給与が安く、大型連休が取りにくいといったイメージがありました。しかし、公務員は福利厚生が充実しており、退職金も民間企業に負けないほど支給されます。

公務員試験は高卒で受けられるので、大学中退者にとっても敷居は高くありません。それでも倍率は高く、なかなか内定をもらえない可能性があるでしょう。

ろくな仕事がないなら、大学中退者はフリーターを続けたほうがマシ?

大学中退者に圧倒的に多い非正規雇用

ブラック企業で正社員を続けるなら、フリーターの方がマシと考える人も多いものです、実際に大学中退者は非正規雇用が多く、実家暮らし以外になると、フリーターで生計を立てている人も少なくありません。

非正規雇用が多い理由として、新卒でも就職先が見つからないケースもあり、中退者にとってはさらに雇用先が見つからないとネガティブになってしまい、就活をしないことも拍車をかけているでしょう。

大学中退後、アルバイトを続けていると待っているのは地獄

アルバイトで生計を立てているとはいえ、収入も不安定ですし、何よりいつ解雇されるか分かったものではありません。また、体力のある若いうちはいいのですが、どんどん体も厳しくなり、月収制ではないフリーターは休みがとりづらくなって、体力的・精神的にきつくなっていきます。

さらに、アルバイトも年齢制限が出てくるようになり、同世代がどんどん出世していき、いずれは働く意欲も失せてニートになってしまう可能性が高くなってしまいます。

フリーターで一生を終える前にチェック!大学中退者が就きやすい職種

大学中退者には雇用が少ないと感じる人もいるでしょうが、実際には大学中退者でも就職しやすい職種はあります。

公務員

警察や消防、自衛官といった防衛に関する職種が一般的ですが、事務系の仕事も充実しています。公務員試験は学歴に関係なく受けられるので、民間企業と違って中退者にとって門戸が高くなく、倒産という危険性も少ないです。しかし、倍率がとても高いので、その点では注意が必要です。

営業

営業は学歴よりも対人能力に優れているかが問われることになります。営業職は常に募集をかけている企業が多く、即戦力からきちんと人材育成を考えている企業まで幅広くなっています。アルバイトで接客経験があれば面接などでもアピールしやすいです。

「営業はノルマが不安」という人は、ルート営業を選ぶと新規の顧客を開拓する必要がなく、ノルマがないところが多いのでハードルが低いです。

販売・接客

一番学歴を問われないのが販売・接客業です。一括りにサービス業ともいいますが、接客のアルバイトは職歴として扱われています。アパレルや雑貨店などは常に人材不足に陥っていますので、正社員として採用される可能性が高くなっています。

また、アルバイトから入って正社員登用という道もあるので、いきなり正社員を狙って就活をするよりも、時間は掛かりますが気楽に面接などを受けることができます。

事務系

事務系の職種は女性にとっても人気の職種となっています。大学中退者であっても内定をもらえる確率は高く、学歴が影響しないオフィスワークといえるでしょう。MOSや簿記などの専門的な資格や、秘書検定などの実用的な資格を持っていると有利になります。

一口に事務と言ってもその範囲は幅広く、医療系やIT系、英語のスキルが活かせる貿易事務などがあります。自分のスキルに合った種類の事務を選ぶと採用率も上がります

SE

プログラムの設計やプロジェクトの運営を指揮しますが、近年はスマホの普及からアプリ開発などで人手不足の企業も多くなっています。即戦力を求める企業も多いので、中退者には敷居が高くなることもありますが、若い内だと未経験者を採用する企業もあります。

就職先は企業規模にこだわらない方向性を示しておき、まずは将来的にスキルが身につくかどうかを基準に決めたほうが無難です。

デザイン系

デザイン系のスキルがある人におすすめの職種です。まずはデザイナーのアシスタントとして働くことになることが多いですが、いずれディレクターなどの責任者になることもできる職種です。

高卒やフリーターからの入社という人も少なくないので、大学中退からでも狙いやすいです。WEBデザイナーならPCの知識を活かせるので、サイトを作る知識がある人などにもおすすめです。

大学中退者の強い味方!?転職エージェントとは?

転職エージェントは就職活動を有利にしてくれるサービス

転職エージェントとは、就職活動をしている人のサポートを無料で行ってくれるサービスのことで、求人の紹介や履歴書の添削、面接対策などを行ってくれます。

一般的な転職エージェントは、転職を希望する社会人や職歴ありのキャリア人材向けです。中退後、社会人経験が無く、ずっとフリーターの人は利用することができません。もちろん、中途退学していても一度就職していれば利用できます

転職エージェントは学歴よりキャリア重視なので、高卒や専門学校卒でも登録できますし、有効な職歴があればマッチする求人案件も紹介してもらえます。

職歴がない場合も一部のエージェントは利用できる

企業の採用意欲の高まりとともに、新卒採用が難しい中小企業とのマッチングをメインとした転職エージェントも増えてきました。

大卒キャリアだけでなく、既卒ニート、第二新卒、大学中退者、フリーターでも就活に利用できる就職支援サービスを提供する転職エージェントもあります。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

国内最大手のメジャーな総合転職エージェントで、圧倒的な求人案件数と登録者で内定決定数もNo.1です。とにかく豊富なマッチング経験と幅広い業界業種のクライアント企業が揃っていて、大学中退者の就活にも有効です。

若手人材を得意としているエージェントなので、年齢も高い中退者の場合は登録不可ということもあるかもしれませんが、20代なら登録できる確率は高く、登録できれば企業に強く押してくれて内定率も高いので、ぜひチャレンジしてください。

リクルートエージェント公式サイト

マイナビエージェント

マイナビエージェント

新卒就活では定番のマイナビグループの総合型転職エージェントです。対応エリアは全国で、質の高い優良企業の求人案件が豊富で、IT系に強みがあります。

中退者は書類通過が大きな課題となりますので、履歴書の書き方や添削は特に厳しく指導し、面接対策も不安が解消するまでじっくりサポートしてくれます。

マイナビエージェント公式サイト

doda

doda

インテリジェンス社が運営する大手の総合転職サイト・転職エージェントサービスです。公開求人への自力応募も可能ですが、大学中退者ならキャリアアドバイザーのサポートを受けることがおすすめです。

とにかく20代若手人材向けの求人案件が豊富なので、自分にマッチする非公開求人を探して紹介してもらえます。全国に登録拠点があり、応募書類の指導・面接対策の実践的アドバイスは本当に役立つと評判です。

doda公式サイト

20代向けの就職支援サービスを利用するのもアリ

ハタラクティブ

ハタラクティブ

既卒ニートやフリーター、未経験からの転職成功率1位で、中退者にも親身な就職支援サービスです。既卒や中退者など、特に就活弱者の若年層をターゲットにした特化型です。

簡単に離職する若者を減らすため入社後のミスマッチを防ぐ取り組みが充実しており、カウンセリングをしっかり実施し、自分に合う企業を見つけてくれます。利用した若者のほとんどが1ヶ月程度で就職に成功し、就活が短期間でスムーズにすすむのも特徴です。

ハタラクティブ公式サイト

ジェイック(JAIC)

ジェイック

若年層の既卒・ニートやフリーター、中退者向けに特化した、就活サポートが充実の就職支援サービス会社です。まず無料研修を10日間みっちりと受け、社会人としての基礎知識や常識、ビジネスマナーを叩き込まれます。

体育会系ノリでハードですが、研修終了後は書類選考無しで、厳選された20社と面談できます。書類選考なしは中退者にはマイナス要因が少なく、とてもうれしいですね。
営業職がメインですが、20代なら経歴問わず8割以上が内定します。

ジェイック(JAIC)公式サイト

若者正社員チャレンジ

若者正社員チャレンジ

増え続けるニートやフリーター対策として、若者向け東京都の支援魏業、東京しごとセンターが管轄しています。学歴問わず20代を対象にして、セミナーを実施し、企業内実習などを組み合わせたプログラムを提供します。

就業経験がなく、働く自信も無い若者たちに、まずは各企業の雰囲気や業務を体験・実習してもらい、自信をつけることもプログラムの目的です。実習後に体験企業に応募することができますので、ミスマッチも少なく安心ですね。

若者正社員チャレンジ公式サイト

大学中退者も利用できる転職エージェント11社

転職サイト・エージェント 特徴
ハタラクティブ 10代若年層に特化した就職サイト・就活支援サービスです。第二新卒・既卒、中退者やニート、フリーターなど、社会人経験のない若者も優良企業の正社員を目指せます。1都3県エリアを対象とし、未経験OKの求人案件を常に1000件以上あります。
JAIC 無料で10日間の就職講座を受講できる、若いニート・フリーター専門の就職支援サービスです。受講後は学歴問わず20社と面接可能で内定率8割以上の実績があります。
若者正社員チャレンジ 東京しごとセンターにて実施中の東京都の就職支援事業で、20代ニートやフリーター対策プログラムです。就業経験のない若者の就職準備ステップとして、セミナー受講や各種企業にて実習などができます。企業と若者のマッチングをサポートします。
リクルートエージェント 人材業界では国内最大手の転職エージェントです。キャリア転職者向けサービスだけでなく就職部門もあり、既卒や第二新卒、職歴なしの若者の就職成功率も高いです。経験豊富なキャリアアドバイザーが大学中退者の就活もサポートしてくれます。
マイナビエージェント 業界大手のマイナビの転職エージェントです。全国エリア展開で人材紹介対応しており、20~30代向けの求人が特に豊富で、親身なカウンセリングと丁寧なサポートが評判です。応募書類の作成指導と面接対策や貴重なアドバイスは、本当に有効です。
doda さまざまなジャンルの業界業種の公開求人・非公開求人が揃っている、バランスのよい転職エージェントです。特に若年層に強く、20代向けの求人案件も多いので、自分に合う企業の求人案件とマッチングしてもらえます。全国展開しています。
マイナビジョブ20’s 20代向けに特化した転職エージェントで、20代専門のキャリアアドバイザーが丁寧に担当してくれます。「未経験者歓迎」の求人も多く、対応地域は、東京・埼玉・神奈川・千葉・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀です。
Spring転職エージェント
(アデコ)
スイス本社のグローバルな世界規模トップの人材サービス企業です。「一切登録拒否せず、全員と面談する」方針で、大学中退者も登録可能です。さまざまな働き方に対応していて、登録拠点は全国、UターンやIターン、海外転職にも強みがあります。
第二新卒エージェントneo 第二新卒・既卒やフリーター向けに特化した、転職就職エージェントです。幅広い業種や職種の求人案件があり、ITエンジニアやWEB系求人も豊富です。既卒ニート、大学中退者など採用弱者を専門とし、イベントやセミナー、入社前研修サービスもあり。
いい就職.com 第二新卒・新卒・既卒未就職者・留学帰国者限定など、若い人材向けに特化した就職支援サービスです。
全国対応で求人情報を随時更新し、就職活動をフルサポート、無料セミナーも多数開催中です。
ウズキャリ 第二新卒・既卒ニート・中退者などに特化した就活支援サイトです。IT系企業に強みがあり、エンジニア職や営業職への無料研修コースもあります。トータルで20時間以上のカウンセリングが特徴で、ブラック企業はないので安心です。

大学中退フリーターが就活スタート! NGになりやすい中退理由は?

お涙頂戴の経済的理由は逆効果の可能性も

経済的理由は大学中退理由として最も多く、実際アルバイトで学費を稼ぎながら学んでいる学生も多くいます。しかし、経済的理由を挙げるのであれば、中退後何年もフリーターを続けている状況は中退の理由と矛盾することになってしまいますので、企業を納得させるのは難しいでしょう。

夢追い人系・学びたいことのミスマッチ系言い訳は地雷必至!

大学入学後に、学びたいこととのミスマッチに気づき、大学を中退する人も増加しています。学びへの意欲が薄れ、学業不振になり、大学中退につながっている場合が多いのです。しかし、学びたいことが違った場合に、転学などの選択肢があるにもかかわらず、大学中退後なんとなくフリーターを続けているとなると考え方が甘いという印象を持たれてしまいます。

また、別の夢ができたといった言い訳も、世間的には地に足がついていない人物と捉えられることがほとんどです。

好感度アップ!世間が認めてくれる大学中退フリーターの言い訳は?

失敗した部分を潔く認めて次に活かすことをアピール

大学中退理由が何にせよ、現在のフリーターという状況は自分が選択した結果です。結果をきちんと受け止めることなく、中退理由で同情を買おうとすると失敗してしまいます。自分の現状をしっかり受け止めていないと、何を言っても結局はただの言い訳でしかなくなってしまいます。

まずは、自分の現在の状況や失敗を潔く認め、今後前向きに正社員として働いていきたいと考えていることを示すことが何よりも大事です。失敗も含めた今までの経験を糧に、今後どうしていきたいのかを誠実にアピールしましょう。

退学理由がフォロー不可能な場合は助けを借りよう

完全に自己都合で中退し、自分の経歴をうまく説明できない場合は転職エージェントの力を借りると良いです。転職エージェントでは、キャリアコンサルタントがカウンセリングを通して、求職者の強みや企業へのアピールの仕方などをアドバイスしてくれます。

中退した理由は人それぞれですが、学業不振、学校生活不適応などといった自分の不手際による理由は、面接官に正直に話すのはおすすめできません。あまりに嘘臭いのもNGですが、ネガティブな理由をどうポジティブに置き換えられるかが重要です。

中退するに至った合理的理由、適切な面接対策・ポジティブ変換は必須です。転職のプロのコンサルタントは、さまざまな事例の情報を持っていますから、参考になるアドバイスがもらえます。

書類選考対策で履歴書の添削も行ってもらえるので、書類通過率も上がります。

フリーターに強みのある転職エージェント

フリーター専門の転職エージェントであれば、履歴書などの書類作成、面接対策なども、フリーターという今の状況に沿ってサポートするためのノウハウを持っています。ネガティブな印象になりやすい経歴でも、うまくフォローできるアピールの仕方が見つかります。

また、就職活動に役立つセミナーを開催しているところもあり、ビジネスマナーを学ぶことも可能です。転職エージェントのサポートを受ければ、フリーターからの正社員採用の可能性も広がります。

フリーターから正社員になれる求人を紹介してもらえる

フリーター専門のエージェントは、フリーターの正社員雇用に積極的な企業の求人情報を多く保有しています。その中から、自分の希望や条件に合う求人を紹介してもらうことができるので、就活がスムーズに進みやすくなりますので、内定への近道となります。

また、一般には公開されていない、非公開求人を保有していますので、求職者の経歴や希望に沿った求人をその中から紹介してくれることもあります。

フリーターが注意すべき、うっかりブラック企業に入社してしまうといったことも、誰でも求人情報を掲載できるハローワークではありがちな落とし穴です。

しかし、転職エージェントであれば、取扱い企業がふるいにかけられているので、ブラック企業へ入社してしまうリスクをある程度避けることができます

ハタラクティブ

ハタラクティブ

ハタラクティブは20代に特化した就職支援サービスです。ハタラクティブの利用者の3人に2人はフリーター、既卒、第二新卒など正社員未経験者です。最終学歴も高校・専門・短大卒の割合が約半数です。学歴不問で人柄採用の求人を多く取り揃えていますので、学歴に不安がない人でも安心して利用できます。

未経験の若者に就職支援をしてきたエージェントなので、正社員になるための就活のコツやノウハウをたくさん持っています。

ハタラクティブ公式サイト

就職Shop

就職Shop

既卒・第二新卒・フリーターなど未経験の若者の就職支援に特化し、就職shopで就職に成功した人の4人に3人は正社員未経験者です。就職shopの特徴は、書類選考なしで、面接に進めることです。求職者を応募書類ではなく、その人の可能性を見て選考しているので、経歴に自信がない人にもチャンスが広がります。

面接の前には、一人ひとりの強みを引き出す模擬面接を行っているので、自分の思いや可能性をしっかり企業側に伝えられるようになります。

就職Shop公式サイト

ワークポート

ワークポート

各業界専門の転職エージェントですが、未経験者の就職サポートも行っています。求職者一人ひとりの要望に応えることを目的とした転職コンシェルジュというサービスを提供しています。求人の紹介から、書類作成、面接対策まで転職活動が成功するようきめ細かいサポートを行ってくれます。

未経験歓迎の職種も数多く保有していて、無料セミナーなども数多く開催していますので、フリーターや正社員未経験の人も安心して利用できます。

ワークポート公式サイト

まとめ

大学中退でも、今の自分に適した就職戦略と就活方法で、未来を変えることはできます。

業種を限定して探さず、幅広い業界をチェックして求人情報を収集しましょう。若者の採用意欲の高い職種を選ぶのもポイントです。

大学中退者の就活には、中退理由の説明の工夫、面接時の対応練習やQA、自己アピール法など、自分1人では難しいことも多いです。そういった場合には、若年層向け、既卒ニートやフリーター、大学中退者、就職経験のない若者に特化した就活サポートをしてくれる転職エージェントを活用してください。

20代前半という若さは、就活では十分な武器です。これから年齢を重ねていくと、どんどん就職が難しくなっていきます。若さという武器が使えるうちに、正社員を目指すのがおすすめです。